2010年01月26日

刑務所のリタ・ヘイワース スティーヴン・キング その5

 Rita Heyworth and Shawshank Redemption / Stephen King

-80-
 やつの奥方が作った壁の刺繍にはこうある──『主の裁きはくだる、いずれまもなく』こっちの文句は、おれたちにとってお笑いだった。こっちは裁きはすでにくだったのを知っている。岩もおれたちを隠せず、枯れ木もおれたちをかくまってくれないことを、いつでも証言できる。
 A sampler on the wall, made by his wife, read: HIS JUDGMENT COMETH AND THAT RIGHT EARLY. This latter sentiment cut zero ice with most of us. We felt that the judgment had already occurred, and we would be willing to testify with the best of them that the rock would not hide us nor the dead tree give us shelter.

-81-
 囚人の歯が抜けるのは、殴打が原因ではなくて、パンと水だけの食事が原因だった。やがてその懲罰は、囚人たちから断食療法の名で呼ばれるようになった。「おれはサミュエル・ノートンの断食療法で地下牢へこもってきたぜ」
 Men lost their teeth not from beatings but from bread and water diets. It began to be called grain and drain, as in "I'm on the Sam Norton grain and drain train, boys."
 断食療法=grain and drain.

-82-
 というわけで、新約聖書と三十年皆勤バッジの男、サミュエル・ノートンは、ショーシャンク刑務所長としての十六年の任期のあいだに、テーブルの下でおびただしい数の分厚い封筒を受け取った。もしも封筒が渡らないときは、入札でうんと高値をつけるか、まったく入札しないか、それとも、あいにく受刑者がほかの工事に出払っていると主張するかだ。
 So Sam Norton, he of the Testaments and the thirty-year church-pin, was passed a good many thick envelopes under the table during his fifteen-year tenure as Shawshank's warden. And when an envelope was passed, he would either overbid the project, not bid at all, or claim that all his Inside-Outers were committed elsewhere.
 前の文章や、映画での「入札ではあんたにかなわない。つぎの工事を取られたらおまんまの食い上げなんだ、これで考えてくれ」「……次の工事はきみに譲ろう、他の工事で手一杯だ」みたいなやりとりを考えるとおそらくこう。
 封筒が渡ると、入札で高値はつけず、あるいはまったく入札しないで、でなければあいにく受刑者がほかの工事に出払っていると主張するかした。


-82-
 どうしてノートンが、マサチューセッツのハイウェイのはずれにとまったサンダーバードのトランクから、後ろ手に縛られ、ひたいに六発の弾丸(たま)を撃ちこまれた姿で見つからなかったのか、あれだけはふしぎでならなかった。
 It has always been something of a wonder to me that Norton was never found in the trunk of a Thunderbird parked off a highway somewhere down in Massachusetts with his hands tied behind his back and half a dozen bullets in his head.
 これぞキングというようなゴテゴテの表現だったので引っ張っておく。

-86-
 この洗濯物仕上機(マングル)のことを、受刑者は肉刻み機(マングラー)と呼んでいるが、それはついうっかりしてそこに巻き込まれたがさいご、まさにそうなるからだ。
 The inmates call this device the mangler, because that's exactly what it will do to you if you aren't paying attention and get your bad self caught in it.
 今度は『人間圧搾機』かw

-89-
「あんな神経質なやつは見たことない」とトミーはおれに話した。「あんなやつが泥棒をやるなんてむちゃだよ、とりわけ銃を持たせちゃまずい。ほんのささいな物音でも、あいつは一メートルもとびあがるんだ……床におりたときには、おそらく銃を撃ちはじめてるな」
"I never seen such a high-strung guy," Tommy said. "A man like that should never want to be a burglar, specially not with a gun. The slightest little noise, he'd go three feet into the air ... and come down shooting, more likely than not."

-93-
 こういった連中は、いつの仕事でも、四十四カラットのホープ・ダイヤモンドに匹敵する収穫があったと人に思わせたがる。たとえ、くさい飯を食うことになったのが、二ドルのタイメックスの腕時計と九ドルを盗んだ罰だとしてもだ。
 Such fellows want you to think they got away with die equivalent of the Hope Diamond on every caper, even if they got caught with a two-dollar Timex and nine bucks on the one they're doing time for.

-94-
 チェスターは鉢植えに水をやり、床にワックスをかけるようにいわれていた。おれの推測では、その日、鉢植えはのどがカラカラだっただろうし、チェスターの垢だらけの耳が境のドアの鍵穴の上を磨いたのが、唯一のワックスがけだったろう。
 Chester was supposed to be watering the plants and dusting and waxing the floor. My guess is that the plants went thirsty that day and the only waxing that was done happened because of Chester's dirty ear polishing the keyhole plate of that connecting door.
 やっぱりこのおっさんうまいな。

-97-
「まあまあ、そのあたりでおまえはちょっとした選択的知覚にふけっているのかもしれんな」ノートンは含み笑いをした。選択的知覚というような言葉は、行刑や矯正関係の連中の必修科目で、やつらはシャカリキでそいつを使おうとする。
"Well now, you may be indulging in a little selective perception there." Norton said with a chuckle. Phrases like that, selective perception, are required learning for people in the penalogy and corrections business, and they use them all they can.

-99-
「懲罰房」ノートン刑務所長が冷たい声でいった。おそらく、三十年間皆勤バッジをいじりながらそういったのだろう。「パンと水だけだ」
"Solitary," Warden Norton said dryly. He was probably - gering his thirty-year pin as he said it "Bread and water."


刑務所のリタ・ヘイワース その1
刑務所のリタ・ヘイワース その2
刑務所のリタ・ヘイワース その3
刑務所のリタ・ヘイワース その4
刑務所のリタ・ヘイワース その5
刑務所のリタ・ヘイワース その6
刑務所のリタ・ヘイワース その7
刑務所のリタ・ヘイワース その8
刑務所のリタ・ヘイワース その9
刑務所のリタ・ヘイワース 感想・レビュー
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

Template Designed by DW99