2013年03月31日

新作百合ゲーがいっぱい『ひとりのクオリア』『ふたりのクオリア』『願いの欠片と白銀の契約者』『クラス全員マヂでゆり?! (略)』

 不精者の私が『屋上の百合霊さん』『星彩のレゾナンス』と立て続けに新作レズゲーのレビューを書いたのは、百合業界の現状がさっぱりわからなくなって久しいので(漫画は積みっぱなしジャーマンが増える一方、ライトノベルはそもそも門外漢)、せめて一家言あるADVだけでも新作はきちんとプレイして感想を書こうと心に決めたからだった。しかし、10年代前半のへっぽこ百合ゲー三兄弟(『百合霊』『その花』『レゾナンス』)をいなしたところでもう決心を曲げたくなってきたぞ……。これだけ乱造されて商業フルプライスのクオリティーに到達している作品が一つもないというのはどういうこっちゃね。それに今年はまた百合ゲーがわんさと出るらしいので、意欲の問題以前に時間の都合が付きそうにない。あまり嬉しくない悲鳴だ。気付いたら『その花』の会社の新作が出ているし。あのブランドの作品はもうやらなくていいや。あそこの新作を律儀にやるのは賽の河原で石積みしているのと一緒だ。

『ひとりのクオリア』『ふたりのクオリア』(2013/04/26)
『ひとりのクオリア』『ふたりのクオリア』
クロスクオリアセット
 どういった路線の作品なのかよくわからないが、発売一月前でこれしか情報が出ていないということはまず間違いなく延期だね。普通に発売されたら無能と罵ってくれていい。私は『カタハネ』の熱心な信者ではないし(評価は百合ゲーマーの平均点よりかなり低いと思う)、似非『Infinity』の超展開ゲー『Volume7』には唖然とさせられたので、正直なところ誰かの報告を待ちたいのだけれど……(チラッチラッ)。


願いの欠片と白銀の契約者(アグリーメント)(2013/06/28)
propeller 9th project
願いの欠片と白銀の契約者(アグリーメント)
 「エロゲー業界においてデザインをパクってくるのは日常茶飯事」と少し前の記事で書いたが、何ともタイムリーになった。この作品はそもそも百合ゲーなのかどうか確信が持てないが、制服が『アカイイト』にしか見えないというあほな理由で単騎特攻してみようと思う。骨は拾ってくれ。ちなみに桂ちゃんが本編で着ているのは私服なんだけどな(制服は『京落降魔』で着ていたあれよ)。百合ゲーかどうかはさておき、公式サイトの紹介文から漂う邪気眼オーラが途方もないな。ダブルコーテーションとルビは基本。

ストーリー
“傀儡(くぐつ)” と呼ばれる人形がいた。
人間の社会に紛れ込み、世界の歴史を裏で操ってきた。
しかし、誰が何の目的で人形を生み出し、誰の意志で人形が動いているのかを知る者はいない……

主人公・羽白光奈 (はじろ みな) は、どこにでもいそうな高校1年生の女の子。
最近の日課はお気に入りの人形館に通うこと。
人形館の奥に置かれている “瑠枷(るか)” と呼ばれる一体の美しい人形に会うため、光奈は足繁く人形館に通い詰めていた。
――そんなある日、光奈の世界は一変する。
人の世に紛れた人ならざる者 “傀儡” を視認する力を持ってしまう。
実は瑠枷は世界の未来を左右する力を持つと言われる “ミマ” と呼ばれる存在で、瑠枷と契約(共鳴)することで、光奈は “傀儡” を視認し破壊する力を得てしまう。

光奈は力を覚醒させたことで、人の世界に紛れた “傀儡” を破壊(暗殺)する組織の一員に強制的に組み込まれてしまう。

普通の高校生としての生活を大切にしたい光奈はそんな理不尽な行為に反発するが、彼女の意志とは無関係に、彼女の生活の中に “傀儡” は現われていく。

光奈と同じ組織に属するメンバーには、幼いながら天才的頭脳を持つ小学生・ジェシカ、

華僑財閥に属する妖艶な美女・楊麗鈴 (ヤン・レイリン)、
そして同じ高校に通う統神璃子 (すめらみ りこ) がいる。
光奈は彼女たちと共に “傀儡” と戦い、その中で彼女たちと仲間として絆を深めていく。
そして、謎の美女・高千穂紗代 (たかちほ さよ) との接触と、親友の相沢真琴 (あいざわ まこと) が事件に巻き込まれたことで事態は急変する。

