2010年02月16日

刑務所のリタ・ヘイワース スティーヴン・キング その6

Rita Heyworth and Shawshank Redemption / Stephen King

-101-
 陽気なむかしのメイン植民地。よいしょこらさ、おまけにラムが一本よ。
 Jolly old province of Maine. Yo-ho-ho and a bottle of rum.

-113-
「ここを出たら」とアンディがしばらくして口を切った。「わたしは年じゅう暖かい土地へいくよ」まるであと一、二ヶ月刑期が明けるような、おちついた、自信のこもった口調だった。「どこへいくか知ってるかい、レッド?」
「いいや」
「シワタネホ」やつは舌の上でその地名を音楽のように転がした。
"When I get out of here," Andy said finally, "I'm going where it's warm all the time." He spoke with such calm assurance you would have thought he had only a month or so left to serve. "You know where I'm goin', Red?"
"Nope."
"Zihuatanejo." he said, rolling the word softly from his tongue like music.
 シワタネホ(Zihuatanejo)は実在する。海がきれいだな~。
http://en.wikipedia.org/wiki/Zihuatanejo
Zihuatanejo 画像検索

-117-
 わたしは最善を願い、最悪を予想していた──ただそれだけだ。
 It was hoping for the best and expecting the worst ─ nothing but that.
 キングの母さん直伝の格言じゃないか。『死の舞踏』で読んだ。

-122-
 やつはすたすた歩き出した。まるで、いましがた自由人に取引を持ちかけた自由人のようにだ。それからしばらくは、それだけでおれは自由な気分になれた。アンディーにはそんな芸当ができたんだ。やつはおれたちがどっちも終身刑の囚人で、わからずやの仮釈放委員会と、詩篇マニアの刑務所長のなすがままということを、ほんのしばらくでも忘れさせてくれた。
 and he strolled off, as if he was a free man who had just made another free man a proposition. And for a while just that was enough to make me feel free. Andy could do that. He could make me forget for a time that we were both lifers, at the mercy of a hard-ass parole board and a psalm-singing warden who liked Andy
Dufresne right where he was.

-127-
 十四人の“凶悪犯罪者”の大部分は死ぬほどおびえきっていて、ハイウェイに飛び出した野ウサギがトラックのヘッドライトで釘づけにされたように、どっちへ逃げればいいかもわからない始末だった。
 those fourteen "hardened criminals", most of whom were scared to death and had no more idea of where they should go than a jackrabbit does when it's headlight-pinned to the highway with a big truck bearing down on it.
 この表現は少なくても三回以上は見たことがある。


刑務所のリタ・ヘイワース その1
刑務所のリタ・ヘイワース その2
刑務所のリタ・ヘイワース その3
刑務所のリタ・ヘイワース その4
刑務所のリタ・ヘイワース その5
刑務所のリタ・ヘイワース その6
刑務所のリタ・ヘイワース その7
刑務所のリタ・ヘイワース その8
刑務所のリタ・ヘイワース その9
刑務所のリタ・ヘイワース 感想・レビュー
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

Template Designed by DW99