2014年12月21日

2014年にプレイした百合ゲーまとめ

 ふと気付くと一年を総括する記事を書く時期に入ってしまっていたので、今年一年でプレイした百合ゲーレズゲーの感想をリンク付きでさらっとまとめておく。

別格
『アカイイト』(過去作) レビュー前編後編
アカイイト

非常に面白かった
『リリィナイト・サーガ』
『苗床ダンジョンクロニクル』(過去作)
月の水企画

面白くなかった
『クロスクオリア』(ひとりのクオリア、ふたりのクオリア) レビュー
【ひとりのクオリア】【ふたりのクオリア】【クロスクオリアセット】発売予定!

割と苦痛だった
『FLOWERS』 レビュー


クソカス
『リリウム×トライアングル』 レビュー

(スルーした)
その花びらにくちづけを 天使たちの約束
【天使たちの約束】応援バナー

 『アカイイト』は今年で十周年だよ……。十年、十年か。あれからずいぶん遠くに来たものだ。そして、何かと理由を付けてずるずる引き延ばしていた総まとめのレビューを宣言通り書き上げることができた。普段は自分で自分を追い込むようなことは絶対に書かない主義なのだが、こればっかりは期限を設けて、退路を断っておいてよかったわ。書きたいことを片っ端から書き連ねた結果、前後編に分けたにも関わらず途方もない長さになってしまったが、今の自分に書けることはだいたい書けたと思う。このレビューが書けただけでも、ブログをだらだらと運営していてよかったと心の底から思った。とても自己満足のよい仕事ができた。この作品単独のみならず、ノベルゲーム全般に関する総論的な意味合いもあるので、時間があったら読んでみてほしい。
 レビューのために何周目になるかわからない再読をしたが、やっぱり別格に面白いわこれ。類い希なルート構成と豊穣な筆力から換算される、読ませる力が圧倒的すぎる。今年出た見た目ばっかし綺麗な作品は足元にも及ばない。元気いっぱいな時の麓川御大はつくづくよい仕事をする。

 今年の収穫は何と言っても月の水企画の作品を知れたことだ。おっもしれー! 私は基本的に同人作品はカウントしない主義なのだが、これは別格の面白さだ。人生のささやかな楽しみがまた一つ増えたよ。とりあえずグラン王家四姉妹が全員登場するまでは死ねない。このサークルの作品はRPG部分の面白さが一本の太い柱になっている。ゲームバランスよし、シナリオ面白し(特に『苗床』はうるっと来た)、やり込み要素多し、イラストかわいし、音楽も……流麗な旋律かどうかはさておきファンサービスがよし。普段はRPGなんてめんどくさくてやってられないと思っている私だが、誘導されるままついつい没頭させられてしまった。百合ゲーとしては最新作の『リリィ』が一番お勧めできるかな、ちょっとえっちな女騎士のestさんがヒロイン五人と婚約できる素敵なゲームだ。正直に言うと、自分がシオシオのパーになる要素もぎょうさん盛り込まれているのだが、ゲームとしての面白さで必ず元が取れるという安心感がある。そして同人ゲームなだけあってコスパが恐ろしくよいね。金額単位の満足度で言えば、これに太刀打ちできるのはそれこそ『ととのか』くらいしかないぞ。『リリウム×トライアングル』が3000円で『リリィ』が1500円というのは世の中間違ってると思う。

 『クロスクオリア』『FLOWERS』はブランドやライターの過去作品から期待値を低めに設定したにも関わらず、それを下回るくらいの出来だった。笛のシナリオ担当さんは『Volume7』から「まるで成長していない……」で逆にびっくりした。この方は作品の御大層な構想に対する自分の構成力の無さを認識した方がよいと思う。あと、シナリオが退屈で自己満足なのは百歩譲ってよいとして、笛に絵を描かせるという仕事すら放棄しているのは割と度し難い。シナリオはもういいから、そこだけはがんばってちょうだいな。イノグレは相変わらず音と絵だけは素晴らしい。旧時代の遺物であるメーカーが「美しい少女たちが集う閉ざされた学院」「仮初めの友、彼女らへ向けられる仄かな恋心」とかいう手垢のついた舞台設定と題材で一作作ろうものなら、どんな作品が出来るか推して知るべしだ。『百合姫』レベルの稚拙な価値観と登場人物の理解に苦しむ行動の嵐、加えて百合ゲージ(笑)ミステリィ(笑)という二大クソシステムが搭載されていて、割と苦痛レベルの出来に仕上がっている。何でも分割商法のプロジェクトらしく、これから夏、秋、冬と順々に発表されていくそうだが、方針変更でエロありにでもならない限り私はやる予定がない。人柱待ち。

 『リリウム×トライアングル』、これは ひどい。たとえ3000円でも許し難いレベルのクソっぷりや。お兄さんCD媒体やテキストウィンドウが2行の画面構成なんて久しぶりに見たんだけど。『その花びらにくちづけを 天使たちの約束』……ふぐり屋と円まどかという私の中での百合ゲー業界マンネリ二大巨頭が手を組んだ作品だ、はっきり言って興味なし。
 
