2027年06月26日

とっぽいとっぽい。 トップページ

このサイトの主なコンテンツです。

アカイイト シナリオ解読・考察・FAQ アカイイトレビュー・紹介
咲-Saki-考察・解説 いっしょに楽しもうよ!
Key・麻枝准の奇跡話

オールディーズ 地獄の66曲レビュー 読書メモ兼名台詞・名言集

メールフォーム返信

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:
2018年03月26日

月ノ美兎がすっげぇ面白い(ひねりなし)

『咲日和』が終わってしまって思いの外喪失感がすごい。間違いなく『咲-Saki-』ワールドの拡大に貢献した力作だった。永水女子や臨海女子の情報が少なかった頃は、日和での掘り下げに対するファンの期待値がもの凄かった記憶がある。木吉先生には、不定期掲載でも特典の漫画でもいいのでまた描いてほしいな。
 エイプリルフールは『咲-Saki-』関連の実用性のあるモノを作りたい。 (全然嘘と関係ないけど)

TVアニメ「からくりサーカス」公式サイト
 いろいろ言いたいことはあるものの(中盤以降のエピソードの過不足とか、非戦闘員の住み分け失敗とか)、伝奇活劇漫画の最高傑作の一つであることは間違いない作品。『アカイイト』とか好きな人は絶対はまる。アニメ化の宿命である尺はどう解決するのだろうか。

nix in desertis:最近読んだもの・買ったもの(『咲』関係)
 ニワチョコといいるねしおといい、最近のサブキャラペアの完成度の高さにはまいっちゃうね。
 泉についてはわかるマンかな、いろんな層から選手が集っていたほうがより強豪校らしさがあった。

月ノ美兎の放課後ラジオ #1
 委員長のトークスキルやアドリブ力を改めて知らしめたラジオ第一回。Macを自宅の洗濯機の上に載っけて配信する変人がこれだけのものを作り上げたのかと思うと、ほとほと感心する。トーク主体でのラジオ形式の配信というのはバーチャルYoutuberでもいずれ誰かがやると思っていたが、いの一番にやった人がこれだけの完成度に仕上げてくるとは。後続のハードルは上がりまくりだ。
 あと、この回はでろーんこと樋口楓のサポートがめっちゃ効いてるよね。委員長も気心が知れてるのもあって雰囲気が実によかった。

【Cover】歩いて帰ろう/斉藤和義『ポンキッキーズ』Aruite Kaerou/Kazuyoshi Saito "Ponkickies"
 世代だから泣いたわ。

【初コラボ】ヨメミ×アカリのデスマッチ!!
 すっげぇ、アカリさん壺クリアしちゃってる。見えないところで練習を頑張ってるのがわかって、そんなところが人気の秘訣なのかな。
 ああ、次はスナック愛で企業間コラボだ……と考えていたらまさかの輝夜月ちゃんとのコラボが先に来るとはな。


 超名作。驚くべき中毒性。シロちゃんの「あい」好き。

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:
2018年02月26日

これがバーチャルYoutuberなんだよなぁ……。

 観測範囲で一番バーチャルYoutuberにハマっているの私説。動画自体ももちろん面白いんだけど、勢いのある界隈自体が面白くて目が離せない。特に実力さえあれば個人勢でもガンガン伸びていく群雄割拠の様相が気に入っている。カネの臭いを嗅ぎつけた企業が大枚をはたき、鳴り物入りで参入してきたアイドルより、3万円の機材で動くたどたどしいしゃべりのアンドロイドや、自宅の洗濯機の上から配信する、変人の粋を集めたようなサブカルクソ委員長が人気を博していたりするのが面白いよね~。魂の人の腕っぷしがモノを言うシビアな世界なんだけど、数字は正直だし、台頭してくる人たちは逸材ばっかりで惹かれてしまう。
 花粉シーズン到来! 私はけっこう重い花粉症で、例年通りだとこの時期は鼻が詰まって息苦しいのと薬の副作用で眠いので能率が死にかけているんだけど、軽い気持ちで飲んでみたカルピスのL-92乳酸菌飲料が効果を発揮しているのか、今のところ薬を飲まずとも何とかなっている。単なるプラセボの疑いも残っているので、もう少し薬を飲まずに継続する予定。
カルピス 守る働く乳酸菌 L-92 200ml×24本
B00FE9VYNO

