2010年02月28日

刑務所のリタ・ヘイワース スティーヴン・キング その8

『刑務所のリタ・ヘイワース』あるいは映画『ショーシャンクの空に』のネタバレ注意。

 3、4回に渡ってスティーヴン・キング関連の更新をする予定。
 Rita Heyworth and Shawshank Redemption / Stephen King

-147-
「これかね? 監房の壁をちょっと掘ってみただけさ。気にしなさんな」
"This? Just excavating a little hole in my cell wall. Not to worry, my good man."

-155-
 施設慣れした人間ってのがどんなものかは、前にできるだけ詳しく話したつもりだ。最初は狭い四方の壁にがまんできなかったのが、やがてそれと折り合いをつけるようになり、つぎにそれを受けいれるようになる……やがて、身体と頭と精神が、鉄道模型のような縮尺の世界に順応し、それが好きになる。いつ食事するか、いつ手紙を書けばいいか、いつタバコをすえばいいかも、むこうで教えてくれる。もしランドリーや、ナンバープレート工場で作業をしてれば、一時間事に五分ずつ、トイレへ行く時間がもらえる。三十五年のあいだに、おれの自由時間はいつも毎正時二十五分過ぎだったから、三十五年の刑務所暮らしのあとでは、小便やクソをしたくなるのは、その時刻だけになった。正時の二十五分過ぎ。もし、何かの理由で行けなかったときは、自然の欲求が三十分過ぎにぴたりとおさまり、つぎの二十五分過ぎになるとまたもどってくる。
 I've told you as well as I can how it is to be an institutional man. At first you can't stand those four walls, then you get so you can abide them, then you get so you accept them ... and then, as your body and your mind and your spirit adjust to life on an HO scale, you get to love them. You are told when to eat, when you can write letters, when you can smoke. If you're at work in the laundry or the plate-shop, you're assigned five minutes of each hour when you can go to the bathroom. For thirty-five years, my time was twenty-five minutes after the hour, and after thirty-five years, that's the only time I ever felt the need to take a piss or have a crap: twenty-five minutes past the hour. And if for some reason I couldn't go, the need would pass at thirty after, and come back at twentyfive past the next hour.
 施設慣れした人間のくだりは、スタインベックの『怒りの葡萄』からのいただきだったと思う。よりにもよって小便とクソで説明するのがキング先生というか。


-158-
 なんだ、お前は自分のことを書いてないじゃないか、と天井桟敷でだれかがいっているのが聞こえるぜ。お前はアンディー・デュフレーンのことを書いただけだ。お前は物語の脇役でしかないってな。しかし、わかるかい、そうじゃないんだ。これはぜんぶおれのことさ、一語一語がな。アンディーこそ、やつらがどうしても閉じこめられなかったおれの一部、ゲートがやっと開いて、 安物の背広と、ポケットに二十ドルのへそくりを持って出ていくときに、喜びに包まれるおれの一部だ。そのおれの一部は、ほかのおれがどんなに年とっていても、どんなにくじけて、おびえていても、喜びに包まれるだろう。アンディーはおれよりその部分をよけいに持ちあわせていて、それをうまく使っただけのことだと思う。
 Well, you weren't writing about yourself, I hear someone in the peanut-gallery saying. You were writing about Andy Dufresne. You're nothing but a minor character in your own story. But you know, that's just not so. It's all about me, every damned word of it. Andy was the part of me they could never lock up, the part of me that will rejoice when the gates finally open for me and I walk out in my cheap suit with my twenty dollars of mad-money in my pocket. That part of me will rejoice no matter how old and broken and scared the rest of me is. I guess it's just that Andy had more of that part than me, and used it better.

刑務所のリタ・ヘイワース その1
刑務所のリタ・ヘイワース その2
刑務所のリタ・ヘイワース その3
刑務所のリタ・ヘイワース その4
刑務所のリタ・ヘイワース その5
刑務所のリタ・ヘイワース その6
刑務所のリタ・ヘイワース その7
刑務所のリタ・ヘイワース その8
刑務所のリタ・ヘイワース その9
刑務所のリタ・ヘイワース 感想・レビュー
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

Template Designed by DW99