2012年04月14日

屋上の百合霊さん レビュー・感想・評価 駄百合ゲー、ときどき電波

屋上の百合霊さん

2012/04/14 言葉が足らないところがあったので、大幅に加筆修正した。初投稿時の2.5倍くらいになった。まだ書き足りないので、近いうちに新しく記事を立ち上げる。

 『屋上の百合霊さん』は、今では絶滅危惧種に近い「普通の」ガールズラブオンリーエロゲーだ。タイトルにあるとおり、主要登場人物に幽霊がいるものの、伝奇要素もSF要素もクトゥルフ要素も哲学要素も連続猟奇殺人も国家を転覆する権謀術数も無い。あくまで話の中心にあるのは、どうということもない女の子同士の恋愛話だ。作品全体の雰囲気は、各所で言われているとおり、百合漫画専門雑誌「百合姫」の掲載作品に近い。何組かのカップルの恋愛話が、オムニバス形式で語られる。狂言回し的な立ち位置にいるのは、学園内で女同士のカップルが成立することを願っている「百合霊さん」二人と、ひょんなことから彼女らを手伝うことになった主人公だ。
 のっけからぶっちゃけると、私はこの『百合霊さん』は、かなり悪い意味で「普通の」百合作品だと思った。「予定調和な」「月並みな」「平々凡々とした」「紋切り型の」「類型的な」と言い換えてもいい。

 「百合姫」の全掲載作品を楽しく読める人なら鑑賞してもいいかもしれない。
 「百合姫」を買っても『ゆるゆり』くらいしか読まない人にはかなりかったるい。
 そもそも「百合なんざ興味ねぇ」という人には鑑賞する価値が全く無い。


 この三行で、私が『屋上の百合霊さん』について語るべきことはほぼ終わってしまった。これだけ書いてレビューをぶん投げようかとも思っていた。この作品をADVの観点から評価すると、シナリオ、テキスト、キャラクター、演出、ゲームデザインと、どこを切っても特筆すべき点はない。至って普通の、尖ったところがない……というのはかなり恩情の込もった言い方で、全体的に質が低い。どの要素も過去の名作群とは比ぶべくもない。有名どころの作品を100本も200本も読破しているような人は、この作品をプレイしても得るものはこれっぽっちも無い。断言できる。また、私は『百合霊さん』を百合作品としてもさっぱり評価していない。私が心底がっかりしたのは、普通の恋愛話が中心の百合ゲーであるにも関わらず、女同士の恋愛に対するスタンスがそれこそ「百合姫」レベルの月並みさ、稚拙さだったことだ。既に体験版の時点で、思わず舌打ちしたくなるようなホモフォビアが散見されていたが、私は「この古くさい上にくどいノリ……。こいつは“フリ”に違いないな! 物語の後半でこれを否定するエピソードがあるんだろう」と淡い期待を抱いていた。嘘屋に期待した私が悪かった。否定するどころか、物語の後半で、登場人物のほとんどに恋愛関係が成立し、その上肉体関係まで持った後ですら、旧態依然とした倫理観を滔滔と語り出してくる。あるいは、ネビュラ星雲から受信した電波をナルシズム満載で披露してくる。あれにはほとほとげんなりさせられた。うんざりした台詞の具体例については、後で突っ込みを添えて列挙していこう。

なにが「Liarsoft 30th」だっつの
 システム周りが使いづらいのなんのって。体験版からいくらか改善されるものかと思ったが、そんなことはなかったぜ。私がやった中で最古のライアーゲーは『腐り姫』だが、その頃からろくに進化していないじゃあないか。老舗の会社が開発したUIとは思えないていたらくだよ。おのれら30作目でこんなものしか出来ないのか。まず、未だにバックログが一画面分しか表示されない仕様なのがどうかと思う。文章を読み返すにしても、ボイスを再生するにしても、バックログ専用画面が立ち上がって、何画面分もテキストが表示される方が圧倒的に使いやすいだろ。技術的にさして難しいことだとは思えない。また、ゲーム本編から予定帳、予定帳からロード画面にスムーズに移動できないのも面倒くさかった。アナザーストーリーを埋めているときにもの凄く不便に感じた。スタッフの誰か一人がさらっと通しプレイするだけで見つかりそうな不備だと思う。シナリオに語るべきことがないと、こういう細かいところでストレスを感じるね。

無駄に長えぇぇァッ!! 眠いぃェッ!!
 私は、退屈な作品でも短くまとまっていれば我慢できるし、全体としてみれば面白い作品のダレ場についてはそっと目を瞑れる。しかし、果てしなく退屈な上に長ったらしい作品にはどうにも我慢ならない。私は『百合霊さん』をプレイしている間に、春の陽気と花粉症薬の副作用もあいまって、軽く5、6回は寝落ちをしてしまった。ここまでプレイの体感時間を長く感じて、一体いつ終わるねんと憔悴させられた百合ゲーはちょっと記憶にない。学生時代と比べて体力の衰えを痛切に感じる。かったるい文章を根性で読み進める筋肉ががた落ちしている。
 『百合霊さん』は、しゃべっている割合の方が圧倒的に少ないパートボイス(体感で1対20くらい。エロシーン間際になると急にキャラがペラペラしゃべり始めるからビビる)、とても女学生の声には聞こえない、薹の立ったおばさんボイス(あるキャラが上級生につかみかかって叫ぶシーンがあるんだが、以前ニュースの特集で見た、福袋の奪い合いで取っ組み合いの喧嘩をするオバハンの怒号のようだった)、右耳から入って左耳から抜けるような、一瞬も頭に残らないBGM(全11曲!)と、突っ込みどころ満載でライアークオリティさく裂の作品だが、私はとりわけテキストの冗漫さが酷いと思った。締まりがないのに長ったらしいったらありゃしない。気取った表現がそれほど多くないことだけが救いだ。この作品は、お世辞にも濃密なシナリオだとは言いがたいのに、テキストの分量は一般的なエロゲーとさして変わらない。して、どんなもので水増しされているのかといえば、お寒いノリで愚にもつかないガールズトークと、キャラクターの心の裡を説明口調で書き連ねる「キャラクターの気持ち発表会」系のテキストと、設定ノートのテキストをそのままコピペしてきたような、生硬な「ノートの設定披露宴」系のテキストが大半を占めている。キャラクターの心情は、その人の言動や振る舞いでさりげなく表現するものであり、またキャラクターの性格や人格形成のルーツは、劇中の行動や過去のエピソードから自然に推察させるものであり、直截的にだらだらだらだら書いてしまうのはライターとして下の下である。
 他には、主人公&幽霊側の視点とカップル側の視点で、代わり映えがしないにもかかわらず、同じシーンを2回3回と繰り返し見せられるのはたまったものではなかった。読んでいて辛かった箇所の一例を挙げてみよう。前者が先に読むことになる主人公&幽霊視点での描写で、後者がほんの少し後に読まされる一年坊視点のそれだ。強調部は使い回されている箇所である。

※主人公&幽霊視点

 一瞬だけ、教室に入っていく一瞬だけ、見えた姿は、相原先輩を慕っている牧さんのものだった。
「ど、どうしたのかな?」
「わ、わかんない、けど……」
 私は慌てて、恵をくっつけたまま、牧さんが、入っていったドアに駆け寄って。
 教室の中をのぞき込んだ。その瞬間だった。
「きゃあ!」
「ふざけんなぁ!」
 すごい音。思いっきり、机が蹴り飛ばされた、音。
 蹴り飛ばしたのは牧さんで……。
「ま、牧さん……!?」
 信じられなかった。小柄な牧さんが、三年生の先輩が腰をかけている机を蹴り飛ばす光景なんて。
 そして、床に転がり落ちた先輩に馬乗りになって、胸ぐら、つかみあげているなんて。
「ひっ、やっ!」
「あんたらなぁ! 今、なんつった!? ああ!?」

 すごい、大声。怒鳴りつけているなんて。
「ひ……、ひぃ……」
「言ってみろ、もっかいいってみろぉ!」
「マゾ、だぁ!? マゾって言ったのか!? てめぇ、美紀さんのこと、マゾって言って笑ったのか!?」
「ちょ、な、なにこいつ!」
「黙ってろ!」

 うわ、すごい。かわいいって印象の牧さんが、とんでもない声でまわりを、私と恵をも、圧倒してる。
 止めようとした他の二人の三年生も、牧さんの声で、怯んだのがわかる。
「なんで、てめぇが……」
「美紀さんのこと、笑ってんだぁ!」

「や、やだ……。ちょっと……。誰か……!」
 呆然と、牧さんの姿を見つめてる私の横を、二人の三年生が走って廊下へと出て行く。
 ど、どうすればいいの、これ……。
「ちょ、ちょっと結奈……。これって、止めた方がいいんじゃないの……?」
「そ、そうだけど……」
 でも、怖い。正直、怖い。牧さんの声に圧されて、足が動かない。
「美紀さんに仕事、押しつけて、てめぇは楽して、そんでもって美紀さんのこと笑ってんのかぁ!」
「もっぺん言ってみろ! 美紀さんのこと、マゾだって言って笑ってみろ!」
「二度とそんなこと言えないようにしてやる!」

 うわ、ほんとに怖い。で、でも、止めないと……。
「っ……!」
 私は勇気を振り絞って、教室の中に入っていく。
 なるべく、牧さんの後ろから近づいて。だって、牧さんから見えるとこから近づいたら、怒鳴られそう。そうしたら、立ちすくんじゃう。
 牧さんに馬乗りされた三年生の人、うわ、ほんとに泣いてる……。
「ちょ、ちょっと牧さん!」
 なんとか、声を出す。考えてみれば、面識、無いんだけど。そんなこと言ってられない。
「もうやめて!」
 ダメだ、聞いてもらえない。ただ、三年生をにらみつけてる。大丈夫かな、あの襟、締まってないよね?
 どうしよう、どうしたら、牧さんを止められるだろう。そう考えてると。
 廊下から、こっちに走ってくる足音が。
「マズい! 先生!?」
「あ、ちがう!」
「あ……」
 教室に入ってきた人は。息を切らせて、入ってきたのは。廊下を走るなんてイメージできない人で、相原先輩で。
「ま、牧ちゃん……!」
 でも、相原先輩の声も、今の牧さんには届かないのかな……。牧さん、まだ止まらないみたい。
 ほんとに、どうしよう……。
「てめぇが美紀さんのことを……!」
 また、牧さんが三年生の胸ぐらをつかみ上げて引き起こしたところで。
「聖苗!」
 相原先輩の声が、響いた。その瞬間、牧さんの動きは、ピタリと、止まった。
 牧さんが、ゆっくりと振り返る。呆然とした、顔で。
「美紀さん……」
 美紀さん、まだ息が切れたままだけど、牧さんに声をかける。
「はぁ、はぁ……だ、ダメ、聖苗……」
「もう離してあげて。……ね?」
「乱暴なこと、しちゃ、ダメ。ね、聖苗」
「……はい……」

 やっと、牧さんが三年生の人を離してくれた。
「はぁ……」
 緊張で詰まっていた息が漏れる。
 立ち上がった牧さんは、ちょっとうなだれてて。
「どうして……、こんなこと、したの?」

(以下省略)


※一年坊の視点

「ふざけんなぁ!」
 机ごと、そいつが、三年生の一人が床に転がったところに、声を上げて、飛びかかる。
「ひっ、やっ!」
「あんたらなぁ! 今、なんつった!? ああ!?」

 馬乗りになって、そいつの胸ぐらをつかみあげる。
「ひ……、ひぃ……」
「言ってみろ、もっかいいってみろぉ!」

 つかみあげて、揺すり立てる。泣いてんじゃねぇ!
「マゾ、だぁ!? マゾって言ったのか!? てめぇ、美紀さんのこと、マゾって言って笑ったのか!?」
「ちょ、な、なにこいつ!」
「黙ってろ!」

