2018年01月28日

2018年の新作百合ゲー(さっぱりない) 『きみから』『ナイトメア・ガールズ』『幽霊少女室』『夏空あすてりずむ』

 毎度おなじみ流浪の新作百合ゲー下馬評記事……なのだが、今年は弾が全然ねぇや。仕方ないから移植作で水増ししておこう。なお前回分はこちら。
2017年後半戦の新作百合ゲー『きみから』『よるのないくに2』『ことのはアムリラート』『FLOWERS冬篇』『ナイトメア・ガールズ』『戦国の黒百合』『全ての恋に、花束を。』

ナイトメア・ガールズ (2018年06月下旬予定)
http://www.dlsite.com/maniax/announce/=/product_id/RJ215006.html
月の水企画

 満月野街で暮らしている主人公『凛堂八ツ葉』と、その恋人『雛浦しぐれ』の二人は、
 ある日、街中の公園で触手を持った異様な生き物が女性を襲っている現場を目撃する。

 平和な街と人々を異形の触手から守るため、少女達は氾濫した異界との戦いに身を投じるが――


 本格ド外道百合エロRPGの老舗、月の水企画の新作。例のごとく本腰を入れてプレイするためにネタバレを封印しているので、詳細な紹介文が書けないがあしからず。
 毎回宣伝しているが、月の水企画作品の推薦記事(ネタバレなし)を載っけておく。そろそろそこのキミも始めるときだぞ。
リリィナイト・サーガ レビュー・感想 名作! 王道風ド外道百合エロRPG

きみから~彼女と彼女の恋するバレンタイン~(2017年春→2017年内予定→2018/5/25予定)
http://baseson.nexton-net.jp/baseson-light/kimihane-couples/

少女たちの恋と友情のスケッチ、再び―

ダウンロード限定発売のガールズラブAVGが、続編+完全版で待望のパッケージ化!

さぁ、ハッピーエンドの向こうへ行こう。


 公称ジャンルは「ハッピーガールズラブコメディ」。発売日が延びまくっているが、あらすじからは想像できない壮大なシナリオを書き上げているのだろうか。前作にもエヴェレット解釈とか神のサイコロとかそんな類の要素が申し訳程度にあったし。
 ちなみにシナリオ担当のうつろあくたは、有名どころだと『ネコっかわいがり!』『未来にキスを』『sense off』などに関っていた人だな。元長柾木と一緒に仕事しているイメージの人。

屋上の百合霊さん~フルコーラス~ (2018/1/27)
https://www.liar.co.jp/yuri_full-chorus/index.html

「屋上の百合霊さん」無印版(2012年)発売から5年…

いままで支えてくれたファンの皆さまに「ありがとう!」
そしてこれからファンになっていただける方々に「はじめまして!」

あの名作がフルボイスになって帰ってきます!

その名も
「屋上の百合霊さん~フルコーラス~」!

あの青春の日々が蘇る…「ユリトピアのために!」

ここがユリトピア!その1フルボイスになって帰ってきた!
ここがユリトピア!その2無印版発売当時(2012年)の特典ドラマCDが全部付いてくる!
ここがユリトピア!その3挿入歌「AA愛!」ボーカルverを劇中に使用!
ここがユリトピア!その4描き下ろしイベントCGを追加!


『百合霊さん』がどんなゲームかというと、(悲しいかな、非常に遺憾ながら)「百合」という言葉から連想される負のイメージを極限まで突き詰めたような作品だ。今までいろんな百合ゲーをやってきたが、ここまで低俗かつ低品質で吐き気を誘う作品は他に見たことがない。ちょうどレビューで『百合霊』名言集を作っていたので、未プレイの人のために引っ張っておこう。

「女の子が好きで、大好きで……。その想いを強く抱えたまま死んでしまったから、こうして幽霊になっているの」
「恵も、サチさんのことが大好きで幽霊になったのよ!」
「ありがとう、恵。私も恵のことが大好きよ」
「…………」
 え、なに、なにこの人たち。
「……えーと、あなたたちって、その……。
 ………………レズの人?」
「そういう、いやらしい言い方しないでほしいな。恵とサチさんはもっときれいな関係なんだから」


「あたしたちのギョーカイでは、百合とレズの間には、深くて暗い川があったりするのです。もちろん、どっちもいけちゃう人もいますが」


「お、女同士なんだよ? もう今さら、それが変だとか思わないけど……。
 でも、まわりの人は、そう考えてくれないかも。お父さんやお母さん、比奈のおじさんやおばさんを困らせるかもしれない」
「比奈にだって……、私が恋人だってことで、迷惑かけるかも。比奈が、変な目で見られたら、どうしよう……」
「結奈、別に、同性愛とか百合とか、女の子同士とか、そういうのが嫌いってわけじゃないんだよね?」
「そう思っている。確かに、最初は変なことだと思った、恋愛って男女の間のものだと思っていたから。それが普通だと。
 でも、確かに普通じゃないかもしれないけど。誰かを好きという気持ちの行き先には、たとえその先が同性であっても、変じゃないと」


 フルボイスでかようなクソたわごとを始めから終わりまでさんざん聞かされるわけだが、キミは耐えることができるか? 私は無理だ。

カタハネ ―An' call Belle― (2018/1/25)
http://www.prot.co.jp/psv/katahane/

これは、僕たちが忘れかけていた
「優しさ」の物語

2つの時代を舞台に描かれる“群像劇”
新たなストーリー&ビジュアルを追加!


