2013年06月23日

結局フェアリーはタイプ一致以外では使いづらそう

 ポケットモンスター第六世代『ポケモンX・Y』で新タイプ「フェアリー」が追加されるらしい。新しいタイプの追加+既存ポケモンのタイプ変更は実に13年ぶりなのか。リーク情報によるとフェアリーはドラゴンやあくやかくとうにばつぐんで、ほのおやエスパーに今ひとつ、弱点はどくやはがねで耐性はドラゴン(無効? 半減?)など、らしい。メジャータイプのドラゴン・かくとう下げ、不遇のどく上げ調整なのだろうが(あくは見放されたのか……?)、同じドラゴン対策でもばつぐんの取りやすさではこおりの方が上なので、他のタイプがフェアリーをサブウェポンに持つことはあまりなさそうだな。……いやしかし、かくとうにばつぐんを取れるのはなかなか魅力だな……。とりあえずぞうきんことマリルリは試験的に増えるのは間違いない。フェアリータイプ物理技の威力次第だけど、等倍の範囲が相当広いからなぁ。単タイプは全て等倍が取れる。ついでに水物理の高火力技追加も期待しちゃうぞ。私のシザリガーくんもほしがっているんだ。
 あ、うちのサイトで初めて、一つの記事に対してコメント数が100個以上付いたんだけど、それが百合関連でもアカイイト関連でも咲-Saki-関連でもKey関連でもなく、ポケモン関連の記事だった。何のサイトなんだうちは。
ポケットモンスター第6世代に期待すること 対戦環境の改善要望

「じゅんこ【醇乎・純乎】」 の意味とは - Yahoo!辞書 「じゅんこ【醇乎・純乎】」 の意味とは - Yahoo!辞書

心情・行動などが、まじりけがなく純粋なさま。



龍門淵透華と「治水」と龍神様 - 私的素敵ジャンク 龍門淵透華と「治水」と龍神様 - 私的素敵ジャンク
 冷やしとーかや姫様のような神降ろし+オートモード型がこれからどういった扱いになるのか気になるところ。のどっちについても。伝奇的な意味合いについても後でちょっと書くかも。

憧の体温はあったかい?――高鴨穏乃の平熱と,新子憧の温度 - Danas je lep dan. 憧の体温はあったかい?――高鴨穏乃の平熱と,新子憧の温度 - Danas je lep dan.
 評論に勝ったも負けたもないが、読んだ瞬間「負けた」と思った記事。私のはちと二極化して考えすぎた。しずと憧が二人いて熱くて楽しいというのは完全に同意。

作中の矛盾点 : うみねこのなく頃に まとめWiki 作中の矛盾点 : うみねこのなく頃に まとめWiki

「親父を、お袋を、そして縁寿を。(略)お前はあれだけ弄んで殺した…!! その非道を、俺は絶対に忘れない、許さない!」と言っていたのにベアト介護しているのが意味不明。


 エロゲーについてはやっと『うみねこ』を最後まで読み終わった。「Whyを大事にするミステリー」とは一体何だったのか?


 WIFI対戦でここまで露骨な改造が出来ることに驚いた。


 赤すこにケリを付けてくれてほっとした連載当時/私もリザベには言いたいことがあるんだが「課金アイテムwww」ってコメントはちょっと……にこにこどうがにまじになっちゃってどうするのだけど。


 不覚にもマホが咲の手を見たときの「なんなんですかあれ?」で爆笑。


 あがちの人がデレた!? そしてあのモザイクにやさしさを感じた。
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:

この記事のトラックバックURL

http://toppoi.blog54.fc2.com/tb.php/748-e46d8dca

コメントする

※規約
管理者にだけ表示を許可する

コメント

Re: DG-Lawさん
 いえいえ、大丈夫ですよ。メアドの件も承知しました。

> 自分で書いてて謎の天啓が頭から降ってきた感じでしたね,コレ。
> どこからその発想が降ってきたのか,自分でもよくわかりません。
 しかも何気に着地が巧く決まってる(ブコメやコメント欄での発展)のも笑いを誘ってやみません。何かを捨てて(切る)何かを得る(ツモる)という所作や、一度配置されたら揺るがない牌の山(一般的にはそういうことになっている)に挑む構図から、人生、運命に喩えられるのもむべなるかなですよ。

便乗して。
この間はメールをスルーしてすいません。スマホに買い換えてた作業の途中で来たようで,この間気づきました。というわけでガラケーからスマホになりましたが,こちらのメアド・電話番号は変わってないです。


>真面目な考察からカルヴァン派へのウルトラC着地
自分で書いてて謎の天啓が頭から降ってきた感じでしたね,コレ。
どこからその発想が降ってきたのか,自分でもよくわかりません。

Re: mukkeさん
 お世話になっております。私は因数分解的な考え方というか、自分の琴線に触れた作品に共通する要素は何なのか? と突き詰めていくのが好きなので(他の作品を毎回引き合いに出すのはそのため)、そこが気に入ってくださったならうれしいです。文章を作るのが遅い上に凝り性なので更新頻度は亀の歩みですが、まだまだよろしくお願い致します。
 咲界隈はほんと多種多様な人がいて面白いですよね。先日もDG-Lawさんの真面目な考察からカルヴァン派へのウルトラC着地で大笑いました。

なんかすごい今更なコメントになってしまいすみませんが,わたしの方こそいつもとっぽいさんの考察読む度に敗北感を噛み締めている感じなので,そう言っていただけると非常に光栄です,はい。王道物語がどのように面白いのかを真っ向から解説する筋の通りっぷりはほんと毎回凄いなと思ってます。わたしは基本細かい言葉尻をネチネチと捉えて世界観を考えているので真っ当にプロットを論じてその面白さを主張する論には痺れるばかりです。これからも楽しみにしてます(プレッシャー)

先日ちょっと呟きましたが咲考察クラスタは考察の方向性に個性がすごく出てて面白いなあと。
http://h.hatena.ne.jp/Mukke/299910776764700913

Template Designed by DW99