 残った二人を怒鳴りつけてから、もっかい、わたしの下にいるヤツをにらみつける。
「なんで、てめぇが……」
「美紀さんのこと、笑ってんだぁ!」

 アタマきた。完全に、アタマきた。
 美紀さんに仕事、頼むのはいい。美紀さんが引き受けたんだから、それはいい。
 でも、なに? 楽できる? そして、なんだって? 美紀さんのこと、マゾだって!? そう言って、笑ってたの!?
「美紀さんに仕事、押しつけて、てめぇは楽して、そんでもって美紀さんのこと笑ってんのかぁ!」
「もっぺん言ってみろ! 美紀さんのこと、マゾだって言って笑ってみろ!」
「二度とそんなこと言えないようにしてやる!」

 胸ぐらつかんでいる三年生が、もう、マジ泣きしてる。だからどうした。
 泣くくらいだったら、最初っから、陰で人のこと笑うんじゃない!
「ちょ、ちょっと牧さん!」
 なんだよ、うるさい! 止めるな!
「もうやめて!」
 やめるか!
「あ……」
 土下座、させてやる! 美紀さんの前で、こいつ、土下座させてやる!
「ま、牧ちゃん……!」
 だって、こいつ、美紀さんのこと……! だって!
「てめぇが美紀さんのことを……!」
「聖苗!」

 え……。
 わたしの名前。呼んだ、その、声。
 振り返った。手はまだ、相手の服、つかんだままで。
 そこには。
 美紀さん……。
「はぁ、はぁ……だ、ダメ、聖苗……」
 ここまで、走ってきたのかな。息を切らせた、美紀さんが立ってた。
「もう離してあげて。……ね?」
 そう言われて、一気にわたしの手から、力が抜ける。
「乱暴なこと、しちゃ、ダメ。ね、聖苗」
「……はい……」

 わたしは立ち上がる。同時に、今まで組み伏せていた相手が、顔を強ばらせたまま、わたしの脚の間から這い出して、そして、立ち上がる。
 み、見られちゃった……。美紀さんに……。
「どうして……、こんなこと、したの?」


 一つしょうもないところに突っ込むが、
>なんとか、声を出す。考えてみれば、面識、無いんだけど。
>机ごと、そいつが、三年生の一人が床に転がったところに、声を上げて、飛びかかる。
>わたしの名前。呼んだ、その、声。
>振り返った。手はまだ、相手の服、つかんだままで。

 なぜ『百合霊さん』の登場人物は、こうもカタコトに区切りながらしゃべるんだ? 漫画の「気は優しくてウドの大木」キャラがこんなしゃべり方するよね。「おれ、お前、倒す。仲間の、カタキ、とる」みたいに。私は「ET、オウチ、デンワ」を思い出したよ。
>馬乗りになって、そいつの胸ぐらをつかみあげる。
 主人公視点の「床に転がり落ちた先輩に馬乗りになって、胸ぐら、つかみあげている」を言い換えただけ。
>残った二人を怒鳴りつけてから、もっかい、わたしの下にいるヤツをにらみつける。
 主人公視点の「すごい、大声。怒鳴りつけているなんて」「とんでもない声でまわりを、私と恵をも、圧倒してる」を言い換えただけ。
>アタマきた。完全に、アタマきた。
 アタマきてるのは、上級生にクンロク入れている時点で言われるまでもなくわかる。
>美紀さんに仕事、頼むのはいい。美紀さんが引き受けたんだから、それはいい。
>でも、なに? 楽できる? そして、なんだって? 美紀さんのこと、マゾだって!? そう言って、笑ってたの!?

 直後に「美紀さんに仕事、押しつけて、てめぇは楽して、そんでもって美紀さんのこと笑ってんのかぁ!」「もっぺん言ってみろ! 美紀さんのこと、マゾだって言って笑ってみろ!」と叫んでいるので、こう思っていることは言われるまでもなくわかっている。
>なんだよ、うるさい! 止めるな!
 主人公視点の「ダメだ、聞いてもらえない。ただ、三年生をにらみつけてる」を言い換えただけ。
>やめるか!
 略。
>え……。
>わたしの名前。呼んだ、その、声。
>振り返った。手はまだ、相手の服、つかんだままで。
>そこには。
>美紀さん……。

 主人公視点の「相原先輩の声が、響いた。その瞬間、牧さんの動きは、ピタリと、止まった」「牧さんが、ゆっくりと振り返る。呆然とした、顔で」という描写で、こいつの内面は言われるまでもなく想像が付く。
>ここまで、走ってきたのかな。息を切らせた、美紀さんが立ってた。
 主人公視点の描写と、直前の「はぁ、はぁ……だ、ダメ、聖苗……」で(略)。
>そう言われて、一気にわたしの手から、力が抜ける。
 主人公視点の「やっと、牧さんが三年生の人を離してくれた」を(略)。
>み、見られちゃった……。美紀さんに……。
 こいつが激昂しているところを聖女に見られて、ばつの悪い思いをしているのは、主人公視点の「立ち上がった牧さんは、ちょっとうなだれてて」という描写から読み取れる。

 さて、一年坊視点から、使い回しの台詞と、個人的に必要性ないと思う部分をばっさり切り捨てると――

「ふざけんなぁ!」
 机ごと、そいつが、三年生の一人が床に転がったところに、声を上げて、飛びかかる。
「ひっ、やっ!」
「あんたらなぁ! 今、なんつった!? ああ!?」

 馬乗りになって、そいつの胸ぐらをつかみあげる。
「ひ……、ひぃ……」
「言ってみろ、もっかいいってみろぉ!」

 つかみあげて、揺すり立てる。泣いてんじゃねぇ!
「マゾ、だぁ!? マゾって言ったのか!? てめぇ、美紀さんのこと、マゾって言って笑ったのか!?」
「ちょ、な、なにこいつ!」
「黙ってろ!」

 残った二人を怒鳴りつけてから、もっかい、わたしの下にいるヤツをにらみつける。
「なんで、てめぇが……」
「美紀さんのこと、笑ってんだぁ!」

 アタマきた。完全に、アタマきた。
 美紀さんに仕事、頼むのはいい。美紀さんが引き受けたんだから、それはいい。
 でも、なに? 楽できる? そして、なんだって? 美紀さんのこと、マゾだって!? そう言って、笑ってたの!?
「美紀さんに仕事、押しつけて、てめぇは楽して、そんでもって美紀さんのこと笑ってんのかぁ!」
「もっぺん言ってみろ! 美紀さんのこと、マゾだって言って笑ってみろ!」
「二度とそんなこと言えないようにしてやる!」

 胸ぐらつかんでいる三年生が、もう、マジ泣きしてる。だからどうした。
 泣くくらいだったら、最初っから、陰で人のこと笑うんじゃない!
「ちょ、ちょっと牧さん!」
 なんだよ、うるさい! 止めるな!
「もうやめて!」
 やめるか!
「あ……」

 土下座、させてやる! 美紀さんの前で、こいつ、土下座させてやる!
「ま、牧ちゃん……!」
 だって、こいつ、美紀さんのこと……! だって!
「てめぇが美紀さんのことを……!」
「聖苗!」

 え……。
 わたしの名前。呼んだ、その、声。
 振り返った。手はまだ、相手の服、つかんだままで。
 そこには。
 美紀さん……。
「はぁ、はぁ……だ、ダメ、聖苗……」
 ここまで、走ってきたのかな。息を切らせた、美紀さんが立ってた。
「もう離してあげて。……ね?」
 そう言われて、一気にわたしの手から、力が抜ける。
「乱暴なこと、しちゃ、ダメ。ね、聖苗」
「……はい……」

 わたしは立ち上がる。同時に、今まで組み伏せていた相手が、顔を強ばらせたまま、わたしの脚の間から這い出して、そして、立ち上がる。
 み、見られちゃった……。美紀さんに……。
「どうして……、こんなこと、したの?」


 ――こうなる。イラネ、イラネ。まるっとカットしてくれや。
 この例のように、『百合霊さん』には、あるシチュエーションが別視点で繰り返し語られることが多々ある。しかし、そのほとんどが、実況役が変わっているだけで、情報量は全くと言っていいほど増えていない。新しく語られる内容も、別視点の描写から、あるいは前後の文脈から、言われるまでもなく容易に推測できる程度のものだ。すこぶるかったるかった。何度スキップでぶっ飛ばしてやろうと思ったことか。この作品のゲームデザインが凡庸で芸がないと言ったのは、こういうことである。
 こういったお手軽別視点は、ぺぺっとソースコードをコピペして、ちょこちょこ文章を書き直すだけでカサを稼げるから、作り手側は楽でいいかもしれない。貴重なボイスパートを盛大に使い回して、しゃべっている割合を多く見せかけることもできるしね(笑)。しかし、こんな駄テキストを繰り返し読まされるこっちの身にもなってほしいもんだ。それに、キャラクターが激情を表す迫真(棒)のシーンも、間を置かずに二度も三度も繰り返されると茶番に見えてくるよね。『百合霊さん』は複数人視点、群像劇という形態をまるっきり活かしていない。カルピスウォーターを水で割るがごとく、元より薄いシナリオをさらに二倍三倍に希釈して、読者の心証を悪くしているだけだ。

げっちゅ屋のキャラ紹介文にでも書いてろ
 『百合霊さん』のサブキャラに、常に気怠げで眠い眠いと呟いている、『咲-Saki-』の人気キャラである小瀬川白望のデッドコピーのような奴がいるのだが、こいつのマンセーされっぷりが露骨かつ執拗で辟易した。

 ちょっと、いやかなり、三山さんの見方が変わった。
 いつも眠たそうにしていて、あまりまわりに気を遣わないタイプの人だと思ってたけど……。
 けっこう、鋭いところがあるんだな……。そして、友達のために何とかしてあげようって思ってるんだ……。


 ええ、そうだけど、学校に来てゆっくり眠れないってどうなのかしら。三山さんって、ほんとに眠りたがりって言うのかな。
 それでいて、人のこと、よく見て気付いているところがあるのも不思議なんだけど。おもしろい人。


「音七ってさ」
「うん」
 メールの文章、考えて、それからケータイに打ち込んで。それを繰り返しながら、沙紗と話を続ける。
「案外、鋭いとこ、あるよな」
「うん、そだね」
 音七、私と沙紗が付き合いだしたこと、ちゃんと知ってた。
 それどころか、沙紗が私を好きだってことまで気付いてた。いっつも眠そうな感じなのに、ちゃんと気付いてた。
「正直、あたし、音七にバレてると思わなかった。でも、ちょっと考えてみたら、けっこう、納得しちゃってさ」
「……そだね。確かにそうかも」
 前に一度、音七に小学校の時のアルバム、見せてもらったことがある。
 その写真の音七は、けっこうぱっちり目が開いてて、すごい頭がよさそうに見えた。でも、ちょっと気むずかしそうで。あまり、笑ってる写真もなかったような。
「きっと音七って、ほんとはすっごい鋭いんだよ。観察眼あるっていうのかな」


 いつも眠たそうにしているわりに、音七さんが他人のこと、鋭く観てることは知ってる。双野さんの気持ちに気付いていたみたいに。


 強調は引用者による。ブサイクな文章だなぁ。こんなテキストは設定ノートにでも書いて留めておくべきもので、人の目に見せるものではない。ライターがそういうキャラ付けをしたいのはわかるが、「観察眼がある」「鋭いところがある」「人のこと、よく見て気付いているところがある」なんてのは、劇中の行動や発言から、自然に読み手に思わせることであって、周りのキャラに何度も何度も言わせてマンセーしちゃうのは下品極まりない。露骨に書かずにいかに情報を伝えるかって、ライターの一番の腕の見せ所だろう。『百合霊さん』のテキストは職務怠慢のレベルだ。
 GEGEさんのおっしゃるとおり、業界全体に「読者は読解なんかしないから直接書け書け」という風潮があるんだろうけどねぇ。それにしたってこの「鋭い」フェスティバルはひどい。

