2006年12月31日

2006年まとめ:音楽・マンガ編

 音楽・オールディーズについて。「そもそもオールディーズとは何ぞや?」な御仁は、メニューバーの布教にある「アイ・ウィル・フォロー・ヒム」やら「サマー・ホリディ」やらをクリックしてみてください。ああいう古臭くて甘ったるくてアホらしくて最高にゴキゲンな音楽が私の本分なのですよ。
 ブックオフの250円コーナーを使うことを覚えてから、収拾効率がダンチで上がりました。「イチゴの片思い(つくづくすげぇ邦題だ!)」「サマー・ホリディ」「電話でキッス」「砂に消えた涙」「燃ゆる瞳」「ヤング・ワン」「16トン」「内気なジョニー」「アイドルを探せ」「トラベリング・マン」「子供じゃないの」「カラーに口紅」などを回収しました。めざせプレイリスト200曲。


 マンガは…そもそも積極的に何かを読もう、といったアクションが起きませんでした。もう何を読んでいいのやらさっぱりです。唯一連載を追っかけたのが荒木飛呂彦「スティール・ボール・ラン」。
 いやホンと、ウルジャンに左遷された後は加速度的に面白くなっていきましたよねぇ。ポイントは二つ、聖人の遺体とルーシー・スティールの活躍でしょう。
 エイジャの赤石しかり、鍵の亀や「矢」しかり、荒木センセは物語に緊張感を保つために、馬の鼻先にニンジンを垂らすがごとく、主人公と敵方で取り合う重要アイテムを登場させていますが、今回の「聖人の遺体」の導入も大成功裏に終わっています。さらにこの聖人の遺体というやつ、単なるイベントアイテムにとどまらず、スタンド能力を開花・進化させるパワーアップアイテムという一面も備えておりまして。頭脳戦による争奪→奪還→ゴゴゴゴゴ…!という流れが物凄く熱かったです。対Dio戦、ジャイロが片眼を手に入れるくだりはゾゾゾっときましたぜ…!
 ルーシィの台頭は、第三勢力の登場という形で、レースというとかく単純になりがちな構造を豊饒化させたと思います。無力ながらに大統領とブラックモアを向こうに立ち回るところも、四部の川尻隼人を想起させる凛々しさでした。

 9~11月号のちょんぼを抜かせば、あまりにも濃密すぎる連載でした。荒木センセ、ホントお疲れ様でした!一年間大いに楽しませて貰いました。

http://toppoi.blog54.fc2.com/blog-entry-27.html
http://toppoi.blog54.fc2.com/blog-entry-51.html
http://toppoi.blog54.fc2.com/blog-entry-72.html
http://toppoi.blog54.fc2.com/blog-entry-90.html
http://toppoi.blog54.fc2.com/blog-entry-104.html
http://toppoi.blog54.fc2.com/blog-entry-123.html
http://toppoi.blog54.fc2.com/blog-entry-139.html
http://toppoi.blog54.fc2.com/blog-entry-153.html
http://toppoi.blog54.fc2.com/blog-entry-168.html
http://toppoi.blog54.fc2.com/blog-entry-181.html

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:
2006年12月27日

2006年まとめ:ADV・ギャルゲー・エロゲー編

 さて、われわれろくでなしにとっての年末の楽しみといったら、恋人と過ごすクリスマスでも知人親戚廻りでもなく、お気に入りサイトさんの総まとめなわけですが…orz。当方のサイトも調子こいてやってみました、2006年まとめ。ジャンルごとに私が感銘を受けた作品のうち幾らかのショートコメントをアップしてみます。…とはいっても、toppoiさんは「リアルタイムで物事を追いかける」という行為と疎遠な浦島太郎なもんだて、時事性は皆無で独りよがり、「2006年」まとめとは名ばかりのものになっています…。ごめんなさい。


