2012年08月25日

プロメテウス いいかげんなレビュー・感想

 映画でここまでひどい地雷は踏んだことがなかった。奇才リドリー・スコットによる『エイリアン』の前日譚を見に行ったはずが、『アバター』に始まり『インデペンデンス・デイ』なカミカゼ特攻に続いてクライマックスではタイラントと『ビースト 巨大イカの逆襲』なベビーメトロイドの死闘が繰り広げられていた。な……何を言っているのかわからねーと思うが嘘は言っていない。『エイリアン』『ブレードランナー』はまぐれ当たりだったんじゃないかと思えるほどの俗悪映画だった。すっかり堕落してるなぁ。この人、本当はタダの下品なオッサンで、その露悪趣味が『エイリアン』では生殖のメタファーだフェミニズムだのと、『ブレラン』では人間としてのアイデンティティの揺らぎだヒューマノイドの両義性だのと、評論家ならびに時代性が勝手にお高尚なものに昇華してくれていただけなんじゃないのか? なんてな。劇場で観た映画ってインパクトが強いなぁ。リドリー・スコットの作家性そのものに疑問符が湧いてきてしまったぜ。少なくともこのオッサンは人類のルーツなんざ毛ほども興味がないのは理解できた。オッサンが好きで好きでたまらないのは帝○○開とか間違いなくイカ! とかあの辺だよな。
 私が今まで観た3D映画は『タンタンの冒険』『プロメテウス』だよ。神ラインナップでしょ。もう3Dそのものに悪い印象しか無くなってしまったぞ。
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags: 映画 

この記事のトラックバックURL

http://toppoi.blog54.fc2.com/tb.php/696-c3524184

コメントする

※規約
管理者にだけ表示を許可する

コメント

Template Designed by DW99