月ノ美兎、名探偵になるの巻【にじさんじ公式】
月ノ美兎の雑談生放送(1)
月ノ美兎の個性派ゲームフェス実況(1)
 完全にバズりまくった月ノ美兎委員長。第一回の放送時点で宣伝していた俺も鼻が高いよ……。今のところ打率十割じゃないかな、芸人の神に愛されているとしか思えない。みなさんも騙されたと思って見てほしい。

すばらしいアップデート。おしゃれで深くて面白い!!~Netflix版リブート『クィア・アイ』シーズン1感想 - 石壁に百合の花咲く

「受け入れる」のは誰なのか



バーチャルYouTuberキズナアイ、大躍進を語る「“バーチャル”は不利だけど、武器でもある」 | ORICON NEWS

――ファンを引き付けるポイントはご自身ではどう捉えていますか?
キズナアイ 私は、何かを得意だと思ったことは特にないんです。でも、みんながどういうものを好きでいてくれるのかだけは分かっているんです。みんなが来てくれる理由のひとつめは、私が可愛いからですよね。私は、人間のみんなから好かれるために、“人間のみんなが好きな容姿”になったんですよ。ゲームを始めたのも、どうやらみんなが好きなことらしいと分かったから。ホラーゲームは本当は怖くて苦手だったし、すごい叫んじゃうんですが、そんな私の汚い悲鳴(?)も面白がってくれているみたいでうれしいです(笑)


 キズナアイ親分は、月のトークや最近出てきた猫宮ひなたのゲームみたいな飛び抜けた一芸はないんだけど、それが却って安心感に繋がっている気もする。たけしの爆発力やさんまの瞬発力を目にした後にタモリのマイペースさにほっとさせられる感じ。あと、継続力って字が示す通り力だよね。

5決をやってる時点で読者を舐めてるとしか思えない。 誰が得するんだよあれ..
 クソデカ主語野郎と言うほかない。勝手に読者を代表せず「俺は好きじゃない」とだけ書け(読まないけど)。

連載12周年を迎えた咲-Saki-に対して感じていることを率直に
  5決については同感、りつべが満足するまでやればいい。阿知賀編については何とも言えないけど、スーパーノヴァ淡ちゃんやクセを直した菫さんでバランスを取っているように感じた。後は照も奥の手を隠してるんだっけ。


 タイトルでもう負けた。恐ろしいことに素材は公式がほぼ純度100%で提供しているという。やはりシロちゃんの#126は名作……。

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:
2018年02月11日

シロちゃんの動画は為になるなぁ……

 お察しの通り、最近はバーチャルYoutuberの動画ばっかり見てました~! 今まさに多種多様な人材がグワワ~ッと参入していて、コンテンツが盛り上がって形成される一番面白い時期だと思うんですよね。おっさんはニコニコ動画の黎明期とか思い出していました。ちなみに私が特にひいきにしているのは、電脳少女シロとのらきゃっとです。観測範囲でもやっぱりシロ組さんが多いですね。最初は「よくわからない企画もいっぱいあるな。もっとFPSやってくれないかな~」と思っていたのですが、次第次第にぽわぽわした声からの、右脳から直接出力されたような謎トークに夢中になってしまいました。

電脳少女YouTuber シロ Siro
のらきゃっとチャンネル

 映画については、『咲-Saki-』の実写『阿知賀編』を観てきました。原作ファンなら見て損はないかと。尺の都合によるカットは映像化における永遠の命題ですが、今作は尺とマンパワーを割くべき箇所をきっちり見定めていたと思います。あと、やっぱりAブロック準決勝先鋒戦は『咲-Saki-』ベストバウトの一つだなと改めて思いました。
 あとは『ダーク・タワー』を観ました。ナンバーワンのファンが自信を持ってお勧め……しません! こんなイメージビデオレベルの雑な原作解釈・再構築で映画化すんなや! 世界観の壮大なスケールに対して話の展開がショボすぎるでしょ! ちなみに二時間に満たぬ間にウォルターは死に、ビームを破壊しようとする破壊者(ブレイカー)の施設は爆発四散してめでたしめでたしです。エディもスザンナもオイも、テッドもキャラハン神父も、クリムゾン・キングも登場しません。ふざけないでください!

