2014年12月11日

アスとれ! ほか月の水企画雑感

アスとれ!
月の水企画

 サークルページにさりげなく『苗床デモンズグラウンド』の新キャラっぽい子が載っているな。
 王道風ド外道百合RPG『レディナイト・サーガ』シリーズなどで知られる同人サークル「月の水企画」の新作が予告なしで公開されているぞ。その名も『アスとれ!』。なんと本編をプレイするだけなら無料という大盤振る舞いだ。ちなみにお金を落とすとおまけの前日譚、後日譚やアステル様の(ひどすぎる)設定資料が読める。
 『リリィナイト・サーガ』の押しも押されぬ人気キャラ、守護騎士長ことわれらがアステル様を主人公にしたスピンオフの小品だ。これはひどい……。外道っぷりがいつにもましてひどいよぉ……。こんなのってないよ……。作品を紹介したことで品性を疑われるレベルのひどさなのでシナリオについての感想はオミットしておこう。設定資料で気になったことがいくつかあったのでつらつらと。

 「堕落しきった守護騎士の最後の砦!」「お堅くてうぶな清純派!」「良識派!」とか言われていたアステル様はもういない。ステラ(kssm)やエスト(est)さんとは別方向の問題児や。アステル様ちょろすぎる。というか、ドラケイナ王国の国民は仮にも最強の守護騎士を軽く扱いすぎだ! セックスシンボルくらいにしか考えていなそうだぞ! 国民性が全体的にヤバイ。
 というか、つきっきりのはずの第一王女ミリアムは何をしてるんだ……?
 真面目な話、主人公格のキャラクターで一番人間がしっかりしているのはロザリーだと思う。身体を苗床にされているのにあのあっけらかんとした態度とイケメン対人能力は賞賛に値する。
 「あなた達」ことモブ一族の、アステル様をはめるための連携があまりにも統率が取れていてちょっと怖かった。この人たち、ミサカネットワークか『トライガン・マキシマム』のザジ・ザ・ビーストのように種族全体で意識を共有してるんじゃなかろうか……。
 アステル様が「狭間の従者」という魔物にマーキングされている設定が公開されたが、なんとなく恒例の現代チックで崩壊した平行世界(閉ざされた裏世界、だっけ?)を思わせるキャラだ。『DC』では愛海やヤガミがいて、『LI』では異界獣と「マナ」を探す少女がいたところ。これはデモンズグラウンドにアステル様が召還されるフラグではないかと勘繰る。
 露天風呂でアステル様をなぶりものにしたのはロザリー一行(リーリヤ、フレイア)とローレル(壺淫魔)一行(アイリス、アニタ、ゼフィー)だね。ぷに子がいないのは……「スライムの魔姫はお風呂につからない」とリリィでノワールが語っていた気がする。そしてアニタ先輩、地味に皆勤賞達成!
 その後に登場したお尻の魔蝕族は、ピスリスが東国に連れてきたあいつだね。

 このサークルの作品は同人離れしたクオリティで、過去作品はどれもべらぼうに面白かった。正味な話、新作は「人生の楽しみ」レベルで待ち望んでいる。『咲-Saki-』の続きと同じくらい気に掛かっている……と言えば期待度の高さが分かってもらえるだろうか。今年の作品『リリィナイト・サーガ』や過去作『苗床ダンジョンクロニクル』のレビューはいつか必ず書くので、興味があれば待っていてほしい。ただ、陵辱の外道っぷり(「苗床」という字面だけで察してしまうかな)とふたなり触手祭りが万人にお勧めするのを躊躇させるんだよなぁ。ブサイクの作品なんかを平気でプレイできて、かつ百合作品が好きな人にはぜひお勧めしたい。
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags: 百合 

この記事のトラックバックURL

http://toppoi.blog54.fc2.com/tb.php/824-306b0b28

コメントする

※規約
管理者にだけ表示を許可する

コメント

Template Designed by DW99