2008年11月03日

Dirty Deeds Done Dirt Cheap 和訳歌詞 いともたやすく行われるえげつない行為(D4C)

オールディーズ 地獄の66曲レビュー 番外編

悪事と地獄 AC/DC
Dirty Deeds Done Dirt Cheap / AC/DC


Youtube:http://jp.youtube.com/watch?v=fvP0uwl3Q6A

『Dirty Deeds Done Dirt Cheap』
“いともたやすく行われるえげつない行為”

 同じ場所に隣の世界を同時に存在させられる それがスタンド能力
“いともたやすく行われるえげつない行為”『DDDCD(ディーフォーシー)』

                        ――ファニー・ヴァレンタイン大統領


 なぜオールディーズをひたすらマンセーするコーナーで、いきなりAC/CDを取り上げたのかというと。偶然スティーヴン・キングの『恐怖の四季(Different Seasons)』のペーパーバックが手に入ったんで、『リタ・ヘイワース』を原文で読んでるんだけれど、それでたまたまの献辞の直前にある引用(正式名称がわからない)が目に入ったんだよ。
(原文)
"I heard it through the grapevine."
                  ―Norman Whitfield

 ……あれ、これって「悲しいうわさ」じゃないか? ちょっとでも洋楽をかじってる奴なら誰でも知ってる曲だ。Norman Whitfieldは調べてみたらこの曲の作詞作曲者だった。はて、日本語版に悲しいうわさなんて引用されてたかしらん? と思い、新潮社版(『スタンド・バイ・ミー』)の該当箇所を読み返してみたら、
(新潮社版)
“裏の情報網からその話を聞いたよ”
                   ――ノーマン・ホイットフィールド

 となっていた。これはあんまりな訳じゃあないだろうか……。裏の情報網ってなぁ、ギャングものか何かか。邦題のまんまの“悲しいうわさ”ではいくら何でも素っ気なさすぎるけど、“悲しいうわさを聞いたんだ”みたいに、あーマーヴィン・ゲイのあれねって気付けるようにはしてほしいよ。そんな細かいこといちいち気にすんなってか。
……とかなんと言ってしまったが、『スタンド~』の初版は昭和62年(私が生まれた年)だし、インターネットも普及していなかった当時の翻訳環境を考えると仕方ないのだろう。偉そうなことを言って申し訳ありませんでした。
 もう二つの引用のうち、AC/DCのものも見比べてみた。
(新潮社版)
“金もろくすっぽ使わずに、汚いまねをしちまったぜ”
                            ――AC/DC

(原文)
"Dirty deeds done dirt cheap."
                 ―AC/DC

「悪事と地獄」のことだったのか。全然気付かなかった。
 こちらは自分で訳に挑戦してみることにした。しかし“dirty deeds done dirt cheap”だけをいつまでこねくり回してみても、さっぱり意味がわからない。直訳すると「安い報酬でされた汚い仕事」だろうか? だけどこれってdirtyとdirt、deedとcheapを踏んだ語呂遊びだし、文法とか時制とかいちいち考えてもしょうがないんじゃないか。埒があかないないので、歌詞の前後の流れから推測してみることにした。けっきょく一番と二番をまるまる日本語訳してしまったので、もったいないから最後までやりきって一本の記事にしちまえと思い、このカテゴリーにぶっ込んだ次第である。長い前置きおわり。

 AC/DCのお家芸、シンプルなAメロと、タイトルをひたする連呼するサビ(は~うぇいとぅへ! ほーらっるーじ! がーげらりず! へるずべーる! てぃーえぬてぃー!)という縦ノリで単純明快なロックだ。どこまでもシンプルなのはAC/DCの様式美だからいいとして、やっぱりこの頃の音はスカスカしてるなー。録音環境が劣悪なんだろうか。
 とりあえず一番を訳してみる。

 高校のボスに絡まれてるなら
 あんた、さぞかし憂鬱だろうな
 無事に卒業はしたいけど、野郎と寝たくはない?
 だったらやることは一つだ
 受話器を取りな、俺はいつも家にいるぜ
 いつでも電話してくんな
 番号は3-6-2-4-3-6だ
 俺にとっちゃあ荒事なんて息を吸うのと同じよ