 まずはもっともお客さんの需要と被っているであろうギャルゲー・エロゲー・ADVで行きましょうか。このジャンルに本格的に手を染めはじめたのが今年の夏頃からで、それからこっち消化したのが22,3本ほど。遅読の自分にしてはなかなかのペースじゃないでしょうか。もっとも、その分読書のペースがガタ落ちしたんですけれどw。

 その二十ン本やった中でも、別格に面白かったのが「痕」(1996)。こいつはアカイイト以来のキャッチザハートぶりでした。このゲーム、いまだに神格化の位置を保っているのは、偏に千鶴ルートの破壊力でだけのことだと思うんですけれど(梓ルートのおミソっぷりや三女四女編の突飛さは語り草でしょう)、それだけに千鶴ルートの牽引力は凄まじいです。あれほど濃密な二時間は、映画でも味わったことがありませんぜ。昨今の長ったるしいうんこADVも、つまらないならつまらないであれぐらい絞ってほしいものです。
http://idrad.atso-net.jp/davun/Z2VucmU9Z2FtZSZ2aWV3PWtpenVhdG8yMDAy/
 あ、今からやるなら絶対旧版がおすすめです。リメイク版は、シナリオの勢いで誤魔化せていた魅力のない舞台設定を、前面に押し出すという愚を犯しているそうで…(上のリンク先様参照)。それとリメイク版は水無月絵の劣化がも~んのすごいです。公式サイトのサンプルCGを見ただけで購買意欲を削がれるほど…。旧版の水無月絵は、お世辞にも綺麗とは言えないながらも惹かれるものがありましたよ。あのウニみたいなまつげとか、マッチ棒みたいな手とか、私は好きですよ。

 「Fate/stay night」(2004)と「ひぐらしのなく頃に」(2003,2004)は…シナリオの質・量、舞台背景の練り込み、画面演出から命題にいたるまで、行き着くところまで行き着いた作品じゃあないでしょうか。じっさい、2004年を境にTYPE-MOON/07th~のみならずADV業界全体がグダグダ・マンネリ・劣化の一途を辿っているように思うのです。
http://www.typemoon.com/
http://07th-expansion.net/Soft/Taiken.htm
 ギャルゲーなんて…と蔑んでおられる方、ぜひともこの二本の体験版をやってみてください。エロゲー・ギャルゲー・ADVのこと、見直してくれるはずです。この二本以上のエンターテイメントなんて、世界中探してもそう見つからないと思うんですが…。

 「あやかしびと」(2005)は無邪気な良作でした。エロゲーってぇのはなんだか知らないけれど、やたら生命倫理や犯罪者倫理を問うてみたり、メタ構造がうんぬんほざいたりと、小難しいことを並べ立てるものなんだけれど、あやかしびとはそういったものは一切なし。強姦やら3Pやら復讐劇やら、焦臭いネタも多分に含んでいるくせに、下手すればそこいらの一般ゲーより毒気がない。むしろ前面に出されているのは努力、友情、勝利の三本柱、ほとんど少年ジャンプどころか少年サンデーでござい。そして、四本のシナリオすべてにジャンプ黄金期並みの質が備わっているのがまた凄いところ。こういった肩肘を張らずに読める良ゲーが増えるといいなぁ。
 プレイするならどーでもいいどころか邪魔なエロシーンのないPS2版をば。