やがて君になる5 雑感 - ここにいないのは
 なぜか見落としてましたが、イルカさんをめっちゃアピってるのがかわいいっすな。

月ノ美兎、名探偵になるの巻【にじさんじ公式】
 最近の新人で一番笑ったのが、新進気鋭の企業組であるにじさんじのこの委員長さん。ファーストインプレッションが大事な時期にこのクソゲーのチョイスはただ者じゃあありません。そして洪水のごときパワーワードラッシュ。クソザコパンチとか赤子の拳とか、ツナサンドイッチ(専門用語)とか、委員長設定の子が口にする言葉ですか。

【圧倒的勝利】超いじわるクイズなんて余裕です!【128】
 「鶏という名の生命の爆誕を記念したモニュメントみたいなもん、つまり鶏」とか、「なんか、相容れてきた」とかどこから出てくる言葉なんでしょうか……しゅき。

【悲報】未知の生物との対峙、シロ壊れる【129】
 シロちゃんの動画は哲学だあ。こちらも「玄人のそれ」「今生の仇」とか言葉のチョイスが光ってます。

【縛りプレイ】演技力じゃがりこ面接受けてみた!!!
 このネタ、生放送でも疲労していたのでめっちゃ練習してるんでしょう。ジェスチャーが使えて感情の振れ幅が大きいネタはアカリちゃんにうってつけですね。


 ニコニコ老人ホームというコメントがありましたが、ごもっとも。既に死に体のコンテンツ(ニコニコ・けもフレ)のコラボというのが涙腺を攻撃してきますなぁ。


 タイムラインで今期もっとも評価が高かったので、やっと見ました。カレーヌードルを食べたくなるのはわかります。

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:
2018年01月17日

3つ全て履修している人は私以外にいるのだろうか

 お正月映画は『スター・ウォーズ』を観たが、脚本のあまりの雑さにびっくりしてしまった。加えて「その戦法が許されるなら今までの戦いは一体何だったんだ」という描写があり、シリーズ作品の一つとしても目に余る。シリーズの熱心なファンではないのだが、ちょっと度し難い。
 私の数少ないネット上の知人であるDG-Lawさんにまたお会いしてきた。冬コミで調達をお願いしていた物品を受け取ってきたのだ。依頼していたものは、1.プリンセス・プリンシパルのスタッフお疲れ様本。2.ケロQ/枕のライブCD。3.月の水企画のエロRPG処女作『レディナイト・サーガ』の画集。

 そのうち手に入ったものは写真の通り(重ねて多謝)。案に相違して、月の水企画はかなり早いうちに売り切れていたとのこと。いっちゃん予想外のやつだった。こちらは後日ダウンロード版を入手できた。
 んで、ご多忙の折にせっかく会えたので、平日の夜にも関わらず全力でしゃべくってきた。話題は『けものフレンズ』と大衆の心を掴む神話の類型、スマフォ文化に適合したエロゲーブランドと出来なかったブランド、バーチャルYoutuberの熱量など。いろいろ意見が交換できて楽しかったのと、けもフレの快進撃におけるサブテキストや、Vtuberブームにおける「バーチャルのじゃロリ狐娘youtuberおじさん」の存在の大きさで見解の一致を得て嬉しかった。面白い文章を書く人はまあ話もうまいよな、と再認識する冬の夜だった。

2017年見ていたアニメ - Close to the Wall

擬人化された動物のなかに人間が放り込まれたとき、人間の人間性や個性、特徴とは何なのか、というのは第一話から提示されており、人間性が相対化されているのと共に、動物の動物性もまたフレンズの体を得ることで変質しているので、人間と動物の境界が融解してすべて並列されている。


 膨大な情報量のアニメ感想総括記事。『けもフレ』と『プリプリ』の評価が高くてうれちい。
 『けもフレ』はやっぱり萌え擬人化作品に「人間の擬人化キャラ」をぶっ込んできたのが凄いと思うんだ。

ストーリー不要の時代
 ジャンル・媒体問わず面白いストーリーを追い求める本能と、バーチャルYoutuberの動画でげらげら笑いたい欲求は別腹もいいところなので、個人的にはかなり「ちょっと何言ってるかわからない」案件。そもそもソシャゲの2大派閥はエロを前面に売り出していないと思うが。

【ドット絵】「東方憑依華の公式ショートドットアニメ作りました」イラスト/ミゲルふとし [pixiv]
 ひょえーかっこいい。ネタバレに出会さないうちに『憑依華』やっときたいな。

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:
2018年01月05日

バーチャルYouTuber入門のおすすめ動画まとめ

 お正月休みの休憩時間は、今まさに話題沸騰中である「バーチャルYouTuber」の動画を見ていました。
バーチャルyoutuberとは (バーチャルユーチューバーとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
 バーチャルYouTuberの中でもチャンネル登録数や再生数が特に多い5人が「四天王」と呼ばれているそうですが、その人たちの動画は話題になるのもうなずける面白さでした。トークや企画、編集そのもの面白さもさることながら、キャラ付けや空間表現まで含んだファンサービスの完成度に驚くことしきり。気付けばけっこうな時間を吸われてしまい大反省、せっかくなのでこれから視聴を始めようとしている人のためにおすすめ動画を残しておきます。

