2012年06月23日

ポケモンブラック2買ってきたよー(^q^)

 実況プレイ開始

いちにちめ 10:20
 キッズと大きなお友達に混じって買ってきた。これからポケモンをする機械になる。例のごとく事前情報は集めていなくて、説明書も読まずに突き進む。

10:30
 イッシュリンク>おもいでリンクとはなんぞね? 「レポートを うけつぎます」ってまさか全ポケモン引き継げたりとか……ないか。とりあえず前作黒と通信しておいた。

10:40
 最初の町にポケモンセンターがある! これでやっと殿堂入りしたときの面倒くささが解消されるのか。
 ベルからポケモンを受け取るらしい。前回はツタージャを選んで、攻撃範囲の狭さと進化の面白みのなさに絶望したので、今回はミジュマルにしてみる。前作水ポケモンが捕まえられるようになったらお払い箱になりそうだけど。

10:40
 ライバルがぬるぬる動く!

10:50
 元プラズマ団らしきあんちゃんの回想に前作の主人公の名前が出て来た。
 最初の道路でアデク登場ww格が下がりすぎでしょ。
 タンパンこぞうも動く!
 ポケモンボックス整理のインターフェイスがようやく改善されたか……複数移動は本当に助かる。

11:20
 コダックとメリープ出て来た! 前作のポケモンを見つけるとほっとするね。もうミジュマルと入れ替えようかな……。
 牧場をうろうろしていたらルリリを見つけた! 間違えて殺しちゃったけど。
 今のところBGMにハズレしかないんだけど。通常戦闘BGMもこねくり回したようなへんてこアレンジだ。あれならそのまま使ってくれた方がよかった。

12:00
 ランボー怒りの特性あついしぼう&おくびょう。
 馬鹿とアデクは高いところが好き。
 なにー、牧場にリオルが出るのか? 一回も遭遇しなかったぞ。ひょっとして揺れる草むら? あとでもう一回行ってみるか。
 最序盤で貰えるおんがえし・やつあたりのわざマシンがバランスブレイカーすぎやしないか。序盤の単ノーマルが頼もしすぎる。チェレンをレイプしてきた。

13:00
 おー、ハイリンクでのミッションの仕様ががらっと変わっている。一人でもミッションを受けられるぞ。前作の仕様はサブロムがないとどうしようもなかったからな。一回のミッションでデルたま8個ももろた。
 安定のサンドバッグタブンネちゃん。

13:30
 結局ダッシュ継続やLAは復活しなかったか……。残念でならない。片手でやれるかやれないかってプレイのモチベーションにかなり影響するんだけどなぁ。プログを更新しながらでもレベル上げ程度なら出来るし。
 図鑑に「生息地」という機能が出来た。地域を選んでどんなポケモンが出現するか見られるようになった。なんだこりゃ、出現するポケモンのネタバレしてるのか、どんなポケモンが出てくるのかワクワクしながら草むらに入るのがポケモンの醍醐味じゃないかと思ったが、まだ未登録のポケモンは表示されないようだ。その地域に出現するポケモン全てが登録済みだと、地域単位でスタンプが貰える。これはなかなか面白い機能だな。
 バッグの仕様は中途半端だな。並び替えを名前順や種類順で指定して出来るようになったのはいいけれど、ボールと戦闘アイテムが同じくくりというクソ仕様は直らなかったか。
 現在リオルとルリリを育成中。リオルがレベル15でやっとタイプ一致のはっけいを覚えた! これでタブンネ狩りに精を出そう。ルリリ……もっと物理技を覚えてくれ。今のところ恩返しがタイプ一致だからなかなか強い。進化したら弱くなっちゃうのか。

14:30
 二つ目のジムに挑戦する前にルカリオとマリルリが誕生してしまったwヌルゲーはじまたwこの二種族はシナリオで初めて使ってみたんだが、なつき進化ってこんなに速いんだな。

15:00
 どくタイプのジムリーダー・ホミカを問題なく撃破。
 マッギョの歩行グラかわいい。今さらだが連れ歩きは欲しかったな。イッシュ地方はNのイデオロギー的に難しいんだろうけど……。
 端っから期待していなかったが、ポケウッドは子供だましな要素だった。

16:00
 マリルリちゃん、タイプ一致の物理技はたきのぼりまでお預けなのかと思ったが、レベル21でアクアテールをさくっと取得してしまった! どうしよう。
 ハイリンクは一人でも遊べる仕様になっているが、上位のミッションは多人数で挑戦しないと絶対にクリア不可能になっているな。3分でトレーナーを10人倒せとか。今度友達呼んで挑戦するか。それとデルパワーが3つストックできるようになったみたいだ。廃人は経験値パワー+++と孵化パワー+++で決まりだね(ニッコリ)。 船に乗ってヒウンシティに到着。
 お、チケットなしでビクティニ師範の島に行ける。でも島に行っても師範がいないじゃないか! 何のためにあるんだこのマップ。
 バッジの効果を説明してくれるオッサンがいるんだけど、レジェンドバッジって前作にあったかな? ウェーブバッジは確実になかった、ラストが新参の水ジムリーダーか。

