2016年05月28日

咲-Saki- 考察・解説・レビューまとめを更新(Ver.1.1b)

咲-Saki- 考察・解説・レビューまとめ

 咲-Saki-考察まとめを更新しました。現在のバージョンは1.1bです。以下の記事を追加してあります。

小林立先生のブログ内における質問回答まとめ - 私的素敵ジャンク
麻雀雑記あれこれ : 咲-Saki-キャラがドンジャラを打ったらどうなるのか
もしインターハイのルールが鷲巣麻雀だったら - Danas je lep dan.
全国大会の控え室の部屋番号は試合結果を暗示してるのか? Bブロック準決勝結果発表 - 私的素敵ジャンク
辻垣内智葉と火消しの血 - 私的素敵ジャンク
戒能プロ考察 その2 テスカトリポカと照魔鏡の関連性について - 私的素敵ジャンク
戒能プロ考察 その3 謎だらけのキングについて - 私的素敵ジャンク
戒能プロとの考察 その4 大生院と石鎚山について - 私的素敵ジャンク
第152局 素数を数えるんだ: あっちが変
パウチカムイ - Wikipedia
野の百合を見よ | 紫の衣
『咲―Saki―』152局[一片]備忘録(セルフまとめ) - Togetterまとめ
爽の「野の百合を見よ」は何が「微妙に間違えて」いたのか とっぽいとっぽい。
ハオ慧宇とは (ハオホェイユーとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
ハオ慧宇 月から来たお姫様?-アルカ茄子

 hannoverさんの質疑応答まとめがこの上なく便利。先生にメールを出す前に既出かどうか確認しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags:
2016年03月31日

揺杏の「ごめんねー爽が強引で」がめっちゃ好きだ

 全国大会準決勝Bブロック、副将戦開始前のユキの回想。揺杏、ユキ、成香の三人で買い出しに行った帰りとおぼしきシチュで、揺杏がふと、爽がユキを強引に自分たちの輪へ引き込んだことを謝るこのシーン。

「ごめんねー爽が強引で」
「いえ…」

(第131局「妥当」)


 私はここで「ごめんねー爽が強引で」とちょっと得意げに言う揺杏の表情が好きだ。もう大好きだ。揺杏が爽の、あちこちに駆けつけてはいろんなことに首を突っ込むという性質が好きで、全幅の信頼を置いているのが伝わってくる。

 私がここの揺杏を見て、脳裏をよぎった場面が二つある。
 一つは、『しゃべくり007』の爆笑問題・太田光がゲストだった回。後輩芸人たちが太田のあまりの空気の読めなさ、周りを辟易させるほどの暴走っぷりについて盛大にダメ出しを行う中で、有田が相棒の田中にも問題があるのではないかと提言した流れ。

【有田】
「もう俺、田中さんもちょっと問題があると思うんだよね」
【一同】
「なんで~?」
【上田】
「優しいから?」
【有田】
「『世界一受けたい授業』のオールスターの時とかも
 (太田さんが)メチャクチャ言うじゃない
 本当にもう泣きそうになる人もいるわけじゃない
 そんな中でさ、ワーってまあ続けて、
 で田中さんが『ゴメンね』なんて言いに来るわけよ
 『ウチの太田がゴメンね』って言うのが……
 ちょっとね、誇らしげなんだよね」
【太田】
「ガハハハハハ!」
【有田】
「わかるでしょ!?」
【泰造】
「わかる」
【有田】
「『ウチの太田やりづらいでしょ?
 ゴメンゴメン もう連れてこないから』」
【一同】
「わかるわかる」

(『しゃべくり007』太田光の回)


 もう一つは、日常系百合漫画の金字塔『ゆるゆり』の単行本5巻書き下ろしエピソード。ふと二人きりになった結衣と向日葵が、お互いのパートナーのダメっぷり、無茶苦茶度合いに苦労させられていることについて、それはもう嬉しそうに言い合うシーン。

