2015年05月24日

地味に華扇ちゃんもすごいことになっていた

 久しぶりに映画館へ映画を見に行って、それが北野武の最新作『龍三と7人の子分たち』だったのだが、割と真剣につまらなくて落ち込んでしまった。飲み屋での点数計算などくすりと笑えるところもいっぱいあったのだが(周りのお客さんもなかなか笑っていた)、全体的にギャグの感覚が錆び付いていた。下ネタや不謹慎ネタの天丼は見ちゃらんないぜ。しかし、よくよく考えればたけしのギャグ路線映画の後半三十分が苦痛なのは毎度のことだった。
 マリみて1巻の刊行年が1998年だった。私はこの頃は、小学校の同級生とポケモン金を狂ったようにやっていたな……。
 東方の新作二本『紺珠伝(体験版)』『深秘録』の情報を集めたが、ここに来てえらく話が動いたな。何となく東方時空はときどきシリアスを交えつつものほほんと続いていくものかと思っていた。そして秘封倶楽部の本格参戦は衝撃で電流が走った。

滝夜叉姫 - Wikipedia 滝夜叉姫 - Wikipedia

 滝夜叉姫(たきやしゃひめ)は、平将門の娘とされる伝説上の妖術使い。本来の名は五月姫(さつきひめ)という。



「白衣性愛情依存症」と「FLOWERS 夏篇」の百合対談が実現!ゲーム制作にかけるこだわりや“百合”ならではの表現手法などを大いに語る!|Gamer 「白衣性愛情依存症」と「FLOWERS 夏篇」の百合対談が実現!ゲーム制作にかけるこだわりや“百合”ならではの表現手法などを大いに語る!|Gamer

――作中で男性が出てこないということで、書き方に変化があったりはするのでしょうか?

向坂氏:私は元々、好きになった人がたまたま女だったというスタンスの百合を書くことが多いので、相手が男だから女だからという感じの差ではないんですね。

みやざー氏:百合のゲームの中での男の役割って、同性同士の恋愛の禁忌を強調するためのファクターだと思うのですが、うちのゲームでは女性同士の恋愛の禁忌というのは触れない方向で「ソルフェージュ」あたりから作っています。なので、逆に言うと装置としてあまり必要ではないので、結果的に男性はいてもしょうがないという部分で作っていて、ユーザーさんに対して安心感を与えつつ、うちが見せたい部分が表現できるのであればいいと思っています。そのあたり、「FLOWERS」ではミッションスクールという、特殊な女の園を舞台にしていますよね。


 「触れない」ってアンタ……。「禁忌であってたまるかクソがッ!」ではないのね。
 どおりであの程度の作品しか作れないわけだ。

nix in desertis:2015冬アニメ感想(主に艦これとモバマス) nix in desertis:2015冬アニメ感想(主に艦これとモバマス)
 一話でちゃんとループものであることを仄めかしていたまどマギはえらいということで。
 恋愛原子核説を採用しても、やっぱり「キモい」という問題が解決しない気がする。

山人という言葉で繋がる宮守と永水 - 私的素敵ジャンク 山人という言葉で繋がる宮守と永水 - 私的素敵ジャンク
 そういえば深秘録で山女が登場していたな~。もうすぐ『咲-Saki-』キャラでチーム東方が作れるぞ。

艦これアニメ最終話を終えての阿鼻叫喚まとめ - Danas je lep dan. 艦これアニメ最終話を終えての阿鼻叫喚まとめ - Danas je lep dan.
 怖いもの見たさで例の10話だけ見たが、どんな時代背景で、あの拠点がどんな場所で、変な装備の娘たちとBETAみたいな敵が何者で、いったい何のために、どうやって戦っているのか全然わからなかった。目的がわからん。 


 やっぱり武美だよね!
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:

この記事のトラックバックURL

http://toppoi.blog54.fc2.com/tb.php/839-9a1c7c4d

コメントする

※規約
管理者にだけ表示を許可する

コメント

Template Designed by DW99