2008年08月01日

アオイシロ -花影抄- 麓川智之・片瀬優 レビュー・感想

 昔々のそのまた昔に『アカイイト 絆の記憶』を読んだときは「こんなんアカイイトじゃねぇ!」「何という希釈劣化ダイジェスト版……」「こんなんでネタバレしてしまった人はカワイソーだ」と原作厨の血が騒いだもんだ。単純に分量の問題もあるけど、あの世界はADVという媒体でしか表現しえないんだ。五本のルートがあって初めて”アカイイト”なんだ。別の媒体に移した瞬間、脆くも崩れ去るような危ういバランスの上に『アカイイト』の世界は存在している。
 「絆の記憶」と似たようなポジションにある「アオイシロ 花影抄」を読んだときは「あ~、こりゃアオイシロだわ。誰まごうことなきアオイシロ」としか思わなかった。アオイシロなんてこんなもんだよ。ぶっちゃけこの一本道の希釈劣化ダイジェスト版で十分なんじゃないか? がりがり削られていてもまったく心が痛まないあたり、いかにスカスカな内容の糞イベントばかりだったのかがわかる。片瀬優ののっぺりして躍動感と表情に乏しいハンコ絵も、描き込み不足で白っぽいコマも、糞冷めきったテキトーADV・アオイシロの空気をよく表しているよ。そういや本編の戦闘シーンもこんな感じだったよな。「ガッシ、ボカッ! バーローは死んだ」「夏姉さんが切られた。スイーツ(笑)」みたいな。

アオイシロ-花影抄 1 (CR COMICS)アオイシロ-花影抄 1 (CR COMICS)
(2008/01/07)
麓川 智之
商品詳細を見る
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

この記事のトラックバックURL

http://toppoi.blog54.fc2.com/tb.php/466-84c254a7

Template Designed by DW99