「名作だぁ?」「へへっ、寝言言ってんじゃねぇよ」
 私が『百合霊さん』を駄作と言ってはばからないのは、百合ゲーというごくごく狭い枠に限定しても、この作品が足元にも及ばないほど面白い作品がいくつもあるからだ。「百合ゲー+群像劇」という縛りでも『素晴らしき日々~不連続存在~』『カタハネ』という分厚い双璧がそびえ立つ。さらに「百合ゲー+幽霊」という凄まじく狭い括りでも、フリーゲームの最高峰である『彼女と彼女と私の7日』が立ちはだかる。ライアークオリティでフルプライスを分捕っている『百合霊さん』はちと分が悪い(笑)。
 例えば『すばひび』だ。各ルートのクライマックスで繰り広げられる、屋上での間宮卓司と悠木皆守の対決は、視点が変わることによって(読者の作品に対する理解度によって)その意味合いが目まぐるしく変わっていった。最初の視点ではただの引っ込み思案にしか見えなかった人物や、ただの狂人にしか見えなかった人物が、別視点での描写によって一個の人間として存在感を増していった。どうだい? ああいった複数視点を利用した目の覚めるような演出が『百合霊さん』にあったかい? 例えば『アカイイト』だ。『アカ』のテキストはノベルゲームの最高到達点の一つだ。分量自体は少なめの部類なのに、何気ない一文やキャラクターの何気ない一言(使った慣用句や言い回しにさえ)に、尋常ではない情報量が込められていた。再読するときに「こんな含みがあったのか!」とハッとさせられっぱなしだった。どうだい? 『百合霊さん』のテキストにあれだけの密度があったかい? 例えば『アトラク=ナクア』だ。私はこの作品をそこまで買っていないが、業界でも珍しい、文語調で格調高いテキストは今でも異彩を放っている。どうだい? 『百合霊さん』のテキストに、質でも形態でもいいから何かウリになるようなことはあったかい? 『カタハネ』のような、CGから画面周りまで徹底的に洗練された美しさや、真摯で暖かいまなざしがあったかい? 『ととのか』のような、商業そこのけの総合的な品質や、クスッと笑えるフェティッシュなこだわりがあったかい? ぶっちゃけ『百合霊さん』が他の作品に誇れるものって何かあったかい? 登場するカップルの数と、男が絡まない()ことぐらいじゃあないの?
 こんなことを書くと「『アカイイト』や『アトラク=ナクア』は和風伝奇だし、『カタハネ』は中世ヨーロッパが舞台だし、『素晴らしき日々』だって超自然要素がある! 現代日本が舞台の『百合霊さん』の引き合いに出すのは卑怯だ! 面白さの基準が違うし、同性愛に対する倫理観も違うんだ!」と言う人が出てきそうだが、『百合霊さん』のゲームデザインの陳腐さ、シナリオの凡庸さ、テキストの薄さ、掛け合いのつまらなさ、価値観の古くささは、そんなこととは関係なく酷い。百合ゲーではないが、同じく普通の学園恋愛ものである『この青空に約束を―』のテキストはこんなに無駄だらけで、掛け合いはこんなにつまらなかったかい? 『Crescendo~永遠だと思っていたあの頃~』の登場人物はこんなに類型的で薄っぺらくて、アナザーシナリオはこんなクソどうでもいい余談レベルの内容だったかい?
 考えてみれば、斬新な設定があるでもなく、大事件が起きるわけでもなく、ドラマチックな展開があるでもなく、学生が勉強して部活して悩んで恋愛するレズゲーって今までほとんどなかったんだな。スキマ産業だ。それで登場人物が普通に思い悩んで、普通に成長して、普通に恋愛をしてくれるんならよかったんだけどね。私は体験版をプレイして、『百合霊さん』がそういった作品になってくれることを期待していた。ふたを開けてみたら、ヤマもオチも意味もなく、淡々と毒素をまき散らし、その上落としどころが「女同士、普通じゃない! でも愛し合ってる、ワタシたちの愛は絶対☆無敵!」というしょうもなさだったんだけどね。
 百合ゲーで、ADVの蒼々たる傑作群と比べても遜色ない作品はいくつも出ているが、この作品は「百合ゲーだから」とお目こぼしを受けないと評価できるレベルではない。その上、百合ゲーとしてもたいしたことがない。駄作以外にどう言えっちゅうんじゃ。

『屋上の百合霊さん』適性チェック!
 購入の参考になれば幸いだよ。本編から参考になりそうなテキストを抽出してきた。以下のテキストから受ける印象によって、この作品に向いているか向いていないか判定していこう!

「女の子が好きで、大好きで……。その想いを強く抱えたまま死んでしまったから、こうして幽霊になっているの」
「恵も、サチさんのことが大好きで幽霊になったのよ!」
「ありがとう、恵。私も恵のことが大好きよ」
「…………」
 え、なに、なにこの人たち。
「……えーと、あなたたちって、その……。
 ………………レズの人?」
「そういう、いやらしい言い方しないでほしいな。恵とサチさんはもっときれいな関係なんだから」


「よく言ってくれました! 百合とレズを一緒くたにしないでほしいですよね!」と思ったあなたなら楽しめるかもしれない。
「嫌な予感がする(I have a bad feeling about this)」と思ったあなたには絶対に向いていない。

「月代ちゃんってさぁ、その……、経験ずみなの?」
「え? なにが?」
「えっと、その、セックス」
「え、えええええ!?」
 あ、真っ赤になった、今日初めて、月代ちゃんの真っ赤な顔、見れた。
「な、なんでそんなこと聞くの!?」
「だ、だって……、すっごく慣れてるみたいなんだもん。さわり方とか、キスの仕方とか、それっぽいし」
「な、な、ないです! ありません!」
「……じゃ、処女?」
「……そ、そうよ……。悪い?」
「ううん、悪くない」
 なんか、すごいほっとする。独占欲なのかな、これって。うわ、独占欲ってこんなに幸せなもの!?


「なんだ初めてか、よかったよかった、男に走っていたのかと思った。男とか絶滅すればいいよな」と思ったあなたなら楽しめるかもしれない。
「やっぱり処女厨・独占厨と百合厨って根っこの部分は同じなんだろうなぁ」と思ったあなたには絶対に向いていない。

「恋人らしいってどういうことなんだろうね。私も、実はよくわからない。ずっと、恋愛ってわからないと思ってたから」


「わかんないの。その、私、誰かを好きになったこと、ないから。比奈のこと、その、恋愛の相手として好きなのかどうか、はっきりしないの」


「初々しい~! 恋愛がわからないってことは、男に(略)」と思ったあなたなら楽しめるかもしれない。
「やっぱり処女厨・独占厨と百合厨って(略)」と思ったあなたには絶対に向いていない。

「あたしたちのギョーカイでは、百合とレズの間には、深くて暗い川があったりするのです。もちろん、どっちもいけちゃう人もいますが」


「わかるわ~。相手を人間として好きになって、精神的な繋がりを大事にするのが百合で、最初から肉体が目当てなのがレズだ。一緒にすんなよな」と思ったあなたなら楽しめるかもしれない。
「くたばれ」と思ったあなたには絶対に向いていない。

「本当にすごくおいしいわ。恵はいいお嫁さんになれるわね」
「そんな……、お嫁さんだなんて。わたしには、サチさんがいれば……」
「ええ、わたしは幸せものね」
「……! は、はいっ!」
「結奈、き、聞いた? つまりね、今のはね、わたしがいいお嫁さんになって、サチさんに嫁ぐから、旦那様のサチさんは幸せっていう意味なのよ-」


「百合夫婦とか萌ゆる!」と思ったあなたには向いているかもしれない。
「お嫁さんと旦那様か。いくらン十年前の人間とはいえ、お仕着せのジェンダーロールに関係を当てはめて満足っすか」と思ったあなたには絶対に向いていない。

(めでたくカップル成立! その後いい雰囲気になって、キスをしつつ)

「ごめん。イヤだった?
 なにするか、わかんないかも、あたし」
 イヤって言ってくれたら、元に戻るから。そしたら、このまましばらく、適当に話してから、眠れるはずだから。なんにもしないですむんだからさ。


(めでたくカップル成立! その後いい雰囲気になって、ペッティングをしつつ)

「ん、ちゅ……。桐……、気持ち悪く、ないよね?」


「いい……コーフンする。やっぱり女の子同士のエッチには背徳感と禁断の香りがないとな」と思ったあなたなら楽しめるかもしれない。
「何だその前提、お前ら付き合ってんじゃないの? というか気持ち悪がられると思っていることをやんなよ」と思ったあなたには絶対に向いていない。

 すごい、前向きだな。うまくいかないことって考えないのかな。だって、相手は同性なのに。
「えっと、あの、さ」
「ん?」
「C組の有遊さんってことは、その、同じ学校なんだよね?」
「ん。そうだけど」
「あのさ、同じ女同士だってこと、わかってるの?」
「へ?」
 私の質問に、陽香はぽけんとした顔をして。しばらく黙っていて。
「あ、ああっ! そう言えばそうだな!」
 なんて……、今気付いたような声をあげて。
 いや、たぶん、ほんとに今気付いたんじゃないかな。そんな気がする。
「うわー、女同士じゃん。全然、気付かなかった!」
「はぁぁ……」
「まぁ、気付いてなかったのはいいとして……でも、今、気付いたでしょ? どうするの?」
「うーん……」
「でも、これってすごいロックな恋だよな!」
「そ、そうじゃないでしょ? 自分が変だと思わないの?」
「そうか? だって好きなものは好きなんだしさ。女同士だからって関係ないだろ?」

 

 なんとなくわかった。
 陽香にとって、有遊さんだけが好きになった特別な人で、他は関係ないんだ。女同士だとか、そういうことは。


「陽香にとっては、女同士って言うのは、あんまり気にならないことなのね」
「つか、ツッコまれるまで気にしなかったぜ」
 本当はツッコまれても気にしねぇけど。
「ロッカーは些細なことぁ気にしねーんだ!
 ビートは外したら怒り狂うけどさ」


「そうだよな! 真実の愛に性別なんて関係ない! 性別を超えた愛って綺麗だよな」と思ったあなたなら楽しめるかもしれない。
「いや、性別って重要やないの……?」「ロックロックってよ、テメェは洋楽覚えたての厨房かコラ」と思ったあなたには絶対に向いていない。

※注意※同性愛者の知人が何人も出来たあとの主人公の台詞である

「お、女同士なんだよ? もう今さら、それが変だとか思わないけど……。
 でも、まわりの人は、そう考えてくれないかも。お父さんやお母さん、比奈のおじさんやおばさんを困らせるかもしれない」
「比奈にだって……、私が恋人だってことで、迷惑かけるかも。比奈が、変な目で見られたら、どうしよう……」
「結奈、別に、同性愛とか百合とか、女の子同士とか、そういうのが嫌いってわけじゃないんだよね?」
「そう思っている。確かに、最初は変なことだと思った、恋愛って男女の間のものだと思っていたから。それが普通だと。
 でも、確かに普通じゃないかもしれないけど。誰かを好きという気持ちの行き先には、たとえその先が同性であっても、変じゃないと」


「ウンウン、やっぱり百合には、こういう葛藤や世間の偏見がないと駄目だよな。最近の百合作品は何の障害もなく恋愛しだすから困る」と思ったあなたなら楽しめるかもしれない。
「おい、てめぇが抱えてる偏見を、相手や周りの人間のせいにしてんじゃねぇスッタコ」と思ったあなたには絶対に向いていない。

 学生相手に、恋人だけは作っちゃうなんて……。しかも、同性、女の子。どういうことなのよ……。
 桐に告白されて、そのまんま、押し切られちゃった、感じ? だって、どんどん綺麗になってく桐が悪いんだもん。


 こんなに頭の悪い文章を書く奴が国語科の教師になれるのかな。

 だって……、私、先生で桐は学生なのよ? 同じ学校の先生と教え子なのよ? しかも、女同士なのよ? ほんとにこれでいいのかなって悩んじゃうわよ。
「……でも、好きなんだよ、私、月代ちゃんのこと」
「うん、知ってる。そういってくれたものね。大好きよ、桐」
「うん……」


 私は、先生なのに。桐は、学生なのに。そして、二人は女同士なのに。
「でも……」
 この関係は間違いなんかじゃない、勘違いでもない。
 つないでいる手は、確かなもの。
「大好きな、桐。大好きって言ってくれた、桐」
「あなたがいてくれるから」


「切ねぇ……障害のある恋愛は辛いね(T0T)でも、百合は障害が多いからこそ美しいんだよね^^」と思ったあなたなら楽しめるかもしれない。
「国語の教師が書いた割には酷ぇ出来のポエムだ」と思ったあなたには絶対に向いていない。