『カタハネ』については、レビューを残しておこうとは思っているのだが、取り立てて書くことがないのでフワワ~っとした記事になりそうな気がしている。私の評価と世間の評価がもっともかけ離れている作品って、実は『アオイシロ』でも『百合霊』でもなく『カタハネ』なんじゃないか。私が百合作品のレビューで参考にしている数少ないサイトのうち、取り上げている三者ともが絶賛しているので、何か見落としているのかもしれないが。


 以下、同人作品の枠。

幽霊少女室 (2018/1/9)
http://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ216558.htm

――幽霊が居る。

【STORY】
口下手な少女、寺生稀(てらう まれ)は、大学進学のため上京してくる。
だが、新居となる『白山荘』は、ボロボロの廃墟でいわくつきの場所だった。
部屋に入ってすぐ、稀は、幽霊少女の『古崎ゆいか』と出会う。
ゆいかは、すぐに引っ越しさせてやると息巻くが。稀は、幽霊が見える体質で……。



夏空あすてりずむ (2014年予定→2015年予定→2018年予定?)
爽やか青春系百合ADV 『夏空あすてりずむ』

青春×田舎×乙女!!
明るく元気だけが取り得で、天体観測が趣味の女の子『椿沢 科乃(つばきさわ しなの)』
今年の夏もめいっぱい楽しもう!! と、思っていたのに……。
あれれ、今年の夏は去年までの夏と違うっ!?
趣味に進路に友情に、そして――もしかしたら恋に!?

星がゆっくりと夜空を流れていくように、
ゆっくりでも、確実に変わらなきゃいけない夏。
その先にある未来へと繋がる星座を形作るために。


 ブログを覗いたら経過報告があったので、まだプロジェクトは生きている模様。

今年こそは『夏空あすてりずむ』の完成に向けて頑張りますので、温かい目で見守って頂ければ幸いです。



 私は『ナイトメアガールズ』を万難を排してやる。久しぶりの王道風RPGだから腕が鳴るぜぃ。『きみから』も本当に出るならやっておこう。

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:
2018年01月17日

3つ全て履修している人は私以外にいるのだろうか

 お正月映画は『スター・ウォーズ』を観たが、脚本のあまりの雑さにびっくりしてしまった。加えて「その戦法が許されるなら今までの戦いは一体何だったんだ」という描写があり、シリーズ作品の一つとしても目に余る。シリーズの熱心なファンではないのだが、ちょっと度し難い。
 私の数少ないネット上の知人であるDG-Lawさんにまたお会いしてきた。冬コミで調達をお願いしていた物品を受け取ってきたのだ。依頼していたものは、1.プリンセス・プリンシパルのスタッフお疲れ様本。2.ケロQ/枕のライブCD。3.月の水企画のエロRPG処女作『レディナイト・サーガ』の画集。

 そのうち手に入ったものは写真の通り(重ねて多謝)。案に相違して、月の水企画はかなり早いうちに売り切れていたとのこと。いっちゃん予想外のやつだった。こちらは後日ダウンロード版を入手できた。
 んで、ご多忙の折にせっかく会えたので、平日の夜にも関わらず全力でしゃべくってきた。話題は『けものフレンズ』と大衆の心を掴む神話の類型、スマフォ文化に適合したエロゲーブランドと出来なかったブランド、バーチャルYoutuberの熱量など。いろいろ意見が交換できて楽しかったのと、けもフレの快進撃におけるサブテキストや、Vtuberブームにおける「バーチャルのじゃロリ狐娘youtuberおじさん」の存在の大きさで見解の一致を得て嬉しかった。面白い文章を書く人はまあ話もうまいよな、と再認識する冬の夜だった。

2017年見ていたアニメ - Close to the Wall

擬人化された動物のなかに人間が放り込まれたとき、人間の人間性や個性、特徴とは何なのか、というのは第一話から提示されており、人間性が相対化されているのと共に、動物の動物性もまたフレンズの体を得ることで変質しているので、人間と動物の境界が融解してすべて並列されている。


 膨大な情報量のアニメ感想総括記事。『けもフレ』と『プリプリ』の評価が高くてうれちい。
 『けもフレ』はやっぱり萌え擬人化作品に「人間の擬人化キャラ」をぶっ込んできたのが凄いと思うんだ。

ストーリー不要の時代
 ジャンル・媒体問わず面白いストーリーを追い求める本能と、バーチャルYoutuberの動画でげらげら笑いたい欲求は別腹もいいところなので、個人的にはかなり「ちょっと何言ってるかわからない」案件。そもそもソシャゲの2大派閥はエロを前面に売り出していないと思うが。

【ドット絵】「東方憑依華の公式ショートドットアニメ作りました」イラスト/ミゲルふとし [pixiv]
 ひょえーかっこいい。ネタバレに出会さないうちに『憑依華』やっときたいな。

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:
2018年01月08日

東方Project ノーマル難易度比較(紅魔郷から天空璋まで)

 「東方 難易度」の検索でいい順位に来ているようなので更新した。継続は力なり、何事も慣れとはよく言ったもので、ずぶの素人だった私も、純正シューティングの作品に限ればノーマルモードは全てノーコンテニューでクリアできるようになった。エクストラも全作品で突破している。
 さて、この記事では『東方Projec』の整数ナンバリングタイトル(=弾幕アクションや文化帖系統を除く)のノーマルモードでの難易度について、ゲームがあんまりうまくない人の目線で語っていこうと思う。ひとくちに難易度と言っても何をもってゲームクリアと考えるかでニュアンスが変わってくるが※1、難易度ノーマルの初期設定かつ、いわゆる強機体での突破を想定している。

◇いいかげんなノーマル難易度ランキング
【難しい】
紺珠伝(完全無欠)
【けっこう難しい】
紅魔郷 地霊殿 星蓮船 輝針城 紺珠伝(レガシー)
【比較的やさしい】
妖々夢 永夜抄 風神録 天空璋
【やさしい】
神霊廟

