2009年08月05日

サマータイム・ブルース エディ・コクラン Summertime Blues

 オールディーズ 地獄の66曲レビュー 14/66

 サマータイム・ブルース エディ・コクラン
 Summertime Blues / Eddie Cochran

 ザ・フーはどんだけこの曲が好きなんだよ。
 カモン・エブリバディが”ロックンロール”のスタンダードナンバーだとすれば、サマータイム・ブルースは”ロック”の原型と言えるだろう。このノリノリとはほど遠いタイトでストイックなリフと、労働者階級の若者のフラストレーションを表した歌詞(国連云々でずっこけるが)はどうだい。ほとんどノリが『ロック・アラウンド・ザ・クロック』な『カモン』との間にあまりにも大きな隔たりがある。どちらがいいとか悪いとかではないが。ビートルズで言えばアイソーハースタンディングゼアとゲットバックくらい離れている。資料を調べてみると、驚くべきことにこの二曲のリリース間隔は半年も空いていない。その間にエディに何があったんだろうか。

※収録アルバム
『Memorial Album』を買おう。




ちょっくら愚痴らせてくれ
ちょっと叫ばせて(holler)くれ
俺は夏中働きどおしだった
こづかい(a dollar)を稼ぐためにだ

彼女に電話して
デート(date)に誘おうとすると
決まってボスがこう言うんだ
「駄目だ小僧、残業(work late)をしてもらう」

時々どうしたらいいのか(what I'm a gonna do)わからなくなる
どうにもならない夏のゆううつ(summertime blues)

お袋と親父は言った
「小僧、金(money)を稼いでこい
 次の日曜(sunday)に車を使いたいなら」

俺は働きにいかなかった
ボスには病気(sick)だと言った
「それじゃあ車は使えないな
 ちっとも(lick)働かなかったんだから」

二週間休んでやる
休み(vacation)を満喫してやる
俺の問題を国連(the united nation)に持ち込んでやる

議員のところに行くと
野郎はこう言った(He said, quote)
「助けてやりたいのは山々だが
 きみは投票(vote)するには若すぎるね」

時々どうしたらいいのかわからなくなる
どうにもならない夏のゆううつ

日本語訳歌詞:toppoi

地獄の66曲レビューに戻る
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:

この記事のトラックバックURL

http://toppoi.blog54.fc2.com/tb.php/539-16462c51

コメントする

※規約
管理者にだけ表示を許可する

コメント

Template Designed by DW99