 これは、本当は許されないこと。教え子と恋仲になる教師、だなんて。それも、同性同士でなんだもの。
 私が教師であるのなら、これからもあり続けたいのなら、あの子の気持ちに応えるべきではなかったのかも。
 最初の告白を受けたときのように、教えて、諭して、言い聞かせて。そのまま、二度目の告白に応えるべきじゃなかった。あの子の未来を考えるなら。
(まあ、いいか)
 ふ、と、今度こぼれたのは、溜め息なんて憂鬱なものじゃない、軽やかな笑みで、自分でもおかしいくらい。
ええ、そう、そうよ。そんな笑みを漏らしてしまうくらい、私は浮かれている。
 道ならぬ恋、表にはできない恋。そんな言葉に非難されても、罪悪感は私の心を上すべりしていくばかり。危機感というのは、自分でもあきれてしまうくらい、薄い。
 あの子が私に寄せる想いに応えたかったの。そんなどこかで聞いたみたいな建前なんかよりも、何よりも私の方だったの。桐、あなたを好きになってたの。
 その想いのほうが、大人が、教師が、という立場よりも強かっただけのこと。
(なんとかなる、そういうものよ)


「愛は強し、だな! やっぱり女の子同士の恋愛は、許されないからこそ燃え上がるんだ!」と思ったあなたなら楽しめるかもしれない。
「電波、届いた?」と思ったあなたには絶対に向いていない。

 やっぱり、女教師の電波度が頭一つ飛び抜けているな。やること(校内セクロス)はしっかりやるくせに、よくもまぁこれほど稚拙で電波全開な持論を、脂下がった面で垂れ流せるもんだ。誘惑に負けて許されない(この女の弁)ことをやって、しれっと(まあ、いいか)(なんとかなる、そういうものよ)で流してんじゃあないよ。無責任にもほどがあるだろう。教師の風上にも置けない、唾棄すべきクソ野郎だよ。

ナノニーナノニーダケドー

「先輩、同性愛ってどう思いますか?」
「え、ええ!?」
「あああ、え、えっと、その、わ、わたし、わたしって!
 その、自分がそういう人だっていう自覚とかなくて、別にそう思ってるわけじゃないんですけど!」
「その、やっぱり先輩のこと、好きなんです。先輩、女の人なのに好きなんです! ほんとに!」
「だ、だから、先輩がそういうの嫌だったらやだなってその、でも先輩好きなのはほんとで、あれ、あれ?」


 こんなに牧ちゃんががんばれるのはやっぱり、わたしが好きだからだろうか。私の思い上がりかもしれない。でも、そうだからなんだろうか。
 同じ女の子同士なのに、それが変かもしれないとわかっていながら、でも、わたしに告白してくれた。それは、すごい勇気のいることだったにちがいない。


 初めて聖苗が好きって言ってくれた時は、わからなかったけれど……。
 今なら、わかるの。聖苗が、好き。女の子同士だけど、好きなの。あなたの気持ちに……。


 すごい、前向きだな。うまくいかないことって考えないのかな。だって、相手は同性なのに


 あたしは答える。うん、そう。友達としてじゃなくて、好きなんだ。いつも羽美が言ってくれる、友達としてじゃなくて。
「そ、そのさ……、それって、変じゃ、ない? わたしたち、女の子同士なのに、さ……」
「……うん、そうかも」
 そんなこと、わかってる。
「でも、あたし、羽美のこと、好きなんだ。
 あたし、変でもいいよ。でも、好きなんだ。ずっと、言いたかったんだ」


 比奈の想いを変だと思うことはもうない。今まで、女同士でも、あんなにひたむきに、まっすぐに、想いを相手に向けている人を見てきた。


「……でも、好きなんだよ、私、月代ちゃんのこと」
「うん、知ってる。そういってくれたものね。大好きよ、桐」
 私は、先生なのに。桐は、学生なのに。そして、二人は女同士なのに
「でも……」
 この関係は間違いなんかじゃない、勘違いでもない。
 つないでいる手は、確かなもの。
「大好きな、桐。大好きって言ってくれた、桐」
「あなたがいてくれるから」


 どんだけ好きなんだよ。強調は引用者による。
 この「なのに」「だけど」のつるべ打ち! 凄ェ! 最後の電波教師による三連撃が圧巻だ。悲劇のヒロインぶって、「トクベツ」な恋愛をしている自分たちに酔っていることがよくわかる。
 こんなカビくさい表現を平然と使いつづけている時点でライターの底が知れるよ。いくらリベラルぶって理解があるよう取り繕っていても、馬脚が見えてるっつの。Goo辞書先生で確かめたが、「なのに」「だけど」って前者(女同士)と後者(好き)が相反するとき、矛盾する時に使う言葉だよ? もし、当事者の視点で真摯に書こうと思っていたら、登場人物に延々こんなことを言わせるなんてことは出来ないはずだよ。誰だって、自分たちのアイデンティティを「なのに」「だけど」などとスティグマ扱いしたくないし、されたくないだろう。公表するかどうかはさておき、自分の性に胸を張って生きていきたいだろう。私は「確かに普通じゃないかもしれない、でも私たちは愛し合っている!」などというお高尚な思考は、しょせんは空想のキャラクターだからできるものだと思っている。一度きりの人生を歩む、血の通った人間の思考じゃあない。あくまで書き手にとって他人事に過ぎないから、こんな無茶苦茶なことを言わせられるんだよ。自分が「普通じゃない」扱いされる側に回ることを考えたこともない奴がひりだすクソたわ言だ。結局『百合霊さん』は、マジョリティ側の「こうだったら美しい! こうだったら萌える!」という都合のいい妄想――ユリトピア(爆笑)だったっけ?――の具現化にすぎないんだよ。フツーじゃない恋愛に憧れる、思春期真っ盛りなガキ向けのお花畑ファンタジーだ。『百合霊さん』の登場人物が総じて現実味が無く、思考が支離滅裂で浅薄極まりないのは、ユリトピア(笑)を維持するためだけに存在する“コマ”にすぎないからだろう。思考の一貫性なぞ望むべくもないし、端から求められてもいないわけである。あくまで台本通りの萌え台詞を正確にしゃべるのが仕事なのだから。
 私はこの作品のように、一見理解があるようで、その実無邪気に「普通じゃないもの」「背徳的なもの」「許されないもの」という価値観を刷り込んでいる作品は、露骨に偏見を示している作品よりタチが悪いと思っている。

よかった探し
 上述したように、この作品には思考回路が理解不能な人間がちらほらいるが、人間味を感じる登場人物も何人かいた。私が最も考え方に共感が持てたのは、陸上部の部長と副部長のペアだ。この二人は将来を約束しあっていて、卒業後は一緒の大学に進学し、ルームシェアをする計画を立てている。学生のうちからちゃんと将来を見据えている。えらいっ。「同性同士の恋は一過性のもの」「儚いからこそ美しい」という風潮がある中で(前者は、この作品中で電波教師が力説していた)、こういう地に足の付いたカップルを描いているのは賞賛できる。それとこの二人は、肉体関係についてあっけらからんとしていているのもいいね。他の「気持ち悪く、ないよね……」だの「嫌だったら言ってね……」だのうだうだ言い出す連中に比べてずっとクールだ。あえて突っ込むなら、副部長のこんな台詞かね。

 女の子同士なのにとか、そういうことはあまり深刻に考えなかった。
 ちょっとは悩んだけど、それ以上に茉莉が好きなんだという気持ちに気付かされたのが大きかった。
 あるいは……、そのうち、二人とも普通の恋愛へと目が覚めるかもしれない。そう考えていたのかも。友達の延長くらいに考えていたのかも。
 こんなに長い付き合いになるなんて、想像していなかったのかも。


 茉莉のご両親はけっこう寛容な方たちだったけど、うちはちがう。お父さんもお母さんも、私をちゃんと愛してくれているけど、躾とかそういうのは厳しい。
 茉莉が私の恋人だと知ったら、どんな反応するだろう。きっと、反対する。それが当たり前。常識的な人たちだから。ちゃんとした意味で。


 躾が厳しく、常識的なことと、セクマイに正しい理解があるかどうかは全く別物だと思うよ。ご両親があんたを愛しているなら、いつの日か(自分らで言っていたように、生活基盤を固めてからでも)カムアウトするのも選択の一つだと思う。常識人で、本当にあんたのことを愛してくれているなら、受け入れてくれるよ。最後の「ちゃんとした意味で」はどこに掛かっているのかよくわからない。
 あとは……、あとは、んんんっと、ED曲はまずまず悪くなかった。Ritaのソウルフルなボイスは宝だね。
 ADVとして優れているところは、どう頭を捻っても思いつかない。

悲しいかな、アウトプットのトンチキさが際立っている
 『百合霊さん』のストーリーにおいて、最終的に七組ものハッピーな同性カップルが成立することになる(数え間違えていたら申し訳ない)。カップルの組み合わせも(学園の構成員という括りはあるものの)教師と教え子、先輩と後輩、仲良し三人組からの派生など多種多様だ。全ての組がお互いを大切に思っているのも好感が持てる。とても素晴らしい。うん、いいこった。剛直棒至上主義のアダルトゲーム業界で、これだけ女同士のカップルが登場する作品を発表したチャレンジ精神は買われてしかるべきだろう。しかし、結局、何組ものカップルの仲を取り持った主人公に「同性同士の恋愛はやっぱり普通じゃない。でも、お互いが好きあっていればOK」という玉虫色のロジックしか言わせることができないのが、ライアーソフト並びに睦月たたらなるライターの限界なんだろう。お里が知れる。……何だか不安になってきたんだが、「なぜそこから『同性同士って案外ありふれているのね』という結論が出てこないんだ」と思ったのは私だけじゃあないよね?

 新しい百合ゲーが世に出ることは、いち百合ゲーマーとしてもちろん嬉しいことだ。だが、私は『屋上の百合霊さん』程度の凡作で満足できるほど痩せた考えは持っちゃあいないし、つまらない上に随所で有害な電波を発してくる作品を人に薦めようたぁ思わない。このレベルの作品が量産されてもちっとも嬉しくない。

 思えば、全盛期のめてお在籍時代から通して、嘘屋の作品を鑑賞して「よかった!」と思ったことが一回もねぇや。

「たった7組」か? 「7組もいる」のか? マジョリティ目線の妄想ユリトピア(笑)『屋上の百合霊さん』
※コメントありがとうございます
「たった7組」説から弱者憑依まで - どうしても同性愛を「普通じゃない」ことにしたい百合オタさんたちのロジックが変すぎる - みやきち日記


B006O4VM76屋上の百合霊さん
Liar-Soft 2012-03-30

by G-Tools
 私の嫌いな百合作品にはデフォルメ絵が気持ち悪いものが多い。

 8拍手ありがとうございました。
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

この記事のトラックバックURL

http://toppoi.blog54.fc2.com/tb.php/679-22a68556

コメントする

※規約
管理者にだけ表示を許可する

コメント

>そもそも最初から楽しむ気がない人間のレビューほどアンフェアなものはない。レビューともいえないただのアンチ。
 そうなんですか、すごいですね。
>それも多視点での見せ方の一つとして納得はできるものなんだが、ここでは一方的になじってるだけ。
 さようでございますか。
>その同意できる一点以外はどれも言いがかりレベルの難癖だ。この人のレビューは本当に一方的で偏っているから、これを参考にはしてほしくないね。
 ご期待に添えず誠に申し訳御座いません。
>『素晴らしき日々~不連続存在~』は断じて百合ゲーではない。
 あなたがそう思うなら、そうなんじゃあないですか?

