2008年08月02日

図説 Key病のメカニズム

 検索ワードが『リトルバスターズ!』一色に染まってしまった。エクスタシー祭りに便乗して鍵関連の記事を更新しよう。不思議病のメカニズムを視覚的にわかりやすく説明してみようという試み。絵心ゼロ+ペイント+マウスの結果がこれだよ!v(^o^)v。余計に意味不明になったかもしらん。
 以前書いた記事の補足的な話なのでまずこっちを読んでくれぃ。
死に至る病、不思議病
Keyゲー考察・解説 約束と絆と思い出と


 これが私の中でのKey世界のイメージである。空気もオゾン層も植物も建物の屋根もない、剥き出しの地表に人が立っているようなイメージだ。薄っぺらい世界観、情報のあまりの少なさが大気の薄さに例えられるかもしれない。

 一方われわれの世界にはさまざまな情報が溢れている。「私は今△△という高校の何年生である」とか、「私は今○○県××市$$町の□□というアパートの何号室に住んでいる」とか、「私の実家はどこで、両親の名前は何々で稼業は何をしている」とかそういったもの。


 この絶えず降り注いでいる紫色の光線は……自我の劣化? 年月の経過? モダン化? 都市化? 現代病? 人を精神的な死に至らしめるもの。Keyの箱庭世界では特に顕著なもの。多分に観念的なものだけど、ここでは単純に超強力な紫外線みたいなものとして扱う。

 こちらの世界では、上述した種々雑多な情報がわれわれの自我を守ってくれている。精神的な死の脅威を感じることはほとんどない。よっぽど感受性が強かったり、ロビンソンクルーソー状態だったらまた話は別だけど。

 自我を守ってくれるものなど何もない薄っぺらなKeyの世界は、オゾン層も大気も無く、紫外線が直に降り注いでいるようなものだ。死人がコロコロでるのもむべなるかな。

 鍵の過酷な箱庭世界で生き残る術はただ一つ、他者と絆を結び、自我を確立させることである。「私は○○の恋人である」「私は△△の友達である」「私は□□の娘である」といったアイデンティティを死にもの狂いで獲得しなければならない。形骸化した関係には自我の劣化を食い止める力はない。

 この青いバリアーのようなものが「自我」。他者を知覚し、他者に知覚され、他者との繋がりを求めることによって生まれるATフィールドみたいな力場。Keyの世界で彼ら彼女らを精神死から守ってくれる唯一のもの。「繰り返す日常の中にある変わらないもの」「いつまでもそこにある見慣れた風景」なんてのはへのつっぱりにもならないので注意されたし。誰とも繋がっていない人間、誰からも知覚されず、あるいは誰も知覚できない人間――例えば物語後半の折原浩平や沢渡真琴――は、かの狂気的な箱庭世界では生きていけないのだ。

 たとえわれわれの世界でも、完全に誰からも知覚されず、誰も知覚できない人間は、死んでいるのと同じことではないだろうか?

 さてようやく本題に入れる。鍵の歴代不思議病がなぜ死に直結するのかといえば、そのどれもが「他者との繋がり」を破壊するものだからである。自我とは「約束(未来における人との繋がり)」と「絆(現在の人との繋がり)」と「思い出(過去における人との繋がり)」であることは以前述べた。不思議病に記憶喪失は付きものだが、それは単なる病気の一症状ではなく、それが故に自我が弱まり精神的な死の脅威にさらされたのである。




 Keyの様式美の一つである「追体験」(EX神尾親子のプレゼント、理樹と鈴の対決)が不思議病治療に多少なりとも効果を上げるのは、過去における人との繋がりである「思い出」に訴えかけ、自我(このバリアーみたいなの)を回復させるからである。



*リトルバスターズ!考察・解説・レビュー等まとめ
*ONE~輝く季節へ~ *Kanon *AIR *CLANNAD

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags: 考察 Kanon 

この記事のトラックバックURL

http://toppoi.blog54.fc2.com/tb.php/467-dca6d93e

コメントする

※規約
管理者にだけ表示を許可する

コメント

Template Designed by DW99