◇いいかげんなエクストラボス難易度ランキング(おまけ)
【強い】
ヘカーティア&純狐
【かなり強い】
フランドール こいし 雷鼓
【比較的やさしい】
藍・紫 妹紅 諏訪子 ぬえ マミゾウ
【やさしい】
隠岐奈

『東方紅魔郷 〜 the Embodiment of Scarlet Devil.』
 一番難しいと言う人もいるが、私は真ん中くらいだと思う。以降のシリーズに比べて弾幕の密度が明らかに薄い(当たり判定の仕様を考慮しても)のがもっともたる理由だ。
 以降の作品にあるような救済システムは存在せず、ボスのHPリングや画面下のエネミーマーカー、低速移動における自機の当たり判定といった視認性を補助する表示もない。しかし、スペルカードの画面に占める弾の密度や圧迫感は永夜抄や地霊殿に比べれば断然薄いので、大きなハンデかというとそこまででもない。魔理沙は妖々夢と同じデザインなのでなんとなく判定もわかるしね。どちらかというと問題なのは、敵弾の当たり判定が割に大きいことだろう。特に中弾、大弾が後の作品に比べてめり込めないので、同じ感覚で回避しようとするとぽこぽこ被弾する。紅魔郷は殊に弾幕の薄い(薄くなる)部分を見定めて立ち回る技術が問われる。
 ボスの特徴としては、以後の作品に比べると格段に耐久力が低い。特に5ボスの咲夜なんかは、弾幕展開前の予備動作中に極力近づいて撃ち込むことを心がけるとぐっと楽になるはずだ(「操りドール」は返り討ちにされるけれど)。4ボスのパチュリーは上述した当たり判定の影響で一部のスペカが鬼畜になっている。水符「プリンセスウンディネ」の恐怖はじっさいに体験してもらいたい。パッチェさん相手に抱え落ちを繰り返すとクリアがぐんぐんと遠のいていく。レミリアは6ボスの中では御しやすいほうなのかな? 体力が少ないのは他のボスと同様なので、押し流されずに正面に陣取ることができれば案外あっさりとスペルカードゲットできる。しかし、最終スペカの「レッドマジック」はハードの「紅色の幻想郷」より難しいと言われている。確かにあのうねりつつ徐々に徐々に狭まってくる包囲網のような弾幕は、初心者には脅威の一言。なるべく慌てず騒がずで、レミリアの下をキープしつづけるのがクリアの鍵だ。
東方紅魔郷
オイオイオイ、死ぬわアイツ。

『東方妖々夢 〜 Perfect Cherry Blossom.』
 紅魔郷に比べてボスの耐久力が上がり、弾幕のバリエーションも格段に増えているが、プレイヤーに有利な要素がそれ以上に実装されているのでなんとかなる。
 妖々夢の救済システムである森羅結界は、クリア重視プレイならボムの補助としてガンガン使えてシンプルに強い。システムを完全に把握していなくても(私はいまいちわかっていない)、順当に桜アイテムを回収しつつ弾幕を避けていれば勝手に発動してくれる。ボム数が4の咲夜は併用していればそうそう倒れない。結界は強力な弾幕ほど発動しやすいのがまた心憎いね。
 4ボスのプリズムリバー三姉妹は、通常弾でのへにょりレーザーが鬼門な上に固いのがいやらしい。5ボスの妖夢は鬼としか言いようがない。抱え落ちしたい人にお薦めの危険な庭師魂魄妖夢。イントロから1秒の通常弾1で博霊の巫女が頭から血を流して倒れていた。「そんな危険なわけがない」といって出て行った普通の魔法使いが5分後「二百由旬の一閃」にハメられて戻ってきた。妖々夢が難しいというイメージは四割がた妖夢に作られていると思う。あの通常弾とは都合三回鉢合わせるので、視界が狭く交差弾に慣れないうちはトラウマになる。幽々子は森羅結界がガンガン発動するのと、最終スペカ相当の完全なる墨染の桜にボムが通じるのがありがたい。ほとんどのスペルが危ないと思ってからボムが入るのも助かる。
 クリア重視プレイなら4ボムの咲夜安定。特殊タイプはショットが異様に強いが、どうしても使いこなせないなら広範囲タイプで。
東方妖々夢
演出がクソかっこいいのは認める。しかし事故る。

『東方永夜抄 〜 Imperishable Night.』
 評判通り簡単な部類だろう。ただしそれは決死結界の恩恵あってのもので、スペルカードそのものはやさしくもなんともない。
 永夜抄全体の傾向として、弾幕の密度が高くて非常に圧迫感があり、画面下で精密動作を強いられるシーンが多い。3ボスの慧音からして既に神経に障ってくる。指先の調子が悪いとぽこぽこ被弾してしまう。しかし、今作には喰らいボムを発展させた決死結界というシステムが実装されていて、二ボム以上のストックがある場合はほぼ確実に喰らいボム=ラストスペルが発動できるようになっている。なのでボムを2個拾ったら1機アップみたいな感覚がある。今作をプレイすると、東方のノーマルがクリアできない、イコール抱え落ちをしているというのがよくわかる。ステージ後半の弾幕は全然見切れなかったのに、決死結界とラストスペルを順当に使っていたらクリアしちゃっていたことは多々ある。
 4ボスの霊夢と魔理沙は主人公であることを反映してか、他作品の同ステージと比較してかなり強めに設定されている。魔理沙はパワーキャラの触れ込みに反して、けっこう人の神経を逆なでするちまちました弾ぁ撃ってくるんだよな。星形弾は見た目の派手派手しさの割りに判定は小さいがそれでもきっつい。逆に鈴仙は変則的なスペカに慣れればどうとでもなる。銃弾(座薬とネタにされているあれ)も同様に見た目より小さい。輝夜の「蓬莱の玉の枝」は永夜抄を象徴するようなスペルだな。
 ゆかれいむ安定。チームの特性で決死結界の猶予時間が非常に長く、抱え落ちが実質なくなる。
東方永夜抄
見た目よりは判定が小さい。見た目よりは。

