2012年12月05日

PVを見る限りだとすこレジェ展開がありそう

 読書。友人がやたらめったら薦めてくるので、お付き合いで村上春樹の『ノルウェイの森』を読んだ。これが文学だというなら私は一生文学がわからなくてもいいな。映画。今年は仕事が比較的落ち着いていたので平日の夜にも割とDVDを観ていた。数えてみたら合計で90本前後だ、まずまずと言ったところ。映画館に観にいったのは4本だけだが、ベストは『アウトレイジ ビヨンド』かな。『エヴァQ』は破のほうがエンタメと衒学趣味とセカイ系のバランスがいいのは言うまでもないが、『Kanon』や『ONE』を初めてプレイしたときのもやもやもやっとした感覚が甦ってきておっさんオタクにはたまらなかった。『プロメテウス』『タンタンの冒険』はカスだった。スピルバーグもリドリースコットも耄碌しちょる。エロゲー。『よあけな』を読破したので(特に書くことはない)『その花びらに口づけを』をプレイ中。同人時代はうかつにレビューを書けなかったが(遊ばせてもらっている身なので)、晴れて商業デビューされたので好き放題書こう。そうそう、同人と言えばいつかは『ととのか』についても書かなきゃならないなと思いはじめた。気が重いが。アニメ。『咲-Saki- 阿知賀編』の追加三話が死ぬほど見たいがどうしたものか……。

ちょっきしとは - 活用形辞書 Weblio辞書 ちょっきしとは - 活用形辞書 Weblio辞書
 丁度ぴったりの意。

言えば更なり とは - コトバンク 言えば更なり とは - コトバンク
 わざわざ新たに言う必要もないほどだ。もちろんである。言うも更なり。

咲日和とは (サキビヨリとは) [単語記事] - ニコニコ大百科 咲日和とは (サキビヨリとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
「アニメ阿知賀編にも逆輸入されたアラフォーネタはここ発祥です」そうなんだよね~。阿知賀編のすこやんに苦言を呈する人が結構いたのは、咲日和補正とのギャップがあったからじゃないかなと思っている。麻雀が関わると大人げなくなるアラフォーお姉さんとかかわいいじゃん、ねぇ?

涼森ちさととは (スズモリチサトとは) [単語記事] - ニコニコ大百科 涼森ちさととは (スズモリチサトとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
 はるちんとスーパーマリオの先生が同じだったなんて……。声優さん凄い。『リトバス』の直後にやったのが『カノギ』で(声の使い分けが似たような双子が登場、後者はもちろんエロシーン有)、とても悪いことをしているような気分になったのを覚えている。


 江戸屋ぽち版『アオイシロ』は超良作なので、本編が気に食わなかった人も万難を排して読むべし。登場人物全員に生命力がみなぎっているぞ。本編はどうしてああなった。


 突飛な改変をしているでもなく、忠実にアニメ化されているはずなのにこのつまらなさは何なのだろうか。私の脳内リトバスが美化されているのか。京アニKeyの評価が相対的に上がった。
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:

この記事のトラックバックURL

http://toppoi.blog54.fc2.com/tb.php/710-4291158d

コメントする

※規約
管理者にだけ表示を許可する

コメント

Re: ゆはやさん
 ゆはやさん、こんにちは。さすがに咲のためだけにAT-Xに加入するのはめんどくさいですね。アニメはあんまり見ない人間なんで。ニコニコで配信なら有料になるでしょうか、まだニコニコに金を落としたことがないんですが考えないといけないですね。SSSと宥ねぇの対決、リザベーションあたりが気になってしょうがないです。
 「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」、暗闇の描写もそうですが、やっぱり凡百のエロゲーの文章と比べると引き込まれるパワーが段違いですね(今さらですが)。

Re: 三千百四さん
 三千百四さん、こんにちは。筋金入りの原作厨である私は
> 大事なのは本質で、魂で、それが一緒ならいいんです。
 というメディアミックス作品があまりにも少なくて嘆いております。特にリトバスはノベル主体のゲームなのに、野球や配膳といった割と作り込まれたミニゲームが挿まれるという面白みがあった(いきなりミニゲーム始まったw細かいところまで作ってるしwワロスw)作品だと思いますが、それをそのまんま映像化されてもなんとも反応しようがないですよね。ADVのフォーマットの中であれがあるから面白いのであって。

Re: 深海さん
> ノルウェイの森は確かにわけわからんですね。
> 確かだーまえが同じ著者の「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」をオススメしてた気が・・・。
 深海さん、こんにちは。古くは『ライ麦畑』、最近だと『僕は勉強ができない』ですかね、多感な青年がこましゃくれたことをのたまう系統の作品はどうにも苦手なんですよね。「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」は今まさに読んでいます。えいえんの世界や幻想世界の元ネタって聞きましたね。

先にコメントがあると気分的にコメントしやすいですね!
追加三話は今のところAT-Xでの配信くらいしか情報がありませんが、ニコニコあたりでも配信するんでしょうか

深海さんが書いてる世界の終わりとハードボイルドワンダーランドは
内容はともかく(うろ覚えです)、小説以外じゃ難しい「暗闇を歩く描写」に力を入れていたり、なんというか面白みがありました!
別に薦めはしません

リトバスのアニメは
リトバスのアニメは、ゲームをただ単に動画にしているだけ、と感じます。それじゃあつまらない。面白くない。

ゲームとしての面白さとアニメとしての面白さを――つまり、媒体の違い・持ち味を作り手が理解していないと思うのです。
媒体に合わせた改変は必要なんです、忠実にやればいいってもんじゃないんです。
大事なのは本質で、魂で、それが一緒ならいいんです。
と私は考えています。

ノルウェイの森は確かにわけわからんですね。
確かだーまえが同じ著者の「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」をオススメしてた気が・・・。

Template Designed by DW99