2017年12月30日

2017年の自薦記事10本&振り返り

 年々、10本も読み返す価値のある記事を書いていたのか心配になっているが、今年もどうにか見繕ろえた。

『君の名は。』から始めるギャルゲー・エロゲー
宮永照のお菓子好き 家族麻雀の影響説
「レズはひとりでいてもレズ。百合は二人いるのを外部が見て決めるもの」という言説のアホらしさ
けものフレンズ レビュー・感想 さびれたテーマパークで奏でられる狂想曲
けものフレンズは何話が好きですか
ことのはアムリラート レビュー・感想 ろくな衝突もない異文化交流、展開に動かされるキャラクター
プリンセス・プリンシパル レビュー・感想 コキジバトの巣の上で
主人公が現地調達の道具を駆使して窮地を切り抜けるシーンが好き
アトラク=ナクア レビュー・感想 血と情念が薫る伝奇ノベルの古典
白衣性愛情依存症 レビュー・感想 散漫とっちらかっぷりはさらに悪化

 振り返ってみると、今年はオリジナルアニメが強い年だったなぁと。


 『けものフレンズ』は短期間にあまりにもいろんなことがありすぎて、実質今年から始まったコンテンツだとは信じられない。『プリンセス・プリンシパル』は……終盤はタイムラインに流れて来るプリプリのイラストをリツイートしていた記憶しかない。
 百合ゲーに関しては鉄板のところ安定して面白くいつも変なの作ってるところは相変わらず肌に合わないという、何とも無難な結果だったね。

 ものはついでに、年初に立てた目標を振り返ってみた。
>映画:50本(今年の倍)
 現在46本で未達。残り一日半では間に合わん。観た作品で面白かったトップ3は『ブレインデッド』『ミート・ザ・フィーブル 怒りのヒポポタマス』『マッドマックス 怒りのデス・ロード』かな。ピーター・ジャクソンはすごい男だ。
>エロゲー:15本
 21本で達成! クソ長い長編も混ぜ込んだ割にはけっこうこなせた。やった中で一番面白かったのは『穢翼のユースティア』かな。『よあけな』をやったときは「いやその移動装置はあぶないやろ」という感想しかなかったが、これはよかった。牢獄に落ちた主人公が下層へ上がって上層へと至り、意図せず国教の中枢から王宮の政治へまで登り詰めるが、最後は大地に落ちて血にまみれるというシナリオ構成が、聖女を導く精神的受難の旅路とリンクしているのが美しかった。
>ブログ:1月に1本、読む価値のある記事を書く
 ノーコメント。

 仕事がひまだったので、何かとはかどったよい年だったな。それではみなさんもよいお年を。

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:
2017年12月23日

始まりの台地を抜けてマップの縮尺にひょえ~となった

switch.jpg
 やっと届いた。据え置きゲーム機がわが家に来るのはPS2以来になる。
 ポケモンの本編が出るとの情報を得て、品切れが一向に解消しないことに不安を感じて予約したのだが、何だかんだクリスマス前には量販店でも通販サイトでも数が出回るようになったようだ。とりあえず繋ぎとしてゼルダを買ったのだが、なるほどあれだけ評価されるのも納得の面白さだ。操作周りの複雑さやスケール感の飛躍的な進化になかなかついて行けず、えっちらおっちら、うんうん唸りながらプレイしている。それが楽しい。しっかし行くところややることがいくらでもあって恐ろしい時間泥棒だ。
 いろいろあって、本編だけクリアして先送りしていた『東方天空璋』のエクストラをやっとクリアした! しかしエクストラのボスを攻略の助けを借りずに撃破したのは初めてのような気がする。

ジャーゴン(ジャーゴン)とは - コトバンク

仲間うちにだけ通じる特殊用語。専門用語。職業用語。転じて、わけのわからない、ちんぷんかんぷんな言葉。



黒蜥蜴星人とは何なのか 『プリンセス・プリンシパル考察』:くりくりのブロマガ - ブロマガ

 アンジェが本当のことを言う時、それは任務外の誰かのための行動をする時
 アンジェが嘘を吐いている時、それはスパイとしての任務をこなす時

 そしてアンジェが本当のこと言う時はほぼ必ず「黒蜥蜴星人」が頭に付く

 黒蜥蜴星人とは正義の味方



nix in desertis:最近読んだもの・買ったもの(『東方鈴奈庵』他)
 東方、アカイイト、咲のどれかをやったら残りの二作の履修の義務が発生する条例を作りたい……。伝奇作品の面白さの一つにネタかぶりは間違いなくある。
東方・アカイイト・咲-Saki-(new!!)元ネタ比較
 鈴奈庵の評価がめちゃくちゃ高い! もえ先生の絵は確かに単品で評価されるレベル、深秘録へ採用されたのは自然の流れ。