18:00
 ふらっとグローバルリンクで遊んでみた。クリムガンの夢特性はかたやぶりだったか……オノノクスとどう差別化しろっちゅうねん。
 ヒウンシティの下水道を探索中。この会社、エンカウント率の調整は意地でもしたくないらしい。ゴールドスプレーが猛烈に欲しい。
 分布を見る限り、下水道を抜けた先にあるヒウンシティの草むらにイーブイ(!)が出るはずなんだけどまだ遭遇できない。さっきはミミロップが出て来てちびった。ノーマルはもう需要はない……。でもルカリオ、マリルリの次に育てるポケモンを早く見つけたいな。

19:00
 下水道攻略、アーティをさくっと倒して4番道路へ。新キャラの学者が道をふさいでいたイワパレスをどけてくれた。
 4番道路の入り口すぐにいるポケモンブリーダーのヤスコだが、何度倒しても倒しても勝負を挑んでくるんだが……バグじゃないのか? こういう仕様なのか?
 砂漠には各色かけらがよく落ちているが、これを技教えで使うのかな。
 !? リゾートデザートでポケモンと遭遇したら謎の演出が……「やせい?のシンボラーがあらわれた!」ってなんぞね。一瞬色違いかと思って焦った。捕まえたら「別の親がいるみたい……」だってさ、なんのこっちゃ。→親を見てみたら「N」となっていた。あーなるほど、そういうことね。
 相変わらずダンジョンの入り口付近にはナースや医者が完備されているのね。便利っちゃあ便利なんだが、冒険の気分を削ぐこと甚だしいので撤廃してもらいたい。

20:00
 リゾートデザートを散策して、ライモンシティ到着。なぜか地上にいたサブウェイマスターをさくっと倒す。
 ズルッグのドット絵かわいい。連れ歩きたい。
 前作主人公のミュージカルグッズを引き継げた。割と本気でいらない。

21:00
 ライモンの先の道路でベルと遭遇、かくしあなの存在を教えてもらう。その先にいたのは固定シンボルのチラーミィ。捕まえてみたらやっぱり……スキルリンク! 夢特性! イッシュ夢特性きたこれ! チラチーノはシナリオで使ったことないし、育ててみるか。
 さくっとカミツレ撃破。

ふつかめ 06:00
 やばっ、盛大に寝落ちしていた。
 ホドモエシティ到着。やはりかけらは教え技だったか。新技はドリルライナーとダブルチョップか。
 さくっとヤーコン撃破。牧場で捕まえた二枚看板が大安定すぎる。通行止めだったポケモンワールドトーナメントの区画でめざパのタイプを教えてくれる人とハートのウロコで思い出させてくれる人を確認。
 マイナーチェンジで探索の自由度も上がってくれればいいと思ってたけど、だめだったか。前作マップの中盤当たりからスタートとか、金銀のカントー編を思わせるわくわくっぷりなのに、どこに行っても通行止め通行止めで一本道でしかない。残念。

08:00
 ホドモエ側からこだいのぬけみちに入り、下水道へ貫通。早く波乗りがほしいなぁ。脇道からこだいのしろに入り、奥に進んだらウルガモスがで~ん! と鎮座していて笑った。さすがにレベルは70じゃなくて35だったけど。
 でんきいしのほらあなを散策。通行止めホンマ好きやな。
 そう言えばチェレンとライバルの存在を忘れていた。ホドモエ南の波止場へ。おっ、アニメのあの場面か。
 新戦力として育ててみたのが、かくしあなのスキリンチラーミィとリゾートデザートで見つけたナックラー。チラーミィは紙すぎて育てはじめこそしんどかったが、ホドモエでひかりのいしゲット&技思いだしがあったおかげでチラチーノへと進化&タネマシンガンあんどロクブラ搭載という大幅強化がされた。一気に主戦力やがな。スキリンの安定感は異常。ナックラーは遅い&もろいでこれまた育てるのがしんどく、ビブラーバに進化してもパッとしねぇ~。というか攻撃性能落ちてるやん。空を飛ぶ要員としての登用だが、もうちょっと気張ってほしい。
 なみのりゲット。素通りしていた水場に行ってみるか。

10:00
 マリルリ、LV42でばかぢからか。もう四天王に挑めそうな勢いだ。こいつは正真正銘の当たりポケモンだった。ルカリオはそろそろはっけいの次のかくとうわざ覚えてくれ。
 フキヨセシティでアララギと遭遇。マスターボールをぽんと渡される。……マスボはシリーズが進むにつれてどんどん重みが無くなっていくな。
 おっ、スプレーの効果が切れたときに「つづけてつかいますか?」的な選択肢が出てきて、はいを選ぶとすぐに使ってくれる! ちょっと便利。いちいちダウジングマシン切ってカバン開いて……ってクソめんどかったのよね。
 最初の方の町や下水道をなみのりして、いちゃもんとエナボをゲット。ヒウンシティは下水から行けない隠れスポットが多いのが面白いな。