【結衣】
「お互い苦労してるね」
【向日葵】
「ええほんとに」

(『ゆるゆり』Bonus track.8★違いの分かる女)


 あのシーンの揺杏の表情は、太田の破天荒ぶりについて謝る田中のように誇らしげで、京子や櫻子に振り回されっぱなしだとぐちる結衣や向日葵のように嬉しげだ。私はあの笑顔で、揺杏ならびに爽揺がますます好きになってしまったぞ。
 あえて言わないだけで「ウチ(ら)の爽が~」なんだろうなぁ。

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags: 咲-Saki- 
2016年01月17日

爽の「野の百合を見よ」は何が「微妙に間違えて」いたのか

フリカムイの効果は出ていて手牌も良かった
先にカンして嶺上牌もひとつ潰した
それでも関係なく和了ってくるのか

嶺上開花――

(峰の上に花が咲く――)
いい名前の役だ

「ロン 2600」
「!」
「はい」

「カン!!」
(花…)

(野の百合を見よ)
労せず紡がざるなり
かつて栄華を極めたるソロモンだに――
その花の一片にしかざりき…!!

「ツモ」
「嶺上開花 3000・6000!!」

(また微妙に間違えてるってチカに怒られるかな)

(第152局「一片」)


 爽がやにわに聖書を引っぱってくるが、順序や解釈を微妙に間違っているらしい……という流れは、副将戦開始前に続いてこれが二度目になる。はたして今回の引用は何が微妙にずれていたのだろうか。
 爽が引用していた新約聖書の該当箇所を以下に引用する。私の手元にある新共同訳の聖書では、野の百合に当たる箇所を「野の花」と訳している。

「だから、言っておく。自分の命のことで何を食べようか何を飲もうかと、また自分の体のことで何を着ようかと思い悩むな。命は食べ物よりも大切であり、体は衣服よりも大切ではないか。
 空の鳥をよく見なさい。種も蒔かず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。だが、あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる。あなたがたは、鳥よりも価値あるものではないか。
 あなたがたのうちだれが、思い悩んだからといって、寿命をわずかでも延ばすことができようか。なぜ、衣服のことで思い悩むのか。野の花がどのように育つのか、注意して見なさい。働きもせず、紡ぎもしない。
 しかし、言っておく。栄華を極めたソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。
 今日は生えていて、明日は炉に投げ込まれる野の草でさえ、神はこのように装ってくださる。まして、あなたがたにはなおさらのことではないか、信仰の薄い者たちよ。
 だから、『何を食べようか』『何を飲もうか』『何を着ようか』と言って、思い悩むな。」
 
(マタイによる福音書「思い悩むな」 新共同訳)


 劇中での爽の引用は、話の展開や直前の台詞から、咲さんの窮地における攻勢を賞賛するニュアンスが強いと思われる。アバターバトルで百合の花が咲き誇っていることも相まって、この引用で強く印象づけられるのは、栄華を誇った大都市のバビロンにも勝るという「野の百合の美しさ、力強さ」である。
 しかし、原典をよく読み返すと、イエスの話の主眼は花や鳥獣にはなさそうである。むしろ、爽の引用箇所の続きを読む限りでは、野の百合は明日には炉に投げ込まれていそうだ……。話の本筋は、バベルの塔に象徴される人間の欲望、驕りに対する警鐘にあり、野の花は鳥と同様に、偉大な神の「創造物」の一例としてを取り上げられている。イエスがあくまでも強調しているのは、人間の英知や発展の象徴である大都市など及ぶべくもない「父なる神の創造の偉大さ」なのである。
 爽が「微妙に間違えて」いると思ったのは、こういった「話の主眼」だったのではないだろうか。

