2016年07月09日

2016年後半戦の新作百合ゲー……が全然無い! 『カタハネ ―An' call Belle―』『ジェミニフォートの勿忘草』『ナイトメア・ガールズ』『ねのかみ後編』

 恒例の新作百合ゲー下馬評記事だが、紹介する作品がさっぱりなくてさびしい限り。ちょっと前までの雨後の竹の子のような勢いはどうしちまったのさ。
 まずは2016年の前半に出ていた作品を振り返る。
2016年の新作百合ゲーあれこれ『凍京NECRO』『ウィザードリンクス』『メダロット ガールズミッション』『りりくる Rainbow Stage!!!』『つい・ゆり』『ナイトメア・ガールズ』『ねのかみ』『アルプトラウムの黒蝶』『夏空あすてりずむ』『百合ねいと!』『死に至る純愛』『女性向けガールズラブSLG(仮)』

『凍京NECRO<トウキョウ・ネクロ>』
 ちゃんと発売日に買い、寝る間を惜しんで読み切ったよ。
 原案が深見真、ニトロプラス制作と聞いて釣り上げまくった期待値以上の作品だった。絶対の自信をもって薦められる名作(万人に薦められる、とは言わない)。『凍京NECRO』が出ただけで、今年は当たり年だったと言える。みんなやるべき。やらないと怒る。
『つい・ゆり ~おかあさんにはナイショだよ~』
 サブタイトルの時点でダメダメ臭がカンストしていたが、結局やった。わかっちゃいたが駄作だった。受け身を取る準備は出来ていたのでさしたるダメージはない。そのうち三十分くらいでレビューを書く。
『FLOWERS -Le volume sur automne- (秋篇)』
 やってない、変死体が出てきたら起こしてくれ……と言い続けていたらもう秋なのか。ボクサーよ、お前の変死体に書ける情熱はその程度だったのか!?
『りりくる Rainbow Stage!!』
 やらない。
『ウィザードリンクス』
 ダメっぽいなこりゃと思ったので回避した。


カタハネ ―An' call Belle― (2016/7/29→2016/8/26)
http://www.katahane.com/index.html

最新OSに対応し、解像度は1280x720に強化、さらにパッケージも新たにする『An’call Belle』。
『カタハネ』の総てを網羅した完全ビジュアル本「ALL OVER KATAHANE」が付属し、
Blueberry&Yogurtによる新OP曲 & yo-yu氏が手掛けるムービーも用意!

http://www.getchu.com/soft.phtml?id=902438


●旧作からの変更点●

Blueberry&Yogurtによる新OP曲を追加
yo-yu氏による新OPムービーを追加
800x600から1280x720へ解像度変更
Windowsの最新OSに対応
ユーザーインターフェイスを一新

※アップコンバート版OPムービー2007ver.2も同時収録


 百合ゲー史上最高傑作との呼び声も高い『カタハネ』のリメイク版。製品仕様を見る限りでは流行りのHDリメイクで、シナリオの追加はなさそうだ。
 ときに、私の評価と世間の評価でもっとも乖離がある作品は、アオイシロでなければ百合霊でもなく、実は『カタハネ』なんじゃあないだろうか。

ジェミニフォートの勿忘草 (2016年予定)
月の水企画

で、追加部分が終わったばかりで何なのですが、次回短編の話も始めようということで。

次回短編は『ジェミニフォートの勿忘草』というタイトルのゲームになります。

以前から申し上げていましたように、探索ADVのようなシナリオ重視のゲームです。
色々試してみたいので戦闘なども入れ込むかもしれませんが、まだ諸々未定で……
HCG枚数はいつもの半分ということで30枚前後に納めるよう詰めている最中です。

詳細な設定やシナリオの雰囲気などは追々記事で紹介していく予定なのですが、
しっとりした感じのタイトルとは似つかない、出落ち感満載の軽い内容の話ですので、
Hシーンの密度が多めのライトな感じの雰囲気にご期待いただければ間違いないかと。

http://tsukinomizu.b.dlsite.net/archives/8536736.html


ナイトメア・ガールズ~異界氾濫~ (2016年制作開始予定)

苗床DG本編後にも予告として入れさせていただいた、短編の後作る予定の作品です。

まだ本編で予告を見ていない方もいらっしゃるかと思いますので、以下続きの方に……

次回長編は現代風触手凌辱RPGと銘打った、現代ものをやらせていただく予定です。


タイトルロゴでもないのですが、一応イメージはこんな感じです。

たまには雰囲気を変えてみてもいいんじゃないかっていう考えの企画ですので、
あまり深く考えずに楽しんでいただけるような作品に出来ればと思っております。

当サークル作品で一人、現代風の背景を持った既存キャラクターがおりますが、
その辺りの話は、結構な割合で本編の中心に絡んでくることになるかと思います。
勿論新規の方にも楽しめる内容にさせていただくつもりですのでご期待下さい。

