2015年08月09日

シノハユでも本編でも赤土さんちの晴絵さんの株価が青天井のストップ高

 先々週の土日は『咲-Saki-』関連書籍4冊同時購入(限定版の『咲日和』OADも含めると5作品)で、リピート視聴の『咲-Saki-』づくしで終わってしまいました。有意義な時間の無駄遣いをしましたなぁ。色々な新発見がありましたが、やはり、まだ人間像が確立されていない高遠原の加藤ミカさんが、新道寺女子を目指している情報にビビビッときましたね。あえて九州の新道寺というのは、やっぱり煌先輩がいるからっすよね……。
 自分のブログの検索ワードを眺めるのが好きなんですが、突然上昇している検索ワードは何が原因なのか無性に気になったりすることがあります。先週の土日から秋山はるの『オクターヴ』で飛んでくる人がやにわに増えているのですが、何かあったのでしょうか(オクターブ ネタバレ が特に多い)? 大手のブログでこの作品が紹介されていたとか? ご存じの方がいたら教えてください。

続・悦楽の胤 続・悦楽の胤
 紹介するの忘れてました。私はやらないからいいや。

かんむりとかげ : 砥森山登山記 かんむりとかげ : 砥森山登山記
 宮守の語源。
 『咲-Saki-』で伝奇ネタが出てくると、反射的に東方とアカイイトに同じネタが出てきていたかどうか考えてしまうのですが、坂上田村麻呂は『アカイイト』にほんのちょっぴり関わっています。ぱっと出てきたらなかなかのアカイイト上級者。


 これは史上最高のゲームの一本だと思っている。操作性・ゲームデザイン・グラフィック・サウンド、どこをとってもすばらしい。


 カービィ将軍の「もう一度」の使い方がずるい。ゆるゆり三期はどうなるかな。


 アカイイトの繋ぎは爆笑。アイレムのゲームは「そういう」「そっち」を使いまくってて空気が合わなそう。
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:

この記事のトラックバックURL

http://toppoi.blog54.fc2.com/tb.php/845-1ac8ae16

コメントする

※規約
管理者にだけ表示を許可する

コメント

Template Designed by DW99