ガチャは「引く」のか「回す」のか
 ガチャポンやカードダスのハンドルをギコギコ回すことに熱中していた小学生だったので回すのイメージがある。いや課金ガチャはしたことないけど。

Vita『咲-Saki-全国編Plus』ネット対戦対応や新キャラ&新モードを追加するアップデート12月21日に配信!
 ついにはやりんがプレイアブルになるのか。


 しゅんごーい。
 ところで、アニメの2期を途中から話題に出さなかったのは、ペース配分や演出があまりにも肌に合わなくて途中で脱落していたからだ。原作厨のたわごとなので聞き流してほしい。


 また紫ばあさんが闘う姿を見られるとは。服のもこもこ感が増量されているのもいいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:
2017年12月02日

久々にポケモンの本編でめのまえがまっくらになった(ネクロズマ二戦目)

 二つ前の記事で初めてはてなブックマーク50オーバーを達成したので、はてな村民権に仮申請させてください。しかし、吐きそうな気分になりながら心血を注いで書き上げた長文記事より、息抜きがてら一時間くらいで書いた記事のほうが伸びるというのは相変わらずもにょりますね。ブログの記事はあんまり長いと読まない、というのはわかるんですけど。
主人公が現地調達の道具を駆使して窮地を切り抜けるシーンが好き
 ポケモンのウルトラムーンをゆっくりプレイしていてやっとクリアしましたが、あまりにも無印と代わり映えが無さすぎてびっくりしてしまった。全っ然変わってねーってばよ! って感じっすわ。ぱっと思いつく評価点が、世代を跨がず新ポケモンを投入したことと、マツリカの試練をちゃんと作ったこと、ぬしポケモンが相変わらずガチでハメ殺しに来ていることくらいしかありません。ダブルバトルのカクつきが改善なしとか、意味ありげだった建設途中の施設がほぼどうでもいいとか、ウラウラじまの後半がすかすかなままとか、ちょっと予想外でしたね。
 今やってる百合ゲー(旧作)が終わったら、『すばひび』のレビューのために再読をしようと思います。かなり『サクラノ詩』と地続きになっていたので、『サクラノ刻』が出るまでに片付けようかと。まあ『刻』は再来年くらいにならないと出ないと思いますけどね。

日日薬(ヒニチグスリ)とは - コトバンク

月日の経過が薬代わりとなること。「骨折には日日薬が一番だ」「日日薬で失恋から立ち直る」



【無料&半額】『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』実写ドラマ化記念『咲-Saki-』祭2017!! | ニコニコ書籍 - マンガ & ラノベ
 再放送。読んでくらさい。

『プリンセス・プリンシパル』論:日常と革命 - cubic in another

 少し奇を衒ったような言い方に聞こえるかもしれませんが、「革命」とは、例えば「みんなでスコーンを食べること」です。和製ピカレスクの常道よろしく、チーム白鳩の面々は可能な限り血を流させない道を選んできましたが、プリンセスのいう「隔てているものをなくすこと(=革命)」も、その延長線上にあります。


 壁を越えて誰かが出会ってしまったこと、それ自体が既に「革命」である。つまり、間違った変てこな土俵入りをして勝利を祝うことも、鉢巻を巻いて洗濯をすることも、ピアノの連弾をすることも「革命」である。いささか綺麗事が過ぎるようにも思われますが、どうにも私にはそうみえます。



「アニメーターの賃金は安過ぎる」「それは、貴方の絵が下手だからとは思わないんですか?」というやりとり - Togetterまとめ
 Nがメアリー・スーだったなんて……。

【田中圭一連載:カービィ・スマブラ編】4歳でゲームに感動、バイト代で研究の日々…そしてカービィ誕生へ。永遠のゲーム少年・桜井政博が発見したゲームの方程式【若ゲのいたり】
 いったい誰の挑戦状なんだ……。>「クリアしたあんたはエライ」みたいな一画面で終わらせるエンディングも多かった時代
 リスクとリターンか。『スーパーデラックス』はストーンやプラズマのようなガチャプレイで使っても強いコピーをいくつか用意して、初心者向けのリスクを管理しているように見えますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:
2017年11月28日