これは、傀儡と人間の戦いなのか?
光奈は自分の運命に困惑しながら戦っていく──


 あ、『闇夜に踊れ』ってこんな話じゃなかったっけか? 体験版もやらないうちにこんなことを言うのは野暮だが『SEVEN-BRIDGE』や『塵骸魔京』のような「世界観とキャラ設定は頑張って作り込みました! シナリオは途中で力尽きました(><)」系ゲームの匂いがするぞ。しかもライターが東出じゃないのか。それになんだ、キャラの紹介文で熱心に解説しすぎではないか。ここに書いただけで満足しないで劇中の描写でも表現してちょうだいよ。

ジェシカ・フランソワ・マグリット CV:花澤香菜
10歳。 イギリス人の父とフランス人の母を持つ白人の小学生。
父親は英国の外交官で、母親は著名なバイオリン奏者。
光奈の通う高校の近くにあるインターナショナルスクールに通っている。
両親はよく海外に出かけてしまい寂しいため、普通の家庭の生活に憧れている。
それが人を見下したような態度となってしまう。
多感ゆえに、周囲の人が抱えた悩みや寂しさや悲しさに無意識に共感してしまうところがある。
また、それを素直に “優しさ” という気持ちで表せず、そんな自分に苛立ちや自己嫌悪がある。


 うっせぇ! 知るか!
 ちなみにキャラの年齢がはっきり書かれている(エロゲのおなごはみな18歳を超えているのだ)ことや声優さんが表の名義を使っている(玄ちゃーの中の人が裏の仕事をしているのか知らんが)ことからわかるように、レーティングは全年齢(R-15推奨)だ。


『クラス全員マヂでゆり?! ~私達のレズおっぱいは貴女のモノ・女子全員潮吹き計画~』(2013/06/28)
「マヂゆり?!」トップページ
クラス全員マヂでゆり?! ~私達のレズおっぱいは貴女のモノ・女子全員潮吹き計画~
 繰り返す、タイトルは『クラス全員マヂでゆり?! ~私達のレズおっぱいは貴女のモノ・女子全員潮吹き計画~』、メーカー公称ジャンルは『ユリユリしくてエッチでレズおっぱいなセクシー潮吹きADV』だ。……やっぱり百合ゲーちゃんとやります宣言は白紙撤回で頼むわ!

商品紹介

MBS TRUTH -Cherish Pink- 最新作は意外にも百合!
女の子とおっぱい大好きな女主人公が、お嬢様学園でイチャイチャもみもみしまくる学園ハーレムADV!
今作は “潮吹きシフトシステム”、“謎の白濁液発射システム”、“おっぱい監査システム&おっぱいコレクション”、“テック@フルアニメーションおっぱいX” を搭載。
潮吹きシフトシステムはヒロインたちの潮の色を変えられるシステムで、黄色くすれば放尿プレイに!
謎の白濁液発射システムは、女の子同士だけどフィニッシュ時に謎の白い液体をぶっかけることができるシステム。
おっぱい監査システムは透視しておっぱいを観察できたり、重量まで知ることができるサポートシステムだ。
男なんていなくてもエッチさ満点!


ストーリー
主人公・初瀬晶は明るくておっぱいが大好き! の変態? な女の子。
女の子の身体の造形が大好きで、特に “おっぱい” にはコダワリがあり、携帯やPCには集めたおっぱい画像のコレクションを築き上げている。
(もちろん両親にはナイショ (ゝω・))

そして “究極のおっぱい” を求めて、可憐で清楚な女の子ばかりが通うという噂のお上様系女子校へと転入し、さらにマンションでの一人暮らしが始まる。


学園には噂通り、清楚で可憐で穢れのない女の子がたくさん通っている。
晶は 「クラスの女子全員のおっぱいを手に入れ、ユリでエッチなハーレムを築き上げる!」 という決意を胸にしながら、マンションを根城に女の子しかいない学園で “おっぱいハーレム” を築くため、おっぱい揉みを励みに孤軍奮闘を開始するのだった。