11:00
 アキバヨドでも行ってみっか。ジョインアベニューが発展するとどうなるか見てみたい。

18:00
 すれ違いをやってきた。ミッションを主催したり参加したり、名前だけ貸したりしていたら、いつの間にかデルたまが300個オーバーしていた(笑)。ハイルツリーはブラックがレベル10まで上がった。ホワイトはゼロのままだな、なんでだろう。
 ジョインアべニューは現在レベル5。噂の道場を作ってみたぞ。確かに努力値やレベル(!)が上げられるが、一日一回の制限があるから、どこかの飛ばし記事で見たようにふしぎなアメがお払い箱ってことはないぞ。
 タワーオブヘブンを登り、レンブさんオッスオッス、フウロをさくっと倒して空路でヤマジタウンへ。ストレンジャーハウスはもりのようかん系施設。思わせぶりなイベントだけかと思いきや、最後に重要アイテム「みかづきのはね」がゲットできた。これってクレセリアとダークライ関連のイベントだよね。リバースマウンテンにはヒードランが生息しているらしいが、現時点では会えないのかな? とりあえずスルー。
 前作と変わらず、どこに行ってもベルやらアララギやらがうろちょろ付いてきて邪魔くさいったらありゃしない。冒険をさせてくれ。私は引率付きの遠足をやりたいんじゃない。
 前作ではクリア後に行けたサザナミタウンへ到着。ソウリュウシティーに行ってみるか。

19:00
 現在カゴメタウンを通過してブリッジビレッジ。前作のコースを逆走するのは楽しい。これでもっと自由度があればなぁ。
 ルカリオ、レベル51でようやくはどうだんか! ビブラーバくんは一時リストラしかねないほどの微妙さだったが、レベル40くらいでだいちのちからを覚えてくれてからは安定の戦力だった。カゴメタウンでだいもんじのわざマシンを買ってさらに強化。りゅうのいぶき止まりだったドラゴン技も55でドラクロを覚えてくれた。そらをとぶ要因としては言うことなし。

20:00
 いったんソウリュウシティーを通過。しゅぎょうのいわやが潰れている。ショッピングモールはめぼしい物がないな。早くお金を貯めてふぶきとかみなりも買おう。
 そのままセッカシティに行ってマッギョとオタマロと戯れようかと思ったが、例のごとく通行止め……イライラ。私は冒険の自由度至上主義者じゃないが、これはいくら何でも酷い。

21:00
 さくっとジャガに勝利。あ、レジェンドバッジってこのジムの物だったか。ということは新参はホミカと水使いだけか。
 今さらだが、ポケモンブリーダーが何度も再戦してくるのは仕様のようだ。誰得。ミッションの最中に何度あいつに捕まったことか。
 ジャガを倒したらシナリオが進展、プラズマ団残党がキュレムの物とおぼしき力でソウリュウシティーを氷らせてしまった。前作では「あんたら何のためにいるの?」状態だったダークトリニティとも戦えるぞ。

22:00
 セイガイハシティに三つ目の技教え。うへっ、はねやすめがある……ポイヒグライオンがはねやすめ使うのか、考えたくもない。

21:00
 新ジムリーダーのシズイをさくっと倒し、いよいよプラズマ団の本拠地である全財力の五分の三をつぎ込んでそうな戦艦に突入。

みっかめ 07:30
 黒い三連星に邪魔されてゲーチスを取り逃がす。こいつが暗躍していたと聞いても何の感慨もない。アクロマだかアロマエステだか言うオッサンは案の定プラズマ団だった。何の感慨もない。
 やっぱりジョグレス進化だったじゃないか(憤怒)ブラックキュレムは私のフライゴンにクロスサンダーぶっぱしてきただけで落ちてしまった。何のために合体したんやお前。おい黒い三連星よ「ゲーチス様はもう正気を……」ってわかってるなら最初から止めろよ。

09:00
 おしごとちゅう。

19:00
 そういえば、出ないわけはなかったが、主人公の危機に颯爽とNさんが駆けつけてくれた。何の驚きもない。二年前に比べてだいぶ電波が抜けているようだ。
 チャンピオンロードの手前でNさんがたきのぼりのひでんマシンをくれた。……終盤にかけてのこの露出度、チャンピオンフラグがぷんぷんするぜ。とりあえずマリルリに覚えさせた。現在戦闘要員は4枠埋まっているので、チャンピオンロードで誰か1人勧誘したいな。

20:00
 たきのぼりで行けるところがどこだったか全国をぶらついてみる。……こういう時のポケモンブリーダーはがちで邪魔。誰だよこの誰得仕様を考えたやつ。

21:00
 たきのぼり観光ついでに見落としアイテムのチェック。チャンピオンロード手前の道路でちょうはつのわざマシンを手に入れるのが地味に面倒くさかった。
 サザナミタウンからブラックタウン方面は全く未踏だったので進んでみた。お、ゲートまでいけたかと思ったら……また意味不明な通せんぼ。ほんま嫌になるで。

22:00
 結局5人目の候補が絞りきれなかったので、このまま4人で四天王にのっこんじゃうぞ。全員レベルは70以上あるが大丈夫かな。チャンピオンは果たして誰なんだろうか。Nじゃあまんますぎるな。ミクリぐらいのサプライズはないかな。アロエとかデントとか。

24:00
 チャンピオンはアイリスでした。
 
 予想の斜め上を行っていた! お前ヒウンシティでうろちょろしてただけやんか! 主人公と因縁も減ったくれもなくてさっぱり燃えない。グリーンとかシロナとか、あれくらいのあざとい盛り上げをやってくれよ。四天王も代わり映えしないしよぉ。
 お、なんだ、チャレンジモードのキーが開放されたとかなんとか。トレーナーのレベルが軒並み上がるらしい。