『阿知賀編』実写ドラマ化&映画化記念で『咲-Saki-』シリーズ1巻が無料公開

【無料&半額】『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』実写ドラマ化記念『咲-Saki-』祭2017!! | ニコニコ書籍 - マンガ & ラノベ
 『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』のドラマ化&映画化のプロモーションで、漫画『咲-Saki-』とそのスピンオフ『阿知賀編』『シノハユ』『咲日和』(惜しいが『怜-Toki-』は入っていない)の1巻がニコニコで無料公開されている。『咲-Saki-』自体知らない人やスピンオフを読んでいない人は、この機会にぜひ手に取ってみてほしい。うちのサイトは『アカイイト』と『咲-Saki-』のステマが本分なのだ。
 何はなくとも本編の1巻、最初の3話だけでも読んでほしい。いつか一つの記事で書きたいが、『咲-Saki-』の面白さのファクターは最初の3話にほとんど詰まっていると思っている。

最近の咲関連のコミック売上について : エトピリカ!!
 スピンオフについては、以前『シノハユ』は本編読者の1/3くらいしか履修していないというデータを見てびっくりしたので、しつこく宣伝しておかねば。ぼくのかんがえた『咲-Saki-』ベストバウトに『阿知賀編』『シノハユ』の試合もかなり入っているぞ。『咲日和』はゆるふわスピンオフとして出色の出来だし、原作者からすべて実際にあったエピソードとのお墨付きをもらっているので、読まぬ選択肢は存在しない。「アラサーだよ!」も「○○たんイェイ~♪」もへんな三首うさぎも『咲日和』由来のネタでっせ。

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags: 咲-Saki- 
2017年11月13日

地味にサイドバーのおすすめで三年くらい宣伝していた

 『IT』映画版の出来について原作既読者の意見を聞きたいのだが、そもそもスティーヴン・キングの履修率はどれくらいなのだろうか。原作厨としてはとうてい許容できない完成度と密度だった(しつこい)。献辞にあった「魔法は存在する」というメッセージがほとんど失われていやしないか。
合本 IT【文春e-Books】
スティーヴン・キング 小尾 芙佐
B076474YJ4
 『シン・ゴジラ』を地上波放送で初めて見た。「それを言うのはあなたで100万人目です」だが、3.11がなかったら生まれなかった映画だろうな。符丁はほとんど聞き落としていたが、ヤシオリとアマノハハキリだけは理解できた。
 あと 『ef - a fairy tale of the two.』も3.11の影響下にある作品だと勝手に思い込んでいたのだが、それよりずっと前の作品だったんだな……恥ずかしい。

身の細る思いとは - 日本語表現辞典 Weblio辞書

体つきがげっそりするほど、しんどい思いをすること。ひどく心労すること。



黄泉戸喫 (よもつへぐい)とは【ピクシブ百科事典】

黄泉の国(あの世)の食べ物を食べること。

こと、日本においては、古事記に登場する 伊邪那岐命(イザナギノミコト)と伊邪那美命(イザナミノミコト)の話が有名である。

イザナミとイザナギは夫婦で、日本の島々と八百万の神々を産み、
一番最後に、カグツチという神を産むのですが、火の神だったためにイザナミは火傷して死んでしまいます。しかし夫イザナギは、妻のイザナミが忘れられず、黄泉の国(あの世・死者の国)に迎えに行って連れ戻そうとするのですが、イザナミはすでに黄泉の国の食べ物を口にしていたために一緒には行けないと断られてしまいます。



悪質な広告が発生中!ネットを見てる時にこんな画面が表示されたらクリックしないように注意 - Togetterまとめ
 これ、自分のサイトのスマフォ表示でも出てきてほとほと困ってる。デフォの広告が悪いっぽいのだが。

電撃 - 『プリンセス・プリンシパル』橘正紀監督インタビュー。6話の悲劇に隠された意外な事実も明らかに
 いろいろ新情報があったが、一番衝撃的だったのはやっぱりここ。あの嵌り具合なのに。

