2014年04月13日

咲-Saki-の嘘ゲーム『SAKI』元ネタ解説&ドット絵

 ……というわけで、エイプリルフール企画の嘘ゲーム『SAKI』にお付き合いいただきありがとうございました。検索フレーズを見ると、真面目にゲームの情報を検索してくれた人もいたようで、作った甲斐がありました。嬉しい限りです。
 うちはテキストコンテンツ中心のサイトなので、なかなかのふいうちをかませたと思うのですがいかがだったでしょうか。そうそう、なぜやにわにこんな企画を始めたのかというと、そろそろ『咲-Saki-』カテゴリのまとめ記事を作ろうと思っていて、テキスト以外の目で見て楽しいコンテンツもほしいと思ったのが一つ、私の入魂作『チョコレ誕生の図』がふたばの咲-Saki-スレで見るも無惨に駄コラされていて、変な笑いが出るのと同時に「コノヤロー見返してやる」と思ったのが二つです。

5分ぐらいで描いたチョコレさん
2週間くらいかかったSAKIプレイ画像"

 普段テキストばっかりかたかた打っているもんだて、各キャラのドット絵や背景をちくちく作り、組み合わせて似非ゲームを作りこむというのは新鮮な感覚でした。始めは終わりが見えなくて死にそうだったのですが、素材が出来てくると割とキャラを自由にしゃべらせることが出来て楽しかったです。しかし、おそらく今までで最長のテキスト記事よりさらに時間と体力を使ってしまったので、似たような企画をやるとしたら二、三年後のエイプリルフールになると思います。忘れた頃にまたふいうちを仕掛けるので、よろしければお付き合いください。

【画面周り・ドット絵全般】
 任天堂の名作RPG『MOTHER』のパクリである。世界観、グラフィック、音楽と絡めた演出がファミコンのクオリティをぶっちぎっている。ゲームバランスに難ありだが、今でもプレイする価値が確かにある。続編の『MOTHER2』も任天堂の黄金期を代表する名作なのでぜひ。『MOTHER3』についてはノーコメント。
 なぜこのソフトを参考にしたかというと、たまたま手元にあったというだけ。『咲-Saki-』と特に関連はない。しいて言うなら、すっとぼけた台詞回しは似ているかもしれない。

【りつべぷぅ】
 こんちゃかわ!
【いいね いいね】
 爽がきわどい制服を着せようとしても抵抗しないユキに対して一言。
【よろしくお願いしま-す】
 揺杏がリーチを掛けて、部長から振り込みの支援を待っていたときのセリフ。ヒモキャラを確立させた一言。原作を読み返してみたら♪はついていなかった。

【セアミィ】
 ゆーきの腰に付いている猫蛇。
【エトペン】
 言わずもがな和が抱いているぬいぐるみ。
【トンボくん】
 鶴賀の部室にある漫画の主人公らしきもの。
【らいおん】【うさぎ】
 共に灼ちゃんの謎Tシャツの柄。三ッ首うさぎはまさかのBD特典漫画へと出演を果たした。
【アヒルちゃん】
 拍手すると飛ぶ謎おもちゃ。
【しんどうくん】
 『咲日和』で羊先輩こと江崎仁美が部の日誌に書いたマスコット。人の子なのでパパとママがいる。
 後ろのディスプレイに映っているのは【ジュースくん】。鶴賀の雀卓にはこのキャラが印刷されている。
 木吉紗は謎マスコットを生み出す天才だと思う。

【できたァ】
 揺杏が32000点まで削られたときの台詞「減ったァ」の改変。語尾に揺杏のお気楽さがよく出ていると思う。
【トイレは入れるところじゃなくて~】
 あのウンコマンが全国編EDであんなに禍々しいオーラを放つとは予想だにしていなかった……(この嘘ゲームを作っていたのは全国編放映中)。
【そこまで!】
 有珠山の控え室がカオスすぎる。

【小瀬川さんマニア】
 本編第92局に登場。シロが部の外でも人気なことを説明するキャラクター。「小瀬川さ—ん、食堂行かない?」「今日もダメか~残念!」というセリフだけなのに知名度抜群。
宫守女子生徒A - SakiWiki
【○んむりとかげ】
 このままググっても出てきたのでOK。シロ塞への情熱で特に知られる有名サークル。このシロ好きモブさんもよく描いてくれる。

【シロとトイレ】
 咲日和でのコタツから出られない話、本編で副将戦の休憩中に塞の様子を見に行ったときの照れ隠し、再び咲日和のだらけネタで、都合三回トイレネタをこなしている。
【ポスターの女性】
 昔打った『少女セクト』の藩田思信様を流用。名作なので百合好きの咲-Saki-クラスタは読むべし。画面下にいるのはみはるんのつもりだったが、なんかうまくいかなかったので文面ではスルーした。
【いっしょにいく?】
 エイちゃんへの殺し文句「一緒に来る?」の改変。

【執拗に相棒の着衣を着込もうとする人】
 憧についてはそのうちもう一本記事を書く予定なのでこうご期待。
 左下にいるのはともきーのつもりだが似なかったのでスルーした。
【高天原】
 高鴨穏乃、天江衣、原村和の三人からなるユニット。天照大神のようにいつの間にか定着していた呼称。咲に立ちはだかるライバルたち(byDGさん)。だいたいどこのユニットにもいる衣さん半端ない。
【山の民】
 うちのブログを読むなら『水月』は必修科目である。必ずプレイすること。

【級友】
 全国編EDのキャスト紹介における小瀬川さんが好きすぎる人の表記。残念ながら本名は明らかにならなかった。『シノハユ』でチェスしてるだけの少年に名前を付けていたりつべのことだから、公表していないだけで名前はあるのかもしれない。

新子憧新子憧(穏乃‎の脱ぎたてジャージを着て憧のボディも覚醒!)高鴨穏乃高鴨穏乃(阿知賀制服)岩館揺杏真屋由暉子
獅子原爽小瀬川白望姉帯豊音シロキチさん稲村杏果吉留未春のような誰か
沢村智紀のような誰かしんどうくんジュースくんトンボくん

 爽、シロ、姉帯さんがお気に入りです。
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags: 咲-Saki- 

この記事のトラックバックURL

http://toppoi.blog54.fc2.com/tb.php/794-e8a90433

コメントする

※規約
管理者にだけ表示を許可する

コメント

Re: i125-202-207-63.s10.a017.ap.plala.or.jpさん
 じゃああと三十年ぐらいしたら、辞めますね。

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

 現代を舞台にしたゆるゆるRPGはもっと増えていいですよね。MOTHERは百貨店を上から下までだらだら見て、キャッシュディスペンサーでお金をおろして……といういい意味での一手間が面白いと思います。
 ポケモンの開発コンセプトは「携帯でMOTHERの世界を再現する」だったような。

MOTHERシリーズの後継作として現役のタイトルがポケモンですが、他にもこういうテイストのRPGが沢山あってもいいですね。

Template Designed by DW99