キーワード的には、都市伝説や七不思議といった伝奇的な要素から、
SFや某コズミックホラーのテイストも混ぜつつ、基本は触手な感じの予定です。

完成はいつになるかわかりませんが、気長にお待ちいただければ幸いです。
(そもそもaceでやろうかMVでやろうかも今のところ未定で……)

http://tsukinomizu.b.dlsite.net/archives/8455358.html


 毎度お馴染み、ド外道百合エロ本格RPGで知られるておでぃ/月の水企画の新作二本。『ジェミニフォートの勿忘草』は今回初紹介の短編で、『ナイトメア・ガールズ』より先に発表されるらしい。『ナイトメア』は世界観の根幹に関わる話になりそうなので今か今かと待ち望んではいるが、『ジェミニフォート』もそれはそれで大いに楽しみ。「探索ADVのようなシナリオ重視のゲーム」ということは、過去作品で言うと『リリムユニオン』に近いのかな。

 『ジェミニフォート』のタイトル画像らしい。左の娘は触手と非常に親和性の高そうな服装っすな……。
 下はがんばって書いた、月の水企画作品の推薦記事。読んで興味が湧いてきたら君も明日から魔触になろう。
リリィナイト・サーガ レビュー・感想 名作! 王道風ド外道百合エロRPG


 以下、同人作品の枠。

ねのかみ 京の都とふたりの姫騎士 後編 (2016年8月)
ねのかみ 京の都とふたりの姫騎士 後編

争乱の京洛に乙女達は舞う――

実物大の京都を舞台に4人の少女達の運命を描く和風伝奇ADVゲーム

半年ほど前に京都市北部で起きた、異常な地震。
テレビに映る“邪教”なる宗教団体の信者の異様な姿。

次第に人々の興味は他愛もないものに移り、もはや話題にもならない。

女子校生のレンは数年ぶりに出会う幼なじみ、東雲に突然「死んで欲しい」と告げられ………。

東雲と再開したその日から、“現実”という名の舞台が漣の前に現れ、世界の“真実”を覆っていた幕が開かれる。

http://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ161801.html


 過去作品をまだやれてないなぁ。『サクラメントの十二宮 乱れる仔ひつじと手懐く狼』もここだったのか。
 前回も書いたけど、塗りが殺人的によくなっている。

 以下、公式サイトの更新が長いこと停止している作品群。

アルプトラウムの黒蝶 (2014年秋予定→2015年予定→?)

祈ればきっと叶うよ。
あなたの願いも、わたしの願いも―

時は大正時代。
とある山中にひっそりと存在する集落「白女霧」<しらめぎり>
主人公 坂本舞子は生まれた時からこの集落で
多少の不自由はあるものの楽しい時を過ごしていた。

そんなある日、舞子は一人の少女と出会う。
神も肌もまっしろな、いわゆるアルビノ<先天性色素欠乏症>の少女イリス。

舞子は初めこそ自分と違う容姿に戸惑いを隠せずにいたが、
打ち解けていくうちに徐々に心を惹かれていく。
最初は心を閉ざしていたイリスもまた、舞子の純真な心に触れ、次第に心をひらいていく

こうして少女ふたりのちいさな物語がすこしずつ、すこしずつ紡がれていく―



夏空あすてりずむ (2014年予定→2015年予定→?)
爽やか青春系百合ADV 『夏空あすてりずむ』

青春×田舎×乙女!!
明るく元気だけが取り得で、天体観測が趣味の女の子『椿沢 科乃(つばきさわ しなの)』
今年の夏もめいっぱい楽しもう!! と、思っていたのに……。
あれれ、今年の夏は去年までの夏と違うっ!?
趣味に進路に友情に、そして――もしかしたら恋に!?

星がゆっくりと夜空を流れていくように、
ゆっくりでも、確実に変わらなきゃいけない夏。
その先にある未来へと繋がる星座を形作るために。



百合ねいと! (未定)
百合ねいと!

おしっこ×百合! 禁断の組み合わせが今!!

雪ノ下春。どこにでも居る普通の女の子。
猫柳雪。どこにでも居る普通の女の子。

桜の蕾が膨らみかける季節。
雪解け水のよりも透明な少女の想い。

誰にも言えない、彼女だけの何よりも透明で熱い想い。

『ダメ……熱い想い……漏れちゃう……』



女性向けガールズラブSLG(仮) (2015年秋?)
業界初!女性向けガールズラブSLG 2015年秋リリース予定!
 火薬臭が凄すぎるので、どんな酷いことになるのか興味はあった。もうプロジェクトが頓挫していそうだけど。

死に至る純愛 (2015年予定→?)
死に至る純愛

妻に恋するファンタジー百合18禁ADV
原画・シナリオ ろくみ


 「妻に恋する」が愛妻家の意なのか、それとも人妻百合なのか、そこだけでも知りたかった。
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:

この記事のトラックバックURL

http://toppoi.blog54.fc2.com/tb.php/876-9b4ea099

コメントする

※規約
管理者にだけ表示を許可する

コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

Template Designed by DW99