2006年03月08日

少女セクト(1)/玄鉄絢 メガストア掲載時との比較

 もっともな違いは性器の隠し。雑誌連載時は黒塗りによるピンポイント消し(こんな言葉あるのかな…?)だったけど、単行本では性器全体を白塗りでぼかしている。どちらがエロいかは…人それぞれだよね。Chapter4の描写なんか、絶対メガストア連載時より露骨だと思うけど。全年齢補正を考えれば何をか言わんやだ。
 その他、卑語が変更されているとか、飲酒・喫煙・性交描写が削除されているとか、エロゲーのコンシューマ移植的なヌル変更は一切無いんでご安心をば。
 何はさておき注目したいのは-75~78-。レイアウトを変更してまでしてセリフを付け足したたということは、書き下ろしで10年前の馴れ初め話を期待しちゃっていいんでしょうね?クロガネセンセ。
 それにしても、セリフの改行位置にまで拘っているのには驚いたなぁ。やはり会話のテンポには人一倍気を使っているのかな。

<メ>メガストア掲載時
<単>単行本


-5-
<単>新規書き足し

-6-
<単>新規書き足し

-7-
<単>新規書き足し

-8-
<単>新規書き足し

-9-
<単>「君は…一年生よね?」
<メ>「君は…一回生よね?」

<単>「おねーさんはね 内藤桃子っていうの 二年生の」
<メ>「おねーさんはね 内藤桃子っていうの 二回生の」

-11-
<メ>
煽り文
{ページ右上}
少女達の秘密の
{ページ左上}
ミッションが始まる・・・
{ページ中下}
新ペンネームにてコミメガ初参戦!!
玄鉄絢
Presented By KENN KUROGANE

9 :Chapter1:2005/09/11(日) 10:28:17 ID:WVT3VMfQ
-12-
<単>「また内藤ちゃんは!!…」
<メ>「また内藤は!!…」

<単>「釘のまがったパチンコみたいに…」
<メ>「釘のまがったパチンコ台みたいに…」 
 
<単>「どうせ子供の頃 一休さんの…」
<メ>「どうせ子供の頃一休さんの…」

<単>「鷹代(たかしろ)先輩こそ…」
<メ>「鷹代(タカシロ)先輩こそ…」

-13-
<単>
「………
 その眠りライオンを
 頂きます」
<メ>
「………
 その眠りライオン
 を頂きます」

10 :Chapter1:2005/09/11(日) 10:31:06 ID:WVT3VMfQ
<単>
「私は自信ありますから
 掛け金 更に上乗せしても
 いいですよ?」
<メ>
「…そうですか
 じゃ 先程の勝負
 頂いていいですね?」

-17-
<単>
「じゃあ
 その気持ちを8バイト以内で
 簡潔にに表現して?」
<メ>
「じゃあ
 その気持ちを8バイト
 以内で簡潔にに表現して?」

-24-
<メ>
黒塗りによる消し
1コマ目

-28-
<メ>
煽り文
{ページ右下:4コマ目・5コマ目の右}
深い眠りから覚めて…

11 :Chapter2:2005/09/11(日) 10:36:14 ID:WVT3VMfQ
-34-
<メ>
~煽り文~
{1コマ目}
甘く危険な
プロジェクトが
今日も始まる・・・・
少女達しかいない世界
で巻き起こる
ミッション第2弾!!

-37-
<単>「私 何でもします」
<メ>「私何でもします」

<単>
「………
 あなたは私に隷属するの
 ………」
「………
 代わりに召使いになって
 ………」

12 :Chapter3:2005/09/11(日) 10:40:55 ID:WVT3VMfQ
-59-
<単>
「じゃあ何? 口利きなら お断りよ」
<メ>
「じゃあ何? 逢い引きなら お断りよ」

-66-
<単>
「私には時雨ねぇさんしか
 いないんだよぅ…」
<メ>
「私には千鶴ねぇさんしか
 いないんだよう…」

13 :Chapter3:2005/09/11(日) 11:42:57 ID:WVT3VMfQ
-75~78-
メガストアでは2ページ分だったものを4ページに加筆・修正。
<メ>

「あ あ あ…」
ず ず ず
「妹はほら…」
「鈍いでしょう?」
「それに… 私の気持ちに 気付いて よそよそしく
 されたら私… 生きて行けないわ」
「あなたの話を もっと真面目に 聞いていたら 
 妹に余計な気苦労を かけずに済んだのにね」
「丸く収まれば それでいいんですよ」

「?」
「狛井先輩…」
「…と蒲田さん」
はっ
「あなたね!?」
「蒲田さんの入れ知恵なのね!?」
「ああそうだ 桃子ちゃん」
「妹がよろしく 言ってたわ」
「今日は寮で寝ているけれど ちょっと疲れてるだけ
 だから心配しないで」
「じゃあね
 思信ちゃん 桃子ちゃん」
「結局私は… 不純な恋の手伝いを したのね…」
「思い上がりね」
「外野の言うことを 聞き分ける分別なんて あるわけないじゃない」
「言うでしょ? 「恋は盲目」って」

14 :Chapter4:2005/09/11(日) 12:08:31 ID:WVT3VMfQ
-85-
<単>「藩田さん!!」
<メ>「蒲田さん!!」

-97-
<メ>
黒塗りによる消し:1コマ目

-99-
<メ>
黒塗りによる消し:3コマ目

-100-
<メ>
黒塗りによる消し:3コマ目

-101-
<単>「おはよう 内藤(ないとう)さん」
<メ>「おはよう 内藤さん」

<単>「ルーズな服装は 素行の乱れを ………」
<メ>「ルーズな服装は 素性の乱れを ………」

15 :Chapter4:2005/09/11(日) 12:12:55 ID:WVT3VMfQ
<単>「おはよう お散歩に
    行きましょう」
<メ>「お散歩
    行きましょう」

<単>「ねぇ 結局 何部にしたの?」
<メ>「ねぇ 結局 何部(なに)にしたの?」

<単>「おはよー お散歩に 行き まぁぉ!?」
<メ>「桃子ー お散歩に 行き まぁぉ!?」

<メ>
煽り文:3,4,5,6コマ目の右
部活動も朝食も人それぞれ…ところでそれ全部食べられるの?

16 :Chapter5:2005/09/11(日) 12:19:30 ID:WVT3VMfQ
-105-
<メ>
煽り文:ページ左
密やかなる乙女の園で交わされる、内緒で内緒の出・来・事…。

-120-
2コマ目
<メ>
黒塗りによる消し

17 :Chapter6:2005/09/11(日) 12:26:04 ID:WVT3VMfQ
-141-
4コマ目
<メ>黒塗りによる消し

-145-
3コマ目
<メ>黒塗りによる消し
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:

Template Designed by DW99