2007年07月13日

玄鉄絢の新作とか、カタハネとか

 柄にもなく栄養剤なんかきこしめして気合いを入れたせいで、目がぎんぎんに冴えてしまった…。

*玄鉄絢の新作情報。8月27日発刊の(表紙絵は『白濁液まみれの花嫁さん』といういかにもな)成人誌「COMIC HOT MILK」のラインナップに玄鉄絢大先生の名前が載ってます。この「COMIC HOT MILK」という雑誌、「漫画ばんがいち(これも成人誌)10月号増刊」と説明があるんで、おそらく企画誌のたぐいだと思われる。だから多分読み切りなんじゃあないかな。
 ところで、私は「少女セクト」を単行本化前から追っかけてる古参厨なんだけど(初めて読んだのはまーやとお仕置き部屋の話だ)、なぜ私がメガストアなんてぇチンポチンポ白濁液雑誌を手に取ったのか、まるで思い出せないんだよねぇ。引力だったんだろうか。


*なんだか桃色の脳細胞が騒ぎ出してきたんで、アカイイトブログサーチの旅でも決行してみた。自然百合系サイトを巡ることになるんだけど、どこもかしこも猫も杓子も1月に発売された「カタハネ」を大絶賛しておった。どうやら「アトラク=ナクア」「アカイイト」とで御三家扱いするってぇのが風潮みたいだねぇ。なんだか世論が形作られた瞬間にリアルタイムで立ち会ったみたいでワクワクしたよ。百合ものはそもそもの物件数が少なくて、こういう勢力分布図みたいなのは滅多なことじゃあ変わらないからね。お祭り気分だよ。



*ところで"、私は玄鉄絢と麓川智之に同じようなイメージ、すなわち「マリみてブームの尻馬に乗っかって何となく百合もの書いてみたら百合オタに大絶賛されちゃって、気がついてみたら「百合作家」のレッテルを貼られてて、一般作品が書けない空気になっていて、しぶしぶ百合ものをしたためている」みたいなイメージをもってたんだけど。大先生は同人誌のネタのセレクション……スズナリ!さくらの境!電脳コイル!……からして、どうやらほんとうに好きな人のようだね~。御大のほうは、…漢のかほりしかしない漫画・読書歴からして、本当に「マリみてにはまったから何となく…」百合ものに手ぇだしたんだろうなぁ。今頃ちょっぴり後悔してたりするのかしらん。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:

Template Designed by DW99