2013年の百合ゲーラインナップ(うちの過去記事参考)
『願いの欠片と白銀の契約者』
『クラス全員マヂでゆり?! ~私達のレズおっぱいは貴女のモノ・女子全員潮吹き計画~』
『御伽話は闇の中』
『その花びらにくちづけを 天使のあこがれ』
『シロガネオトメ』
『星彩のレゾナンス』
『悦楽の嵐』
『苗床ダンジョンクロニクル』

2014年の百合ゲーラインナップ
『リリィナイト・サーガ』
『クロスクオリア』
『FLOWERS』
『リリウム×トライアングル』
『その花びらにくちづけを 天使たちの約束』

 う~ん、どっこいどっこい、かな……。前年と同じく、「乱造」と言うほど数が出ていたのかという疑問は置いておいて、かなり「粗製」であったのは間違いないと思う。悲しいかな、百合ゲー業界にはまだまだ「コレシカナイ需要」があるのは如何とも否定しがたくて、それを狙ったよくわからんメーカーの参戦はしばらく続くと思っている。そうして築かれるであろう死屍累々の中に、後世に残っていくような名作傑作が一つでも二つでもあることを切に願っている。

 なお、百合ゲー以外の作品は『キラ☆キラ』『螺旋回廊』『ゆのはな』を読破した。三つとも面白かったよ。スェンダーでクリスマスプレゼントで俘囚だね。新作は一個も読んでいないというていたらくだが……まあめぼしい作品もなかったしね。

 次の記事はおそらく、2015年発表予定の百合ゲー紹介記事だ。来年はけっこう出るらしいよ。
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

この記事のトラックバックURL

http://toppoi.blog54.fc2.com/tb.php/825-7bbda1e6

コメントする

※規約
管理者にだけ表示を許可する

コメント

Re:KD182249245165.au-net.ne.jpさん
〉自分の好みだけ評価高くて気に入らないのを中傷するとかゴミだな
おっしゃる通りでございます。

お前はゴミだな(笑)
ここの人の感想がゴミ過ぎて草、自分の好みだけ評価高くて気に入らないのを中傷するとかゴミだな

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

Re:ntchba226064.chba.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jpさん
はい、さようなら。

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

Re: タイトルなし
> 今まで色々は百合作品のレヴューを読んできましたが
 そうなんですか、すごいですね。

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

Re: しゅんかちさん
 しゅんかちさん、初めまして。『アカイイト』に波長が合ったようでよかったです。そしてレビューについても、そこまで褒めていいただけるとがんばって書いた甲斐があったというものです。どうもです。
 『ふたなり姫と隷属の少女』は存在を知っていて、絵が綺麗だなーとは思ってましたが、実は私、ふたなりがどうしても苦手なんですよ……!(『リリィナイト・サーガ』を推していることからは目を逸らしつつ) 物語の途中で生えたり、生えてるキャラが登場したりしたから手のひら返しで評価を下げたりすることはしないようにしていますが、最初から前面に押し出している作品はちょっと躊躇してしまいます。時間があれば、というところですね。

Re: ペッパ~さん
 前面に押し出して、そこで力尽きているんでしょうね。妙なこだわりがある分、そこだけに傾注して後は散漫になるという。あと、名前に安直にも百合だの花だのFLOWERだの付けている作品の駄作率はかなり高く感じます。

 私は同性カップルしか登場しないが話が昼寝こいちまうくらいつまらない『その花』より、まともな女同士のカップルがひと組だけだがエロゲーの集大成と言うべき傑作『すばひび』の方が断然好きです。

はじめまして。百合好きの男子です。
今年、PS3で『アカイイト』をプレイして感動しました。こんなに素晴らしいゲームが存在していたとは。プレイ後も熱が冷めずに、何週もくりかえしプレイしています。
そしてアカイイトで検索しているうちに、このサイトに辿り着きました。10周年のレビューは僕が表現したいことをすべて代弁してもらえたようで気持ちよかったです。ルートごとの伏線をピックアップした記事にも驚かされるばかり。正気の沙汰とは思えない(褒め言葉)。
これからもサイトの更新&アカイイトの布教をがんばってください!

余談ですが(もしくは本題)、とっぽいさんは『ふたなり姫と隷属の少女』という百合ゲー(エロゲー)をご存知でしょうか?
タイトルから察せるとおり、百合ゲーなのに百合好きにおすすめできません。しかし、まちがいなく傑作です。
百合やエロにかぎらず、ここまでシナリオや心理描写が優れているノベルゲームは貴重ですよ。
騙されたと思ってチェックしてみてください。おなしゃす。

百合を前面に押し出したゲームというのはなぜか名作が少ないような気がしますね。(単純に供給が少ないから?)
もはや百合ゲーの百合でなくノット百合ゲーのおこぼれの百合に期待するしかないのでしょうか。

Re: 大木さん
 残念ながらクオリアはカタハネ系統ではなくぼるしち系統です。(そして実は私のカタハネ評価はあんまり高くない)
 アカイイト級のゲームがぽいぽい出てくれたら、毎日が楽しくて仕方ないでしょうねぇ。

カタハネは百合どうこう抜きにしてもシナリオの優れた名作だったけどクオリアはハズレだったか
赤い維斗レベルのノベルゲーがプレイしたい

Template Designed by DW99