よっかめ 20:00
 チャレンジモードを適用して、今まで行けなかったスカイアローブリッジ方面を進む。チャレンジモードにしてみたら修羅の国すぎてワラタ。前作の序盤だった道路で、幼稚園児がレベル70前後のポケモンを繰り出してくる図はもの凄いシュールだ。とりあえず育て屋まで到達。BW2は育て屋利用可まで遠すぎるだろ。シナリオ中でも孵化したいよ。

22:00
 冒険が一区切り付いたので、前作からポケモンを大量に輸入した。過去のバトルタワー用ポケモン(ガブリアス、ハッサム、ゲンガー)でポケモンワールドトーナメントに殴り込みをかける。
 各地方のジムリーダーとトーナメントで対決できる○○リーダーズが開放されていた。ホウエンや深奥のジムリーダーは影うっすいな~と思っていたが、こうして再会するとしみじみとする。各地方のジムリーダー戦BGMアレンジが全て収録されているのもよい。
 リーダーズを全てクリアするとごちゃまぜのワールドリーダーズが開放されて、それを10回突破すると各地方のチャンピオンが集うチャンピオンズに参加できるようになった。これは熱い。
 初回の一回戦はミクリ。ガブが主体のパーティには固い水ポケモンが辛い。二回戦はダイゴを破ったレッド。先発がピカチュウなので、他のメンツに比べればかなり楽だ。お馴染みの「……… ………」しゃべりは健在でベタだが笑った。決勝戦はアデクさんとシロナ(!)を破ったワタルだった! 個人的に原作でもリメイクでも全く苦戦した記憶がないチャンピオンなので拍子抜けした! さくっと勝利。
 チャンピオン戦BGMも全作品収録してくれているのが心憎いぜ。シロナやグリーンのアレンジ曲が聞きたいのに全然勝ち残ってくれない! アデクとワタルの勝率がやけに高くて苦笑い。レッド、先発ピカチュウでなぜ勝てるんや。

23:00
 2、3回やって放置していたARサーチャーで遊んでみた。今さら気付いたが、ここで捕まえたポケモンは夢特性なんだな。現在リオル、シンボラー、フワンテ、トルネロスげんじゅうフォルムを捕獲。シンボラーはマジガが優秀すぎるし、いたずらごころじゃないオッサンはどう使えばええんや。
 前作からポケモンを移動させようにも、ポケモンの頭数が足りていない。さっそく育て屋で交換枠を養殖することにする。あ、それと保育士ウルガモスさんを捕まえてこなきゃ。

いつかめ 23:00
 平日の飲み会。
 アラクネだかアラクレモノだかいう鋼厨のオッサンを撃破したり舐めてかかったシロナに半殺しにされたり。チャンピオンが催眠積み技とかどういうこっちゃ。
 なんであんなところにヒードランの関連アイテムがぼこっと落ちているのよ……。過去ポケモンの扱いが雑だなぁ。
 ラティオスをゴローニャのふいうちで見事撃破。まだ厳選できる用意が出来てないんだわ。許せ。

むいかめ 20:00
 こどもポケモン教室でアデクと再戦、以前の草ポケモンいじめに特化したパーティよりかはバランスが取れていた。勝利したらアデクの息子だか孫だかが登場、噂には聞いていたくろのまてんろうというバトル施設が開放された。クリア後の要素はけっこうなボリュームだ。
 くろのまてんろうのエリア6を突破したが、レベル70代のポケモンがぽんぽん飛び出してくる修羅の国だ。アデクジュニアはここを突破したんだから、かなり強そうだ。
 この施設はバトルサブウェイなどと違って経験値とお金が貰えるのがいいなぁ。おこづかいが見たこともない金額になっている。図鑑が埋まるのもいいね。
 エリア8あたりからボストレーナーが平然と伝説ポケモンを繰り出してくるw8ではトルネロス、9では唯一神とフリーザー、まさかの3匹中2匹が伝説だった。
探索を忘れていたネジやまをうろついていたら、やにわに「ズッ……ズッ……」がいてクソ笑った。今回は旧作の伝説ポケモンをかなり捕まえられるんだな。

なのかめ 20:00
 くろのまてんろうエリア10で、アデクの息子であるジョン万次郎だか何だかいう奴と対決。先発は脅威のレベル86ラティオス、りゅうせいぐんぶっぱしろいハーブという対戦初心者泣かせの仕様。しかしこちらも、修羅の国とジョインアベニュー道場で鍛えられたレベル90代のパーティだったので難なく撃破。手持ちが三匹とはいえ、シロナより高いレベルのポケモン所持が公式で登場するとはな。

ようかめ 07:00
 すっかり存在を忘れていた、チャンピオンロードのゾロアークイベントを進める。Nさんちっす。リュウラセンのとうでゼクロム捕獲、ジャイアントホールでキュレムも捕獲&いでんしのくさびもゲット。使うと手持ちのゼクロムとキュレムを合体してブラックキュレムに出来る。もう一度使うと合体を解除する。……ポケモンの世界観にあってないよ……。合体って……。デジモンや女神転生じゃないんだから。

