2009年09月14日

アニメ咲-saki-の23話が驚くほど酷かった 感想・レビュー

 アニメが原作を追い越して、県予選決勝オーラスの結果を先取りするっつうんで追いかけていた。ものはついでと視聴を継続していたんだが、原作のストックが尽きてから坂道を転げ落ちるようにクオリティが落ちていったな。

377 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2009/09/14(月) 03:05:21 ID:YP8+D4Fj0
GONZOの改悪一覧

咲→和との約束を忘れ性懲りもなくプラマイ0する鳥頭、キチガイじみた主人公補正、人を馬鹿にした半笑い
キャプテン→尻軽ビッチ(部長と池田の二股)、牌がかわいそう(笑)、フリテンリーチ(笑)、フユキ並みの猛プッシュ
衣→咲の名前すら聞かない、麻雀は満足したから打たない(笑)、透華たちもどうでもいい
モモ→咲を逆恨みする陰湿な根暗化、ネット麻雀をかじった咲にすら通用しないステルス
透華→2chレベルのネタ扱い、池沼顔に池沼並みの闘牌、全国での脅威の和了率はどこいった



「カン! カン! もいっこカン! 麻雀って楽しいよね!」

 私は桃子の粘着体質と、キャプテンがしたり顔で牌を叩き付けるのと、咲のネット麻雀でSOA(そんなオカルトありえません)発動に唖然とした。個人的には黒歴史レベルだ。これが俗に言うGONZOるってやつなんだろうか。あの南なんとかいうオリキャラは何だったんだろうか。原作がこの展開をなぞるんなら六巻で切ろう。
 宮永さんの嶺上牌が何であるかを感知し、嶺上開花をつるべ打ちする能力は、衣の場を支配して海底撈月で上がる能力を相手にするという、極々限られた状況でのみ発動を許されるものであって、デジタル相手に「カン! カン! もいっこカン!」をやるのはただのレイプでしかないと思う。原村さんを打ち負かした一回限りでやめてほしかった。この漫画は中編でまとめるべきなんだよな。
 りつべたんの原作は絵の崩れが激しいのが気になるな~。輪郭に力が感じられない、それと等身が下がりすぎだ。アニメの仕事もそろそろ終わるだろうからきっちり本腰入れてほしい。
 しかしアニメって本当に久しぶりに見ているんだけど、一本見るだけで生活リズムがおっとろしく崩れるな~。実況、本スレ、ブログサーチという流れで時間がみるみる潰れる。それとエロゲーCGの塗りやクオリティに慣れていると、アニメの作画は辛いものがあるな~。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags: 百合 

この記事のトラックバックURL

http://toppoi.blog54.fc2.com/tb.php/548-a8ace23f

コメントする

※規約
管理者にだけ表示を許可する

コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

Template Designed by DW99