2006年08月31日

サクセス商店の景品に「アカイイト サイン入りシナリオ台本」が

http://www.success-corp.co.jp/tuhan/pointsystem/index.shtml
 サクセス商店のポイント景品に、「アカイイト サイン入りシナリオ台本」が入荷しています。サインはほんまP、麓川氏、Hal氏の三人分と大盤振る舞い。2000Pと交換とのこと。べ、別にほしくなんか(ry

 ちなみに私は現在250P。

tags:
2006年08月30日

雑記…

*あ~、シナリオ解読のサクヤさんルートを始める踏ん切りがなかなかつかないなぁ…。「ついのときまで」を見れば、鼻水垂れ流しながら泣きじゃくるのは目に見えてるし…いや、たった今反芻しているだけで胸が苦しいんですよ。バッドエンドはそれはそれで鬱になるだろうし…。うっうっ。


http://www.honya-town.co.jp/hst/HT/kinkan/bunko/03_b.html
 J・アーヴィング御大の傑作「オウエンのために祈りを」が新潮文庫・上下巻で9/28日刊行のようです。信教がどうだ、ベトナムがどうだの小難しい部分抜きにしても、抜群に面白い読み物ですので、お手暇なら是非手に取ってみてください。

tags:
2006年08月29日

あなた、私の生き別れた双子の兄じゃあありませんか?

Amazon.co.jp:アカイイト:ゲーム

アドベンチャーの究極, 2006/4/10
レビュアー: へべれけ "神をも恐れぬ酔っ払い"

このゲーム、最早アドベンチャーゲームの理想とも言える形なのではないだろうか。
皆さんはアドベンチャーゲームという響きをあまり好意的に捉える事は出来ないだろう。それは仕方の無いこと。
アドベンチャーゲーム、それのサウンドノベル形式のものに、名作は本当に少ないのです。
ですが、このゲームはそんな有象無象の塵芥等とは違います。
テンポのいい物語、次々と現れる謎、物語の随所に張り巡らされた完璧ともいえる謎の配置と、それを深める綺麗で悲しい物語。
これほどに心揺さぶられる物語を体験しただろうか?デットエンドを迎えても、続き見たさに苦痛も憶えず「最初から」の項を選べたことがあっただろうか?それぞれの物語のバットエンドを見て、これほどに目頭を熱くしたことがあっただろうか?そして、それぞれの物語のハッピーエンドを迎えて、ここまで満たされた気持ちになるゲームなど、他にあるだろうか?
自信を持って言える。全ての答えは否だ。
私は子供のよう胸を躍らせ、ドキドキとワクワクを抑えられずに、何度も晴れやかな気持ちで「最初から」を選べるゲームを知らない。他のアドベンチャーゲームの殆どが、進む物語によってまったく違うもの。完全なパラレルワールドなってしまっているその中で、ほぼ全ての物語が複雑に絡み合い、それぞれの謎を共有し、美しく形を成すゲームなど、私はこれ以外に知らない。設定、舞台、登場人物、物語。その全てが美しく寄り添い、まるで紡がれる糸のように綺麗な形を成している。
惜しむらくは、あるエンディングや道筋を辿らないと、新たな選択肢や分岐が開放されないという「封じ」システムによる高い難易度。
だが、そんなことなどどうでも良くなるぐらいに「アカイイト」は完成されており、それに比べれは些細過ぎて減点の対称になどなり得ない。
では、何でこんなにべた褒めしている物が四つ星なのかというと。
こんな面白いゲームをしたら、暫くは他のゲームをしたくなくなるでしょう?


 あなた、マジでわかってるよ!以外に何と言ってよいものやら…・゚・(つД`)・゚・。この御仁とは魂の同調を感じます。いやホント。もしアドレスを載せておられたなら、メール…それも恋文みたいに濃ゆ~い迷惑なやつをしたためるところでした。

*無許可転載です。ごめんなさい。

tags:
2006年08月27日

雑記…

*しつこいですが、ここをご覧のアカイイト儲の皆さん、エロゲショップで「痕」を見かけられたら、ぜひぜひ手にとってくださいな。中規模程度のところなら、必ず二三枚は置いていますよ。麓川氏・アカイイトが少なからず影響を受けている作品ですし、そして何よりめっさ面白いですから。僭越ながら、私めが折り紙をつけておきます。
 あ、買われるなら断然旧版がいいと思います。四姉妹のまつげが凄い方ですよ!値段もお手頃ですし。

*………。よもや、今日一日でAIRとKANON(最近初回版を中古買いして積んでました)とダークタワーⅦ(秋に本邦初翻訳…)のネタバレに邂逅するとはねぇ…。星の巡りでも悪かったのかな…。後追い世代はこれがキツいのよね…。

tags:
2006年08月20日

スティール・ボール・ラン#17 敵はどいつだ?

