2008年01月26日

『少女セクト』きーちゃんこと諏訪部麒麟名言集

 おまけでシスター麒麟も。

「私はね、柴 思信様に服従している私が好きなの」
「ま 一種のナルシストね」

(ChapterⅦ)


「…何 きーちゃん」
「そんな顔しちゃって」
「うん」
「…なんかちょっと しあわせ」


「それにしても… 麒麟が柴ちゃんをねぇ…」
「何ですか?」
「私はあくまでも 思信様の召使いです」

(ExtraChapter)


「好きとか嫌いじゃない」
「思信は誰にも渡さない」

「私にどうしろって言うの?」

「思信のカラダに さわりたい」


「わかってる!
 あんたわかってるよ 思信!」


こんな事もあろうかと思って」


「…んじゃぁ 私の夢を聞かせてあげる」
「私はね 思信の召使いになりたいの」
「そしたら信思は 私に傅かれて
 お姫様みたいに暮らすの
 着替えもお風呂も みーんなわたしがやってあげる
 それで毎晩 裸で私を抱いて寝るの…!」
『今日はお口でしてさしあげます
 し・の・ぶ・さ・ま(はぁと)』

(Chapter VI)


メガネっ娘は
心でメガネを
かけてるから

メガネを外しても
メガネっ子なのよ!

(メガネトロニクス フォーエバー)


「…それは罪ではありません
 主は自らを愛するように自分を愛せと申されました
 自らを愛し認めることで
 他人をまた愛することが出来るのです」
「自分を愛せない人が他人を愛せますか?
 まずご自愛なさい
 そうすればきっとその誰かも応えてくれるでしょう
 信じて進みなさい アーメン」


「シスター柴 今日は看板よ」
「か‥‥看板?」
「酒の勢いとは言え女の子の貞操を弄んだ罪!
 主がお許しになってもこの私が許しません!」

(五十鈴のカウンター)


少女セクト (メガストアコミックス)
玄鉄絢
4877348824
少女セクト(2) (メガストアコミックス)
玄鉄絢
4877349790

名台詞・名言集メモに戻る
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags: 百合 

Template Designed by DW99