キズナアイ
 バーチャルYouTuberの草分け的存在であり大親分。とても設定年齢16才とは思えない貫禄と風格があります。「バーチャルYouTuber界のヒカキン」というあだ名を見かけましたが、頷くことしきり。長い芸歴に裏打ちされたトークの安定感や、優秀な裏方による編集の見やすさでは頭一つ抜けている感じですかね。既に企業案件も獲っています。


 ゲームの実況動画も投稿されていますが、これがヨレヨレで見ていて危なっかしいことこの上ない。母親のへたっぴなファミコンプレイを思い出したという人がけっこういました。この人の動画を見て『マリオ』は下手くそな人でも進められるよう導線が設計されているんだなと無駄に感心させられました。



電脳少女YouTuberシロ Siro
 サイコパスシロイルカとか、戦闘用AIとかとか無茶苦茶言われています。清楚そうな見た目やおっとりしたキャラボイスに反して、プレイするゲームは物々しくてコメントはしれっと物騒だという、そのギャップが王道なんですね。ゲーミングスキルならこのメンバーの中でもダントツぶっちぎりで、ゲーム自体を知らなくても読みが冴え渡っているのがぎんぎん伝わってきて楽しいです。実況も語彙が豊富で発音もしっかりしていて聞かせてくれます。ニコニコで実況プレイ動画やゆるいRTAを見るのが好きな人ならドはまりすること間違いなし。個人的に一番おすすめっすわ。
 この中では芸歴が長く、過去の動画を見ると理解を拒絶する謎企画がけっこうありますね。いろんな動画を投稿して模索していて、ようやく中の人の魅力が活かせる企画が見つかった流れだと思われます。



バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん
 バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさんです。……もう一度言います、バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさんです。そのまんまです。とにかく動画を見てもらった方が早いでしょう。私はてっきり言動や行動がおっさんくさいからそんな名前なのかと思ったら、まんまおっさんでした。他のアイドルがアバターのデザインや3Dモデリングをプロに依頼している中、おじさんは完全にお手製で作り上げた上、機材やプログラム周りを自前で揃えて参入してきたという強者です。そんなところで技術畑の人からも注目されているとかいないとか。確かに、3D空間で握ったライスを腋に挟んだらおにぎりに変わるプログラムを自前で組んだのなら凄いですね(何を言ってるんだかわからねーと思うが)。




ミライアカリ
 他の頭のネジがぶっ飛んだ面々に比べるとかなりの良識派で、トークの内容もネタのセレクションも無難な感じ。しかしアバターが表情豊かで身振り手振りが大きく、明るく喋っているのを見ているだけでけっこう楽しくなってきます。アバターは企画元が相当のお金を掛けて発注したらしく、デザインは初音ミクの人のもので、モデルのポリゴン数は17万にも登り、素人目にも垢抜けていて綺麗なのがわかります。なぜだか、嬢は元気がよくて機嫌がよい子が一番客を取るという『闇金ウシジマくん』で得た無駄知識を思い出したりしました。



輝夜月
 首絞めハム太郎とか、首締め公とか、見るコカインとか、ストロングゼロの擬人化とか、数々のあだ名が付けられている驚異の新人ですね。元気系、ウザかわ後輩系、同級生にいたら楽しくて仕方なさそう系アイドル。とにかくしゃべくりが耳に楽しすぎる。加えて編集のエッジが恐ろしく効いていて、短めの動画時間に凄まじい密度を感じます。投稿動画が軒並み100万再生を突破しそうなのもむべなるかな。あと、キャラデザインや人物造型がいろんな人の心を掴んだらしく、私のTLでもっともファンアートを見かけるのはこの人ですね。




 ……きっとね、作り手は「なんだこのポンコツAIは!」とか「『ポケモン言えるかな』とか『めっちゃホリデー』とか16さいのお姉さんは知らないでしょ!」とか「シロちゃん闘争本能が漏れすぎ! アイドル志望の設定忘れてない!? ちゃんと声作って!」とか、そういう突っ込みがされるところまである程度想定していると思うんですよ。

