2006年09月29日

アオイシロ公式サイト(仮) 更新されています

http://www.success-corp.co.jp/software/ps2/akaiito/aoishiro/index.html
http://www.success-corp.co.jp/software/ps2/akaiito/aoishiro/story.html
http://www.success-corp.co.jp/software/ps2/akaiito/aoishiro/character.html
 
 小山内(オサ)!小山内(オサ)!海ぶどうちゃんはやたら家系図に関する設定が細かいので、どこぞで羽藤か鬼切部の血が流入していること請け合い。トップページのムービーも更新されています。前回までのものは語呂が悪かくてひやひやしたけれど、俄然かっこよくなってまいりましたな。鬼切部守天党!?世界観共通ですか!?イヤッホゥ!!カヤさん、人外であることをもうばらしてまうんですか。Keyの新作が出れば誰が生霊か予想するように、サクセスも人外予想で一人盛り上がりたかったのに。剣の鬼というと、オンバサラキリクのあの御方が頭に浮かびますが。やすみん、パンジー以外を彷彿とさせる要素が皆無なんですが、それで物語に食い込んでいけるんでしょうか?経観塚にナラヨーが馳せ参じるようなものですよ。ちと心配。コハクちん…陰陽師とな。確か若杉の母体も陰陽師だったような?それにしても悪そうな顔しているね。私も海岸でナミちゃんを拾いたいよ。

ずいぶんと前に亡くなった祖母は旅が好きだった。
見知らぬ景色。
見知らぬ人々。
見知らぬものとの出会いが大好きで――


高い天井で育てば背が伸びると言うように、
世界を広く持つことが、人を大きくするのだと――


そして高校二年の夏休み、私も遠くへ旅に出る。
部活の合宿なのだけれど、これも旅には違いない。


電車と車を乗り継いで、私たちは南の海へ。
剣と胴着をかばんに詰めて、鬼ヶ島を望む岬の山門へ。
そこで私が出会うのは――





月の満ち欠け、潮の満ち引き、水面(みなも)を乱す宿命(さだめ)の周期(めぐり)――
瑠璃の宮処(みやこ)にまどろむ龍の、いざなう嵐に私はあらがう。



――むげんのなみは わだつみのこどう――



おらワクワクしてきただ。次回更新はいよいよ本式のページ確保かな?
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:

Template Designed by DW99