2006年03月18日

スティール・ボール・ラン#12 ルーシー・スティール

http://ultra.shueisha.co.jp/00_HP2/now_on/now_frame.htm
 な、なんだこれは…ウルジャンに移籍してからは加速度的に面白くなってるじゃあないの…。神懸かりだ。今回は川尻早人の冒険を思わせる非力な一般人VSスタンド使いのサスペンス展開。荒木センセって物陰に隠れて「み…見つかるゥ!!やばいィィィィ!!!」なシーンを描くのがうまいよなぁ。思わず手に汗握ってしまう。鳩の目くらましとか機転の利かせ方も巧い。サスペンス映画マニアなだけのことはある。
 これでジョニー&ジャイロVSDioどもとどこか一辺倒だった物語に奥行きが生まれましたね。うう~、面白くなってきた。残りの3ステージでジャイロたちを巧いこと大統領との対決までに持って行けるかが見物。このまま二本の物語がまとまらずに空中分解する懸念もなきにしもあらずなので…。あれだけまとまりそうになかった6部を力ずくで収束させた荒木センセの力量を信じることにしましょう。
:以下箇条書きで補足:
*ブラックモアのスタンド能力、液体に関するものだろうか。雨に肉体の一部を溶かしていたし…。
*ルーシーがぶんどったメモ、これから先にどう影響してくるんだろうか…。チクショウ、全く先が読めませんぜ!!
*ジャイロのギャグに対するジョニーの反応が最高!!キミタチ、もっと感動の再会をしてもいいじゃないすか。照れ隠しなんだろうか。
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:

Template Designed by DW99