2012年10月14日

簡単に言えば「我あなたがわかる、ゆえに我有り」なんだけどさ

 ブログのアクセス数が一定以上の規模を越えると、アクセス解析による検索フレーズの集計で世の中の動向がわかるようになってきて楽しい。私は勝手に検索フレーズアンテナと呼んでいる。ちょっと前に「Dirty Deeds Done Dirt Cheap」が異常な上昇をしたときはAC/DCのリバイバルブームでも来たのかと思ったが、『スティール・ボール・ラン』の早売りバレで大統領のスタンド能力が公開されたからだった。先月は「The party was concluded with three cheers」がやたらに検索されていたが、あれはなんだったのだろうか……。ちょっと気になる。そして今回も「リトルバスターズ ネタバレ」の急上昇で『リトルバスターズ!』の放映がいつの間にか始まっていることに気付いたわけよ。バ鍵っ子の末席を汚す身としてはリアルタイムで視聴し、原作厨視点で「わかっちゃいねぇなこいつら、何もわかっちゃいねぇよ」とくさそうかと思っていたのだが、地上波では放送していないのか? いやBS11で見られそうだ。
 さて、第一話放送の10月7日に300人、今日も(現時点で)50人もの人がうちのサイトにリトバスのネタバレを求めていらっしゃったわけだが、こんなクッソ適当な代物を目にして何を思うのだろうか。
たった1分でわかる! Keyゲー(ネタバレ注意!)
 でも、プレイした人ならわかってもらえるだろうと思うけれど、そこまでひどい嘘は言っていないんだよね(笑)。この限りなく続く「死ぬ。復活する。」の繰り返しから共通項を見出し、奇跡の法則、奇跡の価値を読み解いていくのが麻枝シナリオの面白さなのだよ。たけしが自著『仁義なき映画論』で、『8 1/2』は数学的思考が出来るやつじゃないと読み解けない、因数分解が出来なけりゃわかんないよと言っていてなるほどと思ったが、私はKeyに対しても同様の印象を抱いている。Key作品の共通項、ONEからリトバスに至るまで(『Rewrite』? あれはロミオ作品だよ)脈々と受け継がれている精神性が見えてくると、だんぜん面白くなってくると思う。それについて長々と書いている考察を宣伝して今日の締め。
Key・麻枝准の奇跡話
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:

この記事のトラックバックURL

http://toppoi.blog54.fc2.com/tb.php/703-5c3d53f6

コメントする

※規約
管理者にだけ表示を許可する

コメント

Template Designed by DW99