2009年08月21日

ギャルゲー・エロゲーにおける名作の定義

 ……はまぁ人それぞれなわけだが。私は以下のような指標を総合的に判断して勝手に名作認定している。
 まず当然ながら、シナリオのクオリティは高ければ高いほど名作っぽい。捨てルートが少なければ少ないほど名作感が増す。瞬間最大風速よりも、プレイ時間に対してテンションが張っている割合が重視される。しかしながら、シナリオの水準よりも重んじられるのは、各シナリオもといヒロイン同士の絡み、いわゆる「横の繋がり」の強さである。この指標にやたらに拘るのは、私のギャルゲーにおける原体験が『痕』『アカイイト』だったからだろう。100本以上を消化した今でも、この二作品は私のADVにおける価値観の根底にある。年表作成型はADVの王道だと思うんだが、案外少ないんだよね。
 テキストの水準(ライターの筆力と表現力、語彙、セリフ回しの妙)も気にするほうだ。有名どころだと瀬戸口・ロミオ・虚淵あたりはずば抜けている。そこら辺でゴロまいている雑魚小説家が裸足で逃げ出すぞ。私が“ぜんそくライター”と呼んでいる(すぐ息切れするから)麓川やめておも、物語中盤までに限定すれば引き込む力がある。丸戸やだーまえはケレン味はないが毎回安心して読める。
 ロミオなら『家族計画』が一番名作だという気がする。ドラマツルギーの巧さで言えばこれが一番でしょ。『最果てのイマ』は用語辞典の躁的なノリなんかはロミオにしか書けないな~と思いつつも、序盤の『スタンド・バイ・ミー』チックなノスタルジックさと、Cクラスの能力者がどうたらこうたらいうあたりからのノリがあまりに解離していてコメントに困る。瀬戸口作品は基本一本道なので(『キラキラ』は違うのか? まだ積んでいる)、ギャルゲー=分岐するものという認識がある私にはどうにも評価しづらい。面白かったけれど。虚淵では『Phantom』『吸血殲鬼ヴェドゴニア』、丸戸では『パルフェ』『この青空に約束を』あたりは名作認定。Keyとだーまえについては後述する。
 ギャグゲーの評価は厳しい。私は海外小説で鍛え上げられているので、笑いに対する評価はぶっちゃけ辛辣である(キリッ)。まぁそもそもONE・鍵のフォロワー作品(それ散る、SNOW、秋桜その他)は、Keyの本質を何も理解していない時点でペケなんだが。
 そして個人的に大きく影響していると思うのが主人公側の善人度、好感が持てるかどうかだ。基本少年漫画脳の私は、やはり善人が悪党をぶっ倒す勧善懲悪が好きなんだろう。小説や映画ならピカレスクもノワールも好きなんだが。今読んでいるドナルド・E・ウェストレイクも楽しんでいるし。何のかんのでギャルゲーのプレイ中は登場人物に感情移入しているんだろうか。
 『あやかしびと』はニトロプラスの二番煎じ+少年漫画のいいとこ取り以上の何物でもないと思うが、仲間が気の良い連中ばかりなので心象は良い。『月陽炎』は芯になる伝奇ガジェットが無くて(例えばアカイイトなら贄の血)伝奇ゲーとしては印象が薄いが、上に同じ。『MinDeaD BlooD』もがっつり陵辱するゲームの割りには善人度が高いな。『月姫』は面白かったがあまり名作という感じはしない。あれだけヒロインが小悪党揃いのエロゲーもそう無いと思う。あまりにも登場人物が自己中で偏屈で社交性が無さすぎる。まぁエゴってのはTYPE-MOONが書き続けている(いた)テーマでもあるんだけど。
 逆に名作感が薄まる要因は「主人公マンセー」などがある。健速やるーすぼーいは主人公をヒロインサブキャラ総出でマンセーして神のごとく崇め奉るが、あそこまでいくと宗教じみていてうんざりする。話は変わるが、私はエロゲーの競技人口増加を阻む五大要素は先鋒「恋愛、萌え、エロ要素」次鋒「値段」中堅「プレイ時間」副将「テキスト性(活字を読めない子には辛い)」大将「主人公マンセー」じゃねぇかと思っている。これについてもそのうち書くか。
 音楽やCGの質はあまり頓着しないかな~。よければ良作感は増すけれど。エロは最初から全くもって評価不能。濃厚だからって減点はしないけれど。

 ところで、私が名作だな~と思う作品と、私の琴線に触れる作品は、それなりの割合で被ってはいるが完全には一致していない。名作認定する作品と「評価している」作品というのもまた別だ。バ鍵の末席を汚している私だが、Keyゲーのほとんどはおよそ名作というフレーズからほど遠いと思う。シナリオの平均点はぶっちゃけ高くないだろう。魁や城桐央大先生のシナリオは酷すぎて擁護する気にもならない。双子の入れ替わりをあんなに下らないことに使ったのは御大くらいだよ。横の繋がりについては語るまい。『AIR』限定版のパッケ絵はKeyのカラーをよく表していると思う。『CLANNAD-クラナド-』はむしろ異端なんだよね。
http://ekizo.mandarake.co.jp/shop/ja/item_s-166862.html
 逆に名作だと思う『パルフェ』『この青空に約束を』にはあまり思い入れが湧かないんだよなぁ。『フォセット』をやるのがおっくうなくらいだから。
 それじゃあてめぇは一体どういうADVが好きなのかってのは、ちくちく書き続けているKeyの総論記事に絡めて語ろうと思う。まぁアカイイトとKeyのワンツーフィニッシュって時点でわかる人にはわかるんだが。

参考記事
http://toppoi.blog54.fc2.com/blog-entry-457.html

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

この記事のトラックバックURL

http://toppoi.blog54.fc2.com/tb.php/542-a8f73b27

コメントする

※規約
管理者にだけ表示を許可する

コメント

Template Designed by DW99