 これで本編のイベントは一通り終わったかな。さて、いいかげんなレビューを書こうか、それとも1のポケモンでランダム対戦に潜ってみるか。

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags: ポケモン 
2012年06月10日

ポケットモンスター第6世代に期待すること 対戦環境の改善要望

 ポケットモンスタ-第五世代は当初、第四世代以上のバカ火力ごり押しゲーになるのではないかと予想されていた。シャンデラ、ヒヒダルマ、オノノクス、ナットレイなどの無駄が一切ない戦闘マシーンのような種族値配分は、ポケモンをデータか商売道具としか考えていないポケモンスタッフのスタンスが如実に表れていて、われわれの心胆を寒からしめた。しかし、ふたを開けてみれば、ヒヒダルマはスカーフ以外では運用のしようがなく、また上から叩かれただけで即死することが判明して早々に駆逐されてしまった。オノノクスはガブのタイプがいかに優秀か証明するだけだった。ナットレイはゴツメてつのトゲ型やジャイロアタッカー型はあっという間に対策され、害悪でんじはみがやど型に身を窶すことでどうにか生きながらえた。シャンデラは繰り出し性能があって圧力が掛けられる貴重なゴーストとしてなんとか息をしていだろうか。結果的に、第五世代の戦闘マシーンポケモンは環境を激変させるには至らなかった。しかし、発売から1年以上が過ぎ、研究が進められた今でも、思考停止で甚大な被害を与えるポケモン、技、戦法はごろごろ存在している。ランダム対戦の現環境は酸鼻を極める状況だ。天候思考停止ごり押しのトノグドラ、カバドリュがある。しんかのきせきの泥沼糞耐久受けループがある。ちょうのまい、ちいさくなるなどの既知外ハメ積み技がある。前世代から何の調整もされなかったラティオス先輩、トゲキッス先輩もバリバリの現役だ。いやはや、枚挙にいとまがない。彼らは今日も、数多のプレイヤーのこめかみに青筋を浮かばせ、あるいはゲームそのものをやめたくなるほどの脱力感を与えつづけている。

 今回の記事では「第六世代ではこの点を改善してほしい」という私の要望をだらだらと書こうと思っている。平然と、害悪だの厨だのと特定のポケモンを誹謗中傷したり、特定のプレイングを悪し様に罵ったりする予定なので、そういった行為に胸くそが悪くなる方はそっと戻るボタンを押していただきたい。

ポイズンヒールの回復量 最大HPの1/8から1/16に
 何でノーリスク(持ち物は縛るけれど)かつ状態異常実質無効かつ永続でこんなに回復すんねん! あめうけざらやアイスボディの回復量は1/16じゃねぇか。同じ1/8回復のかんそうはだは、ひでりでダメージを受ける、炎のダメージ増加というリスクがあるだろうよ。よりにもよって、第四世代における害虫代表のキノガッサちゃんと、第五世代における害虫代表のグライオンくんにこんな特性を与えるんじゃないよ。いや、グライオンはこの特性のせいで害虫になったと言う方が正しいのか。
 
あめふらし、ひでり、すなおこしの天候変化を永続から5ターンに
 しめったいわ等々を持たせていたら8ターン、それ以上はまかりならん。
 天候変化とくせいの効果が永続なのは、第四世代の時点で修正されるべきだった。修正しないんだったら一般ポケモンに与えるべきではなかった。永続でさえなければ、テンプレのトノグドラにも、史上最悪の害獣である砂ガブも、まもるなりサイクルを回すなりでターンを稼ぎ、しのいだら反撃という戦術が通るんだよ。思考停止雨パにあんなでかい顔をさせることはなかったんだよ。マイナーポケモンでも一矢報いることはできたんだよ。今の仕様じゃあさじを投げるっての。
 元は伝説ポケモン専用で、シナリオで俺TUEEEEEEをやるためだった鬼特性を、一般ポケにばらまいたのがよくなかったんだろうか。それに、ニョロトノもキュウコンも単体で充分戦えるスペックがあるじゃあないか。与えるなら与えるでもっと微妙なポケモンにしておけよ。
あるいはすいすい、ようりょくそ、すなかきのすばやさ上昇を2段階から1段階に
 トノグドラでバカの一つ覚えのドロポンごり押ししてきて、外れたら切断というパターンが多すぎるだろ。
 晴れパのようりょくそはぶっちゃけどうでもいいんだ。問題はすばやさが2倍になる上に、一致技の威力が1.5倍に強化されるされる雨パのすいすい持ちだ。頭おかしいやん。何も対策していないパーティにとっては、常に強化りゅうのまいがかかっているポケモンを相手にするようなもんだぞ? 天候を上書きする、メタポケモンで対抗する以外にどうしろっちゅうねん。
 あとは、雨が振っているだけで炎タイプの威力が落ちすぎじゃあないだろうか。3/4くらいでいいじゃないか。雨下のでんじはみがやどナットレイとか吐き気がする。雨パのこいつのためだけに格闘ポケモン入れるの嫌になる。
 現在の天候の仕様を擁護する奴は、二言目には「そんなの対策すればいいじゃん。雨パが相手ならナットレイなりビリジオンなりをパーティに入れればいいじゃん。ユキノオーやバンギラスで天候を上書きすればいいじゃん」と言うが、天候パと互角に戦うために、対策ポケモンのパーティ入りと選出を強制している時点で狂っているんだよ。ゲームバランスもへったくれもなくなっているんだよ。ナットレイとか、あんな出来損ないのUFOみたいな気色悪いポケモン、いくら強くても使いたくないっての。「特定のポケモンを入れればどうにかなるからOK」はとうてい認められない。通らない。
 