『東方風神録 〜 Mountain of Faith.』
 他のノーマルはクリアできるのに風神録のノーマルがクリアできない、イコール「霊撃を使い切っていない」だ。断言できる。
 風神録ではボムのシステムとして、パワーを消費して発動する霊撃が採用されているが、これがありえないくらい強い。あまりにも強すぎるでしょう……。1ボムで1スペルを飛ばせる威力なのに使用回数があれだけあり、リカバリーは容易で、道中で使うペナルティはほぼなしときたもんだ。例えるなら、紅魔郷でザコ敵の一群を倒したり、ボスの通常弾・スペカの一セットを突破したりするたびに緑色のボムアイテムが支給される、そんな感覚だ。パワーがフルになった端からボンボンぶっ放していい。逆に霊撃を出し惜しみして抱え落ちが重なると、残機数に余裕がないので苦しくなる。
 文も早苗も平均以上の強さはあるはずだが、霊撃のせいでどうにも印象が薄い。神奈子はさすがに今まで通りの霊撃ぶっぱでは残機によほどの余裕がないと無理なので、研究と対策を重ねてしっかりと安定スペカを作っておくこと。ラストの「マウンテン・オブ・フェイス」には当然ボム耐性がある。
 道中が非常に楽な上、破壊力もそんなに悪くない霊夢のTYPEA装備(ホーミングアミュレット)がよいと思う。「マウンテン・オブ・フェイス」があまりにもしんどいなら、パターンの完成度を高めつつTYPEB装備(封魔針)で。
東方風神録
せわしさは歴代最終スペカでも群を抜く。

『東方地霊殿 〜 Subterranean Animism.』
 歴代史上最凶との呼び声も高いが、ぶっち切りで難しいかといえばそうでもないんじゃないか。私は初クリアの時にかなり残機が余った。ただし、プレイしていて最も疲れるのは間違いなくこれだ。ボスが尋常じゃなく固い。カッチカチやで。
 地霊殿の特徴は、針に糸を通すような精密動作やだるい反復動作、長ったらしいチョン避けを強いられる箇所が多いことだ。私は魔理沙で挑戦するモチベーションがない。道中は自機狙い弾が大半だとわかっていても長ったるくてへばってしまう。いつもは箸休めの6面ですらしんどい。しかし、風神録より弱体化したとはいえ霊撃はそれなりに優秀で(推奨機体なら……)、気を張っていれば残機を減らさずリカバリーできる。ボムを使い切った後に粘ってまたリカバリーできる可能性があるのはなかなかうれしい。ただし、文以外の霊撃はスペルカードをすっ飛ばすほどの威力がないので、最後は気合いが必要になる。
 今作はエクステンドの仕様が特殊で、ボスとの勝負でミスをしなかった場合にのみ(ボム使用はOK)残機のかけらが取得できる。被弾してしまうともらえない。よって好調にプレイしているときとミスが続いているときで残機の差が大きく開くようになっている。序盤からちょくちょく被弾しているうちは「この残機であと何ステージ乗り切るとか不可能もいいところだろ……」と絶望してしまいがちだ。しかし、序盤をパーフェクトで進めるようになると途端に残機に余裕が出てくる。なので腐らずがんばろう。
 地霊殿が難しいというイメージは、三割がたはパルスィとお燐のファーストインプレッションに作られていると思う。私のノーマル初回プレイは妬符「グリーンアイドモンスター」になすすべもなく撃沈し、「こんなん無理やろ」と思ったのを記憶している。しかし、タネに気付けばあの二人はそこまでの難ボスでもない。パルシィにしろお燐にしろ、弾幕を安全に避けるためにはいったんショットを切ったり敵の背後に回ったりする必要がある。地霊殿以前の東方ノーマルでは敵に背中を向ける必要がほぼなかったので、その固定観念で行くと延々ハマりつづけることになる。それさえ捨てられれば難易度は段違いに下がるはずだ。お空は焔星「フィクストスター」だけは魔理沙でもド安定だが、残りのスペルがありえない。見えない。避けられないんじゃなくて、見えない。どういうことかは6面まで行ってごろうじろ。
 ゆかれいむ推奨。ショットにくせがなく(というか、他がくせものだらけ)、ボムのダメージもそれなりに通る。あやれいむもショットが恐ろしく強いのはわかるんだが、私には低速がどうしても操れない。
東方地霊殿
初見はだいたい画面中央下で小弾に飲み込まれる。