 余談だが、この「思い悩むな」の説話全体を、神の存在に目をつぶって解釈するならば、「やくざな欲望に惑わされるな。清貧に、隣人と助け合って生きろ」となる(こう書けばテストで60点はもらえる)。イエスさんは「後にいる者が先になり、先にいる者が後になる」だの「不正にまみれた富で友達を作りなさい」だの「わたしが来たのは地上に平和をもたらすためだ、と思ってはならない。平和ではなく、剣をもたらすために来たのだ」だのと、どうにも理解しがたいことをのたまって今日のわれわれを悩ませているが、この説話は比較的、現代的価値観からも理解しやすい部類ではないだろうか。同様のメッセージが込められた説話に「金持ちの青年」(「金持ちが神の国に入るよりも、らくだが針の穴を通る方がまだ易しい」のあれ)などがある。
 爽の引用の意図は、この現代的な解釈からも、ちとずれている。

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags: 咲-Saki- 考察 
2015年10月22日

iPS 咲-Saki-ぼんより用語解説13

 iPS(Induced Pluripotent Stem)細胞の略称。iの字は小文字であり、『咲-Saki-』での表記もそうなっている。
 この単語が登場するのは、名言に事欠かないこの漫画でも特に有名なフレーズ中。アニメ本編でも取り上げられていないのに抜群の知名度を誇る。発言者は和。

「まー なんだ
 進路に悩んだらうちに嫁にくるといいじょ
 我が家の台所を預かるのなら
 タコス作れないとダメだけどな!」
「………
 それもいいかもしれませんね…」
「え……マジで…?
 もじもじしてもいいかな!?」
「そういえばiPS細胞というので同性の間でも子供ができるらしいです」.

(番外編)


 そういえば、で会話の流れを断ち切って子づくりの踏み込んだ話題をねじ込んでくる唐突さと強引さと重さのちゃんぽん、告白とも取れることをしゃべっているのに反して異様に低い和のテンションがシュール極まりなく、強烈なインパクトを残した。
 『咲-Saki-』ファンの会話では、上記箇所の影響によって「チームiPSに有力な新人現る」「最近本編のiPS度が足りないぞ」「慕はナナさんがiPSで授かった子どもだった……?」といった使い方をする。
 ちなみに、山中教授がノーベル生理学・医学賞を受賞してマスコミを賑わせたのが2012年ごろで、この番外編の掲載が2009年である。地味にりつべの先見の明が光る案件だ。ライトサブカル層にiPS細胞、イコール同性カップルで子どもを作るというイメージを植え付けたのは間違いなくこの漫画だろう。
 余談だが、『咲-Saki-』と同じくヤングガンガンに連載されている『緋弾のアリアAA』でこの台詞がパロられていて、連載を追っている『咲-Saki-』勢を不意打ちで吹き出させたのだった。

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags: 咲-Saki- 
2015年07月26日

更新予定の記事タイトル一覧(咲-Saki-)

百合作品としての咲-Saki-が素晴らしいところ(Mukkeさんにほとんど言われた)
咲日和 木吉紗 レビュー・感想 ゆるわふ日常系スピンオフの頂点
新子憧の名誉を回復する
アニメ『全国編』の雑感(気力があれば)
「楽しむ」についての追記記事(主に和について)
和とデジタル思考
地球最後の和
福路美穂子の空気を読む能力
『咲-Saki-』楽曲の歌詞
咲-Saki-の5大要素
伝奇ネタがなぜ増えたのか
コントラスト
リザベーションについて
魔物センサーまとめ
突然変異の強豪校について
跳ねっ返りの一年生がチームを回す
チームぼくの好きなキャラ
『咲-Saki-』で好きなオカルト能力は?
『咲-Saki-』で好きなカップリングは?
『咲-Saki-』個人的ベストバウト
萌えゲージ

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags: 咲-Saki- 
2015年06月05日

【咲-Saki-】チームぼくのすきなキャラ

 今さらだけれど、『咲-Saki-』はつくづくよいキャラクターが多い漫画だよね! 優秀な駒があまりにも揃いすぎている。そんな「魅力的なキャラの見本市」とでも言うべきこの作品の中でも、とりわけ好きな人物について鼻息も荒く語るというただそれだけの記事である。