いたずらごころに発動率設定(50%くらい)
あるいはすばやさ2段階上昇(1段階で充分?)に変更

 無条件で優先度+1はいくらなんでも目障りすぎる。ぶっちゃけるけどね、私はこのクソ特性を考えたスタッフが首になったら、天を突くガッツポーズをしてしまうね。不謹慎ながら。第五世代はこのぶっ壊れ特性のせいで、コピペのオッサンがでんじはおいかぜするだけのゲームになってしまったじゃあないか。汚らしい淫獣エルフーンくんも、下火になったとはいえ充分うざい。こいつは覚える技のラインナップが酷すぎる。やどりぎのタネだのコットンガードだのしびれごなだのアンコールだの、特性を最大限に駆使して相手をハメるための技がよりどりみどりだ。エルフーンの設定をしたスタッフは性根がねじくれているんじゃないか。他にも、かつては弱点がないことだけがレゾンデートルだったヤミラミくんも、この特性を得たことで人生が一変したね。すばやさガン無視で、おにび、めいそう、じこさいせい、メタバを駆使して、三段飛ばしで害獣への階段を駆け上った。奴やエルフーンは、補助技害悪ポケモンへの特効薬であるちょうはつやアンコールに免疫があるのもうざいね。奴らが先制でちょうはつやアンコールを使ってくるんだもん。

みがわりとまもるを同属性にする、連続して使うと失敗する
 害悪戦法はまもみがに始まりまもみがに終わる。ポイヒグライオンの遅延行為や、第五世代初期にはやったやどりぎエルフーンなど、みがわりとまもるのどちらかが欠けても嫌がらせとして機能しない害悪戦法は多い。
 私の考えた対策は、みきりとまもるを交互に繰り返しても失敗するように、まもるとみがわりも同属性にして、連続で使用すると失敗するようにすることだ。こらえるも同様の仕様なんだから、こらえる以上にうざったいみがわりも一括りにしていいじゃないか。ぜひやってくれ。
まもる、みがわりのPPを5に
 ポイントマックスを使うことを前提として、16回も必要ないでしょ。まもるが必須らしいダブルだって、8回も使えれば充分だろ? 確かプレッシャーの影響は受けなかったよね。
相手の交代時にまもるを使ってもわざが成功する(次に使うと50%で失敗する)
 細かい点だが、ぜひ修正してほしい。これが実現すれば、ミスター課金の加速バシャーモさんの攻略難易度ががくっと下がるんだ。思考停止の初手まもるを読んでスカーフを差し込めば、後は上から叩いてはい終了。こいつはいいよ、ぜひ検討してくれ。

てんのめぐみ わざの追加効果の発動率+20%に変更
でなければエアスラッシュの命中を90%、ひるみを20%に変更

 最近の害鳥キッスくんは、スカーフエアスラか思考停止ハチマキしんそくぶっぱばっかりだな。でんじはクソゲーは滅多に見なくなった。
 前々から思っていたけれど、ポケモンスタッフってユーザーの声を一切聞いていないよな。ちゃんと聞いているなら、第四世代にあれだけ厨ポケの名をほしいままにしたトゲキッスの調整をしないのはありえない。
 こんな修正をしたらしたで、エアスラでひるまないorはりきりと同じくクソ外ししたら切断、と言う輩が増えそうだけどね。この害鳥を使ってる奴は、どっちの特性でも、でんじは搭載でも思考停止スカーフエアスラでも、結局自分の思い通りにならなかったら切断してくるんだよな。それが心底面倒くさい。こいつはもう見るのも嫌だ。吐き気がする。

からをやぶる こうげきととくこうは1段階上昇、あるいはすばやさは1段階上昇
 こなくそ! この技を考えた野郎は二度と開発に関わらないでほしい。計2段階ダウンで6段階アップとか気が狂っている。そもそもだな、からをやぶって素早くなるのは理解できないことはないが、なぜこうげきととくこうが急上昇するんだ? パルシェンが殻を破ったら、でてくるのはあのゴースみたいな奴だろ? あの見るからにひ弱そうな奴に、伝説ポケモン以上の攻撃力があるってのか?
ちょうのまい とくこうとすばやさ1段階上昇
 これで充分でしょ。なんで効果をりゅうのまいと対にしなかったの? バカなの?
 コットンガードだって、とけるやバリアーと同じく2段階上昇で充分でしょ。今のところ害悪エルフーン以外は微妙なポケモンにしか配布されていないが、もともと早くて固い強ポケに安売りされたらさらにクソゲー化が加速するぞ。物理アタッカーが減って、ラティオスりゅうせいぐん帝国がさらに盤石なものになるな。
ちいさくなる 元通り回避率1段階上昇 あるいはぼうぎょととくぼう1段階ダウン
 でなければ攻撃を喰らった瞬間即死するとか、そんな感じで一つ頼む。本当に、ちいさくなるの仕様変更を考えた奴の正気を疑うわ。いちど精神科で見てもらったほうがいいんじゃあないだろうか。ハードローラーやふみつけみたいな、採用理由のない技の威力が上がることでバランス調整したつもりなの? 脳みそがクソなの?
アンコール、ちょうはつ、トリックは回避率無視で命中100%
 これくらいはしてくれてもいいんじゃないか。たったこれだけで、様々なポケモンが、バカの一つ覚えでちいさくなるを繰り返す害虫を確実に駆除できるようになる。ぜひとも実現してほしい。 