*今月のSBRは控えめ47ページ。去年のお盆時期の「#5 ディエゴ・ブランドー②」も同様のページ数だったので、荒木センセのモチベーションが下がったとか、そういうことを憂慮することはないかと。荒木センセ、くだんの回は単行本できっちり加筆してくれているしね。

やっぱりドット・ハーンは当て馬だったァ~~!!!

*ピザ・モッツァレラ♪ピザ・モッツァレラ♪レラレラレラレラレラレラレラ♪「そこちょっと420」に次ぐ一ページ丸々を使ったおバカギャグにシビれた!!どういう神経してんだ、荒木センセは。

*「…僕の「爪弾」ではぜんぜん勝てる気がしない」とここにきて「タスク」のパワー不足が浮き彫りになってきた。単純な威力不足はともかく、「タスク」は効果が一元的すぎて、応用力・使い勝手が致命的に悪い。クレイジー・ダイアモンド→「なおす」というどうとでも捉えられる抽象的な概念、「ゴールド・エクスペリエンス」→生み出す生命体を変えて万能の対応、ストーン・フリー→原始的な「糸」という概念だからこその無限の応用力、と歴代ジョジョ主人公のスタンドと比べれば圧倒的である。それにもかかわらず、スタンド使いの仲間がジャイロしかいないので(こちらもなかなかに能力の使い勝手が悪い)、必然的にジョニーの立ち回りも増えて、何の工夫もなく爪を飛ばす→避けられる・効果なし、というパターンが増えてきていたところ。今回のパワーアップへのフラグは大歓迎である。脊髄の影響なり、新しい死体の影響なり、「覚悟」での成長なりで、多少強引でも、ここいらで使い勝手のよい能力に進化させないと、後々ネタ不足で首が回らなくなるよ。

tags:
2006年08月19日

雑記…

昨日、この辛いことばかりの人生において、2番目ぐらいに嬉しいことがあった。マジ泣きした。詳しくは書けない。

http://blog-imgs-1.fc2.com/t/o/p/toppoi/hensin.html
 アカイイトシナリオ解読の記事で葛ちゃんルートについてさんざんなことをかいたけれど、それに拍手でコメントをいただきました。

んで、烏月ルートに重点をおいたために皺寄せが葛に……と(汗

あ~、これはそうでしょうね。「痕」の梓ルート然り、ADVの2番目のルートは得てして尻ぬぐいを任されるものなので、あれぐらいのクオリティーなら十分かもしれないですね~。ちょっと反省。

*PS2版のFateはボイス付きだと言うことを今さらながらに知った。奈須御大の文章は、声に出して読むことを全く意識していない、それこそビジュアルノベル専用のコテコテぶりなので、くどすぎになりやしないかと冷や汗ものである。「武器の貯蔵は充分か」とか真面目にしゃべられても苦笑が浮かぶような。

*「君はどのあたりまで見てたん?」と尋ねれば、その人の大体の年が予測できます。

http://www.youtube.com/watch?v=HARf6Z_voO0
http://www.youtube.com/watch?v=rra0COfA8x0
 はいそこのアナタ、正解です。toppoiさんは平成生まれ一歩手前の半端オタ世代です。カクレンジャーは見た覚えがないな…。
 恐るべくはジュウレンジャーOPの異常なまでのキャッチャーぶり。ジェットマンもファイブマンも「こんなんだったっけ?」とうろ覚えだったんだけど、ジュウレンジャーは14年経った今でも「あ!これだよこれ!ジュウレンジャ~♪ジュウレンジャ~♪」と反応できたんだから。テーマソングはキャッチャーならキャッチャーなだけよい、10秒聞いただけでその曲だと判別できるフックがあればなおよし。