『東方星蓮船 〜 Undefined Fantastic Object.』
 ベントラーというシリーズ中最も特殊なシステムを搭載していて、残機・ボム・パワーを稼ぐ習熟の難易度は歴代でも傑出している。私はノーマルノーコン初クリアまでのリトライ回数なら星蓮船が断トツで多い。たとえば永夜抄や風神録のノーマルは、他作品のそれをやり込んでいる人がプレイしたらあっさり初回クリアすることもありえると思うが、星蓮船はかなり厳しいんじゃないだろうか。慣れてしまえばベントラーを効率よく回し、物量にものを言わせて楽にクリアできるが、その慣れるまでにかなり骨が折れる。
 星蓮船の道中で残機やボムを稼ぐには、ベントラーアイテムを色を揃えて回収し、出現したUFOにアイテムを吸わせてから破壊するという手順をこなす必要がある。ベントラーのシステムを死に覚えで把握し、パターンをきっかり構築しつつ、不測の事態(青UFO)にも対応できる応用力を身につけないことにはにっちもさっちもいかない。東方のクリア重視プレイでは、主に中ボスが出す残機とボム(パワー)だけをさくっと拾って、後のアイテムは無理して取らずに画面下で粘るというプレイスタイルが基本になる。しかし、星の道中は継続的に危険を冒してベントラーを回収しにいく必要がある。そうしないとボムの補充もエクステンドもままならない。しかし、ベントラーの軌道や色の変化に神経を使わざるをえない分、敵弾に対する注意がおろそかになる。道中での事故死率はシリーズ随一だ。かてて加えて、パワーアイテムの効果が低い上に被弾時のパワーの減衰が著しく、一つのミスがずっしりと響いてくる。
 今作の弾幕はやたらぴかぴか光っていたり、レーザーや自機のオプションに弾が被さったりで、視認性が史上最悪である。加えて村紗も星もスペルカードが粒ぞろいだ。高速レーザーをびゅんびゅん飛ばしてくる星くんを5ボス最強格に挙げる人も多い。しかし、上述した通りに道中での立ち回りが完璧ならば、残機数とボムに飽かせて何もかもすっ飛ばしてしまえる。たしか村紗登場までパターンが完璧でノーミスならば、あの時点で9機9ボムになっていたはずだ。ただし、ラストの聖は通常弾の半分ほどと魔法「魔界蝶の妖香」ぐらいしか安牌がなく、最終スペルの飛鉢「フライングファンタスティカ」以外に「聖尼公のエア巻物」にもボム耐性があるので、対策をしっかりとすること。
 すわさなで間違いなし。ショットもボムも性能が頭二つぐらい抜けている。
東方星蓮船
ここまで組み上げるのが大変なんだ。

『東方神霊廟 〜 Ten Desires.』
 エクステンドの理論値が低いこと、道中での稼ぎ場所を把握する必要があることを除いて、全体的に難易度はやさしい。何でもZUNその人が意図的に難易度を抑えて作ったと語っていたらしい。4面以降のボスが使用するスペルカードの難易度は確実に下から数えた方が早い。
 神霊廟の特殊システムは霊界トランスというもので、敵を早回しで倒したり張り付いて攻撃したりしたときに吐き出される神霊アイテムを集めるとゲージがたまり、マックスになると任意のタイミングで解放できるようになる。解放すると一定時間、無敵+ショットの威力増加+アイテムの効果倍増のトランス状態になれる。被弾時にも自動で発動されて、効果が切れた後にミスになる。そして、残機とボムの稼ぎは、特定の敵が所持する紫と緑の神霊アイテムを回収することで行われる。神霊は出現位置から移動しない上に時間で消滅するので、道中で敵の体当たりと弾幕が飛び交う中で回収しに行くのはハラハラする。霊界トランスの効果は紫と緑にも適用されるので、ここぞとばかりに発動させよう。トランス中でもボスにダメージは通るのでサブのボムとしても使いたくなるが、上述した通り今作はエクステンドが少ないので、なるべくそちらにゲージを回したい。
 ボスは全般的にやさしく、特に布都の与しやすさが印象に残っている。君は本当に妖夢や星と同じ5ボスなんねんかと。通常弾を含めてノーボムノーミスで撃破できてしまう。5ボスは基本的にガンボム上等で切り抜ける腕前の私でもこうなのでお察しくだされ。いやほんと、スペルカード全般で面食らうのは芳香の神霊吸収系くらいのものだ。神子の最終スペカ「星降る神霊廟」は歴代最弱ともっぱらの噂だが、異論はない。記憶が正しければトランス状態でのダメージも入る。もひとつおまけに、システムとしてスペルプラクティスが久々に実装されていて、対策も実にやりやすい。
 クリアの難易度が跳ね上がるような地雷機体もなく、事前情報なしに誰を選んでもどうにかなるのではないだろうか。あえて言うなら霊夢安定で、妖夢はチャージショットがべらぼうに強いものの操作体系が複雑になるのでやめておくべき。
東方神霊廟
私がノーボムで遊べる5ボスは布都ちゃんくらい。

『東方輝針城 〜 Double Dealing Character.』
 システムはシンプルだが、スペルカードがなかなか嫌らしい。シリーズ初プレイにはお薦めしない。
 輝針城の残機とボムのシステムは、画面上部でのアイテム自動収集で一度に多くのアイテムを集めるとかけらが出現するというものだ。もはや恒例になりつつあるが、残機を稼ぐためには道中危険を冒してアイテム収集ラインを越えていく必要がある。ボムのかけらは8つ集めてようやく1ボム分になるので、無理にボムって上部回収してもかけら1つがリターンでは全く割に合わない。効率よく稼ぐためには、移動しながら敵弾を避けるスキルを磨くか、残機のかけら分のアイテムが出現する箇所がどこなのかを把握してパターンを作り込んでいく必要がある。
 弾幕の傾向としては、うねうねブルブルと読みづらい軌道を描く弾がいくつかあり、また自機の挙動や当たり判定、果ては画面構成(!)まで変えてくる妨害系のスペカが取りそろえられている。力が弱く蔑まされていた者がヒエラルキーを逆転させて革命を企てる、というストーリー背景を反映させているのだろうか。挑戦するなら、前作に引き続きスペルプラクティスが実装されているので、何度も動かして挙動の変化に慣れれば道は開ける。正邪は弾幕の密度に限れば5ボスでもかなりぬるい。
 神霊廟とは打って変わって機体ごとの難易度の変化が激しい。ガチャプレイでも安定して強いのは咲夜A。特殊な強さなのが魔理沙Bで、実質的にエクステンドの回数を上げられるというシリーズの全機体の中でも珍しい特性を持っている。逆に咲夜Bのクリア重視プレイにおける残念っぷりはもはや語り草になっている。高速移動時にあれだけばらまかれるナイフを一点集中してなんであんな威力にしかならないのよ……。
東方輝針城
5ボスのスペルカードにしては大したことない弾幕に見えるが……?