 「ONE」(1997)「Kanon」(1999)「AIR」(2000)「CLANNAD」(2004)のKey四部作もやりました。これらについてはそのうち詳細な感想をアップしたいと思います。古臭いながらに惹かれたのが「ONE」、無駄な部分ばかりに目が行ってしまったのが「Kanon」、単純に凄いなぁと思ったのが「AIR」、とにかく大好きなのが「CLANNAD」ですか。あ、「MOON.」(1997)は論外っす。
 それにつけても、私はいたる絵が大好きです。どうしていたるキャラはあんなに可愛いんですかね?黄金長方形でも隠れているんでしょうかw?CLANNAD、KANONのビジュアルファンブックと(AIRが見つからない…)、Tactics時代の原画集まで、いたる絵目当てで買っちゃいました。これ、書き下ろし表紙の瑞佳と郁未がまたいいんだよなぁ。ぶっちゃけたところ、私の鍵作品に対する評価が甘ったるいのは、いたる絵の影響が大きいです。…逆に型月があまり好きになれないのは、武内のぺらぺらアホ口絵ゆえにでしょうか?「ADVはシナリオがすべて!他は全部オマケ!」とか突っ張ってみても、なんのかんのでビジュアルノベルのビジュアルって大事ですよね。
http://key.visualarts.gr.jp/newsoft/index.htm
CLANNADの時点で既に陰りが見えていましたが、新作リトルバスターズではいたる絵の毒気がすっかり失せていて残念です…。どうしても年を取ると角が取れて丸くなっちゃうんだよなぁ…。

 イマイチ面白さがわからなかったのが「月姫」。う~ん、期待値が高すぎたとか以前に、プレイ中「面白ッ!」と思えた部分が一ヶ所もなかったんだよなぁ…。ただひたすらダルし。とてもかつて天下を取ったADVは思えませんでした。…自分、何か大事な感性が欠けているんでしょうか?ちょっぴり不安です。「月姫」に関しては、べた褒めしていないサイトさんのほうが少ないっすからねぇ。


 ご覧の通り、ADVいちねんせいなもんだて、有名どころも有名どころしかやっていません。そういうわけで、たいていのものは愉快爽快にやらせて貰いました。しかしながら、まだ傑作と呼ばれる部類にしか手を出していないにもかかわらず、ADVというジャンルそのものにまで嫌疑を抱かせるような、トンデモナイ作品との出会いもあったのですよ…。それらについては別の記事で毒を吐かせてもらいます。

 かしこ。

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:
2006年12月24日

ダーク・タワーⅦ 暗黒の塔(下)/スティーヴン・キング

 ………まさか○○○オチだったとは…。

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:
2006年12月22日

スティール・ボール・ラン#21 湖畔のルール

今月号はなんとなく四部テイストだなぁ…。

*「太陽が西に沈むまでに品物を使い切る」というルールだけれど、果たして「使い切る」とはどこまでを指すんだろうか。純金や紙幣なんかは買いものに使わなければダメ?それだとレースを放棄して、誰か人を探てものを売ってくれるよう頼まなきゃならないね。追っ手相手に売買を持ちかけるわけにもいかないし。それとも、その辺にうっちゃるだけでOK?はたまた破壊までが条件?後者だとすると、時計まではともかく金塊は苦労しそうだねぇ。…そして聖人の耳はどうやって使いきれと言うのか?…まさか遺体がこの一日で揃ってしまうのか?
 紙幣、金塊、フルコース、キノコ、時計、紙幣、聖人の耳、これらを処分しながら、イタリア側の追っ手人を相手しなきゃならないとは、来月号のジャイロ一行はご多忙の予感。

*ジョジョの奇妙な冒険の回想シーンと言ったら、パワーアップやら行動の動機やら、なにがしかのフラグ立てか(先月までのジョニーの回想なんかその典型だね)、キャラクタの不気味さを強調するハッタリ演出だと相場が決まっているんだけれど、今回のものは何だろうね?意味のない挿話にしては唐突で脈絡が無さすぎるし。オヤジさんの足音を聞きつけたり、指輪の跡に気付くジャイロの洞察力の強調かな?

