2008年08月24日

映画を200本観た

 私は映画マスターを目指しているわけでもないし、映画関連の記事も今のところ書く予定はないんだけど、最低限のオタのたしなみとして観ておくべきなのは何本ぐらいだろうか? 300本? 500本?
 基本洋画で230本。記事を書き始めたころはカウントがちょうど200だったんだけど、抜けを捜していったらそれぐらいになった。200という数字はけっこう本腰入れないと到達できないと思う。TSUTAYAで2割、午後のロードショーやケーブルテレビで7割、映画館で1割くらいかな。これだけ見ても映像美とかカメラワークとか演技の巧拙とかよくわからんし、好きな監督とか役者さんとかさっぱりだから、あまり映画(そもそも芸術?)に向いていない人間なんじゃねぇかと思う。
 toppoiさんは中二病が完治していないので邦画はほとんど見ません。最後に観たのは「それでもボクはやってない」だっけか。アニメはジブリくらいしか観たことない。あとはビューティフルドリーマーとアドゥレセンス黙示録とエヴァくらいだなほんと。あ、小坊のときに観たドラゴンボールとかコナンとかの映画とか足すと250本いくかも。
 本格的に見始めたのは高三の冬あたりだった。ちょうど大学進学が決定して時間ができたころ。私にはどうやら根強いゆとり世代オタのコンプレックスがあるらしく、先人のオタに馬鹿にされたくなかったんで、せめて映画くらいはと思って見はじめたんだったな。しょうもない動機だ。

 わしの映画の好みは左にあるおすすめの通り。共通点は「シンプル」「無駄が少ない」「サブキャラの魅力」かな? あんまりギャルゲーの好みとかわらんな。メッセージ性とかどうでもいいところも一緒。
 んで全く合わなかったがミュージカル。「ウェストサイド物語」も「シェルブールの雨傘」も「サウンドオブミュージック」も「シカゴ」も「パリの恋人」も駄目だった。お前何歌ってんねん真面目に生きとるんかって感じでまったく乗れなかった。つくづくつまらない人間だなぁと思う。ロードオブザリングは原作のミュージカル要素ばっさり削ってくれて正直嬉しかった……(笑)。

*特に好きだった映画*

カサブランカ
あ~君の瞳に乾杯のあれね、くらいの軽い気持ちで見はじめたらクソ面白くてびっくりした。1940年の白黒映画がここまで面白いとは思わなかった。
カッコーの巣の上で
あの凄みは実写じゃなきゃ出せないだろう。ガチで鳥肌が立った。ぷつぷつ立ったまましばらく収まらなかった。衝撃だった。映画すげぇと思った。
ポセイドン・アドベンチャー
【ああ…】カジキマグロおばさん…。【追悼…】
大陸横断超特急
ポセイドン~もそうだけど、こういう「カ・テット」ムービーが大好きだ。
スター・ウォーズ
こいつはくせえッー! くさいがシリーズで一番面白かったぞ。TVの吹き替え版で何回も観たから字幕だといまだに違和感がある。

*その他いろいろ*

マルホランド・ドライブ
よくもまぁここまで作り込んだもんだ。解説サイトを見てAIR以来の衝撃を受けた。というか映画に匹敵するAIRが異常なのか。
ベニスに死す
おっさんが美少年を見つめる。ただひたすら見つめる。それで芸術になるんだから映画って凄い。
昼下がりの情事
『萌え』だ。あそこで少しもきゅんとこない奴はそうとうギャルゲー慣れしてると思う。
クレイマー、クレイマー
あそこで泣かない奴はそうとう泣きゲー慣れしてると思う。あれが演出というもんだ。百万言を費やすよりよっぽど利く。下の記事にも書いたが、私は心理描写(笑)という人間。
テルマ&ルイーズ
映画はプロットがきっちりした作品のほうが好みなんだけど、先行きの不安な行き当たりばったりなのも好きだ。
スタンド・バイ・ミー
てめーは原作厨を怒らせた。銃を取るのがゴーディなのはいいとして、ピーがピーするのはねえだろ! ふざけんな!
ショーシャンクの空に
てめーは原作厨を(ry
シャイニング
キングがキレたのもわからんでもないが、ただ画面を見ているだけで楽しいじゃん。トイレが特に好き。
ホテル・ニューハンプシャー
ジョディー・フォスター、バイセクシャル役やってたんだよね。いや、フラニーってバイセクシャルか?
未知との遭遇
糸井重里これ好きでしょ。
カリガリ博士
いったいいくつの作品がこのオチをパクッたんだろうか。「シャッターアイランド」とかまんますぎ…。

 何かおすすめの映画があったら教えてくださいな。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:

この記事のトラックバックURL

http://toppoi.blog54.fc2.com/tb.php/473-c7eaa361

Template Designed by DW99