『東方紺珠伝 〜 Legacy of Lunatic Kingdom.』
 弾幕の難易度に限れば、歴代でも断トツぶっちぎりではないだろうか。
 紺珠伝は今まで通りの残機システムであるレガシーモードに加えて、完全無欠モードというほぼ無限にトライ&エラーができるシステムを選択できる。ボスは後者を前提としている(としか思えない)高速・高密度・要精密動作の弾幕をぶっ放してくるので、レガシーモードでプレイすると同じノーマルでも他作品のそれとは段違いの難易度になっている。個人的には清蘭とサグメはともかく、それ以外のボスがイカれていると思う。鈴瑚! お前のような事故死率の高い通常弾を撃つ2ボスがいるか! ドレミー! スペルカードの1、2枚目がパターン化できるからまだいいものの、3ボスがあんなに高密度で積ませる通常弾を撃ってくんなや! クラウンピース……! やめて……やめて下さい……っブルブルッ。「星条旗のピエロ」はもう聞きたくない……! 5ボスが高速直線レーザーつるべ打ちとか耐久スペル2枚とか、あんた何考えてるんすか! 純狐さん、私の精密動作性ではあなたの通常弾と震え凍える星は避けられません! あと、あなたのスペルカード表示はバグか何かですか。
 勘違いされがちだが、クリア重視プレイだとレガシーモードより完全無欠モードの方がずっと難しい。完全無欠モードではボムを最大8個しかストックできないため、クラウンピースと純弧の連戦で詰みになる可能性がかなり高い。最終スペルのピュアリーバレットヘルまでにボムを最低1発、なるべく2発残していないとノーマルシューターにはしんどい。それがいかにかつかつかは一回プレイしてもらえばわかると思う。また、リトライ一回のペナルティであるパワー-0.01(最大は4.00)がほぼノーリスクのように見えて意外にバカにできない。クラウンピース以降、大げさではなく、ノーマルシューターでは100回以上リトライしても突破できない可能性のあるスペルもざらにあるので(いわゆる00/99+である)、パワーの減衰分をアイテムで回復できずにジリ貧に陥る可能性がある。
 今回のエクステンドは、ステージがいくつかのチャプターで区切られていて、その中でグレイズ数と敵の撃破率を一定数以上稼ぐことで残機のかけらが得られる形式だ。グレイズ数を稼ぐ、イコールある程度敵を残存させるということなので、それと撃破率を両立させるのはなかなか頭を使う。道中でのパターン作りが必須なのは星蓮船以降のデフォルトらしい。完全無欠モードの通しプレイによる死に覚えでそれを作りこんだのち、レガシーモードでのクリア重視プレイで突破するというのが定石だ。あと、積極的に弾にかすりに行く関係で事故死率もかなり高い。幸いにしてエクステンドの回数は(パターン化できていれば)多くて、4面クリア時点でカンストするくらいはある。あとはその貯金で地獄の5、6面を凌いでくれぃ。
 自機は早苗か鈴仙を推奨。早苗は低速ショットが追尾性能有りなので、道中ではグレイズを稼ぎつつ撃破率も上げられる。ボムも癖がない(星蓮船に比べると威力も効果時間も弱体化しているが)。鈴仙はボムが規格外だ。地霊殿のにとまりや輝針城の咲夜と同様の性質だが、それらと比べても弾幕回避性能・抱え墜ち回避性能がバカ高い。おまけにグレイズのシステムともシナジーがあるという。記事の趣旨とは離れるが、かてて加えてエクストラのボスであるヘカーティアのスペカとも相性がすこぶるよい。私は鈴仙以外ではまだ変なTシャツヤローを倒せていない……。
東方紺珠伝
(例のBGM)

『東方天空璋 ~ Hidden Star in Four Seasons.』
 自機の武装が強力な上、稼ぎが回せればエクステンドの回数がかなり多いのでやさしい方。だが後ろからの攻撃には慣れろとしか言えない。
 今作独自のシステムは季節装備と季節解放で、詳しくはマニュアルを読んでほしいが、メインショットのオプションと霊撃を兼ねたようなゲージシステムだ。季節解放で消した弾は、得点アイテムによる加点の上限を上げるアイテムに変わる。今作の残機は紅魔郷や風神録のように総得点で払い出されるので、パターンを組んで季節解放が効率よく回せればエクステンドの回数も上がっていく仕組み。
 ボスの弾幕の傾向としては、画面下部、自機の背後から弾が飛んでくるスペルがかなり多い。4ボスの成美からして魔符「バレットゴーレム」と地蔵「クリミナルサルヴェイション」の二枚が下から噴き上げる系統の弾幕なので、明確にコンセプトとして打ち出されている。作品の背景とモチーフの取り込みとしては秀逸な演出だが、それはそれとして目視しづらい、避けづらい、挟み撃ちはやめてほしい! 数をこなすまでは不慣れな操作感覚で導線がぐちゃぐちゃになり、ポコポコ被弾すること必至。背後からの攻撃は全般的に弾速が抑え目で、追い詰められからてのボムOR季節解放がだいたい間に合うのが有情か。ストックにかなりの余裕があるので最悪決め打ちでもどうにかなる。5ボスで初の二人組であるバックダンサーズは、背後からの攻撃に加えて交差弾、緩急が不規則な星型弾、へにょりレーザーとプレイヤーが嫌がる攻撃のアソートが充実しておる。6ボスの隠岐奈は通常弾こそ歴代と比較するとぬるいが(エクストラの経験者なら慣れっこもいいところ)、上述した通りスペルカードは上下からレーザーやら高速炎弾をつるべ打ちしてくるし、最後の「アナーキーバレットヘル」の相対的な耐久力が凄まじいぞ。
 今作は自機に加えて四季の季節装備を選択できるが、装備ごとに解放の使いやすさが全く異なる。上に書いた通り、季節解放を組み込んだパターンの完成度でエクステンドの回数が変わってくるので、自機以上に難易度を左右すると言っても過言ではない。個人的なお勧めは解放が弾消し(=得点効率)に特化した春装備かな、サブショットの誘導弾も無難な性能だ。自機は避けに集中するなら霊夢、位置取りに自信があって攻撃性能や早回しに重きを置くなら魔理沙。人外組はようわからん。
東方天空璋
あっ! これやったことがある弾幕と曲だ!(進研ゼミ風)