そもそも最初から楽しむ気がない人間のレビューほどアンフェアなものはない。レビューともいえないただのアンチ。
言いたいことは山ほどあったが、コメントへの対応を見るに本当にただの釣りなんだろうからほぼ省略。
同意できるところは「視点を替えての繰り返しが多くて無駄に長い」という点くらいか。
それも多視点での見せ方の一つとして納得はできるものなんだが、ここでは一方的になじってるだけ。
その同意できる一点以外はどれも言いがかりレベルの難癖だ。この人のレビューは本当に一方的で偏っているから、これを参考にはしてほしくないね。

それに加えて、これだけは言わせてほしい。『素晴らしき日々~不連続存在~』は断じて百合ゲーではない。

Re: 91.net059085134.t-com.ne.jpさん
> もうまともなコメントもできなくなっちゃったんですね
 ご期待に沿えず誠に申し訳御座いません。

もうまともなコメントもできなくなっちゃったんですね
せっかくあなたのレビューを肯定した人達もいたのに最後にあなた自身が発狂した患者みたいになっちゃったので色々台無し

Re: keiさん
>でもそれを除けば同性愛について当事者の精神的な悩みや葛藤をもの凄く良く描いてるなぁ、と感じたし。
 そうなんですか、すごいですね。
>絵と曲の雰囲気もそれを邪魔しないよう作られてて、ほかの百合作品にはないこだわりを感じた良作だと自分は思いました。
 そうなんですか、すごいですね。
>冒頭であなたもあげられてるように、”百合のどこが、どういうとこが、どれくらい好きか”によってこの作品が良いと感じるか変わってくるのでしょう。
 そうなんですか、すごいですね。
>あなたがこの作品と対比している作品を観て、そこまで百合が好きではないのかな、と思いました。
 そうなんですか、すごいですね。
>つまらないと感じたのはその為でしょう。
 そうなんですか、すごいですね。

たしかに別キャラ視点でまったく同じ展開を読まないといけないのは苦痛に感じたなぁ。
でもそれを除けば同性愛について当事者の精神的な悩みや葛藤をもの凄く良く描いてるなぁ、と感じたし。
絵と曲の雰囲気もそれを邪魔しないよう作られてて、ほかの百合作品にはないこだわりを感じた良作だと自分は思いました。

冒頭であなたもあげられてるように、”百合のどこが、どういうとこが、どれくらい好きか”によってこの作品が良いと感じるか変わってくるのでしょう。
あなたがこの作品と対比している作品を観て、そこまで百合が好きではないのかな、と思いました。
つまらないと感じたのはその為でしょう。

このゲームをプレイしている時は絵やストーリー・BGMが柔らかく楽しく、スケジュール帳でストーリー選択できるのが世界観とマッチしていたり、UIもコンパクトでプレイしやすかったです。

しかしレビュー主さんの仰る通り会話のバックログに関しては一画面しか表示されず不便を感じる所があったり、別キャラクターで同じ時系列を辿ると同じ会話が延々と続き少々面倒に感じました。

また、作品のテーマとしては「幽霊」「百合」「オムニバス」と比較的触り心地が良いですが設定や作者がやりたいことだけが大きくなったせいか作品を通して伝えたい事やゲームのコンセプトが弱くなっている風に感じました。(まぁ会話型ADVにおけるダイナミクスがあったら斬新過ぎか)

他にも、ゲームはごく普通の会話型のADVで特に新しいダイナミクスやメカニクスは見られませんでした。

ストーリーの内容はまぁ人それぞれなのであまり深くは言えませんが緩くてほんわかしている作品が好きならアリかと思いました、ただ「レズ」と言うキーワードに対して差別的な所や、ソレに対して自分たちがどう違うのか(または同じなのか)が明確になっていないのが残念でした。

私が感じた事と違う感じ方をしているのでとても勉強になりました、感情的なレビューで感じた事がガンガン伝わってくるレビューなのでとても好きです。

Re: 名無しさん
 実際に読んでもらえれば、擁護する箇所のないゴミ作品だというのが分かってもらえると思います。時代錯誤の価値観は置いておいても、低品質です。
 いや、人によくコメント管理大変じゃないかって言われるんですけど、この記事に付いているような、プログレッシブなコメントを読むのはけっこう楽しいんですよね。どんな思考回路をしているのか興味深くなってくるんですよ。吐き捨てコメントを削除する分には一瞬ですしね。

このゲームが近々Steamというプラットフォームを通して海外向けに発売されるのを知ってから
ちょくちょく作品内容について調べていたんですけど面白いレビューを読ませて頂き感謝しております
私個人は百合作品もエロゲーもかじった程度ですし
現状まだ百合霊さんをプレイしてもいないので深く追求はできませんが
それでもこのレビューと寒いコメント欄だけでヤバそうなスメルは感じとれるほど察しがつきます
この作品が英訳されると思うと恐ろしいやら笑えるやらで今からゾクゾクが止まりません
(女の子がkawaiiだけの凡庸なゲームとしてスルーされる気もするけど)

LGBTだけでもレイシストの多い日本では扱いが難しいジャンルなんでしょうけど
ライアーの信者が多いこともそれに拍車をかけてるんでしょうね
頭の悪いコメント欄が目に余りますが弁明、コメント管理お疲れ様です

Re:KD027087182091.ppp-bb.dion.ne.jpさん
> しね
いやです。

しね

Re: Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.4.2; ja-jp; SO-03F Build/17.1.1.B.3.195) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30さ
> 間違いなく言えるのは百合霊の文章より
> あなたの文のがよっぽど読みづらいってこと。
 ご期待に添えず誠に申し訳ございません。

最初の数行読んで苦痛の文章。
よくこんな拙い文で長文レビュー書けるな。

間違いなく言えるのは百合霊の文章より
あなたの文のがよっぽど読みづらいってこと。

批評は自由だけど
稚拙な文でノベル批評は恥ずかしいぞ?

Re: 名無しさん
おっしゃる通り、性別を越える恋はロック! とかいうロッカーさんもあれなら
主人公の百合作品のテンプレをカンペ読みしているかのような発言もあれでしたね。

ロッカーの件は、人に向かって出し抜けに
「同じ女同士だってこと、わかってるの?」だの
「自分が変だと思わないの?」だの聞く主人公?がDQNだと思いました

Re:
参考になったならよかったです。

考え方は凄く納得できるし、ただ叩いてるだけじゃないのもわかる。
口が悪い事を除けば素晴らしいレビューだな。

Re:KD182249241014.au-net.ne.jpさん
> 少し気分の悪い文章ですね。せめて検索除けとかしてほしい…。
死んでも嫌ですね。

少し気分の悪い文章ですね。せめて検索除けとかしてほしい…。
批評ですから悪評でもいいとは思いますけど、行き過ぎでは?
下記の荒らしみたいなのもわきますよ。

感心しました。
私は嫌いな作品
特にゲームに多いですが、つまらないと感じると投げてしまいます。
それをここまで事細かに批判することができるのはすげぇの一言です

死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね

批評家気取りですかそうですかwwwwwwwwwwwwwwww死ね

お前の人生無価値すぎるんだよなぁ・・・

いい加減死ねって

脳味噌がチンフェ並wwwwwwwwwwwwwwww

ち~ん(笑)

今すぐ死ね消えろ

首つって死ね

殺すぞムカつくんじゃ

死ねクズ

死ねゴミ

死んでくれマジで

死ねカス

死ねよ

死ね

Re: KD113151193013.ppp-bb.dion.ne.jpさん
> お前しねよクズ アオイシロの方がカスだったろ 脳味噌くさってんな
 嫌です♪

お前しねよクズ アオイシロの方がカスだったろ 脳味噌くさってんな

Re: 最近プレイして
 あさん、こんにちは。

> あんたらレズビアンなの?みたいな主人公のセリフに、
> 「そんなんじゃない!私たちはもっと清い関係よ!」みたいな受け答えするキャラ出てきた瞬間に投げたわこれ
 そこでぶん投げても問題ないレベルの作品ですよ。その台詞が撤回されることもないです。なんでもレズビアンとは違うキレイな「ユリトピア(笑)」の住人のお話らしいです。

最近プレイして
あんたらレズビアンなの?みたいな主人公のセリフに、
「そんなんじゃない!私たちはもっと清い関係よ!」みたいな受け答えするキャラ出てきた瞬間に投げたわこれ

Re:
> ついさっきプレイし終わって他の人の感想も見ようと思って検索結果一番上がこれだったんですが、そこまで必死に叩かれるのは何か個人的な恨みがライアーにあるんですかね?
 クソゲーを叩くときはいつもこんな感じでございます。
> 自分もホモフォビア的なとこが気に食わないのと同じ会話二回読まされるのが苦痛ってとこは同意なんですが、ここまで怨念に近いものをもって全力で片っ端から粗探しをして毒舌を書き連ねるほどの嫌悪感は抱かなかったです・・・
 それはようございました。で、それが私に何の関係が?

ついさっきプレイし終わって他の人の感想も見ようと思って検索結果一番上がこれだったんですが、そこまで必死に叩かれるのは何か個人的な恨みがライアーにあるんですかね?
自分もホモフォビア的なとこが気に食わないのと同じ会話二回読まされるのが苦痛ってとこは同意なんですが、ここまで怨念に近いものをもって全力で片っ端から粗探しをして毒舌を書き連ねるほどの嫌悪感は抱かなかったです・・・

Re: softbank219213078125.bbtec.netさん
> こういうくだらない独り言は検索結果の後ろのほうで慎ましやかにしてればいいのに・・・でしゃばりやがってぇー!なんだ私みたいのが釣られてきてんのか!?
 ご期待に添えず誠に申し訳御座いません。softbank219213078125.bbtec.netさんも、GoogleやYahooみたいなクソ検索エンジンを遙かにしのぐ、より高性能で公平な検索エンジンを開発されてはいかがでしょうか。

 無駄に長えぇぇァッ!! 眠いぃェッ!! 夏の日差しと夜更かしの副作用もあいまって、軽く5、6回は寝落ちをしてしまった。というか半分も読めていないっ!
 いやー人生お暇なようで羨ましい限りでございます。こういうくだらない独り言は検索結果の後ろのほうで慎ましやかにしてればいいのに・・・でしゃばりやがってぇー!なんだ私みたいのが釣られてきてんのか!?

Re: 名無し@まとめいと(s1106031.xgsspn.imtp.tachikawa.spmode.ne.jp)さん
> 所詮トーシロのレビューなんてこの程度だな
> 読者が気分悪くなることしかかけない
 ご期待に添えず誠に申し訳御座いません。

所詮トーシロのレビューなんてこの程度だな
読者が気分悪くなることしかかけない
毒吐きたいならtwitterでね☆

成程。ここではよくある事でしたか。
わざわざご返信ありがとうございました。

Re: 名無しさん
> レビュー拝見させていただきました
> toppoiさん個人的にはこのゲームお気に召さなかったみたいですね
 クソみたいな作品でしたね。
> ゲームの不満点や否定的な感想を上げるという行為は、個人サイトのレビューですからそれほど真新しいものでもないと思うのですが、そういった所とは別の所で文章の中に何か、必死さというと失礼になるかもしれないんですが、特別な勢いのようなものを感じたんですが何か理由があるのでしょうか?
> 他の方とのコメントのやりとりが随分と白熱されているので、否定的な質問にとらえられるかもしれないんですが、本当に純粋に気になったので。
> 少々不躾な質問ですが、よければお答えください。
 さぁ……? つまらない上に電波理論を振りまく作品を批判するときは大体こんな感じです。

レビュー拝見させていただきました
toppoiさん個人的にはこのゲームお気に召さなかったみたいですね
僕個人はこのゲームまだプレイ中で、そのゲームを検索してこのサイトも初めて拝見させていただきました。
少しこの記事の本質からずれるかもしれませんが、質問をさせてください
ゲームの不満点や否定的な感想を上げるという行為は、個人サイトのレビューですからそれほど真新しいものでもないと思うのですが、そういった所とは別の所で文章の中に何か、必死さというと失礼になるかもしれないんですが、特別な勢いのようなものを感じたんですが何か理由があるのでしょうか?
他の方とのコメントのやりとりが随分と白熱されているので、否定的な質問にとらえられるかもしれないんですが、本当に純粋に気になったので。
少々不躾な質問ですが、よければお答えください。

Re: p14053-ipngn601sapodori.hokkaido.ocn.ne.jpさん
> 感想っていうかオッサンが延々と愚痴吐いてるだけやな
> この長々と書いてる感じ稲船を思い出す
>
> しかもカテゴリまでつくっちゃって…
 ご期待に添えず誠に申し訳御座いません。

感想っていうかオッサンが延々と愚痴吐いてるだけやな
この長々と書いてる感じ稲船を思い出す

しかもカテゴリまでつくっちゃって…

Re: (0w0) さん
 これは……! ロックでデジャヴなコメントが来てしまいましたなぁ(笑)。

> 高望みしすぎじゃないですかね?

