2007年09月21日

ギャルゲーマーに「パワプロクンポケット(パワポケ)」シリーズを勧めてみる



 エロゲーマー・ギャルゲーマーさんに子供向け(ということにいちおうなっている)野球ゲーム(ということにいちおうなっている)の『パワプロクンポケット』シリーズをすすめてみる。私がギャルゲー魔道に陥る決定打になったのは『アカイイト』との出会いだったが、その下地は消防・厨房時代にプレイした「パワポケ」シリーズに作られていたと思う。
 パワポケと『実況パワフルプロ野球』シリーズのもっともな違いは、あちらの続編が完全なスターシステムのパラレル設定なのに対して、パワポケシリーズは世界観が統一されていて、時間軸が続編発売と共に進み、キャラクターは年を取って、連綿と正史が作られていることだ。パワポケを順々にプレイする面白さは、どうにも簡単な言葉では表しにくいんだけど、ギャルゲーで言えば『CLANNAD -クラナド-』のアフタストーリーで保母になっていた杏に再会したときのような感動かな? 思いがけないキャラクターが続編でひょっこり顔を出してくるのが面白いんだよね。6の幸せ島編で倉刈さんが登場して、日出子ちゃんへの電話イベントで覚醒したときなんか、胸に来るものがあったなぁ。歴史を見守ってきた人にだけ伝わる感動があそこにはあったと思う。わかる人にはわかる。Fateやアカイイトがシナリオの横の並列による演出なら、パワポケシリーズは縦の並列による演出だね。ゆえに骨の髄まで楽しみつくすには、時系列順(1→2→3……)にプレイするのが絶対条件になるので、その点だけは注意してほしい。
 音楽よし。ドット絵よし。子供向けゲームのくせに無駄にダークな世界観もよし。あかえらさまに狙ったエロイベントもほほえましい。異様に高い名言率もまたおかし。間違いなくスタッフはエロゲーマー。

なんだろう…
みんな、ここの暮らしに満足しているように見えるぞ。
人間、管理される側はらくちんでやんすからね。
何も考えずに、ただ従っていれば
いいんでやんすから。
少しの不自由さえ我慢すれば
ここも表の世界も、それほど
変わらないかもしれないでやんす。
そ、そうかもな・・・
支配される側は、文句さえ言っていれば
いいんだからな。
まあ、ここではその文句さえ
言えないんだけど。
でも、みんな満足しているみたい
でやんすよ?
(わいわい・・・)
人間低いところでとどまっていると、
そこでよどむんだよ。
よどんでしまったら、人間は終わりさ。
落田君。
俺は元の世界に戻るからな・・・
絶対に!
オイラもでやんす!

(謎のしあわせ島編)


 
パワプロクンポケット1・2パワプロクンポケット1・2
(2004/07/29)
GAMEBOY ADVANCE
商品詳細を見る


 間違ってパワプロGBとか買わないようにね。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:

この記事のトラックバックURL

http://toppoi.blog54.fc2.com/tb.php/324-d96f4048

コメントする

※規約
管理者にだけ表示を許可する

コメント

Template Designed by DW99