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:
2006年12月22日

雑記…

*マンションの補強工事が終わって以来、ネットの繋がりがものすっご悪くなってしまった…!何やらトンテンカンテンやっていたけれど、よもや鉄筋でも埋め込んでいたんでしょうか?ああ無線。

http://maglog.jp/aoishiro/index.php?module=Article&action=ReaderDetail&article_id=20039
 漫画化記念でアカイイトドラマCD「京洛降魔」再販決定です。これで正真正銘最後のチャンスだと思うんで、ちょっと懐が寂しいから…程度の人は注文しちゃいましょう!
 …ドラマCDって結局何回再販したんでしょうか?

http://maglog.jp/aoishiro/index.php?module=Article&action=ReaderDetail&article_id=20333
http://maglog.jp/aoishiro/index.php?module=Article&action=ReaderDetail&article_id=20482
 コミックラッシュのアカイイト連載二回分は、麓川御大の書き下ろしで決定したようです!いやっほーい!アカイイト世界に新たな一ページが加わるかと思うと嬉しいですね。
 ところで、参考にしたジュビロの短編ってのは「連絡船奇譚」かな?いや、二話掲載だから「夜に散歩しないかね」?

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:
2006年12月17日

雑記…

*苦虫を噛み潰すようにしてプレイしていた「Fate/hollow ataraxia」がようやく終わった…!!「2005年最大の地雷」の称号はダテじゃなかったです!!(><)媚び全開のキャラ萌えイベントやら、クソながったるい唐突過去話やら、くうだらないメタ関係のギャグやら(基本的に奈須御大のギャグはおさぶいけれど)、陸上部のクソガキや寺の坊主のたわごとやら(未読スキップはできない性分なんですよ)、とにかくプレイ中、不快で不快で堪りませんでした。今となってはセイバーや桜の顔を見るだけでウンザリしてきます。や、これ、メタ要素がうんぬん以前に、くだらなくてつまらないから駄作なんでしょ。
 それとFateの頃にはあまり気にならなかったんだけれど、ADVの数をこなしてきたせいか、武内の画力のなさが目について仕方なかった。首から下の装飾がものすっごいハイレベルな分、余計にキャラの顔のペラぺラさが際だっているね。目に力が感じられないうえ、ぽかーんと開けたまん丸マヌケ口が憐憫を誘う。セイバーの首を傾げている立ち絵なんか、今見るととんでもねぇや。

*と、ホロウアタラクシアに続いて、「ひぐらし」の祭囃し編も消化しました。こちらは「地雷」というのはちょっと違うんだけれど、…まぁ、読んでいて開いた口がふさがらなかったところは一緒か。…な~にが「空気投げ」だよw。
  そんなこんなで、二回続けてトンデモないものを見せられたせいか、私、ADVと言うジャンルそのものに対してゲンメツしてきています…。2005年の二大地雷と名高い「智代アフター」積んだままなんですが、これ以上ないほどテンションが下がっている今のうちにやってしまうのも手かな…。

http://maglog.jp/aoishiro/
 ほんまPのひと言コーナー、アオイシロキャラの声優さんが一人を残して決定とのこと。それと喜屋武汀の(おそらく登場シーン?)一枚絵が公開されています。背景といいキャラの表情といい、相変わらずのクオリティーで一安心。

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:
2006年12月14日

サイト名を変更いたしました

 本当に急で申し訳ないんですが、サイト名を「toppoiの部屋」から「とっぽい。」に変更いたしました。お手数ですが、ココをご覧になっていて当サイトにリンクしてくださっている方は、サイト名の部分の変更をお願いします~。
 あ、変更したのはサイト名だけで、他は全く代わり映えしてませんよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:
2006年12月14日

アオイシロ 百合姫&コミックラッシュで漫画連載決定!

http://maglog.jp/aoishiro/index.php?module=Article&action=ReaderDetail&article_id=18107
 ほんまPの語る新プロジェクトとは、な、なんと、アオイシロの漫画化決定でした!おめでとうございます!アカイイトスタッフ作品もついにメディア進出っすね!
 それもただの漫画化じゃありませんぜ。読み切り販促ではなく月刊連載、そしてコミックラッシュと百合姫の二誌同時連載とは…!ほんまP、末恐ろしい子…!!
 コミックラッシュの連載は片瀬優氏(http://www.edit.ne.jp/~katase/)が担当。3月26日発売の5月号から連載開始とのこと。百合姫の作家さんは未定とのこと。連載開始はコミックラッシュとほぼ同時期になるそうです(原作は共に麓川御大)。
 ふぅっ、一つの漫画のためだけに定期購読する雑誌がまた二冊も増えるのか…。買ってアンケート出さなぁな。