> >同じシーンを2回3回と繰り返し見せられるのはたまったものではなかった
> 確かに自分も同じ事思いましたが、それはスキップすればいいだけの話だと思います。

> こういう風に直接書かれると、ぼけーっと読んでても理解出来て楽です。
> (ジジババにはそんなんだから読解力が落ちるとか言われそうですが、娯楽と言うか癒しというか、休日にだらだらするお供に丁度だったんです)

> そうだと思いますが、それは『そういう作品』って事だと思いますよ?
> 凝った味の料理かと思って食べてみたらただ甘々なだけだった。って事じゃないですかね?
> 甘いのと凝ったのは別の味なんだから並べて評価すべきではないと思います。
> 変な喩えになってしまいしまいましたが、要するにこの作品はお花畑ファンタジーというジャンル(?)だと思うので、凝った文章とか百合物語としての完成度の高さを求めるのはお門違いではないかと思うわけですよ。
> スナック菓子の批評に料亭和食の尺度使ってるみたいです。
 私はコンビニでスナック菓子を買って、素材が腐ってたり虫が混入していたりすればブチギレますけどね。

高望みしすぎじゃないですかね?
確かにシステム周りはアレでしたが、自分的に他は目くじら立てる程でもないかなと。
もっとも自分の価値観・評価基準はずれてる・ゆるいとか言われるんで、気を悪くせずこんな人もいるんだなぁで流して下さい

>同じシーンを2回3回と繰り返し見せられるのはたまったものではなかった
確かに自分も同じ事思いましたが、それはスキップすればいいだけの話だと思います。

>業界全体に「読者は読解なんかしないから直接書け書け」という風潮があるんだろうけどねぇ。それにしたってこの「鋭い」フェスティバルはひどい。
こういう風に直接書かれると、ぼけーっと読んでても理解出来て楽です。
(ジジババにはそんなんだから読解力が落ちるとか言われそうですが、娯楽と言うか癒しというか、休日にだらだらするお供に丁度だったんです)
それに本腰入れて読みたいなら小説って媒体の方が好きですし。

>結局『百合霊さん』は、マジョリティ側の「こうだったら美しい! こうだったら萌える!」という都合のいい妄想
そうだと思いますが、それは『そういう作品』って事だと思いますよ?

凝った味の料理かと思って食べてみたらただ甘々なだけだった。って事じゃないですかね?
甘いのと凝ったのは別の味なんだから並べて評価すべきではないと思います。
変な喩えになってしまいしまいましたが、要するにこの作品はお花畑ファンタジーというジャンル(?)だと思うので、凝った文章とか百合物語としての完成度の高さを求めるのはお門違いではないかと思うわけですよ。
スナック菓子の批評に料亭和食の尺度使ってるみたいです。

Re: タイトルなし
> つまるところ一般的な百合のイメージ、企業側から提出される百合モンのアーキテクトが
> まあこのレベルってことじゃないんすかんね?現状、この国は
 あー、「一般的な百合のイメージ、企業側から提出される百合モンのアーキテクト」というのは、私のこの作品に対するイメージと一緒ですね。「百合」と言う記号の集合体。服を着た記号が演じる記号のお遊戯。

Re:
> 自分が気に食わないから発狂してるだけにしか見えないね
 ご期待に添えず誠に申し訳御座いません。

Re: 翔天さん
> 一番許せんのは作中で百合百合言い過ぎなんじゃあ!わかるか!
 お気持ちはわかります。
> ところで最近のゲームって起承転結すらないよね
そりゃあやおい(山なし、オチなし、意味なし)って言うくらいですからねぇ。

Re: KD125029170069.ppp-bb.dion.ne.jpさん
 ご期待に添えず誠に申し訳御座いません。
 あなたがこのレビューを読んで「明らかに百合好き(自分)のことを馬鹿にしきっている!」と思ったのでしたら、うちのサイトには向いていないかと思われます。他に百合ゲーのレビューサイトなんて掃いて捨てるほどあるじゃないですか。あなたの嗜好にあった――「過剰な一般視を無理矢理押し付けていない」サイトでしょうか(笑)――サイトを探して、そこでたのしく歓談された方が精神衛生上よろしいかと思います。

> それまで異性愛者のつもりで現代に生きてきたキャラが同性を好きになったら
> 「同性同士なのに~」という葛藤は生まれても不思議でもないと思うのですけれど。
「お、女同士なんだよ? もう今さら、それが変だとか思わないけど……。
 でも、まわりの人は、そう考えてくれないかも。お父さんやお母さん、比奈のおじさんやおばさんを困らせるかもしれない」
「比奈にだって……、私が恋人だってことで、迷惑かけるかも。比奈が、変な目で見られたら、どうしよう……」
「結奈、別に、同性愛とか百合とか、女の子同士とか、そういうのが嫌いってわけじゃないんだよね?」
「そう思っている。確かに、最初は変なことだと思った、恋愛って男女の間のものだと思っていたから。それが普通だと。
 でも、確かに普通じゃないかもしれないけど。誰かを好きという気持ちの行き先には、たとえその先が同性であっても、変じゃないと」

 一応断っておきますが、同性愛者の友人が何人も出来た後の主人公の発言です。
 この電波さんの言い分は「私は今さら変だとは思わないけど、同性愛は家族や周りの人間を困らせるかもしれない。相手が変な目で見られるかもしれない」です。この人の思考は支離滅裂で信用なりませんが『「同性同士なのに~」という葛藤』とやらを乗り越えた上で「でも普通じゃない」「迷惑を掛けるかもしれない」と言ってるんじゃないですか? てめぇがホモフォビアを後生大事に抱えてウジウジするのは、まあいいでしょう。しかし、同じ釜のメシを食った仲間を「普通じゃない」「困らせるかもしれない」呼ばわりするのはアホです。血の通った人間の思考とは思えません。

 「固定観念」という言葉が出て来ました。確かに私には「同性同士なんてありふれているでしょ」という固定概念があります。そんなものは「常識」だと思いたいんですけどね。
 さて、あなたはどう思っているのでしょうか? ひょっとすると、この主人公のように「同性愛者は普通じゃない」「迷惑を掛ける可能性がある存在」と思っているのでしょうか? あるいは、まさかとは思いますが、この主人公のように「私はそう思わないけど、社会通念上一般的にはそう考えられている」という理屈なんでしょうか? もしそうであるなら腑に落ちるんですが。社会や人間といったものは、あなたの価値観というフィルターを通して定義されるものだと思います。あなたにとっての社会は、そこまでヘテロノーマティビティに満ち満ちたものなんでしょうか? だから、どんなインプットがあろうとも成長せず、こんなクソたわけた発言をする主人公のことを「不思議でもない」と思うのでしょうか?

 何度でも繰り返しますが、私はこの『屋上の百合霊さん』のように、物語の終盤に至るまで延々とホモフォビアをばらまき、スティグマ視を押しつける作品は大嫌いです。物語のとっかかりの部分で価値観の揺らぎに対する戸惑いやちょっとした偏見を描写するのはまったくもって構いません。ですが、その後に何らかのフォローはあってしかるべきです。このことに関して「『百合物はこうあるべき』と言っているのも同然」「百合(同性愛)に固定概念持ってるんだろう」と思うのでしたら、価値観が違いすぎます。一生話は噛み合いません。私はクソッタレ『百合霊さん』のように、フォローも入れずに「確かに普通じゃないかもしれないけれど、愛する気持ちが本物なら関係ない」とウットリ悦にいる“だけ”の作品には心底うんざりします。「普通じゃないけれど」論は何のフォローにもなっていません。そんなのは普通じゃない扱いされることを考えたこともない野郎がひりだすクソ戯言です。

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

自分が気に食わないから発狂してるだけにしか見えないね

百合ゲーっつ~ジャンルをまともに作ったらどこもこうなるんじゃないっすかね
つまるところ一般的な百合のイメージ、企業側から提出される百合モンのアーキテクトが
まあこのレベルってことじゃないんすかんね?現状、この国は 
最近百合好き公言してるやつの大半は関係性が好きなんじゃなくてただ単に二次元の女キャラが好きなんじゃねーかと思ってきましたよ

正直このエントリーしか見てないでコメントしてるんで、浅い考えっすけど
管理人さんの意見に対し反論を持ちだすくらいならともかく全否定や人格攻撃までしてる人、異常っすよ
レイシストそのものじゃん 百合っつーものはこうあるべき、なんてマジでいってる人が多数派なら
このジャンルに未来はねーよ フィクションだけで育った奴に想像力は生まれねーから

一番許せんのは作中で百合百合言い過ぎなんじゃあ!わかるか!
ところで最近のゲームって起承転結すらないよね

Re: 悲しい
> あなたの言う百合厨は、あなたにとってどうしても受け入れがたい存在でしょうか?
 ノーコメント。

悲しい
過去の記事と今回のレビュー、なるほどなって感じでした。やはり過剰に同性愛の特殊性を神聖視する姿勢は間違っていると思いますね。私自身はそれなりに百合霊もみるく作品も楽しめたのですが……

それにしても、あなたも百合(散々この場で議論されている問題はさておきます)が好きな方だと見受けるのですが、こんな風に百合好きな人間同士が喧嘩腰でいがみ合うのは悲しいことです……。

あなたの言う百合厨は、あなたにとってどうしても受け入れがたい存在でしょうか?

Re: タイトルなし
> 管理人さんは、人が一生懸命作った物を自分が気に入らないからって“必死こいて”粗さがしして発狂してるだけですよね。
 ご期待に添えず誠に申し訳御座いません。

> このゲームの体験版やってるんですよね?
> だったらその時点で貴方が気に入らない“駄作”だってことくらい解る筈ですよ?
> 買わないでほっとけばいいのに、態々高い金払ってイライラしながら最後までプレイして、挙句こんな暴言ばかりを羅列した誹謗中傷まで書いて。
 ご期待に添えず誠に申し訳御座いません。

> 百合霊さんのスレでこの作品を全否定してるブログが此処だと知って、どんな風に否定してるのかと思って来てみたんですよ。
> そしたら作品に対するレビューではなく、貴方の記事の書き方に激しい憤りを感じました。もう貴方の人格を疑うレベルです。
 ご期待に添えず誠に申し訳御座いません。

> 此処にはたくさんの人が貴方の書いた記事を見に来ます。
> もっと考えて言葉を選んだほうがいいですよ。
> まあ、ウェブの向こうのアカの他人なんてどうでもいいのでしょうけれどね。
 ご期待に添えず誠に申し訳御座いません。

> それと、確かに主人公はたくさんのカップルを取り持ちましたが、今まで幼馴染として好きだった相手から“一人の人間として愛してます”、って告白されたら普通戸惑う筈ですが?
> 何故そう言う風に考えられないんですか?
> 主人公は同性同士という関係だけに戸惑った訳じゃないのは明確ですけれど。
 あなたがそう思うなら、それでいいんじゃないですか?

