2018年10月11日

かえみと24時間が見られる日まで死ねない

 青年期から今に至るまでアニメを真剣に見る習慣がなかったため、それの見方がいまいちわからないマンです。なので私のアニメ評は根本的に当てになりません。小学生の時は午後6時からのテレビ東京を欠かさず見ていたんですが(年がばれる)、そっから中高大とまったく努力値を振っていなかった。だからせめて、1クールに1本くらいはオリジナルアニメを見て経験値を積もうと思います。
 そろそろ『アオイシロ』の再レビューにとっかからないといけなくて、めちゃくちゃ気が重いです。
 バーチャルYouTuberだと、最近ではぽんぽこ・ピーナッツくんの24時間がバリクソ面白かったですね。ライバーのパフォーマンスで白眉だったのは、不測の放送事故に動じずにフリートークで悠々と繋ぐ月ノ美兎と、無茶ぶりの寸劇をアドリブトーク力とガチの気象知識の合わせ技で華麗にいなすポン子(ウェザーロイドAiri)でした。あの人たちからは圧倒的な場慣れを感じましたね。

メリーバッドエンドとは (メリーバッドエンドとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

読者や観客側の解釈と劇中の登場人物側の解釈によって幸福と不幸が入れ替わる物語の形式を指す言葉。略称は「メリバ」。



自分の考える百合のど真ん中ー『やがて君になる』仲谷鳰先生インタビュー – 百合ナビ

恋愛のお話は好きなんですが、人を好きになる気持ちがあまりにも当たり前で説明不要なものとして描かれている作品には、私はずっとどこかで引っかかりを感じていました。その点、同性愛を題材とした恋愛作品には、相手を好きになる理由や葛藤、あるいは理屈をねじ伏せてしまうような強い関係性が描かれていることが多い気がして惹かれていきました。

別に異性間の恋愛描写に根拠がとぼしいとか、同性間の恋愛描写にはより強度が必要だということは決してないので、自分の言っていることがおかしいとは思っています。ただ、私個人にとっては、同性愛を扱った作品が、物語で描かれる恋愛感情に納得を与えてくれるものだったという体験があるのは仕方のないところです。

BLも好きですし描いたこともあるんですが、いま百合ばかり描いているのは単に女の子が描きたいだけです。女の子ばっかり描いていたいから百合! で描く理由なんて十分かもしれません。


 作品の評価とは別ですが、上段・中段の月並みな認識はわりと残念ですね。下段は率直すぎて好感しか持てないですが。

アニメ『プリンセス・プリンシパル』スパイ作品へのオマージュの数々を読み解く | on the move
 元ネタの解説も為になる上、作品のエッセンスも的確に捉えている良記事。


 つくづく、つくづくよい曲ですね。ケロQライブでも原曲で単独演奏されていたようですが、それだけ別格の扱いがされて然るべきの曲でしょう。


 届木ウカ様が制作中のノベルゲームか、覚えておかなきゃ。ウカ様ってどんなエロゲー・ギャルゲーやってるのかしらん。昔『アバドーン』に言及してたのは覚えてるけど。
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:

この記事のトラックバックURL

http://toppoi.blog54.fc2.com/tb.php/956-727c39d2

コメントする

※規約
管理者にだけ表示を許可する

コメント

ノベルゲームといえば専ら文章(表現)とシナリオの面白さにばかり重きを置いていたのであまり意識していませんでしたが、
確かに改めて振り返ってみるとテキストからサウンド、ビジュアル、UIに至るまで、どれをとっても少人数開発の同人ゲームとは思えないほど総合的に完成度の高い作品でしたね。

Re: 77-0さん
『ととのか』はもちろんプレイ済みですよ。テキストとサウンドとビジュアルの総合力でこれに並ぶ同人作品はほぼほぼないですね。
シナリオや構成では、主に杏奈の人間性が見えてくるところが鮮やかで評価していたんですが、なるほど、絢子の再生の物語という視点はあんまり意識していませんでした。
ちょいちょいヘテロノーマティブなのが残念なのも同感ですかね。

>同性愛を題材とした恋愛作品には、相手を好きになる理由や葛藤、

同性愛を題材とした恋愛作品で「葛藤」なんて言葉が出てくるとどうしても安易に異性愛規範を持ち出したネガティブなイメージしか湧かないんだけど、
最近プレイした「彼女と彼女と私の七日」というゲームで、主人公が同性の親友と恋愛関係になることに葛藤を感じてしまうのは、
孤独な幼少期の体験から自己肯定感を喪ってしまったことで形成されたマイノリティという立場への忌避感があるからで、
物語はひょんなことから出会った女幽霊との触れ合いや親子の絆を通じて、喪ってしまった自己肯定感を取り戻し己の中にある親友への恋愛感情に向き合っていくという、
短いながらも単なる恋愛ノベルの域を超えた再生の物語ともいうべきシナリオに仕上がっていて、こんな描き方があるのかぁと新鮮でした。
同性愛を性癖と称したり一部ヘテロノーマティブな言い回しや表現にひっかかりを覚えないこともないけど、
「百合」で「葛藤」というと「女同士なのにー」みたいな時代錯誤でひねりのないゲームばかり今までプレイさせられてきた私にとっては思わぬ変化球に感心しっぱなしで、三日三晩興奮がさめやらない。

Template Designed by DW99