2007年12月27日

誤字脱字

◇ふやふや
《でもって超過料金が持ち合わせが足りなくて、~~
「が」の連続。超過料金分の持ち合わせが無くて、とか?

◇今日の予定は?
ここ何年もの間古い作法に乗っとったお祭りができなかったとのこと。
△乗っ取った ○則った

◇なんでこんなところに?
「それでボックスから拝借した電話帳に乗ってる奈良って苗字、上から順に総当たりしたわけさ」
△乗ってる  ○載ってる

◇温泉でばったり
「それに、この辺なら多少の土地感あるしねぇ」
△土地感・土地勘 ○土地鑑 

◇不死の薬
 サクヤさんの話を次いで、~~
△次いで ○継いで 

◇蛇と蝶
柱の傷。
背比べの後。

×後  ○跡・痕

◇経観塚に伝わる昔話
やがて塚には塊の木が育ち、やがて月まで届くほどになった。
「やがて」が重複。後ろを削る。

◇コドク
「気づいたときには最有力候補ですよ。こんな子供をつかえてばかげた~~」
×つかえて ○つかまえて

◇蛇の神の使い
葛ちゃん虚のような瞳に映されていた。
×葛ちゃん虚―― ○葛ちゃんの虚――
 虚ろのような瞳? 虚ろな瞳では?

◇幻視行
「ほら、いらっしゃい」
 今いる意識のわたしを見て、あの人が微笑んだ。

 ようわからん。

◇烏合
烏月さんはサクヤさんとユメイさん方を横目で見て、言葉を飲み込み頷いた。
×ユメイさん方を ○ユメイさんを

◇贄の血
「どうせこの子を守っても、あなたはもうすぐお役後免になってしまうのだし」
△後免 ○御免

◇保護者の目
「大昔の鬼切り部の本締め、陰陽寮の頭を張ってた安倍晴明なんか、化け狐との愛の子だしねぇ」
△愛の子 ○合の子・間の子 合いの子が差別表現だから?

◇剣・鏡・魂
ユメイさんの力によって封じられているという主。
ノゾミちゃんとミカゲちゃんが、解き放とうとしている主。
「じゃあやっぱり――」

 ノゾミちゃんが「じゃあやっぱり」はちょっと……。 「それじゃあやっぱり――」

◇赤い空白
「桂、もうおよし。もう思い出そうとなんてするんじゃないよ。~~
「もう」の連続。「桂、もうおよし。思い出そうと――」

◇カゴノナカ
「あたしが町まで買い出しに出たぐらいか」
「出」の重複?
「私がサクヤさんの手料理をご馳走になってから、もうずいぶんと経ったもの」
「最後に」を入れたほうがいいんじゃあないか。

◇パノプテース
「桂ちゃんから離れなさい」(引用者中略)
「そうね――」
なんて肯定的な返事をしても、従うつもりはきっとない。
わたしの身柄をミカゲちゃんひとりに任せて、ひとり悠然と前に出る。
きっとそれで離れたつもり。(引用者中略)
ノゾミちゃんとミカゲちゃんのふたりが、慌ててわたしから手を離したことで確信した。

 ノゾミちゃんは桂ちゃんから離れたんじゃ?

◇浄瑠璃T
「元を正せば僕のために考えられた名前だから、僕に対しては強い言霊で働く名前だからだよ」
「名前」が重複。
「元を正せば僕のために考えられた名前だからね。僕に対しては強い言霊で働くんだよ」

◇燃える磐座
ノゾミちゃんは消滅した。
 消滅したのはミカゲちゃんだ。

◇転地療養
「だけど、なんでケイくんに取り付いてたりしたんだろう?」
△取り付いて ○取り憑いて

◇覚醒
楽器の調律を確かめるように、てのひらを開閉させながら身を起こす彼からは、柚明お姉ちゃんやケイくんに感じた懐かしさのようなものがない。
1.「~~彼からは、~~のようなものがない」と微妙に繋がっていない。「彼からは、~~懐かしさが感じられない」かな。
2.「てのひらを開閉する」って言うのかな? 拳(こぶし)を開閉するならわかるけど。
3.「彼”」かかる「楽器の調律を確かめるように、てのひらを開閉させながら身を起こす」が長すぎやしないか。
「オハシラサマのご神木が、あなた《力》のを蝶の姿に変えて大いなる流れに還しているように」
×あなた《力》のを  ○あなたの《力》を
赤い《力》を奔らせながら、彼方より此方へと疾走してくる様は、大気の摩擦に焼けた星の欠片が堕ちてくるようでもあり――
×堕ちてくる ○墜ちてくる
 アマツミカボシ=ルシファー説を採っているから「堕天使」と掛けているのかもしれない。