 話は変わりますが、サクヤルート終盤での烏月さんの活躍に大興奮した人は少なくないと思う。そういえば、あの興奮に似たものを遙か昔に味わった覚えがある…と引っかかりを覚えていたのですが、この度やっとのことで思い出した。

http://www.youtube.com/watch?v=ssx2ymJYGrU
http://www.youtube.com/watch?v=lJ2olFT974Y
 ソルブレインの危機にウインスペクターが駆けつけた時でした。あ~すっきりした。前作の主人公が脇役としてクールに助太刀するシチュエーションは、どんな媒体問わず、そそられるシチュエーションだよ。

tags:
2006年08月16日

帰ってまいりました

 やっとこさ帰ってまいりました。早速保管庫の更新に励みます。

 「実家に帰る」こととは、普段からの拠り所、自分の身体の延長と言っても過言ではない家を後にし、異国の地(幾らか見知っているとはいえ、勝手知ったるテリトリーを離れることに変わりはない)に尻を据えること、つまりは「非日常(現在)」の象徴であり、そして同時に自分(たち)の血縁的・性格的ルーツに立ち返る「顧み(過去)」の象徴でもある。…いや、伝記もののお約束としてなぜ「実家に帰る」がこれだけ好まれるのか考えてみただけです。それだけ。
 私は夜な夜な誰かを殺す夢を見たり、柱に刻まれた誰かの名前を見て頭が痛くなったり、従姉妹と自分が前世で恋人だったことが判明したり、通りで見かけた外人さんを衝動的にストーキングした挙げ句ナイフでバラしたり、そういうことは一切ありませんでしたのでご安心(?)を。畑の芋掘りを手伝ったり、味噌を返したり、仏具をピカピカに磨けあげたり、障子貼りを手伝ったり、絶えてしていなかった生産的な活動を思う存分楽しみましたよ。いやあ、いい汗かいた。じっちゃもばっちゃも八十の大台だからなぁ(本当に痩せた痩せた…)、爺婆孝行したいときに…にならないよう、これからもバイトの合間を縫ってこまめに帰りたいものだ。
 そんなこんなで、ひたすら額に汗して、「さらばオタ文化~♪」と鼻歌を歌いながら自然生活を送っていた私ですが…。よもやこんな田舎の小汚い個人書店で「アカイイト 絆の記憶」に邂逅するとは…w!!得も言われぬばつの悪さがありましたよw。あはは。
 そして、身近にパソコンがないと読書の進むこと進むこと。上に書いたような雑用と力仕事を大分こなしたにもかかわらず、5日間で文庫本を3.5冊消化しましたよ。遅読の私にしてみれば、これは異常なハイペースです。普段いかに気の入っていないネットサーフィンで時間を食いつぶしているのかに遅まきながら気がつき、頭が痛くなりました…。お気に入りサイトは今の半分でいいよなぁ。それと「スタンバイ」では気が抜けたときについつい腕が伸びてしまうので、なるべくは「電源を切る」を選ぶよう心がけよう。

tags:
2006年08月09日

失礼。

 明日から15日までの間、ばっちゃの家に顔を出しに行きますので、保管庫ともども更新停止いたします。あしからず。

tags:
2006年08月08日

アカイイト シナリオ解読 葛ルート完成!!

http://blog-imgs-1.fc2.com/t/o/p/toppoi/kaidoku.html
 烏月ルートから遅れること三ヶ月、葛ルートの解読をやっとこさ終わらせました。
 私は「アカイイト」という概念をほとんど「烏月ルート+サクヤルート+ユメイルート+補完のおまけノゾミルート」として認識しており、はっきりいって葛ルートはアカイイトの瑕疵ぐらいにしか考えていなかったんだけれど、今回の再プレイではなかなかどうして……やっぱりあんまり面白くなかったorz。今回の調査で、思いこんでいたよりかはサクヤ・ユメイルートへの伏線があることがわかったんだけれど、烏月ルートがあくまで物語の筋で伏線を張っているのに比べると(重要な基点である烏月さんとケイくんの和解、分霊との対決は、そのまま全てがユメイルートに繋がっている)、いささか展開が説明調。郷土資料館で聞かされる経観塚の昔話なんかは、続くサクヤルートで…何というか、「ああ、私は今、神話を目の当たりにしているんだ…」ってな高揚感を演出するのに一役買っていると思うけれど(伝承が事実と少し食い違っているのも小憎い)、これは葛ちゃん自身とはほとんど関係のない話なんだよね…。プレイしている中途、前座をやらされているという感覚を往々感じた…。
 まぁ、一番夏休み夏休みしているのは葛ルートだよね。ちっちゃい子と一緒に、川原で花火をやったり、自由研究のために(これは違うか)閑古鳥の鳴いている資料館を訪ねたり、トランプで暇潰しをしたりと。のんべんだらりとした田舎の夏休みとして割り切れば、それなりに楽しいんだけれど、やっぱり「アカイイト」世界の一部として考えると辛いものがある。烏月ルートがADVのオープニングナンバーとして出色の仕上がりなだけに、どうにも残念っす。

tags:
2006年08月04日

アオイシロ公式サイト更新キター!!