 さて、アカイイト儲として気になるのは、麓川氏の原作が間に合わないとのことでアカイイトに割り当てられた、コミックラッシュの二話分。果てさて、何に使うのやら?
①初回版アンソロのむっちりむぅにぃみたいな、毒にも薬にもならないいちゃいちゃ話。
②「いつかのひかり」。ほんまPが以前漫画化を頼んでいたらしいんで。それに「ひととせのひとひら」一編プラス。
③導入部。桂ちゃんが経観塚への電車に乗るまでか、夢にユメイさんが出てくるあたりまで。「わたしたちの戦いはこれからだよ!」
④息つく暇もないマッハのダイジェスト版。
⑤いくつかのイベントをピックアップしたオムニバス方式。吸血シーン多め。
 ファンとして痛切に見たいのは②だけれど、アオイシロ面白!→前作もやってみようかな~ってな人におもっくそネタバレを喰らわしちゃうわけで。③か⑤で新しい層をフィッシュしてもらいたいところです。

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:
2006年12月08日

雑記…

*「ダーク・タワーⅦ」中巻を読了して以来、本当に気力が湧いてこない…。ああ、どうしてジェイクが、私たちのジェイクが、あんなのの身代わりにならなきゃいけなかったんだ…。ああ…。

*「ダーク・タワー」シリーズに深く関わっているとのことで、下巻発売前に「不眠症」を読み切ろうと頑張っています
 でもローランド、確か「不眠症」のハードカバーをミセス・タッセンバウムにあげちゃったんだよなぁ…。

*ほんまP直々のお説教を喰らったので、「いつかのひかり」の歌詞ページを削除しました。P、えろうすいませんでしたorz。
 う~ん、ファンブックから抜粋したキャラクタープロフなんかも作っていたんですが、これもまずいんでしょうか。

歌詞につきましては、後日弊社公式HPにて
公開させていただきますので、
こちらにリンクを貼っていただけますようお願い致します。

 とのことです。つくづくいい会社さんだ…。

http://toppoi.web.fc2.com/dot.html
 ドット絵ギャラリーに名作「マーヴェラス~もう一つの宝島~」のディオン/マックス/ジャックのドット絵をアップしました。リーダーハットverあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:
2006年12月03日

ほんまPのひと言コーナー移転&アオイシロ関連

http://maglog.jp/aoishiro/
 ほんまPのひと言コーナーがブログ形式のものにバージョンアップされています。週一以上の更新もどんとこいですな。

http://www.success-corp.co.jp/software/ps2/akaiito/aoishiro/gallery.html
 アオイシロ公式サイトでギャラリースペース開設&イメージイラスト公開。アカイイト設定解説ファンブックの表紙にわざと似せて描かれているようですな。オサのポジションから予測するに、アオイシロでは主人公が凛々しく闘うさまが拝めそうです。
 アカイイト初プレイ時はADVに関する物差しがなかったもんだて、Hal氏の絵には「まぁ、悪くない」程度の感想しか浮かばなかったんですが、それなりの数をこなした今目にすると、あまりの画力に圧倒されてしまいました。コハクさんの目とか凄いやね。応援バナーで目が合うと思わずドキッとしてしまう。

http://gamespace24.net/webmagazine/
 ほんまPが出演しているらしいwebラジオ。後で聞く。

http://a.hatena.ne.jp/top-poi/
 アカイイトリンク集開設に茜屋 経観塚支店さんを追加しました。情報くださった方、どうもありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:

Template Designed by DW99