主人公
初瀬 晶 (はつせ あきら)
身長:157cm  スリーサイズ:B86(C)/ W51/ H81
誕生日:7月19日  趣味:おっぱい研究、カラオケ(音痴)
好きなもの:おっぱいが好き。おっぱい寺の住職になりたい。  嫌いなもの:勉強(理数系)、辛い食べ物
座右の銘:常在乙牌(常にオッパイはそこにある の心を持って生き、事に処す。 の意)

主人公で明るく変態(?)な女の子。

女の子の身体の造形が大好きで、特に “おっぱい” にはコダワリがある。
携帯やPCには、集めたオッパイ画像のコレクションが築かれている。
今回のお嬢様校への転校は、可憐で高潔な “究極のおっぱい” を求めてのこと。
自分の気が向いたことには積極的で、どのような状況でも都合良く受けとめてしまうポジティブ&マイペースなお人。


 突っ込み所だけで紹介文を作られるとどこを強調すればいいのかわからない。

 というわけで、購入が確定しているのは『願いの欠片』のみ、『クオリア』は有識者の評判がよかったら手を出す。『マヂゆり』はたぶん奇特な方がやってくれるだろう……。
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

この記事のトラックバックURL

http://toppoi.blog54.fc2.com/tb.php/732-b88e5b3d

コメントする

※規約
管理者にだけ表示を許可する

コメント

>ゆはやさん
 ゆはやさんこんにちは。思えばアカイイトも少女セクトもマリみてバブルの時代に生まれてきたわけで、全体数が増えれば傑作も増えるかもしれないですね。
 いや、3番目はいくら何でもお下劣すぎて……。売れるでしょうか?

駄作っぽいのもありますが、百合ゲーが売れるという風潮になってくれればうれしいですね
全体の量さえ増えれば、思いもよらぬところから傑作が落ちてくることもあるので
なんだかんだ三番目がいちばん売れたりして

Re: FL1-110-233-163-100.tky.mesh.ad.jpさん
> 相変わらず読む価値の無い駄文でグチグチ言ってるのか
 ご期待に添えず誠に申し訳御座いません。

相変わらず読む価値の無い駄文でグチグチ言ってるのか

Re: 遊鬱さん
 遊鬱さんこんにちは。聞くところによると『百合霊』も『その花』もそこそこ売れたらしいですよ。私はどちらも退屈で寝ちまいそうでしたが。
> しかし、3本見た中で(1本目は評価不能)は、『マヂゆり』が一番楽しそうに思えるのですけれど…。
 Here come a new Challenger! 意外なところから援軍が来ましたね……。
 ランク・能力の可視化は難しいですよね。『Fate』もわりとKIAIとSHINNENで逆転しますしね(元ネタのジョジョスタンド解説が割とアバウトです)。ADVはルート事の展開に差を付けるために逆転があっちゃこっちゃで起こるのでなおさら難しい。

 最近の百合作品でもっとも楽しかったのは『咲-Saki-』です(宣伝)。麻雀を習得していらっしゃるならぜひ。

Re: 名無しさん
> シロガネオトメとついゆりってエロゲーも百合ゲみたいですよ。
 情報提供ありがとうございます。雨後の竹の子のようにぼこぼこ出て来ますね。

有識者(笑)そんな呼称がなんとなくツボにハマりました!まあPC・ADVも衰退期を迎える中で下手な鉄砲も戦略がとれなくなり、ニッチ戦略で百合を選択したその心意気やいかにといったところでしょうか?

しかし、3本見た中で(1本目は評価不能)は、『マヂゆり』が一番楽しそうに思えるのですけれど…。どの作品とは特定しないけれど、例えばFateの宝具ランクをABC設定を代表に強さを数値としてゲーム内で表現するのはロープレならばともかくADVではうまくいっていないように思うのですよ。

シロガネオトメとついゆりってエロゲーも百合ゲみたいですよ。

Template Designed by DW99