※1
 まずは手段を問わず、どんな手を使ってでも本編のグッドエンドを一つ見ることがクリアだとしよう。そうすると、イージーモードでもエンディングを見ることができる妖々夢、永夜抄、地霊殿、星蓮船が楽になる。紅魔郷と風神録はイージーではエンディングを見られない。紅魔郷は5面終了時点で咲夜に追い返されてしまうので、6ボスのレミリアに会うことすらできない。また、Windows三部作(紅~永)まではオプションで初期残機を増やすことができた。特にエクステンドが少ない紅魔郷は、これでクリアにぐっと近づける。逆に妖々夢は、残機にてこ入れしなくてもプリズムリバー三姉妹の時点でカンストが可能なんだが、それでも落ちるときはずるずる落ちて満身創痍になるので、うま味は薄いかもしれない。もし初期残機7の永夜抄イージーがクリアできないようなら、マリオやカービィなどの難易度の低いアクションゲームを触って、ゲームというものに慣れることから始めたほうがいい。
 次に、エクストラモードの開放でクリア認定とする。するとイージーモードをクリアすればいい妖々夢、永夜抄は難易度が低くなる。ちなみに地霊殿、星蓮船はエンディングだけは見られるが、エクストラへの挑戦権は得られない。まぁ、ノーマルをクリアできないのにエクストラにいどんでも詮無いことだ。精進するこったね。
 エクストラモードの開放と関連して、全てのキャラに出会うまでを条件にする。EXボスに会うまでだが、エクストラの道中と中ボスはノーマルをクリアできる腕っぷしがあれば、それなりの練習とボムの決め打ちで打破できるはずだ。星蓮船道中や地霊殿の早苗がちょっぴり厳しいかもしれない。大半の作品はエクストラ開放の難易度=EXボスに会うまでの難易度=全キャラに会う難易度なんだが、一つだけ例外が存在する。妖々夢のファンタズムボスである紫に会うためには、その前にエクストラボスの藍を倒さなくてはならない。かてて加えて、藍はExボスの中でも強敵である(逆に紫は与しやすい部類に入る)。ゆえに妖々夢の難易度が頭二つくらい飛び抜けている。
 あるいは、全キャラクターの全装備でクリアすること、言いかえればEDとかけあいの回収を目標にしてみる。紅魔郷なんかは、どの武装も一定以上の攻撃力があり(というより、共通のメインショットに攻撃力の比重が高い)、ボムも極端なハズレがないので、この条件はそこまで苦にならない。風神録も、霊夢と魔理沙の全武装で共通のボムである霊撃がぶっ飛んだ性能なのでどうにでもなる。最新作の神霊廟も、どのキャラも一長一短であまり格差がなさそうだったな。早苗がボス戦で若干厳しくて反歩後ろかなってなくらいだ。逆に、機体の強弱差が顕著である地霊殿や星蓮船はこの条件が非常に苦しくなる。この二作品にはショットは何ともはや、ボムもお察しくださいという機体があるからなぁ。私は、魔理沙が何回目かの人気投票で大きく順位を落としたのは、星蓮船におけるウェブマリの如何ともしがたさが影響しているんじゃあないかと踏んでいる。

2011/05/02 投稿
2013/11/24 さらに加筆
2016/08/20 紺珠伝をクリアしたので項を追加
2018/01/08 天空璋を追加、せっかくなので全作品分のスナップショットを掲載

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags: 東方 
2018年01月05日

バーチャルYouTuber入門のおすすめ動画まとめ

 お正月休みの休憩時間は、今まさに話題沸騰中である「バーチャルYouTuber」の動画を見ていました。
バーチャルyoutuberとは (バーチャルユーチューバーとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
 バーチャルYouTuberの中でもチャンネル登録数や再生数が特に多い5人が「四天王」と呼ばれているそうですが、その人たちの動画は話題になるのもうなずける面白さでした。トークや企画、編集そのもの面白さもさることながら、キャラ付けや空間表現まで含んだファンサービスの完成度に驚くことしきり。気付けばけっこうな時間を吸われてしまい大反省、せっかくなのでこれから視聴を始めようとしている人のためにおすすめ動画を残しておきます。

キズナアイ
 バーチャルYouTuberの草分け的存在であり大親分。とても設定年齢16才とは思えない貫禄と風格があります。「バーチャルYouTuber界のヒカキン」というあだ名を見かけましたが、頷くことしきり。長い芸歴に裏打ちされたトークの安定感や、優秀な裏方による編集の見やすさでは頭一つ抜けている感じですかね。既に企業案件も獲っています。


