2007年11月15日

「これが……講堂?」Noelの中華クオリティ

 今日は二つ休講の科目があったんで、戦略的休講と合わせて一日さぼってしまった。んで何をしていたかというと、カタハネと一緒にワゴン(¥1000)に積まれていたんでいちおう買っていた「Noel」を、一日がかりでやっていた。……テキストだめぽ、原画だめぽ、塗りだめぽ、アニメだめぽ、音だめぽの五拍子揃った、最近プレイしたエロゲの中では断トツなだめぽAVGだった。2004年発売のエロゲーのクオリティだとはとても思えない。ワゴン投げ売りも当然だと思う。
 同じワゴンレズゲー組のカタハネとの二者択一なら、迷うことなくカタハネを勧める。もしくは一食抜いてアカイイト廉価版を買う。あるいはもう一食抜いてアトラク=ナクアを買う。


Noel

 「これが…講堂?」

フライングシャイン

 なんか少年マガジン風に「!?」を付けたくなるね。 


 しかあし、しかしだ、Noelの本当の恐怖はこんなモンじゃあないのだ……。全体的なだめぽクオリティの中でも、立ち絵とキャラデザの酷さは特筆に値するうよ。なんつーかもう、一切の感情移入を拒否するかのような造形なのよ。特にヒロインの理理は圧巻。あのアホ毛アンパンマンを拝むためだけに、怖いものみたさでワゴンのを買ってみるのも一興かもしれない。あんなに邪悪な顔つきをしたヒロインは他に見たことがない。他にもくちびるおばけ*とか、似非お蝶夫人とか、とかく驚異が尽きないのは確かだよ……。

By「星のカービィ デデデでプププなものがたり」。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags: 百合 

Template Designed by DW99