まひの仕様 すばやさは1/3OR1/2、しびれてうごけない確率は20%
 バンギガブのクソゲーはどうにかならないのか。いらいらする。
 まひについては、すばやさが1/4になるという初代の滅茶苦茶な仕様をいまだに引きずっているのがおかしい。動けない確率を25%にしたならそっちも修正したらどうだい。加えて広範囲にばらまかれているでんじはの命中率が100なのも納得できない。おにびやどくどくは外れるじゃねぇか、不公平だ。

どく、こおり、いわ、あくタイプの救済
 この4タイプの中で一線級で戦えるポケモンはどれだけいるんだ?
 こおりといわの調整は、さじ加減を間違うとバンギやノオーがイカレ性能になるのでほどほどに。もともと一致技の攻撃性能は最上位だから、弱点を一つ減らすか耐性を一つ付与してあげるくらいでちょうどいいと思う。深刻なのはどくタイプだ。攻撃面が目も当てられない。よく言われるように、みずかかくとうにこうかばつぐんにしてあげてもバチはあたらないんじゃないだろうか。防御面でも、いくら耐性が4つあるといったところで、そのうち3つはサブウェポンでもあまり採用されないマイナー属性ではないか。売りになるのはかくとう耐性+どくどく無効くらいじゃないのか。どくタイプの他の特徴として、弱点が2つだけで、かつ一つがマイナーであることも挙げられるが、弱点が少ないかわりに耐性も少ない優等生は現環境では非常に使いづらく、ずば抜けた長所とは言いがたい。これはエスパー、あくタイプにも言えることだね。一部のしんかのきせき害悪を除けば、種族値による受けが成立しづらい昨今、耐性が少ないポケモンの繰り出し性能は下がる一方だ。
 ああ、これもよく言われるが、くさタイプの強化は全くもって必要ないから。やるなよ。絶対やるなよ。やつらはいやがらせ技の豊富さとメジャー耐性の多さで充分バランスが取れている。これ以上強化するなら、かわりに全てのくさポケからやどりぎのタネや各種こなを永久に没収しろ。
 
しんかのきせき 1進化目のポケモンには無効
あるいはぼうぎょととくぼうを1.3倍に変更

 いただいたコメントを基に優先度を変更した。なるほど、これならポリゴン2もヨノワールもラッキーも適用外になるね。この対策は思いつかないでもなかったんだが、ピンプクの存在をまるっきり忘れていて「ちいさくなる投げラッキーに効果があるんじゃあ何も変わらんやんけ!」と却下していた。申し訳。
 しんかのきせきは、趣味以外に採用理由がなかった進化前のポケモンにスポットライトを当てる画期的な道具のはずだった。今まで対戦では見向きもされなかったポケモンに、檜舞台で活躍するチャンスを与えてくれるはずだった。開発者の、いろいろなポケモンを対戦で使ってほしいというその志やよしだ。だが、同時にヨノワール、ラッキー、ポリゴン2といった後付け進化組が糞耐久の厨ポケとなり、雨後の竹の子のようにそこら中で増えて害を為すことは予想できなかったんだろうか?
 結局、元からそこそこ戦えていた進化前ポケモンが厨ポケと化しただけで、彼らを突破することがとうてい無理なマイナー進化前はさらに肩身が狭くなってしまった。本末転倒だと思う。

ねむりの残りターンは交代してもリセットされない
 というか、これってバグでしょ? でなければプログラマーの力量不足でしょ。いつパッチを出すなり回収するなりするん? 過去作では有効に機能していた、対戦のゲームバランスと精神衛生に大きく関わる仕様を急に削除する理由がない。このうんこ仕様のせいで、ねむりごなほえるフシギバナとかいう害虫があらたに誕生してしまった。
複数催眠禁止
ねむりごなの命中 60%

 私は基本的に催眠運ゲーが大嫌いなので、ポケモンスタジアムの複数催眠・複数氷が発生しない仕様の輸入を切に希望している。

ステルスロックの調整(ダメージの回数制限、回収など)
 こうそくスピンは6→3じゃあ入れる枠ねーから。
 ステロを撒いてひたすらあくびしてくるHSユクシーに、マイナーポケモンはどうやって対抗すればいいんだろうか。彼、S種族値も95あるから悠長に挑発もできないし、やってもとんぼで逃げられるんやけど。ステロが無効タイプなしで無尽蔵にダメージを与える仕様だからこんなハメが成立するわけで、3~4回ダメージを与えたら消滅してほしい。
 とりあえず、いわタイプにステロのダメージ無効&回収の能力を付与してはどうだろうか。奴らは耐性が壊滅的なのでこれくらいの特典はあってもいいんじゃないか。