 ゲームの実況動画も投稿されていますが、これがヨレヨレで見ていて危なっかしいことこの上ない。母親のへたっぴなファミコンプレイを思い出したという人がけっこういました。この人の動画を見て『マリオ』は下手くそな人でも進められるよう導線が設計されているんだなと無駄に感心させられました。



電脳少女YouTuberシロ Siro
 サイコパスシロイルカとか、戦闘用AIとかとか無茶苦茶言われています。清楚そうな見た目やおっとりしたキャラボイスに反して、プレイするゲームは物々しくてコメントはしれっと物騒だという、そのギャップが王道なんですね。ゲーミングスキルならこのメンバーの中でもダントツぶっちぎりで、ゲーム自体を知らなくても読みが冴え渡っているのがぎんぎん伝わってきて楽しいです。実況も語彙が豊富で発音もしっかりしていて聞かせてくれます。ニコニコで実況プレイ動画やゆるいRTAを見るのが好きな人ならドはまりすること間違いなし。個人的に一番おすすめっすわ。
 この中では芸歴が長く、過去の動画を見ると理解を拒絶する謎企画がけっこうありますね。いろんな動画を投稿して模索していて、ようやく中の人の魅力が活かせる企画が見つかった流れだと思われます。



バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん
 バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさんです。……もう一度言います、バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさんです。そのまんまです。とにかく動画を見てもらった方が早いでしょう。私はてっきり言動や行動がおっさんくさいからそんな名前なのかと思ったら、まんまおっさんでした。他のアイドルがアバターのデザインや3Dモデリングをプロに依頼している中、おじさんは完全にお手製で作り上げた上、機材やプログラム周りを自前で揃えて参入してきたという強者です。そんなところで技術畑の人からも注目されているとかいないとか。確かに、3D空間で握ったライスを腋に挟んだらおにぎりに変わるプログラムを自前で組んだのなら凄いですね(何を言ってるんだかわからねーと思うが)。




ミライアカリ
 他の頭のネジがぶっ飛んだ面々に比べるとかなりの良識派で、トークの内容もネタのセレクションも無難な感じ。しかしアバターが表情豊かで身振り手振りが大きく、明るく喋っているのを見ているだけでけっこう楽しくなってきます。アバターは企画元が相当のお金を掛けて発注したらしく、デザインは初音ミクの人のもので、モデルのポリゴン数は17万にも登り、素人目にも垢抜けていて綺麗なのがわかります。なぜだか、嬢は元気がよくて機嫌がよい子が一番客を取るという『闇金ウシジマくん』で得た無駄知識を思い出したりしました。



輝夜月
 首絞めハム太郎とか、首締め公とか、見るコカインとか、ストロングゼロの擬人化とか、数々のあだ名が付けられている驚異の新人ですね。元気系、ウザかわ後輩系、同級生にいたら楽しくて仕方なさそう系アイドル。とにかくしゃべくりが耳に楽しすぎる。加えて編集のエッジが恐ろしく効いていて、短めの動画時間に凄まじい密度を感じます。投稿動画が軒並み100万再生を突破しそうなのもむべなるかな。あと、キャラデザインや人物造型がいろんな人の心を掴んだらしく、私のTLでもっともファンアートを見かけるのはこの人ですね。




 ……きっとね、作り手は「なんだこのポンコツAIは!」とか「『ポケモン言えるかな』とか『めっちゃホリデー』とか16さいのお姉さんは知らないでしょ!」とか「シロちゃん闘争本能が漏れすぎ! アイドル志望の設定忘れてない!? ちゃんと声作って!」とか、そういう突っ込みがされるところまである程度想定していると思うんですよ。

「めざせポケモンマスター」は、日本の声優・歌手の松本梨香の4作目のシングル。1997年6月28日にピカチュウレコードから発売された。

めざせポケモンマスター - Wikipedia


「Yeah! めっちゃホリディ」(イェーイ! めっちゃホリディ)は、松浦亜弥の6枚目のシングル。2002年5月29日にゼティマから発売された。

Yeah! めっちゃホリディ - Wikipedia


 あえてポンコツっぷりや突っ込みどころを残すことで、インタラクティブな親しみやすさや公然の秘密を共有する共謀感を空間演出しているんだと思うんですよ。そういった配慮にも感心させられた他、コメント文化や匿名掲示板でのトークと相性がよすぎて、ずいぶん長居してしまいました。今まで深夜ラジオとか、声優が役を演じる番宣ラジオなどには興味がなかったんですが、はまる人の気持ちを理解したと思いました。まる。

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:
2018年01月04日

2018年 明けましておめでとうございます

 今年もよろしくお願いいたします。
 前年はあれだけ完成させるさせる詐欺をやった百合ゲーのまとめ記事が結局完成しなかったので、こいつは何を差し置いても完成させようと思います。『すばひび』の感想が最後の山場ですわ……。あと、前年の目標としてエロゲーの名作選を完成させることを掲げていたのですが、こっちはちゃんと理由があって、選出数を50から100に引き上げた結果もっとラインナップを充実させたい欲が出てきたからです。こっちは来年中にでも第一稿を完成させるぐらいのスケジュール感で動いています。こうご期待。あと、『咲-Saki-』関連の記事は前年にあんまり書けなかったので、今年は大きいものを1、2本完成させたいと思います。
 全般的な目標だと、去年はもはや読書家を名乗れないほど本を読んでいなかったので、ぼちぼち取り組んでいこうかと思います。

映画:50本
小説:30冊
エロゲー:15本
ブログ:1月に1本、読む価値のある記事を書く


 ペースについては前年と同じく、鬼が笑わない程度の目標を立てておきます。皆さまの一年も実り多きものになりますように。

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:

Template Designed by DW99