2014年12月30日

2014年自薦記事10本

 今年も何だかんだで『咲-Saki-』記事ばかり書いておった。Aブロック準決勝は今のところ全試合が面白いという凄まじい密度なので、りつべにおかれましてはこのままペースを気にせずみっちり書きたいことを書いてくれたらと思っている。あと『シノハユ』も面白いね。最新号で母親の失踪に関して麻雀の裏世界が垣間見えたが、どういった方向に話が転がるのだろうか。展開から目が離せないぜ。

阿知賀女子学院のIH準決勝における見事なリレー
 勘違いされがちだが、私の『阿知賀編』に対する評価は全体的にかなり甘いと思う。しかし……(下に続く)。
あなたも明日から咲-Saki-考察ブロガー! 考察とは因数分解と似たり
 最近因数分解という考えに凝っているので、より汎用的に発展させた記事を書こうと思っている。いつになるかはわからないけど……。
咲-Saki-能力バトル講座 第4回 適材適所とジャイアントキリング
 この漫画は能力バトルの王道を行く作品だよなぁというお話。最強の能力者に送られた刺客が最弱の能力者! というシチュエーションは最高に熱い。
咲-Saki-のドット絵ゲーム『SAKI』プレイ日記その1 メンバー勧誘編
 毎回唐突に作るテキスト以外のネタ。たまにやると楽しくて仕方ないんだなこれが。実はそのうちこういったゲームを作ってみたいと思っているんだよね。
新子憧は変態淑女にあらず、いとけない少女なり
 ボクこじつけ深読み考察大好き! 考察の楽しさはこじつける楽しさだよ。
鶴姫とシローズによるリザベーションの強さに納得がいかない
(続き)この能力のごり押しだけは今まで築いてきた説得力や法則性を損ねてしまったと今でも思っている。割とよく書けた記事だと思ったが、評判はすこぶる悪かった!

エロゲーの日常曲が好きだ
 遅れていろんな人にはてブを付けてもらって嬉しかった記事。あの胸を掻きむしられるような感傷をわかってもらえるだろうか。
FLOWERS レビュー・感想 イノグレ-ダメ主-変死体=?
 私は普段評判がよい作品を後追いでやるスタイルなので、ここまでゲーム性がカスな作品に激突したのは久しぶりだった。なお、シナリオもぽんこつである。
アカイイト レビュー・感想 傑作百合ゲー、ノベルゲームが到達した最高点の一つ(前編)
アカイイト レビュー・感想 傑作百合ゲー、ノベルゲームが到達した最高点の一つ(後編)
 下期はこの記事と盲腸で力を使い果たした感がある。これが完成できたので、正直、後は失踪してもいいくらいののんびりした心持ちでいる。

 来年もまったりペースで運営していこうと思っているので、よろしければお付き合いいただきたい。
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:

この記事のトラックバックURL

http://toppoi.blog54.fc2.com/tb.php/827-6a858bce

コメントする

※規約
管理者にだけ表示を許可する

コメント

Template Designed by DW99