2010年02月28日

東方Projectに関する勘違い カップリング編

 妖々夢のハードもクリアしたよ~q(^7^)q。

 私は新しい作品や文化に触れたときの第一印象や、頭に浮かんだ言葉をメモするようにしている。これをこねくり回すと記事に出来ることが経験上多いからだ。例えば『君が望む永遠』は韓国ドラマ、『車輪の国、向日葵の少女』は厨高生用の課長島耕作、Keyゲーなら聖書、といったところだ。Pixiv、ニコニコ周りなどを含めた東方プロジェクトという文化に触れたときには、腐女子という単語が頭に浮かんだ。
 私はおんなのこがいちゃいちゃしている絵をぼけら~っ、と眺めると悪くない気分にならないこともないことは否定できないので、Pixivのブックマークは百合タグのところにしているんだが、めーさくや勇パルのサムネは東方のことはよく知らないときにもたびたび目にした。
 東方の原作は『アカイイト』と被るところがあるという伝奇要素が気になったのが半分、ノベルゲームばかりやっていたので武闘派ゲームをやりたくなったのが半分でやってみたんだが、いざプレイしてみて驚いた。一次東方は限りなく淡泊だと聞いていたので、百合ん百合んなものははなから期待していなかったんだが、美鈴と咲夜には会話すら一切無かったのだ。そもそもホンさんは他のキャラクターに言及されることもなければEDにも一切出てこない。紅魔館に勤めている、という共通点以外にこの二人の繋がりは存在しない。パルスィと勇儀も似たようなものである。どうしてこれだけしか関係のない組みがこんなに人気なんだ? と疑問符が浮かぶのだった。
 東方プロジェクトのカップリングを勝手に分類するとこうなる。
①原作でも会話や絡みが多いコンビ
②性格、境遇などの属性から結びつけたコンビ
③なんだかよくわからないコンビ
 当時の私が理解できたのはせいぜいマリアリやゆかれいむなどの①までで*1、それ意外については「???」だった。東方好きには私には見えないものが見えているんだろうか? 特別な心眼が鍛えられているんだろうか? その時頭をよぎった単語が“腐女子”だった。
 うちの中学の図書室にはなぜか『ナルト』のBLアンソロジーコミックが一冊あった。おおかた放課後に車座になって何やらしている美術部の女子が忘れていったんだろう。男子の間に爆笑と共に回されて、その時に私も読んだんだが、なかなかインパクトが強かったのでいまだに内容を覚えている。カカシ先生とイルカ先生が濃厚ないちゃこらをしていた。なんでこの二人が絡んでいるのか意味不明だった。ナルトは熱心に読んでいるわけではないが、この二人ってそもそも会話しているところあったっけか? 東方という文化に触れたときに、あの時の意味不明さに近いものを感じたのだ。
 しかし人間不思議なもので、スキルがある人が作った力作をぼけらっ~と見ているうちに、②や③の組みもなんだか「フムゥ、これはひょっとするとありかもしらん……」と思ってしまうのである。
 まず、二次元のかわいい女の子というのはシンプルに強いものであり、その女の子同士がいちゃいちゃすれば横暴なまでの力が生まれることがなきにしもあらずだということは如何とも否定しがたい事実である。悲しいかな。
 そして、東方好きの多くは心眼で原作からカップリングを見出しているわけではないことに、遅まきながら思い至ったわけである。
 pixivやニコニコの東方タグを見ている人たちの間には、裏表のないめーりんにツン咲夜がデレる、というプロットが共通の認識として存在していると思う。めーさくは何だか頼りなさげな美鈴としっかり者の咲夜(舘を回しているのは原作の設定だっけ?)というおいしいコンビで、みんな大好き種族の違いネタもある。めーさくに限らず東方の人妖コンビには寿命ネタがお約束である。確か専用のタグまであったな。勇パルでも、竹を割ったような性格の勇儀に、疑心暗鬼とジェラシーの固まりのパルスィが絆されるという黄金パターンが思い浮かぶと思う。
 ある人がキャラクターの属性や背景から話を創り出す。これに魅力を感じた人が模倣し創作が続けられることで、界隈に情報が蓄積されていく。それが次第に共通の認識となり、事象として観測されたものがいわゆるカップリングというやつなのだろう。
 腐女子もそれと同じ理屈なんじゃないかな。それなりのスキルがある人がひょっとしたら、こうだったらというところから創作を始め、それに追従する人が出てくることで流れが生まれ、説得力のあるものに昇華されるのではないだろうか。上で挙げたカカシ先生とイルカ先生の件も、誰かがナルトの保護者という共通の属性あたりから話を発展させたんじゃあないかな。飲み中にナルトの親ばか話で盛り上がって……夫婦成立! というネームをたった今ひりだした。神掛けてこういう同人誌は1冊2冊ではきかない。彼女らが異次元の思考をしているように思えるのは、ひょっとすると単純に情報量に差があるからなのではないだろうか。
 いろいろと目から鱗が落ちたというお話でした。

*1ぶっちゃけ東方原作は人格障害のDQNばかりなので①の時点で無理があるけどね。
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags: 東方 

この記事のトラックバックURL

http://toppoi.blog54.fc2.com/tb.php/601-5fc051f6

コメントする

※規約
管理者にだけ表示を許可する

コメント

Template Designed by DW99