「めざせポケモンマスター」は、日本の声優・歌手の松本梨香の4作目のシングル。1997年6月28日にピカチュウレコードから発売された。

めざせポケモンマスター - Wikipedia


「Yeah! めっちゃホリディ」(イェーイ! めっちゃホリディ)は、松浦亜弥の6枚目のシングル。2002年5月29日にゼティマから発売された。

Yeah! めっちゃホリディ - Wikipedia


 あえてポンコツっぷりや突っ込みどころを残すことで、インタラクティブな親しみやすさや公然の秘密を共有する共謀感を空間演出しているんだと思うんですよ。そういった配慮にも感心させられた他、コメント文化や匿名掲示板でのトークと相性がよすぎて、ずいぶん長居してしまいました。今まで深夜ラジオとか、声優が役を演じる番宣ラジオなどには興味がなかったんですが、はまる人の気持ちを理解したと思いました。まる。

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:
2018年01月04日

2018年 明けましておめでとうございます

 今年もよろしくお願いいたします。
 前年はあれだけ完成させるさせる詐欺をやった百合ゲーのまとめ記事が結局完成しなかったので、こいつは何を差し置いても完成させようと思います。『すばひび』の感想が最後の山場ですわ……。あと、前年の目標としてエロゲーの名作選を完成させることを掲げていたのですが、こっちはちゃんと理由があって、選出数を50から100に引き上げた結果もっとラインナップを充実させたい欲が出てきたからです。こっちは来年中にでも第一稿を完成させるぐらいのスケジュール感で動いています。こうご期待。あと、『咲-Saki-』関連の記事は前年にあんまり書けなかったので、今年は大きいものを1、2本完成させたいと思います。
 全般的な目標だと、去年はもはや読書家を名乗れないほど本を読んでいなかったので、ぼちぼち取り組んでいこうかと思います。

映画:50本
小説:30冊
エロゲー:15本
ブログ:1月に1本、読む価値のある記事を書く


 ペースについては前年と同じく、鬼が笑わない程度の目標を立てておきます。皆さまの一年も実り多きものになりますように。

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:
2017年12月30日

2017年の自薦記事10本&振り返り

 年々、10本も読み返す価値のある記事を書いていたのか心配になっているが、今年もどうにか見繕ろえた。

『君の名は。』から始めるギャルゲー・エロゲー
宮永照のお菓子好き 家族麻雀の影響説
「レズはひとりでいてもレズ。百合は二人いるのを外部が見て決めるもの」という言説のアホらしさ
けものフレンズ レビュー・感想 さびれたテーマパークで奏でられる狂想曲
けものフレンズは何話が好きですか
ことのはアムリラート レビュー・感想 ろくな衝突もない異文化交流、展開に動かされるキャラクター
プリンセス・プリンシパル レビュー・感想 コキジバトの巣の上で
主人公が現地調達の道具を駆使して窮地を切り抜けるシーンが好き
アトラク=ナクア レビュー・感想 血と情念が薫る伝奇ノベルの古典
白衣性愛情依存症 レビュー・感想 散漫とっちらかっぷりはさらに悪化

 振り返ってみると、今年はオリジナルアニメが強い年だったなぁと。


 『けものフレンズ』は短期間にあまりにもいろんなことがありすぎて、実質今年から始まったコンテンツだとは信じられない。『プリンセス・プリンシパル』は……終盤はタイムラインに流れて来るプリプリのイラストをリツイートしていた記憶しかない。
 百合ゲーに関しては鉄板のところ安定して面白くいつも変なの作ってるところは相変わらず肌に合わないという、何とも無難な結果だったね。

 ものはついでに、年初に立てた目標を振り返ってみた。
>映画:50本(今年の倍)
 現在46本で未達。残り一日半では間に合わん。観た作品で面白かったトップ3は『ブレインデッド』『ミート・ザ・フィーブル 怒りのヒポポタマス』『マッドマックス 怒りのデス・ロード』かな。ピーター・ジャクソンはすごい男だ。
>エロゲー:15本
 21本で達成! クソ長い長編も混ぜ込んだ割にはけっこうこなせた。やった中で一番面白かったのは『穢翼のユースティア』かな。『よあけな』をやったときは「いやその移動装置はあぶないやろ」という感想しかなかったが、これはよかった。牢獄に落ちた主人公が下層へ上がって上層へと至り、意図せず国教の中枢から王宮の政治へまで登り詰めるが、最後は大地に落ちて血にまみれるというシナリオ構成が、聖女を導く精神的受難の旅路とリンクしているのが美しかった。
>ブログ:1月に1本、読む価値のある記事を書く
 ノーコメント。

 仕事がひまだったので、何かとはかどったよい年だったな。それではみなさんもよいお年を。

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:

Template Designed by DW99