 本読みの段階で、バンダイビジュアルの湯川淳チーフプロデューサーから「プリンセスの話なので、プリンセスという言葉と韻を踏みたい」と言われて「プリンシパルという言葉があるけど、それがプリンセスとくっついて意味が通るかはわからない」という話をしたんですよ。

 そうしたら、白土さんから「プリンシパルという言葉には主役や主要なという意味もありますし、プリンセスにくっつけてもおかしくはないんじゃないですか」と返してきて、そういう緩い感じで決まりました。

 湯川さんも「略すとプリプリになるからいいね!」とノリノリで、その場で『プリプリ』という略語まで決まりました。逆に私がプリンシパルという単語を出したものの、え、今の時代にプリプリっていう略語にするのかととまどいました(笑)。



同人PCギャルゲー『ネコぱら』が170万本の大ヒット! 売上の9割が海外、ヒット理由は猫だから?【インタビュー:イラストさより氏&シナリオ雪仁氏】
 シリーズ通算とはいえ170万って凄まじい数字じゃないか(FateやCLANNADが国内で2、30万だったような)。

東方天空璋 ~ Hidden Star in Four Seasons. on Steam
  へー、本当にSteamで出すんだ。海外ファンは触りやすくなったかな。


 あ~ダメぇ! で堪えられなかった。


 これも恐ろしく評判のいい同人エロゲーだね。私はノベルゲーム専門なのでたぶんやらないと思うが、はっと惹きつけられる絵だとは思う。単眼娘で培った眼力、というコメントを見てはっとした。

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:
2017年11月03日

IT “それ”が見えたら、終わり。 いいかげんなレビュー・感想

 とてもじゃないが原作厨の満足する出来ではない。原作を読んでくれ。

 尺の都合で削らなければならないエピソードがあるのは理解できるが、作品の中核にある要素を落としすぎていやしないか。いったいチュードの儀式はどこにいってしまったんだ? ブルズアイの銀弾は? エディーへのお見舞いは? そしてそして、ビル・デンブロウ、悪魔を負かす(ハイヨー、シルヴァー、そおおれいけぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!)を影も形もなく消したのはどういった了見なんだ? そのくせなんで役立たずの亀だけは2回もねじ込んでやがるんだ。取捨選択の基準がまるっきりわからん。
 話のスケールがあまりにも矮小化されていないか。デリーという平凡な町の裏にある暴力と憎悪の歴史に重みがないし、神話的背景もごっそり削られている。ペニーワイズはただの快楽殺人鬼の枠に収まっていて、原作にあった、住民の悪意が澱のように溜まった下水のイメージや、音もなく町を支配して食いものにする蜘蛛のイメージがすっぽり抜け落ちていた。
 はみだしクラブの武器が、ベヴァリーのブルズアイに変わってマイクの空気銃になっていたが、殺傷性が前面に出すぎていてあまり面白くないチョイスだ。でも、最後に○○が○○た状態でペニーワーズを打ち抜くところはなかなかよかった。
 挿入曲が80年代のやすっちいハードロックで作風にあっていない。キングの書く少年時代といったらオールディーズとロックンロールだろうがよ。
 最後の対決で、子どもたちに鈍器で袋だたきにされてすごすご引っ込むペニーワイズさんがあまりにも情けなかった。しょっぱい、あまりにも塩試合すぎる。テレビドラマ版のかに道楽とのバトルとどっちがましだったかは、ちょっと判断が付かない。

 キングの映画化作品に当たりなしと言われて幾星霜、映像面では読者の脳内映像にかなり肉薄してきたと思うが(今作も不吉をはらんだ色使いや画面構成は文句なしによかった)、奔放な世界観の密度やサブテキストのニュアンスを限られた時間内に構築するのは至難の業だと改めて思った。