チームぼくのすきなキャラ
【先鋒】松実玄
【次鋒】国広一
【中堅】新子憧
【副将】天江衣
【大将】小瀬川白望

咲-Saki- チームぼくのすきなキャラ
 ずっと言っているがこんな『咲-Saki-』ゲーがやりたいのである。

松実玄
 全国大会Aブロック準決勝先鋒戦は、県予選決勝大将戦と同様にアニメで先に決着が付いたが、玄が待ち続けることを選んでドラを切ったところで涙を禁じえなかったぞ……。あそこをリアルタイムで観ていて「ここぞというところのネーム力はずば抜けているな」とりつべに感心したのを昨日のことのように思い出す。
 ぽやぽやしていてなにも考えていなそうで、一見頼りなさそうでいて、その実深いところでは芯の強さと譲らない価値観を固持している。私はこの子の深淵を覗き込んだかのような、ぞくっとくる凄みがあるところが好きでならないんだ。クロチャーが好きな人は、Keyでだーまえが書くアホの子ヒロインも好きだと思う(私調べ、調査対象私)。
 見た目はいたって正当派なお嬢様なのもとてもポイントが高いぞ。主人公に採用されてもおかしくない、まじりっけのないデザインだ。個人的に一番好きな格好は部室で掃除をしているときの阿知賀の制服+三角巾とエプロン。

国広一
 一ちゃんは麻雀については全国区の魑魅魍魎には一歩及ばずといった感じだけど、県予選におけるドラマをメタ的な視点で見るとかなり重要な役目を担っていると思う。この人は龍門渕の化け物じみた人たちと一般人寄りの人たちの架け橋のような存在だよね。私はこういったクラスタを繋ぐユーティリティプレイヤーが好きなのだ。『からくりサーカス』はギィが好きだし『アカイイト』でも白花ちゃんが好きだし『CLANNAD』は風子派だぞ(余談)。それとタルタルソースの一件で「これは仕方のないものなのでしょうか」とクレームつけるところとか、県予選後の衣に「そこ否定されたらボクも家族がすごく減っちゃうんだ」としれっと言うところとか、穏和そうな見た目に反して、割と口がきつくてガンガン行くところも格好いい。
 そういえば、このサイトはいちおう百合作品のレビューサイトなのだが、話題になった後に後追いでこの漫画を読んでいて、4巻の「この鎖がなくなったら 透華が少し遠くなっちゃうような気がするんだ」のところまで読んだところで「こらぁ評価されているわけだ……」とひとりごちたのを今でも記憶している。あそこのなんとこっぱずかしくてくったくがなくてフェティッシュなことか。彼女のとーかへの想いが報われることを願っておる。
 あっ、NAGANOスタイルの露出服より龍門渕のカスタマイズ制服やメイド服姿のほうが好き。

新子憧
 憧さんについては既に一つの記事を使って熱く語った記憶がある(新子憧は変態淑女にあらず、いとけない少女なり)。こういった淑女なところや、表情豊かで台詞以上の心情が伝わってくるところももちろん大好きなんだけれど、アコチャーは何と言っても向こう気の強さがいいよね! 阿知賀女子はしずを筆頭にどちらかというと大人しいキャラが多いけれど、その中にあって全国区のエース級にもつっかかっていくアコチャーのふてぶてしさは心強い! 阿知賀の渉外担当&切り込み隊長だ。
 ピンク色を基調にしたおきゃんなデザインも全然古びないよね。「ピンクいいよね……」「いい……」。アコチャーは特殊なパーツはないのに組み合わせるとオンリーワン、と誰かの記事で読んだ記憶があるが、言い得て妙だ。あと、アニメの東山奈央ボイスがキャラ人気と人物像に与えている影響は小さくないと思う。

