2009年11月12日

刑務所のリタ・ヘイワース スティーヴン・キング その4

 Rita Heyworth and Shawshank Redemption / Stephen King

-65-
 そのビールの休憩は二十分間つづき、その二十分間、おれたちは自由な人間の気分になれた。まるでビールを飲みながら、自分の家の屋根にタールを塗ってる気分だった。
 It lasted twenty minutes, that beer-break, and for those twenty minutes we felt like free man. We could have been drinking beer and tarring the roof of one of our own houses.

-66-
 アンディーは日陰にしゃがみこみ、膝のあいだで両手をぶらぶらさせながら、うっすらと微笑みをうかべておれたちをながめていた。やつのそんな姿をおぼえている人間がおおぜいいるのには驚くし、アンディー・デュフレーンがバイロン・ハドリーと対決したときの作業班に、どれだけの人間がいたかを考えると、よけいに驚く。おれの記憶だと、その場に居合わせたのは九人か十人のはずだが、一九五五年ごろになると、二百人か、ひょっとするとそれ以上の人間が、その場に居合わせたとしか考えられなくなっていた……もし、噂というものが信じられれば。
 He sat hunkered down in the shade, hands dangling between his knees, watching us and smiling a little. It's amazing how many men remember him that way, and amazing how many men were on that work-crew when Andy Dufresne faced down Byron Hadley. I thought there were nine or ten of us, but by 1955 there must have been two hundred of us, maybe more ... if you believed what you heard.

-72-
 たしかに、囚人の中にはいろんな特別待遇を受けるやつがいる。(略)これはそんな特権がもらえるように、シャバのだれかがそれだけの代金を払ってるんだ。そんな連中のことを、囚人たちは“天使”と呼んでる。急にだれかがナンバープレート工場で土曜の午前の作業を免除されたりすれば、その男の天使がどこか塀の外にいて、そうなるように現ナマをはずんだことがわかる。たいていの場合、天使は中どころの看守に袖の下を払い、その看守が職階組織の上と下にヨロクをばらまくしきたりだ。
 I know that there were some prisoners who received all sorts of special considerations - and there were people on the outside who were paying for them to have those privileges. Such people are known as 'angels' by the prisoners. All at once some fellow would be excused from working in the plate-shop on Saturday forenoons, and you'd know that fellow had an angel out there who'd coughed up a chuck of dough to make sure it happened.The way it usually works is that the angel will pay the bribe to some middle-level screw, and the screw will spread the grease both up and down the administrative ladder.
 レッドの事情通らしさが伝わってくるいい訳だと思う。

-76-
(ショーシャンクのインディアンはみんなそうだが、この男も酋長と呼ばれていた)
(like all Indians in The Shank, he was called Chief)
『グリーン・マイル』のコールド・マウンテンでも、ネイティブ・アメリカンの囚人が酋長(chief)と呼ばれてたっけな。元ネタは『カッコーの巣の上で』であってるんだろうか。

-78-
「自由。あの美しい女たちを見ていると、まるで自分が……もうすこしで……壁を抜けて、彼女たちのそばに立ってるような気がするんだ。自由の身になって。だから、ラクウェル・ウェルチがいちばん気に入ったんだと思うな。そのわけは彼女だけじゃない。彼女の立ってる浜辺がいいんだよ。あそこはメキシコかそのへんらしい。どこか静かで、自分の考えていることが聞こえてくるような場所だ。きみはポスターの写真を見て、そんな気分になったことはないか、レッド? まるでその中へ抜けていけそうな気分に?」
"Freedom. You look at those pretty women and you feel like you could almost ... not quite but almost ... step right through and be beside them. Be free. I guess that's why I always liked Raquel Welch the best. It wasn't just her; it was that beach she was standing on. Looked like she was down in Mexico somewhere. Someplace quiet, where a man would be able to hear himself think. Didn't you ever feel that way about a picture, Red? That you could almost step right through it?"


刑務所のリタ・ヘイワース その1
刑務所のリタ・ヘイワース その2
刑務所のリタ・ヘイワース その3
刑務所のリタ・ヘイワース その4
刑務所のリタ・ヘイワース その5
刑務所のリタ・ヘイワース その6
刑務所のリタ・ヘイワース その7
刑務所のリタ・ヘイワース その8
刑務所のリタ・ヘイワース その9
刑務所のリタ・ヘイワース 感想・レビュー
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

Template Designed by DW99