管理人さんは、人が一生懸命作った物を自分が気に入らないからって“必死こいて”粗さがしして発狂してるだけですよね。
このゲームの体験版やってるんですよね?
だったらその時点で貴方が気に入らない“駄作”だってことくらい解る筈ですよ?
買わないでほっとけばいいのに、態々高い金払ってイライラしながら最後までプレイして、挙句こんな暴言ばかりを羅列した誹謗中傷まで書いて。
百合霊さんのスレでこの作品を全否定してるブログが此処だと知って、どんな風に否定してるのかと思って来てみたんですよ。
そしたら作品に対するレビューではなく、貴方の記事の書き方に激しい憤りを感じました。もう貴方の人格を疑うレベルです。
此処にはたくさんの人が貴方の書いた記事を見に来ます。
もっと考えて言葉を選んだほうがいいですよ。
まあ、ウェブの向こうのアカの他人なんてどうでもいいのでしょうけれどね。

それと、確かに主人公はたくさんのカップルを取り持ちましたが、今まで幼馴染として好きだった相手から“一人の人間として愛してます”、って告白されたら普通戸惑う筈ですが?
何故そう言う風に考えられないんですか?
主人公は同性同士という関係だけに戸惑った訳じゃないのは明確ですけれど。


Re: さいぱんだ!さん
 お久しぶりです、さいぱんだ!さん。コメ放置申し訳。
> 新たな百合作品が出たということなので、放課後を買ったのですが、先に進まず、大分放置をしていました。
> そして、とっぽいさんのレヴューを見て「やっぱりな。」と府に落ちたというのでしょうか?感じていた、違和感を認識できました。
 違和感の正体をつかむ一助になったなら幸いです。
> ゲームのタイムテーブルを、プレイヤーに開示っしてプレイするやり方は大変に面白そうだったのですが。
> 活用できていない感じを受けました。
 私はこの手のゲームシステムを有効活用している作品ってほとんど読んだことがないですね。傑作の誉れ高い『街』も「そう……」って感じでしたし。紙芝居でもいいから面白い話作ってくれと思います。
> 別に選択肢によって、別の視点の話の中身が変わるギミックはないようでしたし。
> 選択したシナリオで展開が変わるモノでもないですしね。
 凡庸なゲームデザインでしたね。
> あと、序盤から感じている不快感。自分達は百合でレヅとは違う発言お連呼。
> 女の子に恋しちゃった、私へんかな?発言。
> 小学生や中学生じゃないんだから、自分の恋愛対象の性別くらいしてるでしょ。と突っ込みたくなった。
> まぁ、百合はファンタジーと割りきって無視してプレイしていますけどね。
 ファンタジーでも人を楽しくさせるファンタジーならいいんですけどねぇ。
> 終わる前にレヴューを見てしまい。少しがっかり気分です。
 おお、ネタバレ注意の表記を書いた方がよかったでしょうか? 結末を知ってがっかりしてやる気が失せたなら申し訳ないです。でも、最後の最後まで「ナノニーナノニー」「フツウジャナイー」が続くだけなんで、やってもめんどくさいですよ。

Re: wmxp-166-130-255-123.kualnet.jpさん
> あなたがそう思うんなら、そうなんじゃないですか?
 そうっすよね。

Re: hageさん
> ゲームの文章を長いと批判して添削している文章が長くてちょっと面白かったですw
> あんまり引用しすぎると著作権的にアウトになりかねないので気を付けてくださいね
> これからも頑張ってください
ご期待に添えず誠に申し訳御座いません。

Re: タイトルなし
> 底が見えたな管理人。もっとイラつけ(笑)
ご期待に添えず誠に申し訳御座いません。

お久しぶりです。
お久しぶりです、とっぽいさん。
以前、といっても1ねん以上前にコメを書かせてもらったものです。
新たな百合作品が出たということなので、放課後を買ったのですが、先に進まず、大分放置をしていました。
そして、とっぽいさんのレヴューを見て「やっぱりな。」と府に落ちたというのでしょうか?感じていた、違和感を認識できました。
別に、スーパーロッボット大戦をやりまくっていたせいではないはず(笑)

まだ、ゲームは序盤くらいなのですが。個人的には魅力を持っているはずなのですが、文章のくどさやシナリオの流れにはがっかりという印象があります。
視点もコロコロ変わるので、分かりにくい。
ゲームのタイムテーブルを、プレイヤーに開示っしてプレイするやり方は大変に面白そうだったのですが。
活用できていない感じを受けました。
別に選択肢によって、別の視点の話の中身が変わるギミックはないようでしたし。
選択したシナリオで展開が変わるモノでもないですしね。

あと、序盤から感じている不快感。自分達は百合でレヅとは違う発言お連呼。
女の子に恋しちゃった、私へんかな?発言。
小学生や中学生じゃないんだから、自分の恋愛対象の性別くらいしてるでしょ。と突っ込みたくなった。
まぁ、百合はファンタジーと割りきって無視してプレイしていますけどね。

終わる前にレヴューを見てしまい。少しがっかり気分です。
要素やアイディアが好みなぶん、余計に残念です。


ゲームの文章を長いと批判して添削している文章が長くてちょっと面白かったですw
あんまり引用しすぎると著作権的にアウトになりかねないので気を付けてくださいね
これからも頑張ってください

あなたがそう思うんなら、そうなんじゃないですか?

底が見えたな管理人。もっとイラつけ(笑)

Re: 名無しさん
> なぜ人には薦めようと思わないなどと書いておきながら
> 百合霊さんのamazonのアフィを貼ってるのでしょうか?
あのアマゾンリンクはパッケ画像がほしいのではっつけています。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B006O4VM76/goodpic-22/
この画像付きリンクは「G-Tools」で作成しており、デフォルトだとURLに作者さんのアフィリエイトIDが入ってます。もしここから買い物をしても、私には一文たりともお金が入りませんのでご安心ください^^;。
> このアフィのせいで
> 「結局は過激な感想で人を釣って小遣い稼ぎがしたいのかなぁ」などという邪推を産んでしまい
> 記事の説得力が薄くなってしまっているので外すことをお勧めします。
     *      *
  *     +  いやです
     n ∧_∧ n
 + (ヨ(* ´∀`)E)
      Y     Y    *

>つまらない上に随所で有害な電波を発してくる作品を人に薦めようたぁ思わない。
>このレベルの作品が量産されてもちっとも嬉しくない
なぜ人には薦めようと思わないなどと書いておきながら
百合霊さんのamazonのアフィを貼ってるのでしょうか?
このアフィのせいで
「結局は過激な感想で人を釣って小遣い稼ぎがしたいのかなぁ」などという邪推を産んでしまい
記事の説得力が薄くなってしまっているので外すことをお勧めします。

Re: タイトルなし
> なんか表面だけなぞっててペラい。
 ご期待に添えず申し訳御座いません。
> 全校生徒数がはっきりしないが、たった7組で「ありふれてる」と語らせたら、それこそアホだろ?
 あなたがそう思うなら、そうなんじゃないですか?
> まあ、カタハネが完全に肌に合わなかった私とは、感性が真逆なのだろうと思う。
 感性! いい言葉ッスね。感性ッ! 磨いていけばいいんじゃないですか、その感性。 
> それにこのゲーム、普通にプレイしてたら、セーブロードしないよね?
 私はアナザーシナリオ(笑)を埋めるときにブチギレそうになりましたけどね。
> それ以外でUIがクソってのは完全同意だけど。
 ほんンっと、クソですよね。

Re: さたさん
> エロゲギャルゲのレビューする人ってこういうタイプの文章書く人が多いのですけど
こういうって、どういうですか?
> 何でだろう?
さぁ、私に聞かれましても……。

屋上の百合霊さんで検索したら公式の次にヒットしたので覗いてみたら凄いレビューですね…エロゲギャルゲのレビューする人ってこういうタイプの文章書く人が多いのですけど何でだろう?

なんか表面だけなぞっててペラい。
全校生徒数がはっきりしないが、たった7組で「ありふれてる」と語らせたら、それこそアホだろ?
まあ、カタハネが完全に肌に合わなかった私とは、感性が真逆なのだろうと思う。
それにこのゲーム、普通にプレイしてたら、セーブロードしないよね?
それ以外でUIがクソってのは完全同意だけど。

Re: タイトルなし
lessさん、どうもはじめまして。

感情にまかせて書くのが私のスタイルので、そこを直すのは難しいですね。

BGMについては、メロディ・サウンド至上主義で、よく言われる「聞けば聞くほど味が出るするめ曲」は「ただの凡曲じゃないの」という考えの持ち主なので、lessさんの趣味とは全く被らないと思いますよ。いや、ぶtっちゃけ坊主の袈裟ですね。

> 前述しましたが、貴方の百合に対する考え方は筋が通っていて、同意できます。
> それだけに、貴方の言葉にはある程度の説得力というか、冷静さを保っていて欲しいです。
 ありがとうございます。しかし、生まれ持った性分で、そいつは難しいのです。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし
> なんというかまあ、検索でトップにここが来るのも何だかなと思いますが、とにもかくにも書いてあることが滅茶苦茶過ぎて全部に反論したくなります
 うちのブログに反論するより、ご自分でマンセー記事を書いた方が生産的です!

> まあ、けんか腰で書けばこんな風に釣られる人間がたくさん出ていいのかもしれませんね。
 釣りだなんてそんな……。

> 最後に一つ、
> 「思えば、全盛期のめてお在籍時代から通して、嘘屋の作品を鑑賞して「よかった!」と思ったことが一回もねぇや」
> それなら最初から買うな
> 楽しむためじゃなくて批評するために買って、その作品を好きな人に喧嘩売るくらいなら最初から手を出すな
「今回こそは……!」と思っていたんですよ、信じてください><。私は、批判するためにやるのも楽しむためにやるのも人の自由だと思いますよ。

> 手段と目的取り違えてる人間の批評・感想とか価値がない。
 あなたがそう思うんなら、そうなんじゃないですか?

Re: Re: タイトルなし
> >おのれら30年間何やっとったんじゃ
> 今作品は「三十作品目」であって三十年記念などではない、そもそもライアーソフトは1999年発足
 大変失礼しました、修正いたしました。

> >学生の声には聞こえない、薹の立ったおばさんボイス(あるキャラが上級生につかみかかって叫ぶシーンがあるんだが、以前ニュースの特集で見た、福袋の奪い合いで取っ組み合いの喧嘩をするオバハンの怒号のようだった)
> このシーンも前後の、特にその後の分を読むと、何であんな声を出せた(出した)のかよく分かるようになってるけど、そのシーンをすっ飛ばしたのか頭に入らなかったのかだと思われ
 それの前後と、野郎の怒鳴り声が野太くてオバサンみたいだということには、あまり関連性がないように思うのですが(笑)。声帯が変わっちゃうんすか?

> >『屋上の百合霊さん』適性チェック!
> 書いてることの全部を否定するつもりはないが、なんでこうも極論から極論へもって行こうとするのかが分からない。
 だって、百合厨に喧嘩を売るためのレトリックですし。

> >「同性同士の恋は一過性のもの」「儚いからこそ美しい」という風潮がある中で(前者は、この作品中で電波教師が力説していた)
> その教師がなんでそんな考えに至ったのかも作中で書かれているのだが、それに触れないのは何故?
 めんどくさいし(笑)、わざわざ擁護してやる義理もないからです。気に食わないんなら、名無しさんが『百合霊さん』のレビューを書かれて、彼女の名誉を回復してあげればいいんじゃないですか?

> >「なぜそこから『同性同士って案外ありふれているのね』という結論が出てこないんだ?」と思ったのは私だけじゃあないよね?
> 学園中から百合霊さんの二人が探し出して五組、百合霊の二人入れて六組。思いのほか居るかもしれないが、「ありふれている」と思えるかどうかは微妙なところ
 あなたがそう思うなら、それでいいんじゃないですか?

> 結局のところ「これは駄作だ」と決め付けてから書いてるとしか思えないところが多い、
 私がレビューを書くのは、好きな作品をひたすらマンセーするためか、嫌いな作品をひたすらこき下ろすためなので、名無しさんの所感は当たらずとも遠からずって感じですね^^。

> システム周りや視点が変わったとはいえ同じシーンを何度も見せられるなどの部分は確かに問題だと思ったが、それ以外の指摘は「どうかと思う」「本当に文章読んでたの?」といいたくなるようなものばかり
 ご期待に添えなくて誠に申し訳ありません。

> 酷評をするなら酷評をするで構わないが、作品とこの記事の読み手に対して真摯に向き合ってから記事を書くべきだったと思います。
 すみません、やることやった教師がポエムを披露したあたりで、かなり真面目に読む気が失せてしまいました。あそこまでは頑張ったと思うので、それで勘弁してつかあさい><。

Re: タイトルなし
> 自己満足でよかったね(笑)
> それとお前キモいから早く死んでね☆
       *      *  
     *  いやです  +  
        n .∧__,,∧ .n
    + (ヨ(´・ω・`)E)
        Y     Y    *

Re: タイトルなし
> タイトルからしてこういうのが好きな人向けって分かるだろ・・・なんでそこに文句付けてんだよ
 こういうのって、どういうのですか。

> それと耳に残らないBGMってのは賛成しかねる
> 特に学校のチャイムを取り入れた曲とか青春っぽくて良かったと思うよ
 あなたがそう思うなら、それでいいんじゃないですか?