天江衣
 誰が呼んだか、登場するのが早すぎたラスボス! 身長127センチのある種の威厳を備えた短躯! 腰まで伸ばした神々しいブロンド髪! 衒学的で物々しい口上! 嗜虐性と人さびしさが同居する幼児性! 相手に吐き気さえ催させる凶悪な魔物オーラ! 両親を亡くすというもの悲しいバックボーン! アバターバトルでも巨大な影のような補助腕で月を掬ってみせたりして抜かりなし! 衣はこれでもかと「異能」「異邦」の属性がぶち込まれているよね。いわゆる「魔物」のアーキタイプだ。この尋常ではない気合いの入りっぷりから、りつべは県予選までで連載が終了することも見据えていたのではないかとひそかに思っている(幸いにもそうならなかったわけだが)。
 いろんな漫画を見渡しても、これだけ典型的でかつ説得力のある「強者」を描写して、主人公と読者に絶望感を与えて、かつ納得の行く撃破をさせた例をあまり知らないぞ。私が『咲-Saki-』をウン年に一本クラスの傑作だとはっきり認識したのは、ちょうど連載を追い始めた48局あたり、咲さんが衣の能力を自身の能力を最大限に駆使してあらゆる角度から打ち破るところだ。何度も語ってきたが、あそこの鮮やかさったらなかった。衣は同種の存在である咲さんの存在でより輝いているとも言える。咲が衣を、衣が咲を引き立てる! この概念! 咲衣いいよね。
 ちなみに私は基本的に戦闘力と設定が強いキャラが好きな強キャラ厨である。東方でも紫が好きだぞ。

小瀬川白望
 私はシロこと小瀬川白望が好きだ。大好きだ。
 思えばシロって王道のキャラクターだよね。常に気だるげで何かにつけて「ダルい……」とぼやいているから、一見マイペースで自分勝手なようだけれど、実は一番周りの人間のことを見ていてスマートに動いている。そういった意外性の部分まで含めて、ある意味ありがちな造詣なんだよ。『ゆるゆり』の歳納京子とか、『リトルバスターズ!』の真人とか、人気キャラクターによくいるタイプだよね。にもかかわらず、嫌味にも押しつけがましくもなっていないのは、周りの人間に「意外に鋭い!」「実は仲間思い!」だのと無粋なことを言わせたりせず、何よりシロ自身の行動でそれを証明しているところが大きいと思う。先鋒戦でのクールさ、咲さんや神代小蒔の驚異を見抜く鋭さ、エイスリンを慰めるときのぶっきらぼうな優しさ、胡桃に充電させられるところのコミカルさ、塞や豊音を応援したり永水女子との海水浴の話をちゃっちゃととりまとめたときの頼り強さ! これだけ魅力的な描写の積み重ねがあって、好きにならないというほうがおかしいのではないだろうか?(反語) シロはいろんな側面を見せてくれて、かつパーソナリティの軸がぶれでいないのが凄いんだよ。かっけーんだよ。
 シロのキャラ付けについては、回想シーンに出てきた小瀬川さんを執拗にお昼に誘う人(宇夫方葵)の影響も大きい。この人の存在がシロの部活以外のところでのモテモテ人気者っぷりを想像させる。
 そして、シロは全国編から登場してきた伝奇要素を絡めたキャラクターでも一番のお気に入りだ。本人のミステリアスで底が知れないところと、マヨイガという幽玄で掴みどころがない伝承がこれ以上ないほどマッチしている。キャラクターが伝奇要素を、伝奇要素がキャラクターを引き立てる! この概念!


 以上、ぼくのすきなキャラについて語ってみた。今気付いたが所属校が被りまくりだった。どっちかというと主人公より脇役に思い入れがあるのと、うだうだ語らずに行動で示してくれる子が好きなのはどんな作品でもだいたい一緒だ。
 次に『咲-Saki-』について語るときは「ぼくのすきなオカルト能力」を題材にする予定なので、よろしければお付き合いくだされ。

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags: 咲-Saki- 
2015年04月01日

咲-Saki- ドット絵カウンター素材を作成しました

 うちのサイトももう少し『咲-Saki-』ファンサイトらしい装飾が欲しいなぁと前々から思っていたので……いっちょ自作してみることにしました。去年のエイプリルフールの企画、嘘ゲーム『SAKI』に使った素材を利用して、レトロなドット絵カウンター素材をこしらえました。