◇代わりの柱
「ゆーねぇ、オハシラサマを交換しよう」
「交代しよう」じゃ?

◇栄華の花と悠久の月
「月の兎はお餅つき。ちなにみ今宵は小望月」
×ちなにみ ○ちなみに

◇観月の民
「観月に生まれる子供はね、決まって満月前後の晩に生まれることになってるんだよ」
「生まれる」が重複。観月の子供はね、かな。

◇千年の記憶:長らの集い
心臓が氷つくような言葉だった。
△氷つく ○凍りつく

◇急転直下
つとめて事務的にわたしに継げて、
×継げて ○告げて

◇封じの綻び・急転直下
本体から別れた霊の分身。
△別れた ○分かれた か?

◇白花
わたしの背中を追いかける声を無視して、わたしは走った。
「わたし」の重複。最初の「わたし」を削る。

◇封じの綻び
あの男の子――わたしと同じ名前で、ケイくんだったっか。
×だったっか ○だったっけ

◇赤い鬼神
捻りの入った蹴りが、横合いから主の二の腕の筋肉の束の隙間部分へと飛ぶ。
「の」の連続に拘るわけじゃないけれど、四つも続くのはさすがにヤバイ。

◇道を阻むもの
この一撃でしとめたという自信があるのか、血振りのように一振りしてた太刀を鞘に収める。
×してた太刀を ○して太刀を

◇望
この部屋の中で時間を知る方法があるとすれば、それは食事の時間のときだけだった。
「食事の時間のとき」はちょっと…。 「時間」重複してるし。
間引かれていないだけ、食事や薬が与えられ、良いと思うべきなんだろうか――
「食事や薬が与えられているだけ、」だろ。
私には開けることができない、外側からかんぬきの掛けられた戸が開かれる
。が抜けている。
今、私がいなくなったところで焼け死んだものだと誰もがそう思うだろう。
なんか変。
今、私がいなくなったところで、逃げ遅れて焼け死んだのだと誰もが思うだろう。
結局、わたし程度の力では、一撃で済ませることはできなかった。
ノゾミちゃんの自称は「私」 。
いくら話をしても咳が出ないのもいい。本当にわたしは生まれ変わったのだ。
上に同じ。

◇影見
生け贄の血を手にしようとなさった主さまが、役行者と観月の民に封じられてしまった。
私が都で聞いた、贄の血を持つ竹林の長者の姫の話をしたばかりに、役行者と観月の民に封じられてしまった。

 くどい。
だけれど、蝶よ花よと愛でられて笑っているはずの妹が、こんな顔をしているのだろう。
×いるのだろう。 ○いるのだろうか。

◇二重箱の底で
「それにね、そんなこと言ってたら、ノゾミちゃんの存在自体が、いかげんだと思うんだ」
×いかげん ○いい加減

※以下、重箱の隅をつつくような話

◇吸血鬼
「ユメイさんのことについて、何か知ってるの?」
ちょっとくどい。「こと」もしくは「について」だけでいいんじゃ。

◇パンドラⅢ
そう、ユメイさんは、お父さんとお母さんたちのことを呼ぶときに――
「叔父さん、叔母さん、お願いします」

若干くどい。お父さんとお母さんを呼ぶときに、あるいは、お父さんとお母さんのことを呼ぶときに。

 他にも見つけたら情報提供お願いします。

アカイイト シナリオ解読・考察・FAQに戻る
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags: アカイイト 考察 

この記事のトラックバックURL

http://toppoi.blog54.fc2.com/tb.php/366-83354a34

コメントする

※規約
管理者にだけ表示を許可する

コメント

Template Designed by DW99