Re: タイトルなし
> あたしたちのギョーカイでは~のくだりは、そういう人たちへの皮肉なのでは?
その発言をしたメガネは、最後の最後まで「そういうの」呼ばわりしていたんで、あまり好意的には捉えられませんねぇ。

Re: uasiさん
 uasiさん、こんにちは。

> 独占欲のくだりですが、問が「経験済みなの?」であって「カレシいたことある?」などでないあたりが重要だと思います。男に限定した話ではない。
> 「……じゃ、処女?」も、たんに未経験かどうか(相手の性別を問わず)を確認したとも取れる。
> ですから、
> 「男とか絶滅すればいいよな」という反応や、
> 「“男ウゼー厨”が喜びそうな展開ウゼー」という見方のほかに、
> 単純に「(男女無関係に)前の人の存在がちらついて独占欲剥き出しにしてるところカワイイ」という捉え方もあるのでは。
 初エッチで気分が盛り上がってるときに「あんた処女なの!? やらせたことあるの!?」と鼻息も荒く聞くのを「独占欲剥き出しにしてるところカワイイ」と思うんなら、そういう見方もあるんじゃないですか?

> どうにも、「(読者である)あなた」の想定が2種類しかないところに窮屈さを感じました。
 窮屈と言われましても、百合厨・独占厨に不快感を与えるためのレトリックですし……。

Re: タイトルなし
> 主はこれになにをもとめているのかよくわからん・・・。エロいのやりたきゃその花でもやりゃあいいのに。
なぜ私がエロいのをやりたいことになっているのかよくわかりませんが、こいつより、『その花』のほうが気取っていなくて好きですね。

Re: タイトルなし
> なんか、んじゃやるなよって感想しか出てこないな。
> いや、決して百合霊が優れた作品だとは思わんが。
> 別に百合も嘘屋も好きじゃないというか嫌いの領域なんだろうから、やるなよ。
 百合は嫌いではないですよ、じゃあ好きかなのかと聞かれると返答に困りますが。
 嘘屋は嫌いというか、どうでもいいですね。

Re: タイトルなし
> 面白かったですけどねえ。
> ま、人それぞれってことで。楽しかったと思う人間もここに。
> 退屈な上に長ったらしい好感持てない文章だったので、半分くらいしか読めなくてすみません。
> 長々とお疲れ様です(笑)。
 あなたがそう思うなら、それでいいんじゃないですか?

Re: タイトルなし
> ネット上ではこの作品の良かったところはあちこちで見かけたのですが、
> こういった問題点を指摘しているものがあまりなかったので
> 興味深く読ませていただきました。
 参考になったようで嬉しいです。

> せっかくの百合ゲームなので購入予定ですが
> 女性が女性を好きになることについて「普通じゃない」だとか
> 「女同士なのに」(こういう登場人物が一人二人いてもそこまで気になりませんが
> こちらの記事を見た限り「なのに・だけど」という言葉の使用頻度からして
> 登場人物の価値観というよりライターさんの価値観っぽいのが残念)
> などと登場人物に言われてしまうと萎えそうです。
「なのに」「だけど」愛し合っている! が大好きですね、このライター。

> 「百合霊さん」の感想としてとても参考になりました。
> ただ、管理人さんはライアーソフトのゲームをどれほどプレイされたのでしょうか。
> システムやデザインは毎回あんなものなのですが、
> テキストはゲームによって方向性のだいぶ違う会社です。
> 会社で一纏めにしてダメ出しするのは乱暴だし、
> 感想文全体の信頼度を下げることになると思います。
『腐り姫』『Forest』『CANNONBALL』『SEVEN-BRIDGE』ですかね。これだけやったんで許してください……。確かに乱暴な言い方ですが、私にとってはわりとどうでもいい会社です。

Re: タイトルなし
> 自分はそれを心から期待してました…。
> ポエムには抵抗なかっただけに、心から残念です。

 めんどくさかったから書かなかったんですが(笑)、ほんの一部分は否定されますよ。でも最終的に導き出される答えが「私たちおかしいかも! でもラブラブ!」という陳腐さだったのが残念でした。

Re: タイトルなし
誤字の指摘をしてくださった方、ありがとうございました。

Re: タイトルなし
 JKDさん、はじめまして。返信が遅れて申し訳ないです。マイナス方面に振り切った記事は、コメントを読むのが怖くて怖くて。
 レビューがお役に立てたようでよかったです。
> アオイシロの時を思い出さざるを得ません。
なんと、JKDさんはアオイシロのカオス時代を知っているんですか! もうずいぶん前のことですよね。その頃からここを読んでくれている人がいるのかと思うと、何だか嬉しくなっちゃいました。

> 隠しきれないホモフォビア
 一部はいったん否定されるんです。でも、否定してセクロスに及んで、それでもまだうじうじ言い出すのが情けなかったですね。
> みんなが絶賛する中、とっぽいさんだけが屋上の百合霊さんを批判していますね。
 !? マジですか。
> ただでさえ少ない百合作品ですから、次につなげようとする気持ちは良くわかりますが、手放しで褒めてるだけじゃ次も同じレベルのものが生まれるだけと思うのですが…
 JDKさんのこの意見には頷かざるをえないですね。「百合ゲー」ってだけでゲロ甘評価を下す人っていますよね。次に繋がるったって、またこの程度の作品が出てきて嬉しいんでしょうかねぇ。

 このDQN口調の語りが嫌いでないんでしたら、また遊びに来てくださいね。

Re: タイトルなし
rinさんこんにちは。

> このソフトには興味があったので早速のレビューありがとうございます。
> 感想だけでなく引用してあるところが大変参考になりました。

お役に立ったなら幸いです。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

問題点を指摘してるようで、実際は思い込みで書いてるところが多い
>おのれら30年間何やっとったんじゃ
今作品は「三十作品目」であって三十年記念などではない、そもそもライアーソフトは1999年発足

>学生の声には聞こえない、薹の立ったおばさんボイス(あるキャラが上級生につかみかかって叫ぶシーンがあるんだが、以前ニュースの特集で見た、福袋の奪い合いで取っ組み合いの喧嘩をするオバハンの怒号のようだった)
このシーンも前後の、特にその後の分を読むと、何であんな声を出せた(出した)のかよく分かるようになってるけど、そのシーンをすっ飛ばしたのか頭に入らなかったのかだと思われ

>『屋上の百合霊さん』適性チェック!
書いてることの全部を否定するつもりはないが、なんでこうも極論から極論へもって行こうとするのかが分からない。

特に酷いのは

>よかった探し
>「同性同士の恋は一過性のもの」「儚いからこそ美しい」という風潮がある中で(前者は、この作品中で電波教師が力説していた)
その教師がなんでそんな考えに至ったのかも作中で書かれているのだが、それに触れないのは何故?

>「なぜそこから『同性同士って案外ありふれているのね』という結論が出てこないんだ?」と思ったのは私だけじゃあないよね?
学園中から百合霊さんの二人が探し出して五組、百合霊の二人入れて六組。思いのほか居るかもしれないが、「ありふれている」と思えるかどうかは微妙なところ

結局のところ「これは駄作だ」と決め付けてから書いてるとしか思えないところが多い、

システム周りや視点が変わったとはいえ同じシーンを何度も見せられるなどの部分は確かに問題だと思ったが、それ以外の指摘は「どうかと思う」「本当に文章読んでたの?」といいたくなるようなものばかり
酷評をするなら酷評をするで構わないが、作品とこの記事の読み手に対して真摯に向き合ってから記事を書くべきだったと思います。

ネット上ではこの作品の良かったところはあちこちで見かけたのですが、
こういった問題点を指摘しているものがあまりなかったので
興味深く読ませていただきました。

せっかくの百合ゲームなので購入予定ですが
女性が女性を好きになることについて「普通じゃない」だとか
「女同士なのに」(こういう登場人物が一人二人いてもそこまで気になりませんが
こちらの記事を見た限り「なのに・だけど」という言葉の使用頻度からして
登場人物の価値観というよりライターさんの価値観っぽいのが残念)
などと登場人物に言われてしまうと萎えそうです。

「百合霊さん」の感想としてとても参考になりました。
ただ、管理人さんはライアーソフトのゲームをどれほどプレイされたのでしょうか。
システムやデザインは毎回あんなものなのですが、
テキストはゲームによって方向性のだいぶ違う会社です。
会社で一纏めにしてダメ出しするのは乱暴だし、
感想文全体の信頼度を下げることになると思います。


痛切な意見の数々興味深かったです。百合作品は決して同性愛である事を作品内の前提として苦悩の種にするかそもそも割り切ったものにするかどちらのコンセプトで行くのかという地点から書き出して良いものじゃないですもんね。

主はこれになにをもとめているのかよくわからん・・・。エロいのやりたきゃその花でもやりゃあいいのに。

>物語の後半でそれを否定するエピソードがあるんじゃあないかと淡い期待を抱いていた。

自分はそれを心から期待してました…。
ポエムには抵抗なかっただけに、心から残念です。

なんか、んじゃやるなよって感想しか出てこないな。
いや、決して百合霊が優れた作品だとは思わんが。
別に百合も嘘屋も好きじゃないというか嫌いの領域なんだろうから、やるなよ。

なんというかまあ、検索でトップにここが来るのも何だかなと思いますが、とにもかくにも書いてあることが滅茶苦茶過ぎて全部に反論したくなります

まあ、けんか腰で書けばこんな風に釣られる人間がたくさん出ていいのかもしれませんね。

最後に一つ、
「思えば、全盛期のめてお在籍時代から通して、嘘屋の作品を鑑賞して「よかった!」と思ったことが一回もねぇや」
それなら最初から買うな
楽しむためじゃなくて批評するために買って、その作品を好きな人に喧嘩売るくらいなら最初から手を出すな
手段と目的取り違えてる人間の批評・感想とか価値がない。

タイトルからしてこういうのが好きな人向けって分かるだろ・・・なんでそこに文句付けてんだよ
それと耳に残らないBGMってのは賛成しかねる
特に学校のチャイムを取り入れた曲とか青春っぽくて良かったと思うよ

独占欲のくだりですが、問が「経験済みなの?」であって「カレシいたことある?」などでないあたりが重要だと思います。男に限定した話ではない。
「……じゃ、処女?」も、たんに未経験かどうか(相手の性別を問わず)を確認したとも取れる。

ですから、
「男とか絶滅すればいいよな」という反応や、
「“男ウゼー厨”が喜びそうな展開ウゼー」という見方のほかに、
単純に「(男女無関係に)前の人の存在がちらついて独占欲剥き出しにしてるところカワイイ」という捉え方もあるのでは。

どうにも、「(読者である)あなた」の想定が2種類しかないところに窮屈さを感じました。

はじめまして、レビューありがとうございます。
体験版第一弾の時点でかなりだるい(BGMが百均やドンキホーテで流れてそう。心情描写が長いうえに薄い。隠しきれないホモフォビア。第二弾はやりきれませんでした。)思いをしたので、とっぽいさんや他の方のレビューを見てから購入するか決定しようと思っていました。
みんなが絶賛する中、とっぽいさんだけが屋上の百合霊さんを批判していますね。アオイシロの時を思い出さざるを得ません。

百合好きは目玉も耳も腐ってるのかと思うほど、百合作品には甘いところがありますから、どんな糞ゲーでも脳内保管して褒めちぎるところが厄介ですね。
ただでさえ少ない百合作品ですから、次につなげようとする気持ちは良くわかりますが、手放しで褒めてるだけじゃ次も同じレベルのものが生まれるだけと思うのですが…それでも良いからpixivに投稿する落書きネタが欲しいのでしょうか?

このソフトには興味があったので早速のレビューありがとうございます。
感想だけでなく引用してあるところが大変参考になりました。

自己満足でよかったね(笑)
それとお前キモいから早く死んでね☆

あたしたちのギョーカイでは~のくだりは、そういう人たちへの皮肉なのでは?

面白かったですけどねえ。
ま、人それぞれってことで。楽しかったと思う人間もここに。
退屈な上に長ったらしい好感持てない文章だったので、半分くらいしか読めなくてすみません。
長々とお疲れ様です(笑)。

Template Designed by DW99