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

2017年10月22日

けもフレもプリプリも放映前の下馬評ではほとんど名前を見なかったのに

 『プリンセス・プリンシパル』のすてきな絵が絶えずツイッターに流れてくるので、プリプリ絵リツイートするマンになってました。ときに、私が新作の感想をわりと早めに書くのは、読んでいる人に『がんばって感想書いたんだから、痛み分けで(?)あんたらも書けや! 私はあんたたちの感想が読みたいんだ!』という無言の圧力を掛けるのも動機の一部なのですが、あまり伝わってないですかね? つまり何が言いたいのかというと、あなたたちも早く『プリプリ』の感想を書けということです。そう、そこのあなた! あなたに向かって言っているんですよ! 私の空リプよプリプリゾンビへ届け! アルビオン共和国のプリプリゾンビへ届け!
 勉強のためにいろんな人の「エロゲーベスト○○」を読んでいたのですが、まだまだ知らない作品がありますねぇ。私はテキストゲー・シナリオゲーしかやらないので守備範囲外もけっこうあるんですが、それでもまだ見ぬ名作傑作がこんなにあるとは。マイベストエロゲはちくちく作っているんですが、完成がまた遠退いた気分です。
 先月のウルトラジャンプに載っていた、たいぼく先生のサブカルクソ百合漫画『読了まであとどのくらい』が大変美味しうございました。ツイッターでたまたまフェローチェと女主人公の絵を見て名前を覚えていたんですが、この人の絵ぇは惹きつけられて仕方ないですね。特に横顔の輪郭と、湿度を感じるジト目がたまらない。まだ魅力があったころの福満しげゆきをほうふつとさせますね。
ウルトラジャンプ 2017年 10 月号 [雑誌]
B075GBJ34V


実際家(ジッサイカ)とは - コトバンク

 理論や形式などよりも、物事を現実的に処理することを好む人。また、それが巧みな人。実務家。



フジテレビがこの2017年に「保毛尾田保毛男」を復活させる。抗議を受け社長が「謝罪」 - 石壁に百合の花咲く
 毛ほども面白くない「そっちの趣味・そっちのケ」ネタがいまだに蔓延っているのも、この「口あけ現象」に違いありません。
 「もし~なら、謝罪する(if apology)」というパターンの『謝らない謝罪』か。昔から変わらず、みやきさんの記事は論理的根拠に裏打ちされていて説得力がすごいっす。

nix in desertis:ドラゴンクエスト11 バトル面の感想
 昔は幸せ(中盤越え)や山彦(最終盤)でやっと実感できた程度の魔法職のアドが、レベルアップや装備の細かい部分でも表現されるようになったんですね。観測範囲ではかなり評判がよろしおすなぁ。


 なんだかずいぶん前に原作と作者の暴露話を読んだ記憶があります。


 おまけの考察要素が思ったより考えられていて爆笑。

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:
2017年09月30日

お前もふわふわ浮かぶんだよ……(You'll float too..)

 来週はたけしの最新作を観に行かないといけないし、11月は『IT』のリメイクが公開です。『ブレードランナー』の続編もむちゃくちゃ評価が高いそうで、これも人に誘われたら観る。来年には『ダーク・タワー』も公開。嬉しい悲鳴っすな。
 以前どなたかに百合フリゲーの『帽子世界』をおすすめしてもらったんですが、すいません、序盤から先に進めませんでした……。おっさんには「経験値を稼いだらレベルが上がる」より複雑な成長システムは理解できなかったです。同作者さんの『吸血少女』『王女様と薔薇の騎士』はけっこう前にやってたんですけどね。
帽子世界


燈の支配する放課後の麻雀サロンに、一人の少女がひっそりと姿を現す。
すずめと名乗る少女は、燈に麻雀勝負を仕掛け、その腕を見込んでパートナーになって欲しいと願い出る。
何故自分にパートナーになって欲しいのか燈が聞くと、すずめは「復讐の為」と静かに告げたのだった――

美少女+百合+麻雀の、かつてないライトノベル登場!
運と、頭脳と、時折イカサマの交差する、手に汗握る麻雀バトル。
これを読めば麻雀の腕が上がること間違いなし?
これから麻雀を覚えようと考えている初心者の人にも是非読んで欲しいこの一冊。
でもイカサマはダメよ。

すずめと燈、二人の美少女雀姫が織りなす物語。
満を持して対局開始です!!


 知らなかった作品ですが、『咲-Saki-』勢で読んだ方はいらっしゃいますか。


戦争や災害、事故、事件、虐待などに遭いながら、奇跡的に生還を遂げた人が、周りの人々が亡くなったのに自分が助かったことに対して、しばしば感じる罪悪感のこと。




「もち米に泥を混ぜるやつがいるんじゃあ自分のとこで作るしかないよね」




 10月10日まで全話公開されているらしいので、しつこく宣伝しておきます。私はやっぱり1話がいっちゃん好きですね。


 「祈祷力」「祈祷性」「祈祷バランス」を始めとするパワーワードと無茶苦茶なルビが癖になるプレイ動画でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:

Template Designed by DW99