※コーラス
(             )×4

 ここに入るだろうものを考える。
 私は「あんた、部屋探してるんだって? 1DKで月6万、駅から近くて南窓? 知らねぇな……エイブルに行ってみな!」みたいないんちきくさいCMをイメージした。勝手にリスナーのお悩み相談はじめるあれだ。だからここには「荒事なら何でもお任せ!」「ヤバい仕事お引き受けします!」「362436までお電話を!」「お安くしておきます!」みたいな、自分を売り込む言葉が入るんじゃないかと思った。
 もう一つヒントがあって、曲の終わり付近でDirty deeds, do anything you want me to, done dirt cheapというフレーズがある。Dirty deedsの補足だろう。
 というわけでDirty deeds done dirt cheapの訳は「どんな仕事でも安く請け負うぜ」に落ち着いた。dirty deedsは直訳すれば「汚れ仕事」「荒事」だけど、ボンは二番で、二股かけられてオイオイ泣いている女の子や、すっかりご無沙汰らしい有閑マダムに向けて「よかったら『お相手』してやるぜ」とのたまっている。女の子としっぽりあちあちするのを汚れ仕事とは言わないだろう。そのまま仕事にしておいた。
 high voltageだのTNTだの、ニヤリとする単語がちらほら見える。

高校のボス(high school head)に絡まれてるなら
あんた、さぞかし憂鬱(blues)だろうな
無事に卒業はしたいけど、野郎と寝たく(in his bed)はない?
だったらやる(do)ことは一つだ
受話器(phone)を取りな、俺はいつも家(home)にいるぜ
いつでも(anytime)電話してくんな
番号は3-6-2-4-3-6だ
荒事(crime)は俺の生活の一部よ

どんな仕事でも安く請け負うぜ(Dirty deeds done dirt cheap)
どんな仕事でも安く請け負うぜ
どんな仕事でも安く請け負うぜ
どんな仕事でも安く請け負うぜ
どいつもこいつも、二束三文でヤッてやるよ
どいつもこいつも、二束三文でヤッてやるよ

夜の生活に問題がある
フラレちまった(broken heart)
男がダチと二股かけやがった
そんな時、涙がこぼれ(teardrops start)ちまうよなぁ
受話器を取りな、俺は一人でいるぜ
ソーシャルコール(social call)でもいい
野郎のことなんて忘れちまいな
俺たちは俺たちで楽しもうぜ(have a ball)

どんな仕事でも安く請け負うぜ
どんな仕事でも安く請け負うぜ
どんな仕事でも安く請け負うぜ
どんな仕事でも安く請け負うぜ
どいつもこいつも、二束三文でヤッてやるよ
どいつもこいつも、二束三文でヤッてやるよ

スケを引っかけたけど、もう別れてほしい?
でもそれを切り出す根性(guts)がない?
そいつは朝から晩まで口うるさくて
頭がおかしく(nuts)なっちまいそうだぁ?
受話器を取りな、女を一人っきり(alone)にしろい
今こそ立ち向かう(stand)ときだ
心づけ(fee)を貰えりゃあ喜んでやるぜ(happy to be)
ヘイ、あんたの”便利屋”(back door man)になってやるよ

どんな仕事でも安く請け負うぜ
どんな仕事でも安く請け負うぜ
どんな仕事でも安く請け負うぜ
どんな仕事でも安く請け負うぜ
どいつもこいつも、二束三文でヤッてやるよ
どいつもこいつも、二束三文でヤッてやるよ
どいつもこいつも、二束三文でヤッてやるよ
どいつもこいつも、二束三文でヤッてやるよ

コンクリートの靴
青酸カリ
T.N.T
ネクタイ
《請負い》
高圧電流

どんな仕事でも、あんたの望むことなら、安く請け負うぜ
どんな仕事でも、二束三文で

日本語訳歌詞:toppoi

地獄の66曲リストに戻る


 おまけ。 I Heard It Through The Grapevine / Marvin Gaye
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

この記事のトラックバックURL

http://toppoi.blog54.fc2.com/tb.php/492-31900a9c

コメントする

※規約
管理者にだけ表示を許可する

コメント

Template Designed by DW99