ランダムマッチは今まで通りの仕様、対戦相手を募集するモード、対戦相手を選ぶモードの3パターンから選べるようにする
 この仕様については万人が諸手を挙げて歓迎するんじゃないか? そこまで難しい技術とも思えないので実現を切に希望する。ルームごとに禁止ポケモンなどのルールを設定できれば言うことなしだ。フリーでもラティ零度スイクン加速バシャetc...で俺TUEEEEEEEEEEがやりたい奴や、泥沼糞耐久ポケモンで泥沼糞試合をやりたい奴や、催眠積み技で運ゲーがやりたい奴は、同士を募ってよろしくやってくれればいい。


まとめ
 口をすっぱくして言うが、きせき投げラッキーにしろ、トノグドラにしろ、対策できないことはないけれど、絶対的に対策を強制している時点でゲームバランスが崩壊しているんだよ。改善しなくていい理由にはならない。このさい、シナリオの厨二オナニー路線や、腐れユーザーインターフェイスには目をつぶるから、対戦相手を選択できる仕様くらいは取り込んでくれないだろうか。一つ検討をお頼み申しあげる。

2012/01/24執筆 2012/06/10加筆修正
 ブラック・ホワイト2発売まであと二週間。このうち一つでも改善されればいいなぁ。

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags: ポケモン 
2012年06月03日

もうユキノオーに一枠使うのは嫌だ

 百合ゲー熱がぶり返してきたので、今月は『白衣性恋愛症候群』をやって感想を書こうかと思っていたが、ポケモンBW2の廃人早解きが最優先なのでずるずる引き延ばしちゃいそうだ。あー有給使いたい。
 ポケモンといえば、第五世代の対戦環境に対する不満まとめ記事のコメントが、wikiにリンクされたせいで伸びていた。いくつかは改善されるといいな。もう雨グドラゲー、砂ガブゲーは嫌だ。

スノッブ - Wikipedia スノッブ - Wikipedia

 一般に俗物、またスノビズム(snobbism)は俗物根性と訳される。 多くの場合「知識・教養をひけらかす見栄張りの気取り屋」「上位の者に取り入り、下の者を見下す嫌味な人物」といった意味で使われる。


オーボエ - Wikipedia オーボエ - Wikipedia

 木管楽器の一つで、上下に組み合わされた2枚のリードによって音を出すダブルリード式である(複簧管楽器)。


トロンボーン - Wikipedia トロンボーン - Wikipedia

 中型の金管楽器。2つの長いU字型の管を繋ぎ合わせた形状を持ち、通常、その一部(スライド)を伸縮させて音程の高低を生み出す。


スキャット - Wikipedia スキャット - Wikipedia

 主にジャズで使われる歌唱法で、意味のない音(例えば「ダバダバ」「ドゥビドゥビ」といったような)をメロディーにあわせて即興的(アドリブ)に歌うこと。


猫-トースト装置 - アンサイクロペディア 猫-トースト装置 - アンサイクロペディア

 猫とトーストを背中同士で貼りあわせた永久機関である。猫は必ず足から先に着地し、トーストは必ずバターを塗った面を下にして落ちるという物理法則により、落下することなく永久に回転し続ける。「バター猫タービン」とも呼ばれる。


ストローマン - Wikipedia ストローマン - Wikipedia

 相手の意見を誤解してみせたり、正しく引用することなく歪める、または誇大に解釈すれば、その意見に反論することは容易になる。この場合、第三者からみれば一見すると反論が妥当であるように思われるため、人々を説得する際に有効なテクニックとして用いられることがある。これは論法としては論点のすり替えにあたる誤謬であり、無意識でおこなっていれば論証上の誤り(非形式的誤謬)となるが、意図的におこなっていればそれは詭弁である。


犬速VIP@わんわんおwww キクコの四天王感は異常 犬速VIP@わんわんおwww キクコの四天王感は異常
 確かに。主人公の師匠的存在であるオーキドと因縁があるのは燃える。『幽々白書』の幻界と戸愚呂みたいな。あとは技が揃っていればな……。シャドボが初代にあればな。

nix in desertis:虚構新聞騒動雑感 nix in desertis:虚構新聞騒動雑感
 初っ端の書き捨てコメントが趣き深い。あれで記事の完成度が上がった。「ユーザーはウェブ上でどのように読んでいるのか?」「読んでいない」というのがどういうことなのか最近わかってきた。

物理学の常識が通じない!?あり得ない事が起こるオレゴンの渦とは・・・? | じゃみログ(裏話総合情報館)〜あまり知られていないレアな裏話〜 物理学の常識が通じない!?あり得ない事が起こるオレゴンの渦とは・・・? | じゃみログ(裏話総合情報館)〜あまり知られていないレアな裏話〜
 悪魔の手のひらの元ネタだろうか(方位磁石がぐるぐる回る描写があった)。大昔に行った日光江戸村のあれとは違うんだよね?



 カービィシリーズはコピー能力の導入で飛躍的に寿命が延びたよ。


 やっぱりこの業界は狂っているよなぁ。RPG要素やシミュレーション要素の導入は、(ごくごく限られている)資本と技術力のある会社以外には危険っちゅうこったね。エウシュリーとかアリスソフトとか。


 ニトロのサウンドはいいねぇ。いまさら気づいたよ。PCは既製品を買って何のカスタマイズもしないで使っているんだが、もうちょい音周りにこだわろうかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:

Template Designed by DW99