http://www.success-corp.co.jp/software/ps2/akaiito/aoishiro/index.html

 主人公:海ぶどうちゃんの名前がついに公開ですか!小山内梢子(おさないしょうこ)ちゃんだそうで。ピンチの時にもヒロインさんは「しょうこー!!」って叫びやすそうですね。
 そしてヒロインも一人目が判明。相沢 保美(あいざわ やすみ)とのこと。きりりとした烏月さんタイプの海ぶどうちゃんと比べて、こちらはぽやぽやした桂ちゃんタイプの子ですね~。今回は主人公の海ぶどうちゃんがヒロインを守るというスタンスでしょうか?

皆さんこんにちは。ほんまPです(。・ω・。)ノ

『アオイシロの攻略キャラクターは女の子なの???』
この辺が皆さん一番気になるのでしょうか?



はい。その通りです(・ω・。)
皆さんの期待は裏切っていませんか?w

   n ∧_∧
  (ヨ(´∀` ) グッジョブ!



http://www.success-corp.co.jp/tuhan/campaign/akaiito/
 それとドラマCD再販決定おめでとうございます。



追記。
http://ikki0harvestmoon.web.fc2.com/index.html
 は、早い!!なんちゅう早さだ!!…と本スレでも話題になっていた真田センセのサイトを紹介。

tags:
2006年08月04日

雑記…

*未だ「スザンナの歌」の衝撃冷めやらぬ…。少々ポカーンな状態です。そちこちの書評サイトを覗いてみましたが、皆さん私と同じくあの超展開には大いに戸惑っておられるようで…。よもやローランドとキング御大がクリソツだなんて…。デルガド嬢はどれだけ悪趣味なのかとw。

*アカイイト ~第三十章~
 本スレもついに三十の大台に乗りましたね。いやはや、種厨も湧いてきてアカイイトスレらしくなってきましたな。私が本スレにたどり着いたのが第三章の中ごろだから…既に一年と十ヶ月ほどへばり付いている計算になりますね(あ、いま変換で「桂さん」って出ましたw)。皆さまお疲れ様です。これからもお馬鹿にアカイイトを応援していきまっしょい。私も管理のほう、頑張らせていただきます~。

*「ハリポタ殺さないで」S・キング、J・アーヴィングが作者に懇願
 おっさんどもは何やってるんだw。アーヴィング御大もハリポタ好きなのか~ほへ~。ディケンズ気違いのカビくさいイメージしかなかったから意外だった。

tags:
2006年08月02日

アオイシロ公式サイト(仮)オープン

http://www.success-corp.co.jp/software/ps2/akaiito/diary/post033.html#more
http://www.success-corp.co.jp/software/ps2/akaiito/aoishiro/index.html
 アオイシロの公式サイト(仮)開設。まだ本当に仮って感じで、URL階層もアカイイトの一部分なようですが(だからこのsoftware/ps2/では完全には安心できない)、何はともあれおめでとうさんです~。
 主人公のキャラデザインとスタッフの一部を公開しています。既に決定事項のようなものだったけれど、シナリオ担当が麓川氏なのは本当によかった…。その他ほんまPをはじめとするサクセス社内スタッフは一切変更なしとのことで一安心♪

『アオイシロ』を作るために、忘れちゃいけない大事なスタッフがもう1人。
麓川の作り出す世界に、ステキな音色をつけてくれるMANYOサン。
企画承認が出る前から『アオイシロ』の作曲依頼をしていたのですが
なかなか企画承認が取れず…長いことお待たせしてしまいました

良かった;;MANYOサンが仕事受けてくれて。
MANYOサンじゃなかったら皆さんから怒られそう…。

今からどんな曲ができるか楽しみですね(。>ω<)きゃーっ♪

しかもMANYO氏再起用キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!私も喜んでおきます(。>ω<)きゃーっ♪

 それと、アオイシロ開発決定を祝して、アカイイトドラマCD「京洛降魔 通常版」の再販を検討とのこと。うかうかしていたらあれよあれよと言う間に完売になって、一人枕を濡らしていたそこのアナタ、今回が最後のチャンスかも知れませんよ~。お見逃しのないよう。

tags:

Template Designed by DW99