2006年04月20日

ジョジョの奇妙な冒険第七部 スティール・ボール・ラン#13 緑色の小さな墓標

 もう何回書いたやもわからないけれど、荒木センセ、ウルジャン移籍以降、話が進むにつれてテンションが緩むどころかビンビンに張りつめているよ…。どうなってんだコリャ。気がつけばジョジョ以外には先の展開の気になるマンガのなくなっていた私は至福の至りである。盛り上げすぎで寸詰まりになるやも知れないなんてのは杞憂に終わりそうだ…。

 特にここ2~3ヶ月は名ゼリフ・名場面のオンパレード。己の身の危険を顧みず夫への愛を貫くルーシー、かっこよすぎるんですけど…(あのコマ、あれだけ恐怖で垂れ流していた汗が完全に止まっている!!)。何ともまぁ凛としていることか。4部以降、ジョジョでは魅力全開な女性がキーパーソンになっていたけれど(四部麗美、五部トリッシュ、6部は主人公であるジョリーン)、ルーシーも彼女らと比べて何の遜色もないほどイカしている!!こうしてまた一人、ジョジョの世界に名脇役が生まれたわけだ。

:以下箇条書きで補足:
 *ルーシー一人で果たしてブラックモアを撃退できるんだろうか!?ジャイロ組は間に合うんだろうか!?よもや、ディオが加わって三すくみの戦い!?さ、先が読めない…。
 *マウンテン・ティム、合掌…。その後の消息が気になって仕方がなかった一人としてはああいう形でも再登場&救済してくれたのは嬉しいところ。彼の散り際もまた名場面なんだな…。ホントすごいや。一羽に何個山場を作れば気が済むんだッ!!
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:

Template Designed by DW99