2008年08月27日

どうにかなる日々(1)(2) 志村貴子 レビュー・感想

 どうでもいいけど私の脳内BGMは『Cross†Channel』の「Happy-go-lucky」だ。
 いつだかの記事で『カタハネ』で一番買っているのはパッケ絵だと書いた覚えがあるけど(というか、私はADVとしてのカタハネをそこまで評価していない)、「どうにかなる日々」は何よりタイトルが好きだ。すっとぼけているくせに妙に真実味のある内容をみごとに表していると思う。読んでると「あ~、真面目に悩んでいるのがアホらしくなってきたわ、人生どうにかなる!」って気分になってくるいい作品だと思う。
 私はまるまる一冊女人と女人の絡みのほうが断然好きな現金野郎だけど、初期のアーヴィングみたいに何でもアリのカオスなのや、『レンズのむこう』みたいに男女エロにひょっこり交じってる状態もなかなか好きだったりする。何だか知らんがニヤリとしてしまう。無い物ねだりの隣の芝生は青い精神で、やたらに神聖視している作品よりかは(「下手に男女とかより……(笑)」)、この「どうにかなる日々」みたいな、「男も女も異性愛者も同性愛者も両性愛者もみんなおバカ」な一冊のほうが読んでいて楽しいね。しょせん人間なんざ男も女も異性愛者も同性愛者も両性愛者もみんなおバカだと思うんだけどな~。この分野にはまだまだバカ度が足りないと思う。
 ひいき目はあるけど白眉はscene*9じゃないかな(scene*1や3も面白かったがなんか既視感がある)。読者の大半が志村貴子に弄ばれたことだろう。あれは最後のページが無くても、その前のページの、志乃のありがちでセンチな独白で終わっていても話が通じてしまうのがうまいところだ。もしあそこで終わっていたら一山いくらのテンプレ話と変わんないんだけどな。最後の一ページ(もっといえば、最後の二コマ)だけでガツンとやってくれたぜぃ。志村貴子はよくわかってるwわかってなきゃあの弄びはできまいw。
 
4872337255どうにかなる日々 (1)
志村 貴子
太田出版 2002-12

by G-Tools


 そういや志村貴子といえば、なぜか「Bullet bButlers」の初回限定版特典にコメント寄せていたけど、あれはどういう人選なんだ? ロミオや鋼屋ジンやタカヒロはわかるけど、なぜ志村貴子が? どういう繋がりなんだろ?
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags: 百合 感想 

この記事のトラックバックURL

http://toppoi.blog54.fc2.com/tb.php/475-4c89d6b6

Template Designed by DW99