2015年12月30日

『サクラノ詩』『苗床デモンズグラウンド』2015年の百合ゲーまとめ・超簡易レビュー

 今年は前半こそ例年通りの不作だったが、後半になって論ずるに値する作品が二本も出てきて嬉しい限りだった。総合的には豊作の年だと思う。二作品とも、各ブランドの最高傑作に挙げる人がいてもおかしくないぐらいの出来だった。以下、プレイした作品についてさっくりと感想を書く。

別格
『サクラノ詩 -櫻の森の上を舞う-』
【サクラノ詩】応援中!
 既にいいかげんなレビューを書いているが、傑作だった。すかぢの手腕は本物である。『素晴らしき日々』はまぐれで作れる作品じゃあねえわなとは思っていたが、二作続けて傑作級をものしてくれるとは予想だにしていなかった。十一年もの延期ということで、スタッフの入れ替わりやシナリオの大幅な路線変更など紆余曲折あったことが察せられるが、最終的にこのレベルのモノに仕上がったことに対して、枕/ケロQスタッフ一同や芸術の神に感謝せざるを得ない。本当に、埋もれなくてよかった。世に出てくれてよかった。この作品が壮絶な難産の末に世に出たことを思うと、本編のシナリオにいろいろ思うところが出てくると思う。ある意味ではすかぢやケロQの自伝的作品、メタ・エロゲーではないかな。
 ぼくのかんがえたギャルゲーエロゲー名作選の15位以内に作品が食い込んだのは、実に『俺つば』以来だ。『サクラノ刻』の出来次第では10位以内にねじ込む。あと、サントラは絶対に確保しておくべき。

かなり面白かった
『苗床デモンズグラウンド ~奈落の孕姫~』
月の水企画
 ておでぃ/月の水企画の最新作でシリーズ五作目(『アスとれ!』を除いた場合)、苗床モンスターテイマー系の二作目になる。過去作品がどれも水準以上の出来だったのでここには全幅の信頼を寄せているのだが、案の定今作も良作だった。作り込みの堅実さは揺るぎないし、インターフェースから移動、序盤の仲間の育成に関する救済措置、ゲームオーバーのリカバリーまで含めた遊びやすさは間違いなくシリーズで一番よいと思う。個人的にておでぃ作品で一番楽しみにしている、過去作品とのクロスオーバーについては、本編こそ少しだけ物足りなかったものの、クリア後のエクストラシナリオでがっつり絡んできて嬉しかったな。世界観の神話的にもファンサービス的にも大盛り上がりだった。よい仕事してるぜておでぃ。
 恒例になるエクストラクリア後の次回予告もえがったなぁ。ネタバレになるのであまり詳しくは言えないが、まさか本編でそっちに展開してくるとは思わなかった。興奮度合いで言えば今までで一番だったかもしれない。ておでぃが東方大好きというのは有名な話だが、まるで東方本編と秘封倶楽部の関係のようでいろいろ妄想が止まらないぞ。この展開についても処女作の『レディナイト・サーガ』の時点で仄めかされていたから、堅実な長期的構想の下に作品を作っているのがよくわかる。
 私は過去作品と同様に難易度ノーマルでプレイしたのだが、若干ゆるかったので、ここの作品やRPGをやりなれている人はハードモード推奨。

あまり面白くなかった
『きみはね 彼女と彼女の恋する1ヶ月』
新ブランド BaseSon Light 最新作『きみはね 彼女と彼女の恋する1ヶ月』応援中!
 これはもうレビューを書いた。 『けいおん!』が流行ってた頃に作って埃被っていた企画書に、とりあえず低予算分肉付けして出したのだろうか? シナリオの規模やお飾りレベルのゲームデザインの割には頭でっかちな設定だった。そういえば、ずっと積んでいた『シュタゲ』を今さら読み終えたんだけれど、五、六年前の作品であるこれで既に「シュレディンガーの猫キター!」とネタにされていたなぁ……。
 百合作品としては、上記二作品よりよっぽどまともであることは確か。まともだから何だって話だけど。

 今年の新作で他に潰す予定があるのは、PC版が出ると踏んでいたら案の定出た『白衣性愛情依存症』と、来年に延期してしまったが『凍京NECRO<トウキョウ・ネクロ>』の二本ぐらい。前者はライターが『あなたを月にさらったら』の人だと聞いて、後者は深見真が監修しているのと体験版がぐりぐり動いて面白かったので期待している。他はとりあえずいいや。

『カミツレ ~7の二乗不思議~』
 噂によると男体化以上の超展開があるらしいがスルーする。
『よるのないくに』
 GEGEさんが代わりに出陣してくれて討ち死にしたのでスルーする。
『FLOWERS -Le volume sur ete- (夏篇)』
 ライターが変わらないならやらない。

『ウィザードリンクス』
『アルプトラウムの黒蝶』
『夏空あすてりずむ』
『死に至る純愛』
 この辺りは来年には出るんだろうか? 『つい・ゆり』は年の瀬にひっそり復活していたと小耳にはさんだが、はてさて。

 上で書いた通り、『サクラノ詩』『苗床DG』の二本については絶対の自信を以てお奨めできるので、お正月休みのお供を探している方はぜひ手にとってみてくだされ。それではみなさんよいお年を。
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:

この記事のトラックバックURL

http://toppoi.blog54.fc2.com/tb.php/860-cd5aa12b

コメントする

※規約
管理者にだけ表示を許可する

コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

Template Designed by DW99