2010年02月12日

イチゴの片想い ナンシー・シナトラ Tonight You Belong To Me

オールディーズ 地獄の66曲レビュー 16/66

イチゴの片思い ナンシー・シナトラ
Tonight You Belong To Me / Nancy Sinatra




 イントロの調子っぱずれなパーカーションとピアノからしてたまらない。そしてAメロ二回目、うぃあパアァアァア~♪ よあパアァアァア~♪ おぶまハアァアァ~♪の「アー(ά:r)」三連チャンがすばらしすぎる。

 歌詞を見てもイチゴのイの字も見つからないが、何の脈絡もなくこのフルーツ(笑)な邦題がつけらるたわけではないらしい。時系列的には、まず1958年にスペインでグロリア・ラッソの「Corazon De Melon」がヒットする。ちなみにこの曲は看板に偽りなしで、しっかりとサビでオーメロンメロン、メロンと連呼している。この曲はアメリカでローズマリー・クルーニーらに英詩でカバーされてまたヒットする。これが日本に持ち込まれて、1960年ごろに「メロンの気持ち」という邦題で森山加代子らにカバーされ、またまたヒットする。次に1962年のナンシー・シナトラのシングル「To Know Him Is To Love Him」が日本に輸入されるが、B面の「Like I Do」のほうが日本人好みの曲調なので、A面B面を逆にして発売される。その「Like I Do」に付けられた邦題が「レモンのキッス」だった。十中八九、流れに棹差したんじゃあないかな。この「レモンのキッス」も大当たりし、日本人にアメリカン・ポップスの日本語カバー=フルーツのイメージがにわかに定着したわけだ。そういうわけで、翌年のナンシーのシングルにも「イチゴの片思い」などという邦題が付けられたのだろう。後に発売された彼女のアルバムでも「レモンの想い出」「フルーツ・カラーのお月さま」「リンゴのためいき」とフルーツがてんこ盛りだ。……リンゴのためいきって何なんだ!?


わかっているわ、あなたの心は
新しいひとに移ってしまった
でも今夜、あなたはわたしのもの

でも、わたしたちは終わってしまった(apart)
あなたはわたしの心(heart)の一部(part)だったの
でも今夜、あなたはわたしのもの

小川(stream)のそばを下っていくと
とても甘美に思えてくる(seem)
もう一度、夢(dream)をみせてよ
月明かりの下で

いとしい人、わかってるの
あなたは夜明けとともに行ってしまう
でも今夜、あなたはわたしのもの



日本語訳歌詞:toppoi

地獄の66曲リストに戻る
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags: 和訳 lyrics 

この記事のトラックバックURL

http://toppoi.blog54.fc2.com/tb.php/587-e7db8bf6

コメントする

※規約
管理者にだけ表示を許可する

コメント

Template Designed by DW99