0 エトペン 28cm?(ぬいぐるみの寸法)
1 天江 衣 127cm
2 薄墨 初美 139cm
3 新子 憧 149cm
4 獅子原 爽 151cm
5 宮永 咲 155cm
6 辻垣内 智葉 161cm
7 小瀬川 白望 166cm
8 弘世 菫 176cm
9 姉帯 豊音 197cm

 実際の使用例はこのサイトの左メニューバーの一番下をご覧ください。
 キャラクターのセレクションは身長順となるべく高校にばらけるようにした結果です。ミニマムの衣とマックスの衣はとりあえず抑えておきました。
 私にもう少しスキルがあったら、もっとキャラを増やして、0にはマスコット、1には身長130cm以下のキャラ……5には150cmから160cmのキャラとランダムで表示されるようにしたかったのですが、断念しました。ひょっとしたら再来年あたりに再挑戦するかもしれません。

 
しんどうくん ???(商品化求む)
高鴨 穏乃 139cm
真屋 由暉子 139cm
松実 玄 152cm
松実 宥 155cm
沢村 智紀 165cm
岩館 揺杏 169cm
安河内 美子 171cm
稲村杏果 ???(りつべさんはやく教えて)
宇夫方葵 ???(シロキチさんもとい級友)

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags: 咲-Saki- 
2015年03月01日

『咲-SAKI-』『咲-saki-』『咲 -Saki-』『咲 ~Saki~』

 記事タイトルを見て「ええっ~?」と思ったあなたにはまったくもっていらぬお世話な記事です。

咲-Saki- | 作品紹介 | ヤングガンガン YOUNG GANGAN OFFICIALSITE
TVアニメ「咲-Saki-」シリーズスペシャルサイト
咲-Saki- - Wikipedia

「『咲-Saki-』だ……二度と間違えるな! この漫画の名は『咲-Saki-』というんだ! 『咲-SAKI-』でも『咲-saki-』でもない!」
「すまんね」


 ……細かいところですが、好きな作品のタイトルは正確に書いておくに越したことはないです。誤って表記していたら直しましょう! けっこう見かけますよ、『咲-SAKI-』。

 ものはついでに、表記を間違えそうな名前25選をだいたいで作ってみました。名前のどこかに間違えがあるので訂正してください。1問4点の100点満点です。

01.甘江衣
02.龍門淵透華
03.辻垣戸智葉
04.片岡有希
05.池田華奈
06.岩戸霞
07.鷺森杓
08.蒲原里美
09.船久保弘子
10.又野誠子
11.神代小薪
12.Eislinn Wishart
13.広瀬菫
14.福地美穂子
15.松実有
16.愛宕洋恵
17.安河内良子
18.高鴨静乃
19.荒川慧
20.檜森誓子
21.水原はやり
22.三尋木詠
23.小鍛冶健夜
24.宮永傀
25.阿智賀女子


【解答】
01.甘江→天江(天衣無縫)
02.龍門淵→龍門渕
03.辻垣戸→辻垣内
04.有希→優希
05.華奈→華菜(妹三人も「菜」の字有り、なずなが連想しやすい)
06.岩戸→石戸
07.杓→灼(あらたか)
08.里美→智美
09.弘子→浩子
10.又野→亦野
11.小薪→小蒔
12.Eislinn→Aislinn
13.広瀬→弘世(康一くんではない)
14.福地→福路
15.有→宥
16.洋恵→洋榎(えのき)
17.良子→美子(良子は麻雀プロ、よし子は阿知賀こども麻雀クラブ)
18.静乃→穏乃
19.慧→憩
20.檜森→桧森
21.水原→瑞原(野球狂の詩ではなく闘神都市)
22.詠→咏
23.小鍛冶→小鍛治
24.傀→界(別の麻雀漫画ではない)
25.阿知賀

 ちなみに私は「龍門淵」表記を長いこと続けていたことを白状します。

このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークでコメント

tags: 咲-Saki- 

Template Designed by DW99